記事一覧

これから登場しそうな「実在する海賊達」の名前まとめ


ONE PIECEのキャラクターは、たくさんの実在する海賊の名前が使われている。

ONE PIECEのキャラクターの元となった「実在した海賊達」まとめ

今回は実在する海賊の中で、未だ名前が使われてない人物を情報こみでピックアップしてみる!


[ジョージ・ラウザ]

海賊のたまり場・ケイマン諸島でエドワード・ロウと出会い、意気投合した2人はラウザを船長、ロウを副船長として海賊団を結成。
共にカリブ海を恐怖で席巻した残虐な海賊。
残虐さではエドワード・ロウばかりが伝えられているが、実際はジョージ・ラウザも負けてはいない。


[グレイス・オマリー]

別名を「グラニュエール」とも言う。
アイルランドのとある部族の王女でありながら、周辺の国(英国)からは「非情な掠奪者にして周辺海域の凶悪な海賊のリーダー」と恐れられた異例の女海賊。
逆に地元(アイルランド)ではおとぎ話や童謡で唄われるほど讃えられた英雄でもある。


[チャールズ・ジョンソン]

1724年にイギリスで出版された海賊の伝記集・通称「海賊史」の著者にして、自身も海賊であったと言われている。
名前は偽名である可能性が高いらしい。
多くの著名な海賊たちの生涯を伝える第一級の史料であると同時に、海賊に対する一般的なイメージの形成に大きな影響を与えた。


[クラウス・シュトルテベッケル]

交易船の乗組員だったが、待遇の悪さと屈辱を受けたことから反乱を起こし海賊へ転身した。
「がぶ飲み野郎」というあだ名の海賊で、他の海賊団の指導者的立場だった。
そんな彼の元には荒くれ男たちだけではなく、いろんなタイプの男を引きつけた。
部下の中でもヴィクバルトという男は、リベラル・アーツ(文法、修辞、論理、算術、幾何、天文、音楽)の修士であったインテリで、 シュトルテベッケルの参謀を務めた。


[メアリ・リード]

カリブの海賊の一人。
ジョン・ラカムの手下で、アン・ボニーと共に伝説的な女海賊として知られている。
常に男装しており、周りはあまり気がつかなかったらしい。
捕まったが妊娠を理由に刑の執行を免れたというエピソードもある。


[スポンサードリンク]


[ヘンリー・エイヴァリ]

全ての海賊が夢にまで見るほどの巨額の戦利品をたった一回の襲撃で獲得した事で大海賊と呼ばれるようになった海賊。
しかし、一回で掠奪した財宝があまりに巨額過ぎた為、誰にも助けてもらえず、それどころか莫大な賞金が掛けられた事でその後の人生を常に命を狙われる恐怖にさらされる事になってしまう。
しかも、奪った金銀財宝は換金の際に詐欺師によって奪い取られてしまったらしい。


[ロッシュ=ブラジリアーノ]

オランダ生まれだが、以前ブラジルで暮らしていたことから「ブラジルの岩」と言う意味のブラジリアーノと呼ばれていた。
奪った宝を埋めて隠していた極めて稀な海賊の一人。
ただ、このエピソードだけに着目して彼に対し「堅実な海賊」などというイメージを持ってはいけない。
ブラジリアーノはこういった行為から印象を受ける「堅実さ」が特徴ではなく、悪名高い海賊たちの中でも突出した「凶暴性」と「残忍さ」こそが実は彼の最大の特徴なのだ。


[スティード・ボネット]

地位も財産も教養もあり地元バルバドス島では名士として人々から尊敬さえ集める紳士であったが、結婚生活のストレスから逃げるために海賊になった「史上最も海賊が似合わない男」。
通り名は「海賊紳士」…皮肉な通り名である。
そして「史上最も有名な海賊」エドワード・ティーチの海賊団とも行動を共にしたことがあるとか。


[エドワード・イングランド]

エドワード・イングランドはアイルランド出身で元々はスループ船(一本マストの小型帆船)の航海士だったが、ジャマイカで海賊クリストファー・ウィンターに捕らえられ、そのまま自らも海賊となった。
思慮分別があり、欲も少なく、それでいて勇気もある海の男だったと、チャールズ・ジョンソンの「海賊史」で語られている。
捕虜に対しても虐待等に及ぶことを非常に嫌悪する海賊らしからぬ正義感を持った人物だった。


[チャールズ・ヴェイン]

海賊の掟をも軽視する彼はその残酷さゆえに嫌われていた。
ヴェインは次々と船を奪っては乗り換えている。まずバルバドスの「スループ」、次には大砲12門搭載の「ブリガンティン」、船名は「レンジャー」と改名された。
1718年にバハマ総督ウッズ・ロジャーズが2隻のイギリス海軍船で海賊を脅かした時、ヴェインは単身抵抗し奪ったフランスの焼き討ち船で海軍艦艇を撃退した。
彼は自身を付け狙うイギリス艦艇の裏をかいて逃れ、1718年10月にはノースカロライナのオラコーク島で1週間もの間、黒髭とともに祝賀会を楽しんだ。
ポート・ロイヤルの絞首台で最期を迎えた。


[ロベルト・コフレシ]

「エル・ピラタ・コフレシ」(海賊コフレシ)としてより知られている、プエルトリコで最も有名な海賊。
コフレシはプエルトリコのカボ・ロホ出身の者で構成された乗組員と共に、彼のスクーナー船「アナ」で海に出た。
プエルトリコの歴史家のアウレリオ・ティオによると、コフレシは貧しい人々、特に彼の家族と友人と略奪品を共有した。
彼は多くの人々にとって、ロビン・フッドのプエルトリコ版と見なされた。


これ以外にも大物海賊はたくさん居そうなので、コメント欄等で教えてくださ~い!

随時、追加予定です!

ちなみに追記しやすいようにその人物の詳細なんかも付け加えてくれたらうれしいです。笑


[関連リンク]

ONE PIECEのキャラクターの元となった「実在した海賊達」まとめ

ONE PIECEでオマージュされてる昔話・おとぎ話・童話まとめ

ONE PIECEでオマージュされてる神話・伝承・聖書まとめ

[Amazon限定] ONE PIECE エピソードオブ東の海(オリジナル特典付き)

ONE PIECE 総集編 THE 24TH LOG

[スポンサードリンク]


コメント

日本の戦国時代に暴れていた「村上水軍」もいずれでるかな?

No title

赤毛のエイリーク
レイフ・エリクソン
など、ヴァイキング系ですね。
ちなみに、上記を、シャンクスとルフィと思ってます。

史上最も海賊らしい海賊が黒ひげティーチなら史上最も海賊らしくない海賊 別名"海賊紳士"スティード・ボネットはどうでしょうか?

それと、紳士つながりで海賊の楽園リバタリアを建国した二人の海賊船長トーマス・テューとジェームズ・ミッソンとか

凄く興味深いまとめでした(^_^)

No title

初期設定ではアーロン一味の仲間に、人魚の「メイプル・リード」が登場予定のはずでしたが、おそらくメアリ・リードが名前の由来ですよね。
これが没になったということは、もうメアリ・リード由来のキャラは登場しないのかな?
それとも人魚とはまったく違うキャラで登場する可能性もありますかね?

メアリ・リードってありそう‼︎
それにしても、実在した海賊がもとになっている海賊、多いんですねー!

No title

dmtgさんから「村上水軍」が出されましたので、僕は「九鬼水軍」で。

「海賊大名」と言われた九鬼嘉隆。

ワノ国にカイドウがいるので、「鬼つながり」というだけの理由です。

No title

ビッグマム関連でグラニュー(糖)ナントカって出るかもしれないですね。

メアリ リードはクロコダイルっぽいんだけどな

>dmtgさん


>「村上水軍」

ワノ国編で関わっちゃうかもですよね(^<^)

追記しておきます~!

>あっかんべェさん


>赤毛のエイリーク
>レイフ・エリクソン

ヴァイキング系ですか!

尾田先生参考にしてそうですよね(*^。^*)

>アントマンさん


>スティード・ボネット

これは記事中に載せてますよ~(^○^)


>トーマス・テューとジェームズ・ミッソン

いいですね~(*^。^*)

>GOODさん


>凄く興味深いまとめ

事実は小説より奇なりで、実在した海賊達のエピソードも相当なモンですよね(^○^)

>VOMさん


>初期設定ではアーロン一味の仲間に、人魚の「メイプル・リード」が登場予定

設定画では「イカの人魚」と描かれてますが、見た目はイカの魚人だったメイプル・リードですね(^○^)

確かに、もう出ないのかな~?それもと違うキャラで使う??

>ちーさん


>メアリ・リードってありそう‼︎

ですよね~(^○^)

いつかそれを捩ったキャラが出てきたらいいですね!

>塩アメさん


>「九鬼水軍」

調べてみると「~水軍」って結構いっぱいあったんですね(*^。^*)

>てぃたんさん


>ビッグマム関連でグラニュー(糖)ナントカって

「海賊女王グラニュエール」を捩ったキャラですね(^○^)

でるかな~~??

>たさん


>メアリ リードはクロコダイルっぽい

イワンコフが掴んでるクロコダイルの弱み関連で、ですかね(^<^)

No title

ワノ国にも海賊がいて、将軍・カイドウ側につく者と、
モモの助・ルフィ側につく者とに分かれそうな気がします。

もし村上水軍や九鬼水軍が出てくるなら、どちらかなぁ?

元貴族で朝廷に弓を引いた海賊「藤原純友」は、
反逆精神旺盛だから、(出てくるとしたら)ルフィ側につくかも?

メアリリードは出てきそうですね。
そのまま、ボニーに関係があって、もしかしたらボニーの探してる人物だったり、男装の海賊って出てきそう。でも、それだとまんますぎるか〜。

>塩アメさん


>ワノ国にも海賊が

そういえば鎖国国家で「海外に出る事自体が罪」であるワノ国に“海賊”が居るんですかね?(゜-゜)

>おうせつさん


>男装の海賊って出てきそう

そのまんまだとしてもアリですよね~そんな海賊も(*^。^*)

>かんりにんさん

>「海外に出る事自体が罪」であるワノ国に“海賊”が居る?

海外に出るのではなく、国内での海賊という意味です。

ワノ国は将軍がいるので天下統一されているとは思いますが、
体制に乱れが生じたため海賊も出没しているかな、と。

こんなイメージだったんですが、都合良く解釈しすぎたかも、です。

No title

正義感で言うならばエドワード・イングランドは白ひげのモデルなのかもしれませんね。

個人的にはアン・ボニーとメアリー・リードの様な関係がジュエリー・ボニーとルージュにあったら面白いかなと思います。この2人は妊娠エピソード有名ですし。
ルージュはエースを妊娠してましたし、20ヶ月の妊娠もボニーが年齢操作していたらと考察もできますしね。さらにボニーがルフィの母であれば母同士が親友でさらに胸熱になりそうですが、妄想はここまでにしておきます。笑

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメONE PIECE


[ONE PIECE(デジタル) 01~50巻]

[ONE PIECE(デジタル) 51~86巻]

オススメ記事

4813.jpg
4807.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg
4608.jpg
4604.jpg