記事一覧

空白の100年に存在した「ある巨大な王国」についてのまとめと考察


ワンピースの物語の重要な歴史の謎「空白の100年」

今から遡る事800年前、現在の「世界政府」が樹立。
それ以前の100年間は「空白の100年」と呼ばれ、語られぬ歴史としてスッポリと抜け落ちている。
現在では、その100年に何が起こったかを調べる事すら禁じられている。

この「空白の100年」に存在したと言われる「ある巨大な王国」
今回はこの「ある巨大な王国」についての情報まとめと、そこから考えられる正体を考察してみたい。

【「ある巨大な王国」情報まとめ】

3525.jpg

・“歴史の本文(ポーネグリフ)”を読み解くとその王国の姿が浮かび上がる
・かつて強大な力を誇ったそうだが、今はもう跡形もない
・その王国の情報は執拗なまでに掻き消された
・その王国の人々はその「思想」を未来へ託そうと“歴史の本文(ポーネグリフ)”に真実を刻んだ
・その「存在」と「思想」こそが「世界政府」にとって脅威
・オハラのクローバー博士が王国の名を口に出そうとした瞬間に撃たれた
・“歴史の本文(ポーネグリフ)”を残した者達には“敵”がいた
・「空白の100年」とは「世界政府」に揉み消された不都合な歴史


ここまでの情報から推測できる事柄を考えたい。

[誰が住んでいた国か?]

ここは素直に考えて…
ある巨大な王国=“Dの一族”の王国 である可能性が高いと思う。

つまり、住んでいたのは“Dの一族”だろう。
現在では少数になってしまった“Dの一族”だが、それでも世界政府、天竜人はその名が世間に広まることを危惧している。

3523.jpg

そして世界政府による「空白の100年」についての執拗なまでの揉み消しと情報操作。
それを800年経った今でも続けているという事実。

これで、この王国が“D”と全く関係のない国だとしたらナナメ上過ぎるw


[その王国の名は?]

その「王国の名」をオハラのクローバー博士は突き止めていた。
しかし、口にしようとした瞬間に撃たれ口封じされた。

つまりその「王国の名」自体が知られてはいけないのか?
もしくはメタ的に考えると、現在も存在しているからこそ伏せられたのか…
やはり頭文字に“D”が付いたり?

現在も存在し、明らかになっている王国の中で頭文字に“D”がつく王国は…
「ドレスローザ王国」と「ドエレーナ王国」…う~ん、たぶん関係ないなw

国名ではないけど、島の名前として残っている可能性もあるかな…?
そう考えたらルフィの出身のゴア王国がある「ドーン島」も気になるところ。

2017.jpg

このONE PIECEの始まり、第1話のタイトルは「ROMANCE DAWN-冒険の夜明け-」

「DAWN(ドーン)」つまり「夜明け」を意味するこの言葉は、現在の天竜人が牛耳る支配からの夜明けを意味しているのかもしれない。

3526.jpg

ONE PIECEでは効果音でも「ドーン」ってのは度々使われるしねw


[スポンサードリンク]


[その場所は?]

上で、王国名から考えて「ドーン島」の可能性を書いたけど、個人的には「“最果ての島”ラフテル」が有力な様に思う。
数百年間、海賊王の一団しか行き着くことの出来なかった幻の島 ラフテル。

3524.jpg

そこにたどり着き“歴史の本文(ポーネグリフ)”を導けば、歴史の全てを知ることができるとレイリ―が言った通り、やはりその場所は特別。
しかも、行き方を知らなければ辿り着けない土地…
ということは、通常は行く事も見る事さえも叶わない島。

自然にそんな場所が出来たのだろうか?
いや、「ある巨大な王国」を世界政府が隠蔽した場所がラフテル?

クローバー博士が文献を読み解き浮かび上がってきた「ある巨大な王国」の姿は、クロッカス・イヌアラシ公爵の頭の中にある「ラフテル」と近い気もするが果たして。。


[その思想とは]

世界政府側から「脅威」とすら言われる思想とは何だろう。

今のところ“D”が付く者たちに共通しているのは「自由!」という印象
(ローは特殊な事情があるから外す)

3522.jpg

ロジャー、ドラゴン、エース、ルフィ、ティーチ…
夢を追い、支配を嫌い、自由を求める“D”の意志を継ぐ者達。

この「自由」「解放」「支配の否定」という思想こそが、世界政府の邪魔になる?
つまり、現在でも続く奴隷制度の上に居る天竜人にはこの思想を持った存在が非常にやっかいだという事なのかな?


とりあえず、まとめと考察はこんな所かな?

ゾウ“モコモ公国”のくじらの樹の中で、ラフテルまでの行き方が判明が、肝心のラフテル情報はまだまだ少ない。

まぁラフテルの事が明らかになればその分ONE PIECEも終わりが近づいてるって事で、寂しさはあるけどw

これからも情報があれば追記予定。


[関連リンク]

ラフテルへの道標「ロードポーネグリフ」の情報と疑問点まとめ

・ラフテルまでの道のり!まだ見ぬ「新世界の島」まとめ


コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

No title

ボクは逆に、その王国こそが月の民(天竜人の始祖)が作り上げたものだと思っています。その王国こそが地球の全てを支配するために作り上げた基地であり、後に地球人類と戦った空白の100年と月の王国に関する全ての情報(月の民のことも含めて)を意図的に世界政府を使って消し去ったのではないか、と。Dはやはり半月(地球人と月の民のハーフ)で、地球の開放(自由)のために地球人側について月の民の王国と戦った者達の総称だと思ってます。

ワンピースの今の世界が理想の世界ではない最大のポイントは『身分と差別』だと思います。
もう1つ気になるのが王国、公国しか出てこない事。
それはひとえに、天竜人の存在と、世界政府が彼らに逆らえないという事が原因ではないでしょうか?

国は王が治めるのが当たり前。
天竜人の存在も必然でなければならない。
それ以外の思想が生まれてはならない。
なぜなら天竜人を本気で怒らせると『何か』が起こるから。

色んな種族のDがいるのは、当時の王国が多種族の国だったからかもしれないですね。しかも、もしかしたら民主制の共和国だったのかも。

最近海賊について調べていたら、海賊が作った自由の国「リバタリア」が出てきました。

このリバタリアという国は、海賊にしては立派や人格者である"ミッソンという海賊の船長"とミッソンを慕う他の海賊船長およびその船員達、そして彼らが解放した奴隷達によってマダガスカル島の北西に建国されました。
リバタリア建国の理念は、奴隷制度は勿論の事、資本主義的な搾取や国による区別など世の中のあらゆる差別を全て否定する「理想郷:リバタリア」を後に建設することだったそうです。
リバタリアはミッソンの仲間である海賊達や、奴隷船を襲った際に解放した奴隷達で構成された完全な共和国で、人種や国籍といったもので区別されることがなく船員は皆「リベリ」と呼ばれていたそうです。
この共和国は全てが合議制で運営され、法律は代議士たちによって作られており、封建社会で暮らしていた欧州の下層階級の人達や奴隷たちにとってはまさに理想郷で支配とは程遠い自由を謳歌していました。
しかし、このリバタリアはマダガスカル先住民の襲撃によって思わぬ形で全滅してしまいました。

このリバタリアという言葉は
最近では、アンチャーテッド4に登場する海賊王"ヘンリー・エイブリー"によって作られた国としてが登場しました。

この理想郷リバタリアが"Dの王国"のモデルなんじゃないかと思う。







追記

このリバタリアが作られたマダガスカル島にはその昔、アラブの地図でGezirat Al-Komor(月の島の意味)の名前がついており、Komorの名前は、マダガスカル北西にあるコモロ諸島にその名が残っています。そしてなんと、komor(月)の名前の名残があるマダガスカル北西のコモロ諸島はちょうどリバタリアが建国された場所であるそうです!

やっぱ巨大な王国っていうくらいなので規模も大きかったんですよね!
おそらくテキーラウルフも何か関係あるんでしょうね!

ワンピースを読み始めて、『空白の100年』ていうミステリアスなワードが出てきた時のわっくわく感は、今でも鮮明に覚えています。

No title

ドォン王国説は他所でも見たことがありますね。

ところで、ルフィたちがラフテルにたどり着いたとしてその後はどうなるのでしょう?

世界の真実を知ったとして、海賊王となったロジャーに何かが出来たわけではなかった。その時と違うことといえば、ポセイドンは少なくとも存在しているのは違いますね。
とは言ってもドラゴンみたいにルフィが世界を変えるために立ち上がるのはキャラじゃないですし、古代兵器を含めて世界政府や天竜人との戦争とかドロドロしすぎていてイヤだなぁ・・・

No title

 ラフテルは恐らく、星全域の環境を調節する為に創られた装置が置かれている場所かもしれません。敵(世界政府)の侵攻に合わせて、機能を働かせたことでワンピースの世界、特にグランドラインなどは環境が無茶苦茶になってしまったのかと。
 それとは、別に個人の推察になりますが、海賊の間で歌われている歌『ビンクスの酒』も消された王国を比喩したものだと思います。
 歌の中に、“紡ぎの里”とありそこが、全ての中心となった国になるかと。ただ、この歌だと終盤、“手を振る影に~”とあるので、国を脱出する際、“誰か”を残してしまったみたいです。この歌は、その時の後悔を含めての歌かもしれません。
 ビンクスの酒に、あえて国に残った人物が何者なのか。今後に期待したいです。

「かつて栄えたその国の名は…」

『ドォン!』(ドーン)

ってまんま答え出てるやないすか〜!笑

ドーン島の考察面白いです!
ルフィがフーシャ村にいた当時、既にそれなりに大きな海賊団だったシャンクスが
最弱の海イーストのあんな小さな村を拠点にして近隣を冒険していたのは何か大きな意味があると思ってたので。
ロードポーネの示す位置、若しくはそこに繋がる何かを探していたのかもしれないですね。

空白の100年に実在したジョイボーイ。
彼は間違いを犯し、ノアを守ろうとした。同じくノアを守るのが海王類。その海王類の王がしらほし姫ことポセイドン。

ゾウも間違いを犯し、歩き続けている。理由は不明。そのゾウを操るのがモモノスケ。

ルフィは、ポセイドンやモモノスケと通じ合っている。また、海王類やゾウの声を聞ける。会話は出来ない可能性大。

記憶な限り、思い出してみましたがこの辺の考察もしてくれたら嬉しいです。

クローバー博士は『もう跡形もないが…』と言っていますよね?

って事は、今の政府(空白の100年を作った勢力)によって滅ぼされているのではないでしょうか?

オハラみたいに、真実を追求しただけで国ごと消されたわけですから…

その巨大な国があったとして
今も残っているとは考えにくいと思います。

新しい仮説?

五老星の『今は跡形もない』は『国土を持たない国』ともとれませんか??となると『ジェルマ』も無関係じゃないような気が。
手配書を簡単に書き換えらせることができるほどの権力を持ってますし世界政府にとって“不都合な”存在であることには変わりないはず。
ジェルマの軍隊のジェルマ66の66が『Sixty six』ではなく『Double six』なのもあえてなのかも?
あ、でも関わりがあるのであってヴィンスモーク家もDであると言いたいわけじゃなくてむしろ逆でレイジュさんが普通なら「今も王族よ。」で良いはずのところをあえて「今もまだ王族よ。」と“まだ”とつけていたのは意味があるんじゃないかなと。格が下がるとは考えにくいからともすれば王族よりさらに上の存在になり得るんじゃないかと思ってます。
となると立場はネフェタリ家やドンキホーテ家に近いんじゃ?ということです。サンジとルフィを対比しているのなら可能性は0じゃないはず。ついでに天竜人が頭につけてるヘルメット的なものとレイジュ達が履いている靴裏のあの丸いのって似ている気がしてもしかするとヴィンスモーク家が天竜人の服を開発している可能性もあるのかなと思ってます。
話を戻すとヴィンスモーク家は『ある巨大な国』の一部を治める権限を持っていてそれが国土を持たない国、ジェルマなんじゃないかという仮説を立てみました。

まとめありがとうございます!
分かりやすくて助かります(^^)

今はもう跡形もない王国、ひた隠しにされてる…となると今一番状況が被ってるのはジェルマ国と王族ヴィンスモークですねやはり。
ジェルマ国=空白の王国 とは思わないですが、ゾウで様々な事実が明らかになったタイミングで彼らの登場は何かしら空白の100年に関わっていそう…
ジョイボーイ?
ノアの箱船をかつて作った一族は光月かと思っていたのですが石工とポーネで回収されてるので海王類のセリフ「今は時代が変わった」を当てはめるならノアを作った一族がヴィンスモークで時代が変わり科学技術と戦争屋に?
もしくはDの仲間だったが、世界政府側に寝返ったのがヴィンスモークとか?

このタイミングでヴィンスモーク登場して益々謎が深まっている気がします(^^;;
これで空白の100年や王国に別に何も関係なかったらそれはガッカリしそう…‼︎

>ろくじゅうろくじさん


>月の民(天竜人の始祖)

月の民は現在の人々の過去に何らかの関わりはあるでしょうけど、天竜人の始祖ってのは無いんじゃないかな~~?(゜-゜)

王国の名前こそがワンピース(1つの塊)です。グランドラインの磁気を帯びた島は、昔1つの島でした。そこは、みんな平等という考えの社会主義の国でした。その中にも取り仕切る人たちがいて、その人たちが今で言うDの一族です。しかし、あるとき島の秘密を知った者たちの手により島が分断され、新たな王が現れます。それが天竜人そして世界政府です。

No title


>今の世界が理想の世界ではない最大のポイントは『身分と差別』

コレの上に成り立ってる現在の世界が壊れるのを天竜人達は恐れている?(^○^)


>色んな種族のDがいるのは、当時の王国が多種族の国だったからかも

Dは「血縁」でなく、その国に代々受け継がれる「思想」なのかもですね!

>アントマンさん


>海賊が作った自由の国「リバタリア」が"Dの王国"のモデルなんじゃないかと思う。


おおお~これ面白いですねぇ(*^。^*)ノ

正にピッタリ当てはまりそうな気がしますね~~!!

てか、これだけで一本 記事に出来そうな…

時間が合ったら調べてまとめたいです(^○^)

>ひまわりさん


>テキーラウルフも何か関係

東の海にある事、700年前から始まったという事、島と島を結ぶ橋という事…コレはどうつながるのか…(゜-゜)

んん~なんも思いつかん!笑

>漫画の王道さん


>『空白の100年』ていうミステリアスなワードが出てきた時のわっくわく感

わかります(*^。^*)ノ

コレが解けた時の爽快感がまた楽しみw

>チェシャさん


>ルフィたちがラフテルにたどり着いたとしてその後はどうなるのでしょう?

まぁ、「全て」を知った後で「答え」を出して、ロジャーが成し得なかった事をするんでしょうけども~(゜-゜)

まだ全然わかんないですね\(゜ロ\)w

>Nさん


>ラフテルは恐らく、星全域の環境を調節する為に創られた装置が置かれている場所

いつか尾田先生が「ラフテルにはご褒美が」って旨の発言をしてたんで、そゆモノではないんじゃないかな~?と思うんです(゜-゜)


>『ビンクスの酒』も消された王国を比喩したもの

お!これ面白いですねェ(*^。^*)!

ちゃんと歌詞を追った事なかったんで、いっちょ読んでみます~~!!!

>ア・ナルさん


>かつて栄えたその国の名は…『ドォン!』

これまんまだったら笑いますねw

>やだもんさん


>シャンクスが最弱の海イーストのあんな小さな村を拠点にして近隣を冒険していたのは

これは確かに何かあるっぽいですよね~(^○^)

ドーン島にあるゴア王国は、ドラゴンをして「世界の縮図」とも呼ばれてますしね!

>Mappyさん


>ジョイボーイの考察

以前ジョイボーイ=カイドウ説っての書いたんですけど、妄想色の覇気が強めなんであまりお勧めはしないですが…w

カイドウ=ジョイボーイ説を考察する
http://onepiece-log.com/blog-entry-120.html

>コアラさん


>クローバー博士は『もう跡形もないが…』と言っていますよね?

そうなんですよね~(゜-゜)w

そこは引っかかるトコなんですけど、例えばラフテルがその元「巨大な王国」だとしたら、クローバー博士たちは実際に見る事は不可能ですよね?

んだから、そういう表現をしたのかな?と。

んん~苦しいか!笑

>海邑さん


>ヴィンスモーク家は『ある巨大な国』の一部を治める権限を持っていてそれが国土を持たない国、ジェルマなんじゃないかという仮説を立てみました。

おお~新説(*^。^*)ノ

面白かったです!

確かに「国土を持たない」ジェルマは何かありそうだし~

>新人ハルさん


>ノアの箱船をかつて作った一族は光月かと思っていたのですが石工とポーネで回収されてるので海王類のセリフ「今は時代が変わった」を当てはめるならノアを作った一族がヴィンスモークで時代が変わり科学技術と戦争屋に?

そいえばノアの成り立ちも分かってないですもんね(゜-゜)

誰に造られたのか…何のために造られたのか…

う~む。。

リトルガーデンの生態系がはるか昔のままなのは、たしかグランドラインにあることが原因でした
なのでレッドラインもリバースマウンテンもカームベルトもグランドラインの磁気を帯びた島々も空白の100年よりもずっとずっと昔から存在していると推測できます

空白の100年は海楼石の船が無い時代ですから東西南北とグランドラインの海の行き来は今以上に大変だった筈なのに、現世界政府は世界を牛耳ることができた
なぜか?

そして800年前に天竜人の先祖たちは自分達の国を捨ててまでマリージョアに移住している
なぜか?

そこがレッドラインもカームベルトも気にせず危険をおかさずに東西南北+グランドライン(楽園および新世界)の海に往来ができる唯一の場所で、世界の海を支配するのに好都合な場所だったからなのではないのでしょうか?

そしてDの一族は世界各地にいることを考えるとかつてのDの国は現マリージョアの場所、もしくはレッドラインそのものだったのではないかと思いました



ドフラミンゴがゆすりのネタに使っていた「マリージョアにある国宝」は元々はかつて栄えた巨大な王国の国宝だったのでは?国宝がそうそう動かせない代物だから秘密を守り秘密を共有するために天竜人の先祖たちは自国を捨ててマリージョアに移住してきたのでは?という発想から、マリージョアがDの国だった前提でさら発展させて考えてみたのでした

シャンドラが守っていたポーネグリフも、ミンク族が護るロードポーネも「支配」を望む者の手に渡りにくいようになっていたように思います。
ラフテルも古代兵器も誰かを待っている。でなければ破壊されていたはず。
ただし、待ち人以外に見つかる訳にはいかない。
グランドラインは待ち人だけがその秘密にたどり着けるように作られた大きな仕掛けなのだと考えると辻褄が合ってくるなと思いました。
その待ち人とは、支配を望まず、周りを味方にしていく者。兵器を悪用しない者。他の強者に屈しない強い者。

コレの上に成り立ってる現在の世界が壊れるのを天竜人達は恐れている?(^○^)

↑天竜人は別に何も怖がっていないと思います。
天竜人が怒って、マリージョアの力?を発動させることを五老星が恐れている。という構図を想像してます。

Dは血か?思想か?
これはなんなんですかねー。
ガープにもDの名があるわけですし、血かなと思います。今の所。

神の天敵。
『絶大な力』を支配の為に利用した天竜人と、その力と同等の力をラフテルに封印したDの一族。なんてどうですかね?

素朴な疑問
空白の百年は誰が戦争を仕掛けたのだろう?また、誰が戦争を終結させたのだろう?
仕掛けた人物と終結させた人物が同一であれば、戦争開始から終結までの100年間現役で生きてた事になると思うので、その人物は不老なのでは?また、今も生きてたいるのでは?ん~五老星?

No title


>マリージョアが世界の海を支配するのに好都合な場所

>かつてのDの国は現マリージョアの場所、もしくはレッドラインそのものだったのではないか

>「マリージョアにある国宝」は元々はかつて栄えた巨大な王国の国宝だったのでは?

この辺りの考察すべて納得できます~(*^。^*)

面白い!

No title


>その待ち人とは、支配を望まず、周りを味方にしていく者。

ルフィ~~~~~~(^○^)q

No title


>天竜人は別に何も怖がっていない

ロシナンテの「“D”の名を持つ者達に対し老人達(天竜人達)は眉をひそめて…」のあたりから、厄介な存在だとは思っていると思います(^<^)ノ


>天竜人が怒って、マリージョアの力?を発動させることを五老星が恐れている。という構図

天竜人はただの木偶な「裸の王様」だと思うんです。

彼ら自体にはなんの力もないかと…実権を握っているのは五老星かな?


>Dは血かなと思います

家系ってのももちろん関係あるでしょうけど、巨人族のサウロが居る時点でそれだけじゃなさそうです!


書いてみたら、意見がほぼ真逆だった件(゜-゜)w

>イヌアワシさん


>空白の百年は誰が戦争を仕掛けたのだろう?また、誰が戦争を終結させたのだろう?

仕掛けたのは、現世界政府の元となった連合軍で、その勝利でもって終結したのではないかな?

800年前に巨大な能力で全世界の人が世界政府に騙されていたとしたら…
そしてその能力者は800年以上もの間、とある能力者によって寿命を延ばされており、今も変わらずその巨大な能力で世界を支配していたとしたら

今も変わらずその巨大な能力で世界を支配していたとしたら…

その能力を解除する何がこそワンピースで、それがそのまま自由を勝ち取る事に繋がり、引いてはそれが世界を巻き込んだ戦いへと繋がる
天竜人は人を騙し続ける能力を高める力を持っており、Dの意思は騙し続ける能力に対して意思を持つ事が出来る系譜
革命軍はワンピース、人繋ぎの秘宝を解除して、催眠?から世界の人を解き放つことを目的としてる

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]