記事一覧

ローラがマムのビブルカードを持っていた経緯と現在の所持禁止の理由を考える

ローラが持っていた“ビッグ・マム”のビブルカード。2年前のスリラーバーグにて、ローラをり姉妹分の証としてその切れ端を受け取ったナミ。それはホールケーキアイランドの誘惑の森で最大の効果を発揮したが、マムの子供達に捕まりあえなく没収。さて、そのマムのビブルカードは現在では子供達ですら持つことを禁じられているモノらしい。今回はその周辺情報をまとめ、ローラがビブルカードを持っていた経緯とその前後にWCIで起き...

続きを読む

マムに抜き取られた寿命(魂-ソウル-)は元に戻るのかな?[大幅加筆]

元記事「マムに寿命を抜き取られた16男モスカートは蘇る?(2016/06/23 21:00)」に大幅加筆。(コメント欄を消すのも忍びないので過去のままです。ご了承ください。)“ビッグ・マム”は、人から寿命(魂-ソウル-)を取り出し無機物に命を与える事の出来る“ソルソルの実”の能力者。奪ったソウルは、国中に点在しているホーミーズと呼ばれる「擬人化した無機物」を創り出す糧となる。一つ気になるのは、その奪ったソウルはもう元の人間の元...

続きを読む

“万国(トットランド)”を治める「シャーロット家」の疑問考察&まとめ

四皇“ビッグ・マム”シャーロット・リンリンが治める王国「ホールケーキアイランド」。その王国はマムの子供達が大臣を務める34の島から成るナワバリ「万国(トットランド)」の中心に位置する。今回は、ナワバリの全海域を治める「シャーロット家」について気になった事をまとめていきたい。[シャーロット家についての疑問][実子でも関係ない?]プリンの「実の娘よ心配いらないわ」というセリフが描かれた次の話で、実の息子モスカー...

続きを読む

今年の世界会議(レヴェリー)での議題を考える[議題追記]

今年開催される「世界会議(レヴェリー)」世界会議(レヴェリー)とは、4年に一度 世界政府加盟国の代表や政府の要人らが聖地マリージョアに集い行われる、公式的な会議の事。では、その会議の中ではどんな「議題」が取り上げられるんだろうか。今回はそれについて考えてみたい。そこに参加する国はいくつかは確定しているが、全てが判明しているわけではない。これまでに確定している国、登場している国王は下記。→50ヶ国が一堂に会...

続きを読む

ルフィの家系「モンキー家」の一族について考える

“海軍の英雄” モンキー・D・ガープ [海軍]“世界最悪の犯罪者” モンキー・D・ドラゴン [革命軍]“最悪の世代” モンキー・D・ルフィ [海賊]広い海においても、これだけ異色の家系もそうそう居ないだろう。しかしこの3人、血の繋がった直系なのだろうか?・ガープの孫は、ルフィ・ドラゴンの息子は、ルフィこれは作中でも明言されており確定だと思う。しかし、ドラゴンはガープの本当の息子なんだろうか?今回は、そんなモンキー家の一...

続きを読む

悪魔の実の“強引な名付け”についてはこう考えよう

これまで登場した悪魔の実には、「強引な名前だなぁ。笑」と感じるものが多々ある。現在進行中のWCI編で登場した“ビスビスの実”もその一つ。“ビスビスの実”は、ビスケットを無限に生み出し自在に操る事の出来る能力。この能力について、「ビスケットが無限に増える意味がわからない(笑)」「ツッコみどころ満載(笑)」――といったコメントが見受けられた。これまでにもちょっと変わった名前の悪魔の実はあったよね。“ニキュニキュの実...

続きを読む

三つ目でメモメモの能力者…WCI編の未来はプリンが握る!?

四皇“ビッグ・マム”、悪の軍団“ジェルマ66”という巨大な勢力に様々な陰謀が絡み合うWCI編。章としての山場に入っているものの、未だに終幕の予想がつかない。そんな中、物語のキーとなるキャラが何人かいる。そのうちの一人「シャーロット・プリン」この度の結婚式の花嫁だ。そのプリンだが、第869話“籠城”の中でこんな表情を見せた。それは、ナミを抱えたサンジの笑顔を見た時。この表情の真意とか、プリンが今何を思っているかは...

続きを読む

[第869話]サンジに秘策あり⁉︎ 最悪の状況を打破する方法を考える

第869話“籠城”にて、ベッジが作り出した巨城“大頭目(ビッグ・ファーザー)”に逃げ込み、籠城戦を強いられることとなった連合軍。マムの暗殺に失敗し、脱出の為の鏡は割れ、ブリュレは奪い返された上にマムまで正気を取り戻し状況は最悪。逃げる事も、止まる事も、戦う事にすら希望を見出せず八方塞がりとなった連合軍に残された道はあるのか?そんな状況の中で、1人静かに何かを思案しているサンジの描写が…サンジと言えば、これま...

続きを読む

記憶の改竄?35女プリンの“メモメモの実”まとめ&7つの疑問考察

ビッグ・マムの35女 シャーロット・プリンは“メモメモの実”の能力者。この“メモメモの実”は他者の記憶を自由に改竄できるという能力。ともすれば、今回のWCI編の全てを根底から覆すことの出来るほどの潜在能力を持つ力だ。そこで今回は、このメモメモの能力で出来ること出来ないことを徹底的に解剖して明らかにしてみたい!(とは言え、まだまだ情報が少ないから推測の部分も出て来るけど、そこはご愛嬌。笑)まず、能力のおさらい。...

続きを読む

ペコムズを見つけるのはタマゴ男爵!? お茶会乱入の可能性はある?

お茶会が始まりちょうど10話経過。気になるのは、東の入り江に縛り付けられ放置されようとしているペコムズ。タイヨウの海賊団の面々は、お茶会開始と同時にWCIを脱出する手筈。夜中に入り江で荷物を運んで居たのはやはりタイヨウの海賊団の出港準備だった。→夜中にざわつく“東の入江”では何が起きていたのかさて、そのペコムズを発見するのは誰かな?滅多に人の来なさそうな東の入り江。可能性があるとすれば、ペコムズを捜索して...

続きを読む