記事一覧

[展開予想]第862話②「バンッ!!(仮)」


このページは最新話の展開の「予想」です。ゆるい展開予想してます。


・WC城屋上「お茶会会場」――

・新郎新婦の登場に大いに湧く会場

・フェルド「あの小さかったプリン嬢が綺麗になったもんだ!」

・ステューシー「本当に素敵…」

・モルガンズ「いい写真が撮れた♪これで明日の新聞の一面はバッチリだ!」

・皆の前に降りてくる2人

・再び喝采に包まれる

・マム「ハーハハ〜!ドレス似合ってるじゃないかプリン。さすがおれの見立てだ!」

・プリン「ええ、さすがママ♡わたし…サンジさんと幸せになります!」

・それを聞いてますますデレるサンジ

・サンジ「プリンちゅわ~~~~ん♡♡♡」

・マム「娘を頼んだよォ!? サンジ」

・そう言うマムを見て正気に戻るサンジ「あ、ああ!任せてくれ!(…おっと正気を保て!おれ!プリンちゃんの行動仕草発言は全て演技!ビッグ・マムも含めおれを殺そうとしてるんだぞ!)」キリッ

・しかし照れた表情のプリンを見て再びデレるサンジ

・サンジの顔の七変化を見ているベッジ「(あいつの顔面は一体どーなってんだ⁉︎)」

・司会「では、これよりシャーロット家とヴィンスモーク家を強く強く結びつける為の“血縁の儀”を執り行いたいと思います!」

・自分の胸をコンッと一回ノックするベッジ

・ベッジの城内――

・ジンベエ「残り約5分か…皆準備はいいか?」

・皆起きてるが一様に眠そうな表情

・一同『ぉぉ~~~~~~…』

・ジンベエ「眠いのはわかるが、気は張っとれ!一瞬の油断・慢心で即あの世行きじゃ…特にルフィ!おまえさんの役目は自ら死地に向かう危険極まりない行為…一層気を引き締めて行け」

・ルフィ「そーだった!よし、アレをこーして…」となにやらゴソゴソし始める

・チョッパー「なぁルフィ!面白ェ登場って結局何だったんだ?」

・ルフィ「ししし!見てろよ〜〜ジンベエ!もう出番か?」

・ジンベエ「すぐじゃ、ホレそこから見てみぃ、サンジ達が皆の前に出てきとる」

・壁には城外を見る為の穴が開いている

・ナミ「見える見える!…って、サンジくんったらいつも通りのだらしない顔してる」と呆れ顔

・チョッパー「避けられんのかな…銃弾(汗)」

[スポンサードリンク]


・再び お茶会会場――

・司会「それではみなさまお待ちかねの!新郎新婦のお二人による!熱い熱い“誓いの口づけ”をしてもらいたいと思いますっ!」

・大盛り上がりの会場

・恥ずかしそうな顔をするプリン

・しかし内心は「(コレで“全て”が終わる…)」とサンジを撃つ以上の決意を秘めた顔

・神妙な面持ちのサンジ「…‥…(放たれた銃弾を…避けるだけだ…ちょっとくらいチューしてもバチは当たらねェよな…♡)」

・司会「それではサンジ様!プリン様のベールを上げ、“誓いの口づけ”を!」

・サンジ「ん!んん!あァ」

・サンジがベールに手をかけた時、会場の外が騒つく

・ベッジの部下達「お前!どうやってここに⁉︎」「お茶会中だぞ⁉︎ 何の用だ⁉︎」

・そして、扉がバンッ!!と開く

・そこには満身創痍のペコムズが立っていた

・マム「あァン⁉︎ なんだいペコムズお前…」

・ペコムズ「ハァ…ハァ…ママ!聞いてくれ――」

・怒るマム「――おれの楽しみを中断してまで…“聞いてほしい事”があるってェのかァ~~!!!?」

・すると会場中央で更なるザワつきが起こる

・勢いよく開いた「扉の音」と「発砲の音」を聞き間違えたルフィがベッジの腹から飛び出していた

・ルフィの顔にはサンジのお面が

・ルフィ「サンジはおれだ~~~!!!」

・シーンと静まり返る会場

・その様子に小さくつぶやくベッジ「…馬鹿野郎」

※何もかもが想定外!!! どうなる結婚式!!?…で次号。


[本バレ]

[速報]第862話“頭脳派”あらすじ


[関連リンク]

ベッジの腹の城内に居ないブルックはどこで何してる!?

マザー・カルメルの顔公開!「おれ達のマザー」「この世の光」とは!?

マムはジャッジ(ヴィンスモーク家)に恨みを持っている?

結婚式開宴!これまでのプリンの不可解な行動まとめ考察

ONE PIECE magazine Vol.3 (DIGITAL)予約開始

ONE PIECE 総集編 THE 23RD LOG

[スポンサードリンク]


コメント

No title

組長! 考察1,2 これどっちも有りやないですか!マジ楽しいっす❗ 尾田っち会長が、どんな展開でくるのか楽しみです❗ サンジの結婚式繋がりで今、単行本を読みまくってますが、ルフィ~、ハンコックの気持ちに答なさい状態ですよ!! 結婚せんでも せめて子供を作って世に残せと! 話しそれましたが 2週間なが~い悲

No title

個人的にこっちのが好きだなぁ^^
特にサンジの百面相とベッジの掛け合いは是非絵付きで見たいw

>かつさん


何回かスルーしたけどそろそろ組長やめてェェ(^○^)笑

>これどっちも有り

休載期間の暇つぶしになれば幸いです~(*^。^*)

>かぐやさん


>個人的にこっちのが好き

お~こっちはちょっとごちゃまぜ感があるかなぁと思ったんですが、気に入って貰えて良かったです(^○^)

ルフィが「俺がサンジだー」で登場、そこだけつまんなかったです…
あ!ごめんなさい(^^;)
ペコムズのドアの開ける音と銃声をルフィが勘違いして…なんてのはとっても面白かったです(^^)

>しまゆうさん


ルフィの言う「面白ェ登場」ってたぶん面白く無い事だろうな~って発想で考えました(^○^)笑

だから観客もシーンとしてすべっちゃった的な反応にw

>かんりにんさん

なるほど!(笑)

うぁーーー

個人的には1のようなものがありえると思います‼︎でも尾田先生のことだから予想外のことが起きるんでしょうね‼︎あ〜(^o^)次号が楽しみです♬

No title

>>モルガンズ「いい写真が撮れた♪これで明日の新聞の一面はバッチリだ!」

これは、この章のラストのフラグとしてありそう

No title

ペコムズが登場するってありそうですね!!

ベッジの作戦はどうなる!?

ワクワクします^^

予想1の方が個人的には好きですが
2はペコムズが登場するのはある気がします(^^)
あんなにも慕いマムを裏切らない彼の話をどこまでマムが信用するかが見どころですよね(>_<)!
ただ、あれ程楽しみにしていた結婚式途中に会場に入って来るとなるともしかすると怒りMAXになって癇癪起こしちゃったりして(^_^;)笑
オマケにルフィにケーキ崩されたりして(^_^;)笑

>しまゆうさん

実際はどんな登場になるんですかねぇ〜?( ̄▽ ̄)

次回か次次回に明らかになりそうなんで楽しみにしときましょ!

>ちーさん

基本的にぼくが展開予想考えるときには、あり得そうかな〜と思うのを①で出し切っちゃうんで、②はちょっとズラして別方向から考えるようにしてます( ̄∀ ̄)

No title


>この章のラストのフラグ

この結婚自体が滅茶苦茶になって有耶無耶になった場合、世界経済新聞社ではそれ報じるのかな〜?

破談!ってなるのか、多少の情報操作がされるのか…気になりますね(゚∀゚)

>ちぃ。さん


>ペコムズが登場するってありそう

でも、そこまで行くための道が塞がれちゃってるから難しいかな〜〜?とか考えながら登場させてみました( ̄▽ ̄)笑

>ベポさん

ウェディングケーキと玉手箱はこの結婚式で大きなキーアイテムですよね(^◇^)

どう物語と絡めてくるのか…

No title

第862話 「作戦失敗」

・ウェディングケーキ登場→誓いのキス
・カタクリ未来視でプリンが銃を抜かないことが判明
・「血でドレスを汚さず、みんなの記憶操作をする手間」を省くには
 カタクリの力を借りればよいことに気づいたプリンは、ひとつの賭けに出た

・やむをえずジェリービーンズで狙撃するカタクリ
・見聞色で察知したサンジは避けようとしたが、自分が避けるとプリンに当たることに気づき
 抱きかかえるような情熱的なキスをするフリをして狙撃を回避する
・拍手喝采に包まれる会場、苦虫を噛み潰した表情のマム、何か違和感を覚えるジェルマ一同、
 動揺するプリン、違う未来が受け入れられないカタクリ、作戦を立て直すベッジ

・来客たちが「宝箱の開封」を提案
・玉手箱を開けて爆発、爆風で写真が割れる
・銃声と聞き間違えたルフィ登場、だが既に写真が割れているしビッグマムは黒コゲで混乱
・突然奇声を発するマムにインヴィジブル・シンフォニアシステムが間に合わず、全員身動きが取れず
・唯一耳栓をして登場していたルフィだけ動くことができて、マムを一発殴る「うるせぇ!!」 -END-

No title

次回について2パターン考えてます。

①ビッグマムの癇癪が起こる。
・それもとんでもなく難しいメニューを食べたいと言い出したので、カタクリが未来を見えてもどうにもならない状況に陥る。
・茶会の会場にいたゲスト(モルガンド・ステューシー等)・ジャッジ・イチジ・ペロスペロー・モンドール・スムージーなど容赦なく次々に魂を抜かれ、会場は一瞬にして地獄絵図と化す。
・レイジュもサンジを最後まで心配するが結局魂を抜かれてしまう。
・せっかくのケーキも無意味なものとなりマム自身の手で粉々になる。

②「その結婚ちょっと待った!」と汗だくのローラが茶会に現れる。
・そのローラを恐ろしい形相で睨むマム。
・ローラも強張った顔で「久しぶりねママ」と返す。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]