記事一覧

[第860話]世経の社長モルガンズは喋る鳥!? 新たな人種「鳥人(仮)」登場?

第860話“10:00開宴”で、お茶会に参加するべく「闇の世界の帝王達」がホールケーキアイランドに集った!その容姿・風貌から見るに、各々一癖二癖ありそうな大物ばかりだ。そんな中、世界経済新聞社社長も姿を現した。世界経済新聞社とは、絵物語「海の戦士ソラ」を連載している新聞の発行会社で、ジェルマとも深いつながりを持つ。そこの社長こそ、"ビッグ・ニュース" モルガンズ!!!その姿は「喋る鳥」…という表現が一番しっくりく...

続きを読む

[第858話]牛乳で治る歯と骨に「これぞマンガだ!」と思い知った件

第858話“会議”で、ファイアタンク海賊団のアジトへ着いたルフィ達一同!すると会議の前に風呂へ入って身綺麗にしろとの指示が。渋々ながら風呂へ入りサッパリしたルフィ達。するとブルックが勝手に冷蔵庫を漁り、中から「牛乳」を発見!「風呂上がりの牛乳」はテッパンだと言わんばかりに、人んちの牛乳を飲む2人。するとルフィの「欠けた歯」が、ブルックの「割れた頭」が綺麗に治ったではないか!笑そりゃベッジの部下も「どんな...

続きを読む

[第858話]マムが全世界の巨人族から元々嫌われていた原因はもしかして…

第858話“会議”で、トットランドに巨人族がいない理由と、マムと巨人族の間に「ローラの結婚話が破断」になった事により確執が深まった事が分かった。しかし、元々マムは「全世界の巨人族から嫌われていた」という。その理由は語られなかったが、娘のローラがエルバフの王子ロキに見初められ求婚された時には、長年の確執も埋まると涙を流し歓喜したらしい。泣くほど喜んだと言うことは、元々マム自身が巨人族に対して“友好的”かつ“...

続きを読む

ヨンジの行動で気になる所を挙げてみる

決闘因子の操作により「悲しい」「可哀想」という感情を消されて産まれてしまったヴィンスモーク家のイチジ・ニジ・ヨンジ。その甲斐あってか、非常で非道な人間として育った3人。部下の兵士を何も考えずに「壁」として使用するイチジコックのコゼットを気絶するまで殴るニジ…しかし、ヨンジについてはそこまでの非道な部分が描かれてない気がする。(幼少期にはサンジをいじめてたけども。)その上、ヨンジの行動については個人的...

続きを読む

[第857話]結婚式に出席する「闇の世界の帝王」達はこれまでに出て来てた?

翌日に迫るシャーロット家とヴィンスモーク家の結婚式!第857話“ルーク”で、その出席者についてジンベエの口から語られた。両家の親族以外に、ある大物達も出席するらしい…それは、「闇の世界の帝王達」レヴェリーに参加するような各国の国王達を「表の顔」とするなら、その表に出てこない「裏の顔」も存在する。そんな「闇の世界」を取り仕切る「帝王」達も、この度の結婚式に顔を出すと言う。振り返ればペコムズもジャッジの事を...

続きを読む

結婚式で行われる「計画」の全貌!それはあのミュージカルで既に描かれていた‼︎

第854話“何やってんだ”にて、マムの口から結婚式で行われる「計画」の全貌について語られた。それは以前プリンがレイジュに語った事と同じ内容であり、レイジュの足を撃った事についても捕捉されていた。まずこの度の結婚式で行われる「計画」について簡単にまとめてみる。マムの狙いは「クローン兵の軍団」と「ジェルマの科学力」結婚式では「プリンの発砲」が全ての合図それは「誓いのキス」の時で、狙うのは「眉間」次の瞬間、...

続きを読む

ペドロの元相棒「ゼポ」はベポの親類?ベポが北の海にいた理由と繋がるか!?[追記]

第850話“一筋の光”にて、対峙したペドロとタマゴ男爵。その戦いの中の回想で、5年前 ペドロ達「ノックス海賊団」がWCIを訪れた時の事が描かれた。WCIへ侵入しポーネグリフを盗もうとした罪の「落とし前」としてルーレットを回すと「100年分の寿命」と出た、と。しかし以前「ペドロの奪われた寿命」は「50年」だと言われていた。では残りの「50年」はどうしたのか?「10年」は「ペコムズの懇願」で恩赦。もう「10年」は「ペドロが自...

続きを読む

バルトクラブ参謀・ガンビアとSMILE能力者の腕の模様に見る共通点

海賊団「バルトクラブ」参謀 “宣教師”ガンビア船長のバルトロメオと同じく、ルフィに心酔しており「ルフィ先輩教」を布教する宣教師!笑第854話“ここじゃねェ”の扉絵リクエストで久しぶりに登場したことで気づいた事が。ガンビアの腕の模様…ゾウを襲撃した百獣海賊団のギフターズ真打ちのシープスヘッドの腕の模様と良く似ている。ギフターズは、おそらく人造悪魔の実「SMILE」を与えられた能力者の集団。シーザーが作った「SMILE...

続きを読む

トンタッタ族の中に「謎の小人」発見!コイツは誰だ!?

コミックスを見返していたら71巻でトンタッタ族の中に一人妙な小人を発見!それはグリーンビットの森で捕えられたロビンが、ガリバーの様になっている一コマ。おそらく世界には、トンタッタ族以外の小人族もいるんだろうけど、ここの小人はほぼ全員がトンタッタ族。トンタッタ族の特徴と言えば、第75巻のSBSにもあったけど、大きな尻尾が特徴。しかしこの中に、一人だけ尻尾を持たない怪しい小人がいる。それは・・・コイツだ!!!...

続きを読む

サンジの使うライターは尾田先生デザインの「デュポン」!!

ちょっと小ネタ記事。サンジが使っている「ライター」について。知っている方も多いだろうけど、実はこのライター、尾田先生がデザインして、フランスの老舗ブランド「S.T.DUPONT(エス・テー・デュポン)」が作り上げた実在するライターなのだ。デュポンの140周年を記念しての特別な品で、数量限定のレアな商品。作中ではこんな感じで登場。デュポンと言えば、この「キン!」という音も広く愛される理由の一つで、何とも心地の良い...

続きを読む