記事一覧

[第861話]結婚式開宴!これまでのプリンの不可解な行動まとめ考察


第861話“演技派”で、遂に新郎のサンジと新婦のプリンがお茶会の会場に姿を現し、結婚式が始まった。

その直前でもプリンは猫をかぶり、良い子で可愛い顔をサンジに振り撒いていた。

しかし、裏の顔は「何なんだこのエロガッパ!! 早くブッ殺してェ!!!」とイライラ。笑

4568.jpg

プリンの本性が悪女である事に疑いはないけど、だとするとこれまでの行動・描写に違和感を感じる部分が多々ある。

今回はそれをまとめ、結婚式やその後にプリンが取るかもしれない行動を考えてみたい。

まず前提として、

プリンは元より、シャーロット家の兄弟や海賊団のクルー達はマムの“計画”で、サンジを始めヴィンスモーク家を結婚式で撃ち殺す予定で、仲間である“麦わらの一味”も生かしておかない。

という事。

まず、それにそぐわない行動をまとめ。

[紅茶を一杯]

第854話の兄弟達の会議で、ルフィ達がマムのナワバリに入る前から既にマム側にはバレていて、プリンの誘導でルフィ達はWCIに辿り着いたと言っていた。

という事は、プリンはルフィ達をチョコ泥棒の件から助けた時には既に素性を知っていたという事。

助けた事に関しては、仮にここでルフィ達に暴れられたら島民に被害が出る可能性もあるだろうと考慮し、一味まとめてWCIに誘導した方が確実だと考えた結果だろう。

しかし、その後の家での会話はどういう事だろう?

「ゆっくりしたいけど用がある」というルフィ達を引き止めるかのような「紅茶を一杯だけいかが?」という言葉。

この時間稼ぎは何の為?

この時に裏で起こっていたことといえばベッジによるペコムズの誘拐…

それに加えて諸々の描写から「プリンとベッジは繋がってるかも?」とも考えたんだけど、今の所その兆候は見られない。

あの時の時間稼ぎは何の為?


[大好きな姉]

プリンはルフィ達とローラの関係を知る由も無い。

ローラの事を殺したいくらいに憎んでいるマムでさえ居場所を特定出来ていないのだから。

その姉ローラの事を「大好きだった姉」と慕うプリンの発言はおそらく嘘ではないだろう。

プリン自身は「自由な結婚なんて諦めてる」と言うものの、「自由な恋愛を求めて飛び出したローラ」を思い出し、雨の中感傷に浸る描写もあるのが気にかかる。


[スポンサードリンク]


[ちょっとだけ用事が]

ルフィ達と南西の海岸で会う約束をしたプリンだが、それ自体が誘惑の森へ誘うための罠だった。

マムも「あの森を抜けるとは思わなかった」と言っていた事から、そこまで誘導できればプリンの役目は終わりと言う事だろう。

プリンはその時間にタマゴ男爵達とドレス選びをしていた。

たまたまその様子をブルックとペドロが覗くとプリンは「お願い‼︎ ちょっとだけ用事があって!」と海岸へ行かなければと言う事を仄めかしていたが、ブルックとペドロが見ている事を知らないにもかかわらず、なぜこんな演技をしていたのか?

WCIには島中にホーミーズが配置されているから、それ伝いにブルックとペドロが見ている事を知っての演技だろうか?



[オペラの前でのヒソヒソ話]

プリンの本性を家族は知っている。

にも関わらず、本の檻に閉じ込められたルフィ達に「サンジを撃ち殺す」件を伝える時にヒソヒソとオペラに聞こえないように話したのは何故?

当のオペラ本人も「んん〜〜?何だあいつヒソヒソと…」と不思議がっていた。


[レイジュへ曝け出した本性]

自分を嗅ぎ回っていたレイジュの脚に、結婚式で使う銃の試し撃ちを兼ねて発砲したプリン。

その後、自室に連れてきてレイジュにこれからの計画の全てを曝け出した。

それは、自身の“メモメモの実”の能力があるからこその暴露だろうが、本番を前に控えあまりにも軽率ではないだろうか?

結果論になるけど、それがサンジに聞かれ計画が筒抜けになってしまったわけで。。


その他も細かく見ていけば、矛盾、違和感はありそうだけど、大きいのはこのくらいかな?

やはりこれまでも言われていたけど、「プリンはプリンで独自の計画を企てている」と考えた方がしっくりくるかな?

いやはや、どうなる⁉︎ WCI編!


[関連リンク]

プリンの「メモメモの実」徹底解剖!まとめ考察

意外と似た者同士?サンジとプリンの共通点から今後の展開を考える

プリンとカポネが繋がり「結婚式」で何かを企んでいる!?

ONE PIECE 第85巻

ONE PIECE コミックス 1~84巻セット

[スポンサードリンク]


コメント

何度も書きますが

そうなんですよね?もう、頭は狂います。
プリンは、ローラの件を考えるとツンデレとも取れますが...腹黒なのでしょうかね?

今一番気になってるのはキャロットです。少し仲間フラグが立っている気がする。ルフィが仲間を褒めるときって船員にたいしてだけどその時さりげなくキャロットも誉められている対象に入ってたんだよねチョッパーとナミとかいたのにキャロットも誉められているとは?仲間フラグかな?

プリンも双子だった
に一票

プリンちゃん、絶対まだなにかありそうなんですが皆目見当もつかないですよね〜
自分で悪い子人格を植え付けてる?
サンジ打つと見せかけてカルメルの写真、または鋼の肉体のビッグマムを撃つ?
実は何人かの兄弟でビッグマム暗殺を企ててる?

わからないー!(^^;;

No title

かんりにんさん組長!! 見えましたぞ❗ プリンも何か、ポカをしてマムの怒りをかい魂を抜かれかける所を、サンジが救いプリンが真剣に、サンジに惚れるパターンが! プリンに救いがあるのか~? いよいよ結婚式ですね❗ 楽しみです


プリンちゃんに関しては
やはりまだ何かありそうですね!

まぁプリンちゃんに限らずですがww

マムの考える計画と
兄弟達の考える計画と
どこかでプリンが改竄してることも考えられる気はしますし

本人の登場は可能性薄そうですが
やはりローラが鍵になってきそうですな!

No title

ビッグ・マムにとってのプリンは三つ目族の覚醒によるポーネグリフの解読という自身が海賊王へなるための最も重要なカギ。
他の娘らと違い、いつでも手元に置いておきたい所有物といったところ。
プリンもそれに気付いているのでローラのような自由はないと諦めている。
ジェルマの科学力が手に入れるため、これまで同様に娘を結婚させ姻戚関係を結ぼうとしたが肝心の結婚できる娘がもういないため、仕方なくプリンを出したといった所では?
実際にはカギであるプリンを手放せないビッグ・マムはジェルマを皆殺しにし、科学力のみを手に入れようとしたのが、今回の話?

ルフィとマムが電伝虫でやり取りしたとき、ルフィは「プリンは友だちだ」と言ったのに対してマムは何も知らない様子で「そんなわけあるかい」みたいなことを言ってたと思うんですけど、これは作戦のうちじゃないってことですよね
ただルフィたちをWCIに到達させる係でこういう方法に出たということなら知らなくてもおかしくないのかなと思いますけど…
そうじゃないなら、裏切りとかはなくても単独で何かやってる可能性はあるのかなと思いました◎

No title

最終的にサンジに“ほだされて”仲間にはならないが、ビッグ・マム+ジェルマ関係者からオーナー・ゼフの記憶を改竄して晴れてサンジは自由の身とか

No title

ヒソヒソ話の件

いい娘に戻るために
みんなの記憶を書き換えなければと言うセリフがありましたよね
改竄の対象が兄弟達も含んでいるんだと思っています
なので兄弟の前でも本性はヒソヒソと話したんでしょう

プリンが悪女だと読者にぎりぎりまで秘密にするためでは?海岸へ向かう件も紅茶もあの時点ではまだプリンはバリバリ良い子だとみんな思ってたし、ひそひそ話もプリンが良い子で自己犠牲になる、または敵か!?のちょうど微妙な時期でしたし。

サンジの優しさに悪女プリンが本当に惚れてしまう展開を期待(^^)

詐欺師の女性って考えたら、裏無しのただの悪女って事だと思ってます

プリンのいう家族が誰をそしてどこまでの人達をさしてるかによりますね。

間違えるかもしれないけど私の予想!
プリンにも双子がいると思います。
魚人島で最初マムが出てきた時プリンも出てきましたけどあれはプリンではなく別のプリンと似た双子の姉か妹……かな?
ローラとシフォンは2人とも仲良いけど
プリンと(姉か妹)←の(どちらか)2人はものすごく仲が悪い‥
もし双子がおったら逆に面白いな^_^


No title

「紅茶を一杯」は、プリンがいい子だという印象を読者向けに見せるためのものかと思います。

「オペラの前でヒソヒソ」このシーンが一番気になります。
ニトロ・ラビヤンを連れていない点と、プリンがサンジにプロポーズされて「嬉しかった…」の後のコマで、会話の吹き出しが聞き取れない描写になってる点です。
この謎の吹き出し(会話)部分で、プリンは本心をルフィ達に語っている→でもすぐにルフィ達の記憶からその部分を切り取って、なかった事にしている。という可能性はないでしょうか。

ここは素直に修道院のマザー、カルメルで、体が小さく巨人の未熟児として捨てられたビッグマムを育ててくれた恩人でしょうか?
いじめられた過去に反発し誰でも分け隔てなく愛することに誇りをもっているマムはさまざまな人種との間に子どもを作り、その希少種の子を愛することに命をかける。ローラも命がけで愛されていたが、家を出たことで自分からの愛を受け止めてもらえなかったと認識したマムは逆上しローラの知らないところで今は完全に拒絶していると。
ローラのように愛されたいと願っていたプリンだが、完全な三つ目になれず、マムからの愛情も弱くコンプレックスを抱いていた。そして、普通は結婚相手を探してもらい種族を広げるところをなんとジェルマ吸収のための道具に。プリンの本当の目的はマムを裏切りサンジと結婚すること。ルフィたちに素性をばらしたのは許しを求めてきても逃がすなんてことがないように、確実にマムに殺されるために作戦を伝えた。船もプリンが壊す手筈だった。
帰るところの無くなったサンジはジェルマの跡取り候補になる。後はジャッジ以下、兄姉を殺せばサンジがジェルマの王でプリンはジェルマの妃になれる!もしくはその人らの記憶を変えてサンジが跡取りと思わせればいい。そして科学技術だけでなく、マムや他の兄妹を見返すほどの軍事力を手に入れたあとにサンジを殺せば♪

>桜餅さん


>腹黒

表と裏の顔があれだけ違う事を考えると…「腹黒」という事に疑いはないかと(^ム^)

>カニさん


>キャロット。少し仲間フラグが立っている

んん~すでにミンク族とは同盟関係ですし、キャロット単体で一味入りってのは可能性低くないですかね?

ぼくもキャロットは大好きですが(*^。^*)w

>ななっしーさん


>プリンも双子

んん~それやっちゃうとこれまた色々矛盾が出る様な…(+o+)

考え過ぎて頭パンクしそう~笑

>新人ハルさん


>プリンちゃん絶対まだなにかありそう

1人でマムからの独立を考えてる説が今のところ濃厚ですかね~?う~~ん、分からんw

>かつさん


>プリンが真剣にサンジに惚れるパターン

そうなればサンジは普通にメロメロになりそうだから困る(^m^)笑

>そろさん


>どこかでプリンが改竄してることも考えられる

コレがあるから、どんな無理な展開でもアリになりそうなんですよね~(^J^)

本当に厄介な能力だw

>+reiさん


>これまで同様に娘を結婚させ姻戚関係を結ぼうとしたが肝心の結婚できる娘がもういないため、仕方なくプリンを出したといった所では

適齢期の娘がプリン以外に居ない、と。

あれだけ居るからと、その可能性は捨ててたけど案外そんな理由なのかな(^J^)

>トミートミーさん


>「プリンは友だちだ」と言ったのに対してマムは何も知らない様子で「そんなわけあるかい」みたいなことを

言ってましたよね~(^○^)

あれとかも含めて全てを回収して描いてくれたら、尾田先生本当に神!

>+reiさん


>オーナー・ゼフの記憶を改竄して晴れてサンジは自由の身

シャーロット家ヴィンスモーク家共に結婚式さえ行われたらゼフの事はもう手を出さないんでは?(^<^)

>OPDHさん


>改竄の対象が兄弟達も含んでいるんだと思っています。なので兄弟の前でも本性はヒソヒソと話したんでしょう

プリンの「本性を知るモノは家族だけ」と言う言葉がドコまでを指しているかにもよりますね!

No title


>プリンが悪女だと読者にぎりぎりまで秘密にするためでは?

それは読者側からのメタ目線での話ですよね(^○^)

そうではなくて、作中のキャラの行動として考えた場合 疑問が残るよねという話です!

>しまゆうさん


>サンジの優しさ

今の評価は「エロガッパ」ですけどね(*^。^*)笑

No title


>詐欺師の女性って考えたら、裏無しのただの悪女

誰かしらの記憶を改竄してまで「良いコ」に戻ろうとしてるんで、意図的に裏表を作ってるんですよね(゜-゜)プリン

No title


>プリンのいう家族が誰をそしてどこまでの人達をさしてるか

それ!まさに。

No title


>もし双子がおったら逆に面白いな

え~?ぼくはそれは否定派!笑\(◎o◎)

>かぐやさん


>ニトロ・ラビヤンを連れていない点

確かにあの時だけ連れてなかったですよね!

やはり何かあるのかな??\(◎o◎)

>のびたさん


>プリンの本当の目的はマムを裏切りサンジと結婚すること。

いや~あそこまで裏の顔見せられて「実は…」ってのは無さそうな(+o+)

No title

プリンがルフィとナミにヒソヒソ話をした後
笑顔で涙を流したことが、僕はまだストンときていません。
プリンがマムの計画をあちこちで暴露した結果、
阻止する動きが出たのも事実です。
もう一つの計画が同時進行している気がしてなりません。

プリンは「政略結婚」というフィルターを通して、
サンジを評価しているのではないでしょうか?
だから腫れた顔を見て「兄弟からの嫌われ者、落ちこぼれ」、
鼻血を出したら「エロガッパ」と思うのは当然かもしれません。

ベタだけど二重人格しか説明つかないと思います!

プリンとベッジは裏で繋がってるように思う。
そもそもベッジの計画はヴィンスモーク家の命はどうでも良かったからプリンはサンジを射つ予定。だけど、数時間前に麦わらが計画に参戦してヴィンスモーク家を助ける予定に変更。プリンは本気で殺しにくるけどサンジは避ければ良いだけなのでプリンに作戦変更は伝わっておらず、このような不可解な点があるのではないかな?
ベッジの最後の『あの野郎、なんて演技だ』もサンジに対してではなく、プリンに対してのコメントだったりして…

プリンのサンジへの警告は、レイジュ拘束時に3つ目を晒して伝える前にも部屋で二人きりで話し合いをしている時に、『式に出ては終わりよ』と一度直接はっきりと危険を伝えている。プリンがサンジを撃つ気満々ならわざわざサンジが警戒するようなセリフを尾田さんがプリンに言わせるのか?と大きな疑問が残る。予想ではあるが、結果的に式でプリンはサンジを撃たないか、又はサンジがプリンの三つ目を見せられても動じず無理矢理にでもキスをしプリンの自由を奪う事でプリンに銃を撃つチャンスを無くす狙いなのかと考えているんだが。プリンが銃を撃てないと言う事は、マム側の計画もベッジ側の計画もスタートできない訳だが、ルフィだけは、案の定、カルメルの写真を叩き割って大暴走、その間にプリンの能力を欲しがっている第三の敵にプリンが拐われ、プリンを助けたいマム一族、サンジ、ルフィ達、ジェルマで協力して第三の敵と戦う展開がどんでん返しのストーリーとしてあり得るかと。

そういえばまだプリンの名前が正式に出てないですよね?何かありそう……

一杯の紅茶に毒薬を入れといて頃そうとしてたっていうのは?

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]