記事一覧

[展開予想]第861話①「メインイベント(仮)」


このページは最新話の展開の「予想」です。ゆるい展開予想してます。


・WCI 東の入り江――

・微かにお茶会開始の花火の音が届く

・おにぎりを食べてるペコムズ「くそ!始まっちまったか…!モグモグ…こんなとこでモタモタしてる場合じゃねェ!ムシャムシャ」

・⁇「こんな所に居たのか!コケーーッ‼︎」

・ペコムズ「あんたは…タマ……ニワトリ伯爵‼︎」

・ニワトリ伯爵「おや?この辺りは“タイヨウの海賊団”の管轄…ヤツらはどこに?」

・ペコムズ「アイツらなら…はッ!それどころじゃねェ‼︎ ベッジの野郎は今どこだ⁉︎ ママが危ねェ‼︎」

・ニワトリ伯爵「⁉︎」

・ホールケーキ城 屋上――

・賑わいを見せる“お茶会”会場

・マム「今日のお菓子はウチの大臣達が厳選した素材を、料理長みずから腕を振るった絶品揃いさ!」

・モルガンズ「それは楽しみ♪」

・お菓子に食らいつくゲスト「美味ィィィ~~~♡」

・ゲスト「これは滅多に食べられない逸品だ!」

・その横で女王ステューシーを口説いて居るヨンジ

・しかし全く相手にされて居ない様子

・ヨンジ「その素っ気ない態度が堪らねェぜ♡」

・ニジは足長族の女性に声をかけている

・ニジ「美しく長ェ足だな!横をいいか?」

・イチジは静かにワイングラスを傾ける

・そして前回紹介されなかった残りのゲストの紹介

・“お茶会”会場の外――

・ベッジ率いるファイアタンク海賊団が警備中

・ベッジ「………(重要なのはタイミングだ…今回の“お茶会”のメインイベント“結婚式”が始まったらすぐに行動に移れるように段取りはしてある…しくじるなよ“麦わら”‼︎)」

・そこに将星カタクリが歩いてくる

・ベッジ「!」

・カタクリ「一つ聞きたいことがあるんだが…いいか?ベッジ」

・ベッジ「………!……何だ?」

[スポンサードリンク]


・会場内――

・ジャッジとモルガンズが話している

・モルガンズ「今回のこの結婚式の記事を一面に出そうと思うんだ!いいだろう?ジャッジ」

・ジャッジ「ああ、それは願っても無い!大きく頼むよ。」

・モルガンズ「見出しは…そうだな『四皇“ビッグ・マム”と悪の軍隊“ジェルマ66”が血縁関係に‼︎』でどうだ?」

・ジャッジ「それでいい。詳細についても書いてくれると有難い。」

・モルガンズ「任せておいてくれ!その日の新聞は売れるぞ♪ NEWS QOOは大忙しだ!」

・ジャッジ「絵物語の影響が大きいからか、未だに我々の存在を空想のものだと思っている輩は多いからな。知らしめる意味でも有益だろう。」

・モルガンズ「それについては我々の責任も大きい。今回の事で挽回させてほしい。」

・ジャッジ「よろしく頼む」

・カタクリに頭を撃たれたジグラの葬儀の手配をしている葬儀屋ピエクロ

・ピエクロ「グギギ日程は決まった。あとは部下に任せよう」

・その向かいでお菓子を頬張る闇金王ル・フェルド

・フェルド「ンまい!なんやこれは、ええ甘み出とる。甘党には堪らン場所やネン!!」

・マム「さぁ、みんな!準備は良いかい!? そろそろ今回のお茶会のメインイベント!!! “結婚式”を始めようか!」

・ワッと盛り上がる会場

・マム「新婦はウチの35女「プリン」!! そして新郎はヴィンスモーク家の3男「サンジ」!!!」

・するとマムが会場に入ってきた時の扉が再び開く

・扉「ト~~ビラ~~~~~♪」

・そこにはウェディングドレス姿のプリンとヴィンスモーク家の白い正装姿のサンジが

・マム「降りといで!」

・プリンとサンジが手を繋いで階段を下りてくる

・更に湧く会場

・ゲスト①「綺麗だ!プリン譲ォ!!!」

・ゲスト②「素敵~~~~♡」

・ゲスト③「新郎も良い面構えをしとる!さすが王子の風格!!!」

・サンジ「………」

・その頃ルフィ――

・一人暗い場所で待機中、会場の歓声は聞こえている

・ルフィ「おお、盛り上がってるな~~!!」

※ルフィはどこに!?…で次号。

[本バレ]

[速報]第861話“演技派”あらすじ


[関連リンク]

ペコムズを見つけるのはタマゴ男爵⁉︎ お茶会乱入の可能性も!

世経の社長モルガンズは喋る鳥!? 新たな人種「鳥人(仮)」登場?

お茶会に参加する大物ゲスト「闇の帝王達」まとめ考察

“覇気”を極限まで鍛えた先に宿る特殊な力とは?

カタクリ、スムージー、クラッカー“スイート3将星”が揃い踏み!!!

ONE PIECE 第86巻 予約開始!!

ONE PIECE 総集編 THE 22ND LOG

[スポンサードリンク]


コメント

No title

 別の方が指摘してた意見なんですが、『四皇暗○作戦』の回で、最後花嫁衣裳のプリンが飾りとして頭にバラの花を付けてましたが、それがサンジが置いていったバラの花束の花ではないかとおしゃってました。僕もそれだったら良いなと思います。もう彼女はほぼ敵キャラ寄りになってしまってる感じですが、彼女の本性がどうあれもしその花束を拾ったのであれば、多分彼女は人生で一番泣いたんじゃないかと思います。一人の母親にたくさんの兄弟、だけどプリンを見ていると心を許せる本当の友達はずっとニトロとラビヤンしかいなかったんじゃないかと思います。

初コメです

拝見させていただきました。
初コメです。
かんりにんさん含め、みなさんの含蓄に感心することしきり、私もコメントさせていただこうと思いました。
プリンは、マムの計画とは異なる計画を、単独でもっていそうだと感じました。サンジではなく、マムを撃つのでは。と、思っています。
そして、まわりの記憶を上書いて、カタクリに罪を擦り付ける、そんな予想をしてみました

>空水青さん


>花嫁衣裳のプリンが飾りとして頭にバラの花を付けてましたが、それがサンジが置いていったバラの花束の花ではないかと

あ~どなたかが書かれてましたね(^<^)

個人的にあまり引っかからなかったんでスルーしちゃってました。。笑

>たかちちさん


初コメありがとです!

>プリンは、マムの計画とは異なる計画を、単独でもっていそうだと感じました。サンジではなく、マムを撃つのでは

プリンはまだ何かを隠してそうな気もしましよね~!

ここまで何となく違和感と言うかチグハグな印象ですもんね\(◎o◎)

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]