記事一覧

過去のカラー絵にモモの助の成長した姿が描かれていた!?

ONE PIECEの表紙、カラー絵には後々振り返ってみると「伏線だった!?」と思えるものが、これまでにも多数出てきている。→あのカラー絵が暗示していた「サンジ奪還編」の未来→扉絵に隠された伏線!? サンジの出生の秘密の真相が明らかに!!?それに似た発見を、とある記事のコメント欄である方がしてくれた。どっかの扉絵かセンターカラーの絵のやつでピンクのおっきな龍がいてたんです。モモノ介はドレスローザで、龍になったとき小さ...

続きを読む

WCI編は死亡者多数…初の四皇戦は一味違う!?

現在進行中のホールケーキアイランド編は、今まさにクライマックスを迎えつつある。この度の章は、物語の中で初めて本格的に「四皇」と合間見えた章となった。その中で今回、個人的に気になっている事柄がある。それは「死亡者が多い」という事。と言うのも、「ワンピースの名のある主要キャラはなかなか死なない」という通説があるからだ(過去編は除く)その理由は尾田先生が自身のおばあちゃんに言われた事がキッカケだそう。尾田...

続きを読む

ONE PIECE物語の次世代を担う「赤ん坊」達続々登場!?

ONE PIECEはルフィを主人公とする冒険譚だ。しかし、長く続くバトル系ストーリー漫画には「世代交代」するモノも多かったりする。直近で言えば、忍者漫画の代名詞「NARUTO」!ナルトの物語が幕を閉じ息子のボルトが主人公となって、「BORUTO」として続いている。(作画は元アシスタントの方に変わったけど)他にも死神の戦いを描いた「BLEACH」でも最終回にチラッと息子が出てきた。他にも上げればキリがないほどに、ストーリー漫画...

続きを読む

[ワンピース カイドウ] 腹心“災害”の残り二人はキングとクイーン?

2016年夏に公開された映画「ONE PIECE FILM GOLD」の記念として刊行された「大ONE PIECE新聞」その中の写真の片隅に、ONE PIECEに今後登場するキャラ名のメモ書きと思われるものが発見された。それは「360度公開 尾田先生の仕事場」の企画の中の写真。この上の写真の右端上の紙に注目。目を凝らして…時には遠目にしたり…目を薄めたりして見てみると…上から●カイドウ●キング●クイー(ン)●ジャックと書かれている??しっかりと目を通し...

続きを読む

[アニメで補完]鏡世界でカエルがキャロットに変えられ捕らえられた経緯が描かれる

現在進行中のホールケーキアイランド編は、駆け足で進行する場面が多々ある。幾つかの場面を転換しながら進んで行く為、一気に場面が進んでいる事もままあり、詳細に描かれていない場面もしばしば。今回は個人的に気になっていた部分がアニメで少々補完されていたので、まとめてみる。その部分とは、「鏡世界内でカエルがキャロットに変えられ、尚且つそれを本人と間違えてブリュレたちが捕らえた経緯」。原作ではこんな感じで描か...

続きを読む

サニー号を襲った高波は「キャンディの怪物」が起こしたものだった件

第882話の感想の方でも書いたけど、サニー号を襲った巨大な高波は「キャンディの怪物」が起こしたものだと判明した。この「キャンディの怪物」は、マムを外海へ運ぶためにぺロスペローが作り出した「アメウミウシ」に、マムが“ソルソル”の能力で「寿命(ソウル)」を与え擬人化したものと思われる。(「キャンディの怪物」の触覚?から判断)つまりビッグ・マム×ぺロスペローの能力による合作と言うわけだ。ここから気になる事柄を挙げ...

続きを読む

[アニメ]新オープニングでビッグマム海賊団のカラーリング判明!

10月1日(日)に放送されたONE PIECEアニメ「秋の1時間SP」からオープニングが一新!安室奈美恵さんの「Hope」に合わせて、今後の展開が断片的に描かれた。ちなみに「Hope」は11月8日発売予定のベストアルバム「Finally」に収録予定。さて、その中で判明したのはビッグ・マム海賊団のキャラのカラーリング。今までコミックスの表紙にも描かれなかったから、気になってたんだよね。それがコレ(↓)。(画面が暗めだったから、色調調整...

続きを読む

シモツキ村にイワンコフの墓を発見!? この墓の存在理由は?

扉絵シリーズ「世界の甲板から」。2年後の“麦わらの一味”復活を報じた新聞が世界を駆け巡り、ルフィたちがこれまで訪れた場所の人々の様子が描かれた表紙連載。その中で、ゾロの出身の「シモツキ村」では、師匠のコウシロウが娘くいなの墓の前で嬉しそうに微笑んでいる姿が描かれた。タイトルもそのまま「くいなに報告」と。しかし、注目してもらいたいのはその後ろの墓。誰のものかと名前の部分をよく見てみると…「イワンコフの墓...

続きを読む

“スペード海賊団”クルーの設定は「頂上戦争」時には既に完成していた!

ONE PIECE magazine Vol.2 (集英社ムック)の中で設定画が公開されたエース率いる“スペード海賊団”のクルー達。顔と名前だけでなく、キャラ毎に全体像と細かい設定まで決められてて尾田先生の凄さを改めて感じた。本編にほぼ関わってきていないキャラをココまで固めてるとは…と。しかし、振り返れば2年前の頂上戦争が始まる直前のエースの回想の時に、既に“スペード海賊団”のクルー達は登場してたんだよね。ほとんどのキャラは後姿...

続きを読む

からくり伯爵サンジェルマン!? 設定画から考える「ジェルマ66」ジャッジの背景

9/1発売のONE PIECE magazine VOL.3 (集英社ムック)に、ジェルマ66の設定画が載っていた。その殆どが試行錯誤の末、決定稿となる前の段階で無くなった設定だと思うけど、面白い設定が幾つかあったから取り上げてみたい。[からくり伯爵 サンジェルマン]サンジの父「ジャッジ」の決定稿となる前の設定画だ。そこには「からくり伯爵 サンジェルマン 56歳」とある。「サンジ」と「ジェルマ」で「サンジェルマン」?笑サンジェルマンと...

続きを読む

オススメONE PIECE


[ONE PIECE(デジタル) 01~50巻]

[ONE PIECE(デジタル) 51~86巻]

オススメ記事

4813.jpg
4981.jpg
4980.jpg
4604.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg