記事一覧

[“展開予想”選手権まとめ] 第864話 予想×18


企画考案記事合併号&休載時のヒマつぶし企画を考えようのコメント欄で、こんな発案が。

管理人さんが毎回やってる、ゆるい展開予想を
常連さん達にやって貰う「次回ゆるい展開予想選手権」をお願いしたい。
皆さんの発想力、文章力を楽しみたいです。
管理人さんに三賞(傑作賞・奇想天外賞・努力賞etc)を決めてほしいです。
2017/04/22(22:22)



てことで、コメント欄に書き込まれた皆の「展開予想」をまとめてみます!

第864話「(タイトルなし)」 2017/04/27(23:58) ana

・ルフィ&ジンベエとの戦闘中のビッグマムは、割られたマザーカルメルの写真に気付く

・マムの暴走に怯える息子たち

・何の事だか理解出来ずに、うろたえるゲストたち

・マム弱体化のチャンスを狙うベッジ一行

・しかしマムは暴走することなく、ただ悲しみに暮れ泣き崩れるだけ

・想定通りとならなかった理由を、ルフィ&ジンベエはマムに問いかける

・~マムの回想~

・マムにとってカルメルが、どれほど大切な存在だったかを知ったルフィたち

・ジンベエは大切なものを奪われる辛さをマムに諭す

・戦意を喪失したマム&ルフィたち

・ベッジたちはマムの弱体化が成らなかった事で、作戦の失敗を悟る

・しかしここでヤケになったシーザーが、3発目の毒ガス弾を発射

・マムの呪縛から逃れるには、何としてもマムには消えてもらわなければならないからだ

・マムに向かって飛んでくる毒ガス弾

・それを防いだのはカタクリだったが、自身がロギアであることからの過信からか、自らの身体で受けてしまう

・毒に侵され、苦しむカタクリ

・スムージーはカタクリの毒を絞り出そうとするが失敗してしまう

・大切なものを失う苦しみを知ったマムは、嘆きながら皆に助けを求めるが・・・

・その時ルフィは思い出す、毒に侵された自分を救ってくれた人物がこの中に居る事を

・レイジュが毒を吸い出す能力で、カタクリを死の淵から救い出す

・マムは涙し、ジェルマに感謝の意を示すのだった

・決着

・騒動が落ち着き、その全貌が明らかになる

・一連の騒ぎは全てルフィたちが仕組んだ事とされるが、マム自身の怒りが収まった為、和解という形になった

・ジェルマ側はサンジ婚姻が罠だった事実を知らぬまま、レイジュが正式にカタクリに嫁入りした為、本来とは別の形で望みが叶うのだった

・ベッジは作戦こそ失敗したものの、裏切り行為はマム側に知られることは無かった

・その他、一連の不都合な情報に関してはプリンが記憶操作を行い、家族間の疑念は消される事となる

・別れの時

・ルフィがホールケーキアイランドから旅立つ時、ペコムズとパウンドが現れる

・ペコムズはパウンドにより発見されていた

・どうやらペコムズは、パウンドと共にマムに許されたらしい

・色々あったが、ワノ国では頑張れよと激励されるルフィ一行

・そうしてルフィたちは旅立っていった

・見送っているパウンドに、「パパ!?」と声を掛ける人影

・シフォンとソックリの姿の彼女は・・・

・一方サウザンドサニー号では、仲間たちへの謝罪の意味を込め、サンジがスィーツを作ろうとしていた

・何を作るか考え込むサンジの隣には・・・

・「スィーツと言ったら、プリンに決まってるでしょ?サンジさん」

・混乱の中で逃げだしていたシーザーは、空中浮遊の能力を使って、ホールケーキアイランドから遠く離れた海上に居た

・彼はブリュレの鏡を利用し、ベッジから心臓を取り戻していた

・しかも同じ様にして、秘宝である玉手箱まで盗み出していたのだ

・高笑いしながら喜びに震えるシーザーは、その場で玉手箱を開けてしまう

・大爆発に巻き込まれ、海に落下して行くシーザーだった

・後日

・ビッグニュース・モルガンズにより、「ビッグマム海賊団と麦わらの一味、友好関係を結ぶ」との報道がなされることとなる


第864話「出来損ない」 2017/04/27(23:28) 海邑

・プリンを抱え、降り立つサンジ

・ルフィによる騒動のせいで鏡が割れたことにはまだ誰も気づいていない。

・ジャッジ「サンジ。これはどういうことだ?何故、あの小僧がここにいる?」

・サンジの目の前に居たのはVS家

・イラつき、蔑むような目をサンジに向けるジャッジ。

・ジャッジ「出来損ないが。結婚式もまともに出来んのか。」

・“出来損ない”。その言葉に一瞬、表情を無くすサンジ。

・ナミ「ちょっと…!」

・チョッパー「サンジ…?!」

・ジャッジの言葉が聞き捨てならない様子の2人。サンジを心配している。

・ジャッジ「どうした?本当のことを言われて言葉を失ったか。それにしても…」

・ルフィの方へと目線を向けるジャッジ。

・ジャッジ「出来損ないの仲間は出来損ないだな。式をめちゃくちゃにするとは。」

・その言葉に目を見開き、ぶち切れるサンジ。

・サンジ「おれのことは出来損ないで結構。だがな、おれの仲間を侮辱するんじゃねぇ!あいつらは…最高の仲間だ…!!」とジャッジの顔面に蹴りを入れ込む

・「帰れ…下級海賊共」のシーン

・少し嬉しそうな表情のレイジュ。


第864話「(タイトルなし)」 2017/04/27(23:05) テスト

・派手に砕け散る、マザーカルメルの写真。

・「ヨホホホ」

・カポネ(やりやがった!!)

・サンジ(よし、ここからが…)

・と、その瞬間 オペラのパンチで壁に叩きつけられるルフィー人形改め、ブルック

・ぺロスペロー「ぺろりん ぺろりん♪お気に召しましたか?私の飴は?」

・砕け散った写真が飴に戻る

・ルフィ「ブルック!!」

・マム「お前の相手はこの私だよ!!ヘブンリーファイヤー!!」

・プロメテウスの炎をまとったパンチで、ルフィを攻撃するマム

・さらにジンベエもカタクリの攻撃を受けている

・焦るベッジ(クソ…偽物だと!?今ので写真狙いなのもバレちまった!!)

・コンコンと胸を叩くベッジ(ゴッティ、ヴィト……”プランB”だ)ヒソヒソ

・ヴィト「了解、頭目(ファーザー)!」

・モンドール「麦わらたちを討ちとれェ!!!」

・一気に動き出すビッグマムの子供たち。

・あちこちで戦闘が起こり始める。

・ジンベエ 「流石に四皇…一筋縄にはいかんか」

・マム 「麦わらァ~、今殺してやるよ!!」

・ルフィ 「うるせー、こっちこそ今からぶっ飛ばしてやる!!」

・ヨンジ 「おい、いったいどうなってんだ」

・ニジ 「ひとまず、結婚がなくなったのは確かだな…どうする?」

・イチジ 「…」

・いまだに状況がつかめない兄弟たち。

・そこにダイフク、オーブンが攻撃を始める。

・それを防ぐイチジ「オイ…俺たちは別に関係ねェぞ」

・モンドール 「もう、終わりさ!結婚もヴィンスモークも麦わらも…こうなった以上お前らも用済み──」

・と、そこにサンジの蹴りがモンドールに炸裂する

・サンジ 「早く逃げる準備をしやがれ! このクソ野郎ども」

・ヨンジ 「なんだと」

・ニジ 「サンジのクセに、生意気な」

・ダイフクに攻撃を仕掛けるイチジ

・ヨンジ「!!おい攻撃していいのか!」

・イチジ「正当防衛だ」

・場面変わり、ケーキの中から様子を伺うナミたち。

・ナミ「あれが写真じゃないとしたら、いったい何処にあるの?」

・チョッパー 「まさか偽物だなんて!」モグモグ

・キャロット 「ねーねー、アレじゃない?」モグモグ

・遠くのテーブルに写真らしきものを発見するが、すぐ傍に控えるのは3将星のスムージー。

・ナミ 「護衛がついてる…」

・ルフィー、ジンベエ 、ペドロ、ルフィー人形のブルックがマム達に追い詰められている

・バリバリバリ!!!と巨大な雷鳴が轟く。

・ジンベエ「おい、ルフィ⁉」

・ビッグマム「……?」

・ルフィ「ししし、おれ電気効かねェんだ!ゴムだから」

・ジンベエ「そりゃええ!」

・マム「殺すッ!!!」

・カタクリの猛襲を受けるジンベエ。

・そこでペドロが割って入る。

・ジンベエ 「しかし、これは流石に厳しいな」

・ペドロ「何とかしないとジリ貧だ」

・その時に何かに気が付くブルック「ん…?」

・ナミがケーキに隠れながら、ブルックに指をさしてジェスチャーを送る

・ブルック 「何でしょうか? ナミさんヨホホホ」とナミの方に

・大慌てで、ケーキに隠れるナミ「ブルックのバカ~!!」

・3人はコソコソと隠れながら、写真に近づいていく

・マム 「やってくれたね、麦わら。オレのケーキを壊して、覚悟は出来てるんだろうね?」

・とその頃、シーザーが悪い顔で鏡を覗いている。


第864話「演技派」 2017/04/27(20:07) ソニン

・ルフィ「こんな結婚式俺は認めねぇ!!ギア2」

・ペロスペローがキャンディでルフィの動きを止めようとするもルフィのギアの熱さで溶かしてく。

・カタクリがルフィに連射攻撃しようとしてる

・ブルック「そうはさせませんよ。」

・ブルックがカタクリの覇気を剣で受け流す。

・マム「おやおや、死んだと思ったガイコツが生きてたよ。」

・ブルック「お久しぶりですお嬢さん。またお会いしましたね。パンツ見せてもらっても…」

・ルフィ「そーだ!写真早くぶっ壊さねぇと」

・ブルック「もう壊しましたよ。」

・エェエェェエ!

・ブルック「この写真だけは私が破壊すべきですから。ねぇ?ビッグマム。もとい、私の妻だった〇〇よ。ヨホホ」

・エェエェェエ!!!!

・回想あり

ビッグマムに異変が…で次号。


第864話「過激派」 2017/04/25(00:23) 迷子

・ルフィ「ビッグ・マム!おめえが大切にしてる写真を壊すのは悪いと思ってるけどよ!あれを壊さないとサンジを助けられねえんだ!今度こそ…」

・マム「狙いさえ分かりゃカタクリの手を借りることもねえ」とゼウス・プロメテウスでルフィの態勢を崩す

・マムとルフィが言い合う傍らでカタクリに斬りかかる変装ブルック

・ブルックの剣速もカタクリの見聞色の前にあっさり受け流されてしまうが…

・ブルック「すみませんね…もう、割っちゃいました。ご婦人の写真!ヨホホホ…」

・唖然とする一同

・その瞬間、カタクリはマムを庇う姿勢を取りながらブルックに言い放つ「貴様、何者だ!」

・呆然としているマムに近づくブルック

・ブルック「またお会いしましたね、お嬢さん。随分とまあ、大きくなられて」

・ブルックにはマザー・カルメルの顔に覚えがあり、そのときマムと会っていたことも思い出した様子

・回想――

・傷ついた某王国騎士と若き日のマザー・カルメル

・――回想終わり

・感慨に更けるブルック

・そこへゼウスとプロメテウスが襲いかかる

・自由になったルフィが助けようとするも、異変を察知して動き出した子供たちによって阻止される

・ブルック、仮装を解きソウルキングに

・魂の声が響き渡り、魂が抜けはしないもののゼウス・プロメテウスまでもその場ですくんでしまう

・ブルック「さっきとはタマスィ~の震え方が違うぜ!これだけのビッグステージ!これだけのオーディエンス!いつもより余計に燃え上がってるぜ!」

・「骨の癖に熱い野郎だ」とかなんとかベッジ、傍にはジンベエ、ペドロは高く跳んでスタンバイ

・その声を合図に耳栓の上からさらに両耳を覆うナミ&ヴィトたち、あれ?チョッパーとキャロットがいない

・サンジは空中のまま、片腕でプリンの両耳を覆うように頭を抱き抱える

・包囲が外れたヴィンスモーク家では、何かを察知したイチジが席を離れる

・それを目で追うレイジュと、目の前の光景を面白がっているジャッジたち

・来賓たちも席を立ってその場を離れようとするが既に時遅く…。

・ブルック「会場は温まったかい?いよいよメインボーカルの登場だぜ!派手にかましちゃってくれぇ、だぜ!」

・ルフィ、チョッパー、キャロット「いぇーい!!ソウルキング~!!」

・時計の針が3時を指したその瞬間、ウェディング会場にマムの声が響く…


第864話「(タイトルなし)」2017/04/25(00:41) 海邑

・マムの子供達「…!!!(写真立てが!!ママに気づかせるな!!)」

・カタクリ「…ダメだ。」

・未来視で大声で叫ぶマムの姿。

・ジャッジ「?」

・ニジ「あ?写真?何やってんだ?あいつら。」

・ヨンジ「写真なんか割って何がしたいんだ?」

・レイジュ「(写真…?) 」

・イチジ「……。」

・プリンを抱え、スカイウォークで地面に降り立つサンジ「最初(はな)っから騙されてたんだよ!!いい加減、理解しやがれ!!」

・あと5秒…

・ニジ「あぁ?なにわけわかんねぇこと…「いいから黙ってついてこい…!!」」

・3…

・2…

・1…

・マム「ああぁぁぁぁぁぁ〜!!!」

・何も知らないゲストのうち力の弱い者から倒れていく

・シーザー「くっ。もうどうにでもなりやがれ…!!!」

・バシュッ

・煽り『ついに放たれたランチャー。果たして…?!』


第864話「マザー・カルメル」 2017/04/25(06:41) 名無しの鷹

・カタクリからルフィに攻撃をしながらもカルメルについて解説

・停止したビッグマムに代わって攻撃を始める子供達と、それをなんとか防ぐナミ達

・スムージーも動くが水分のないブルックに能力が効かず焦る

・ビッグマムの「思い出」を知り写真立てを壊したことをビッグマムに謝るルフィで終わり


第864話「(タイトルなし)」 2017/04/25(06:43) めい

・マム&カタクリVSルフィ&ジンベイ

・激しく戦い割れた事に誰も気がつかない

・「よほほほほ、困りましたね。誰も気づいてくれません」とブルックが嘆く。

・カタクリの足が伸びてルフィに向かう

・ルフィに当たる前に写真がカタクリの足の前に・・・

・「しまった。麦わらに気をとられて・・・」

・ガッシャーンと音を立てて砕け散るマザーカルメルの写真立て

・震えはじめるビッグマム

・突然の出来事に固まる一同、ビッグマムの子供達は驚愕の顔をしてカタクリを見る。

・サンジが抱え込んだプリンの耳を塞ぐ

・チョッパー達も耳を塞ぐ

・投げた格好のブルックを見たスムージーが事態を理解し動こうとする。

・「よほほほほ、私も耳を塞がなくては、あ、塞ぐ耳ないんですけどね」

・突然会場に雨が振りだす。

・一瞬スムージーの動きが止まる。

・その時マムの絶叫が会場を襲う。

・すごい音に次々と倒れる会場の客達、マムの子供も一部倒れはじめる。

・食べるのに夢中で耳を塞ぎ忘れたキャロットも倒れる。

・ベッジの体からヴィトとゴッティが飛び出しランチャーを発射、身を呈してカタクリが止めるも雨で流動化してしまい止められない。

・ビッグマムに迫る凶弾で次回。


第864話「報復」 2017/04/25(08:52) gace

・ジャッジ達(レイジュ以外)はサンジやナミ達から自分達が騙されていたことを信用しない

・サンジやルフィのせいで結婚式をぶち壊されたと考え、ルフィ達麦わらの一味やサンジに復讐することをナミ達に宣言する。

・だが、実力では勝てないため、海軍本部にルフィ達を地獄へ送ってもらうことを決意。

・ジャッジはサンジ、ナミ、チョッパーに「サンジ、お前の人質は海上レストランだけかと、思っていたか?こんなこともあろうかと、報復のための人質を用意しておいた。………お前らも忘れない人質だ。なあ、サンジ………人質はこの女だ…………!元、麦わらの一味のミス.ウェンズデー………いや、アラバスタ王国王女ネフェルタリビビだ………!この女とお前達の関係を知っている。世界政府と海軍本部にこの事を話してこの女を監獄送りにしてやる………!」

・そう言ってビビの写真をサンジ達に見せるジャッジ

・ビビの写真を見て愕然とするサンジとナミとチョッパーで次週


[スポンサードリンク]


第864話「猛毒ガス弾“KXランチャー」 2017/04/25(10:50) ちぃ。

・割られた写真。

・場内に響くマムの奇声。

・発射されるランチャー。

・未来を見たカタクリの指示でマムを守るマムの子供たち。

・混乱に乗じてナミ達がヴィンスモーク家を先導。

・当然ジャッジと兄弟たちは目をハートにしてついていく。サンジ達も後に続く。

・二度と捕まるわけにはいかないブルックも鏡の中へ。

・ペドロ、ジンベエはルフィの援護。

・ベッジはマムを守る振りをしながらマムの子供たちの邪魔をする。

・鏡の力で再びシーザーがベッジの体内からの残りのランチャーを至近距離で発射。

・マムに命中。


第864話「誤算」 2017/04/25(19:53) 漫画の王道

・カルメルの写真を割ったのは、ルフィに扮したブルックだった

・回想――

・爆睡中のルフィたちの傍ら2人だけの作戦を練るジンベエとブルック

・ジンベエ「ルフィには将星カタクリの邪魔が入るじゃろうから簡単にはいかぬはず、わしが全員の注意を引きつけとる隙にお前さんが叩き割ってくれんか」

・ブルック「ヨホホ、承知しました。私そういうの得意なんです」と、さっそく変装用ルフィ人形を作り始める

・――回想終わり

・ベッジ「ママっ!大変だ!!誰かが大切な写真を割りやがった!!!(さあ始まるぞ、3秒間しのげよ、麦わら・・・)

・ルフィ「あれっ?誰がやったんだ!?まあいいや、おーいビッグ・マム!!お前の大事な写真壊してやったぞ~!!!どうだ~!!!!」

・写真に気づき動きが止まるマム

・「やりやがった‼︎‼︎」怒れるビッグ・マム海賊団が一斉にルフィとジンベエに襲い掛かる。

・猛攻をしのぎ3秒経過。我を失い大音量で奇声を発しながら覇王色の覇気を発動するマム

・みんな耳をふさぐので精一杯。バタバタと倒れる者が続出

・マムに向け発射されるKXランチャー

・そのとき「(ビッグ・マムを守れ!!!)」と通信(科学力)でジャッジが命令する

・ランチャーがマムに命中する寸前、イチジが両手で受け止める

・科学力によりイチジたちの耳にはマムの奇声が届いていない様子

・ランチャーが猛毒ガス弾であると科学力で見抜くニジ

・2発目、3発目のランチャーもニジ、ヨンジによって間一髪叩き落とされる

・もれ出た毒ガスを吸い込むようジャッジがレイジュに命令する

・チョ二キたちはすでにジャッジによって捕らえられていた

・ナミ「私たちは敵じゃない!あなたたちビッグ・マムに命を狙われているのよ!!」

・一笑に付すジャッジたち

・サンジ「ナミさん!!くそっ、あいつら!誤算にもほどがあるぜ‼︎しかしプリンちゃんを放り出すわけにもいかねぇ!」奇声からプリンを守ることで手一杯のサンジ

・ジャッジ「我々の政略結婚をぶち壊すとは、麦わらのルフィ!!ただではおかぬぞっ!!!」

・VS家が麦わらの一味に襲いかかる

・彼らを救うことが目的のルフィたちは反撃できず防戦一方

・マムの奇声が徐々に収まってくる

・作戦失敗を悟り鏡世界へ逃げ込もうとするベッジだが、カタクリに全てを見破られシーザー共々捕らえられる

・奇声が止めば多勢に無勢、怒れる軍団に襲われるルフィ、サンジ、ブルック、ジンベエ

・マム「生け捕りにするんだ‼︎簡単に殺させるものかぁ‼︎!」

・ペドロだけは何とか逃げ延びる「必ず救い出す・・・待っていてくれ」

・反逆者として本の世界に収監されるルフィ、ジンベエ、ベッジたち

・サンジがルフィとともに逃亡を企てたとしてVS家も本の中に捕らえられる

・ジャッジ「濡れ衣だビッグ・マム!!我々は命の恩人のはずだ!!!」

・スムージー「黙れヴィンスモーク!お前の息子がママの顔に泥をぬったことに変わりはないのさっ!!(どっちみち生かしておくつもりはなかったけどね)」

・自分の身に起こったプリンとの一件を家族に話し始めるレイジュ

・別室でぺロスペローから尋問を受けているシーザー(ガスティーノ)、顔以外はキャンディマンにされている

・シーザー「俺は知らね~!巨大薬も順調だったのに、心臓を楯に脅されてたんだ~」

・ブリュレ、オペラ、シフォンは裏切りの罪でマムに寿命を抜かれてしまう

・プリンの失態は貴重な3つ目族であることを理由に許される

・冷静になったマムから持て成しを受ける闇の世界の帝王たち

・マム「お前ら悪かったねぇ。この埋め合わせは必ずするからねぇ。これからお茶会を仕切り直すってのはどうだい?玉手箱の中身も気になるだろう」

・結婚式は中止、1時間後にお茶会をやり直し、そこで反逆者全員の公開処刑を行うという

・マム「モルガンズ、俺たちの怖さを全世界へ大々的に報じておくれよォ(まさか殺そうとしてた相手に救われるとは嬉しい誤算だよ。ジェルマからクローン兵の量産技術さえ手に入れば、寿命を取り放題だねぇマママママママっ!!)」

・処刑は兄弟たちがそれぞれ好きな罪人を選び行う様子

・ぺロスペロー「おれはあの女がいいなぁ。キャンディウーマンにしてペロペロしゃちゃうぜ~」

・マム「麦わらは俺が自ら息の根を止めてやるよォ。ケーキはおろか、俺たちのマザーまで壊しやがって、許さないよォ・・・」ゴゴゴゴォォ

・修理された写真を手にカルメルを見つめるマム。2人の過去に一体何が・・・


第864話「隠密派」 2017/04/25(22:08) ラストマヨネーズ

・プロメテウスとゼウスの攻撃をなんとか防ぐルフィとジンベエ

・マムの子供たちは、なかなか近寄れない

・モンドール「くそっ!ジンベエの野郎…やはり裏切りやがった…‼」

・スムージー「それよりマザーの写真を守らねば…‼」

・突然の出来事に唖然とするヴィンスモーク家

・ニジ「一体どうなってやがる!?これも演出か?」

・ヨンジ「そうに違いねぇ。今ごろ麦わらは死んでるはずだぜ?」

・マム達を見て油断しているヴィンスモーク家の背後にオペラが

・オペラ「このままだと寿命が抜かれてしまうファ!せめてヴィンスモーク家の女だけでも…」

・と、レイジュを後ろから殴ろうとするオペラ

・それに気づいたイチジがすぐさま蹴りをいれる

・イチジ「…なぜレイジュを!?まさか、俺達も殺す気で…?」

・マムの子供達はヴィンスモーク家に臨戦態勢

・ジャッジ「かかってこい。本気で殺す気があるのなら…‼」

・ギア2になり、マムに攻撃を仕掛けるルフィ

・伸ばした腕がナポレオンに切られそうになる

・ルフィ「あぶねぇ!なんだこのビックリ帽子!」

・ナポレオン「ビックリ帽子じゃねぇ!二角帽のナポレオンだ‼」

・すると突然マムの動きが止まる

・カタクリ「おい!ママ!?」

・マムは白目を向き、泡を吹いていた

・カタクリはマムがロケットランチャーの標的にされる未来を見た

・カタクリ「まずい…ママの命が…‼」

・ジンベエ「まさか写真が…‼」

・ルフィ「誰が割ってくれたんだ…?」

・スムージー「ママ!?」

・スムージーが急いで写真を守りに向かう

・しかし、ヒョロヒョロのルフィが写真を割っていた

・ルフィ?「ヨホホ」

・スムージー「麦わらのルフィ…じゃないな?」

・ルフィ?「ヨホホホホ…お嬢さん。口の聞き方に気をつけるんだぜ?」

・スムージー「誰でも搾り取るのみ!」

・スムージーはカラカラの実の搾取人間

・ルフィ?を搾取しようとするが、既にカラカラ

・スムージー「搾り取れないだと…!?」

・ルフィ?「俺は、死んで骨だけ、魂王(ソウルキング)ブルックだぜ‼」

・ヒョロヒョロルフィの正体はブルックだった

・ルフィ「あー!ブルック!」

・死んで骨だけ、ブルックVS搾取人間スムージー‼


第864話「穏健派」 2017/04/26(03:05) あっかんべェ

・目を丸くして動きが止まるビッグマム

・残り3秒・・・

・一斉に、ルフィたちに襲い掛かるビッグマム海賊団

・カタクリ「兄者!ママに壁を!」

・ペロスペロー「(聞こえないまま)」飴の槍を降らす

・素早くかわしていくブルック

・待ち合わせ場所の時と同じ攻撃をルフィが避けていく

・残り2秒

・耳栓を付けるナミ、チョッパーたち、ベッジの部下たち

・スムージーが、ペドロに襲い掛かる

・何かを叫ぶカタクリ、声が届かない

・ギア4になったルフィがテーブルをなぎ倒していく

・非難する闇の帝王たち

・ジャッジ「何が起きてる?」

・1秒前

・ルフィを止めたダイフク、一斉に躍りかかる海賊団

・ジンベエ「いかん!!」

・全員が攻撃しようとした瞬間、カタクリが止める

・カタクリ「待て!こいつを攻撃するな!」

・ビッグマム、覇気と共に、鐘の音のような叫び声

・ビッグマムの過去の映像が、流れる

・バタバタと倒れていく人、動けなくなるビッグマム海賊団

・飛び出す、チョニキ、気絶しているジャッジの元に。

・倒れた人の中から、ジンベエが立ち上がる

・ジンベエ「ルフィ・・・どうした?」

・なぜか、ビッグマムをじっと見ているルフィ。

・ベッジが現れて、身体から、ロケットランチャー発射!

・一発目をかろうじてスムージーが弾く

・二発目をカタクリのジェリービーンズが弾く

・三発目がビッグマムに当たる瞬間、ルフィが体を張って、ビッグマムを守る

・ベッジ「な・・・・!!!!!!」

・ルフィ「海賊王になるんだ、四皇は、俺がやる!!!」

・ぶっ倒れるルフィ


第864話「穏健派」 2017/04/26(10:35) すー

・前半の主役はブルック

・一度死んだブルックには見聞色の覇気が通用しない(カタクリが解説)

・ブルック「あ。私死んでますから」が今週の名言

・マム発狂→セリフなしの絵で見せる感じ(コマ送り)

・一味がヴィンスモークと鏡へ

・サンジプリンも鏡へ

・ルフィ&ジンベエが、発狂に耐えられる一部のマムの子供とバトル

・ヴィト&ゴッティ登場でランチャー発動!?で次週


第864話「ルフィVS四皇ビッグマム」 2017/04/26(14:13) ちぃ。

・置いて行かれたペコムズと重症のニワトリ伯爵が合流。

・会場内にはベッジの警護で入れないが、復活したクラッカーが警護を破り共に会場内へ。

・ペコムズによりベッジの計画が露見。

・会場内ではすでに写真は割られ、場内に響くマムの奇声。

・混乱に乗じてナミがヴィンスモーク家を先導。

・当然ジャッジと兄弟たちは目をハートにしてついていく。サンジ達も後に続く。

・ペドロ、ジンベエはルフィの援護。

・二度と捕まるわけにはいかないブルックも鏡の中へ。

・お茶会は完全に中止。

・客人はすでに避難。

・ペドロ、ジンベエも鏡の中へ。

・マムの子供たちも手だし無用。

・そしてルフィVS四皇ビッグマム


第864話「策略派」 2017/04/26(17:05) ななっしー

・マムの激しい猛攻がジンベエに襲いかかる

・ジンベエ「ルフィ!いまのうちに写真を割るんじゃ!」

・ブルック「あ、もう割れてます。ヨホホ」

・ベッジ「ランチャーの発射を!」

・カタクリ「…!!」

・マム「…いや、それじゃない」

・ペロスペロー「さすがはママ、ご明察。それはおれが作ったアメ細工だ!」

・ルフィ「なに! じゃあ食べれるのか!!」

・ジンベエ「どこに注目しとる!本物はどこじゃ!」

・ペロスペロー「目には目を、歯には歯を…撹乱には、撹乱を…」

・ペロスペローら兄弟たちの背後に無数の写真立てが並ぶ

・マム「さすがは我が息子!指一本触れされるんじゃねえぞ!」

・ブルック「…! いつの間にあんな大量に!さすがに骨が折れますね!」

・ルフィ「構わねぇ!だったら全部割ってやる!」

・カタクリ「ベッジ…貴様、何をそこから出そうとした?」

・ベッジ「ルークとして…麦わらたちを仕留めようとするのはそんなにおかしなことか?」

・カタクリ「おれの見た未来は…」

・ベッジ「疑うのは勝手だか、起きなかった未来をどう証明するんだ」

・カタクリ「…それもそうだな。これからの未来で証明してもらおうか」

・ヴィンスモーク家を指差す

・カタクリ「お前に任せる」

・ベッジ「(…!おれがカタクリの警戒対象に入ってしまった…!)分かった、すぐやる」

・ナミ「なに!?どういう状況なの!?」

・キャロット「写真立てが割れた…けど、ニセモノだったらしいよ」

・チョッパー「そんな!じゃあ作戦失敗なのか!?」

・ナミ「…私たちもここから動いた方がいいわね。囲まれたらマズイし、そっちの方が守ってもらえるかもしれない…」

・チョッパー「それって、つまり…」

・ナミ「一か八かよ!ヴィンスモークのところに行くわ!」

・ニジ「なんで麦わらが生きてるんだ…これじゃ結婚式は中止か?」

・ジャッジ「いや…中止なのは式だけじゃない」

・イチジ「誰かが、サンジを暗殺しようとした」

・ヨンジ「は!?」 レイジュ「…」

・コンポート「ヴィンスモーク家の皆さん…お怪我はありませんか?いやはや、このような事態となってしまって…。安全な場所までご案内いたしますので、すぐに移動の準備を…」

・ジャッジ「私たちは戦争屋だ。安全な場所よりこれくらいの喧騒がちょうどいい。それより、サンジを殺そうとしたのは誰だ?」

・コンポート「はて?新郎を手にかける結婚式がどこにございましょうか?」

・ジャッジ「…四皇の幹部ともあろうものが聞いて飽きれる。先ほどの状況を見て理解できなかったのか、隠し事があるのか…。元々死んでいたもののような息子がどうなろうと興味はないが、北の制圧に力を貸すと言ったのもウソであれば…!!」

・遠くからジャッジの頭に照準を定めるオーブン

・「こくてい!」

・オーブン「…!!」

・チョッパー「ロゼオ!」オーブンぶっ飛ぶ

・オーブン「なんだこいつら!どっから出てきた!!?」

・どさくさにジャッジにコンポートが襲いかかる

・ジャッジ「壁」

・イチジニジヨンジレイジュが一斉に殴って吹き飛ぶ

・ヨンジ「マジか…今日は休みじゃねぇのか?武器持ってきてないぞ」

・イチジ「下の兵士たちと連絡を取るべきだ…まずは退路の確保を優先する」

・ニジ「てかあのバケモノたちは何なんだ?近づいてきてるが、味方だと思っていいのか?」

・別の方向から近寄るベッジ「(さて…どうやり過ごすか…)」

・サンジ「…プリンちゃん!今なんて!?」

・プリン「私も一緒に逃がしてくれるのなら…、ママの暗殺に、協力します」


第864話「タイムリミット」 2017/04/26(20:34) じょ

・粉々に砕け散るマザーカラメルの写真。

・ブルック 「ジンベエさん。写真割りました よ!」

・ジンベエ 「やったか!」

・カポネ(3…)

・実は乗り込む前にルフィーには内緒でジンベエとブルックが作戦を立ていた。

・顔が真っ青になるビックマム

・カタクリ(おれとしたことが…すまねえママ)

・オペラ(まずいファ!)

・うずくまるビックマム

・異変に気づき子供達、ジェルマそして客全員が逃げる。

・カポネ(2…くるぞゴッティ!準備しろ)

・耳栓をするルフィ達

・カポネ(1…)

・シーーーーーーーン

・カポネ(なぜだ?なぜ何も起きない?)

・ルフィがジンベエの言うことを聞かず、ビックマムの様子を見にいく。

・ビックマムが号泣していた「すまねぇ…マザー」

・ルフィ「おい!ビックマム!四皇のくせに何を泣いているんだ!」

・ビックマム「これはおれの命よりも大切な…本当に大切な恩人の写真だ」

・ビックマム「この人のおかげで愛する家族に出会えた。」

・シャンクス、エースそして仲間達を思い出すルフィ

・その様子を見守る子供達

・ルフィ「悪かった。そんな大事なもんだとは知らなかったんだ。」

・驚く一同

・カポネ「何を言っている麦わら!今がチャンスだ!四皇ビックマムを倒す」

・そう言ってカポネランチャーを撃つ!

・体で受け止めるルフィ

・驚く一同

・ボロボロのルフィ「おい!ビックマム!お前の大切な物壊しちまった。からお前の能力使って、おれの寿命少しやるから許してくれ」

・驚く一同

・ビックマムがルフィの寿命を取ろうとすると

・ビックマム「おまえ寿命がないよ…」


第864話「(タイトルなし)」 2017/04/26(21:00) カボチャスープ

・プロメテウスの攻撃をかわすジンベイ

・そこにカタクリが再度蹴りを繰り出す

・ジンベイ「また同じ事を!紅茶一本背負い!!ん?!」

・カタクリ「二度は喰らわん。」

・カタクリの蹴りをまともに喰らったジンベイ

・ペドロが飛ばされたジンベイを受け止める

・スムージー「ここはあたしらの縄張りだよ!」

・ペドロ「どうやら紅茶の水分を吸収されたようだな。」

・ジンベイ「やはり将星二人はやっかいじゃな。ペドロ、ワシらでやるしかないな。」

・ルフィ「ジンベイ!俺も!」

・ジンベイ「お前さんはビッグマムをなんとかせい!」

・ルフィ「わかった。」

・マム「クソ生意気な野郎ども!さっさと殺ってやるよ!」

・マム「ゼウス!プロメテウス!あっちの花婿を仕留めておいで!」

・3人「エーッ!!!」

・ナミ、チョッパー、キャロットが慌てて飛び出す

・ゼウスの雷を、キャロットがエレクトロで受け止める

・プロメテウスの炎を、ナミがヒートエッグで押し返す

・その隙に、サンジを助けに行くチョッパー

・ボコオオオオン!!!

・「うちの大切な兄弟だぜー!(笑)」

・ヨンジがチョッパーの行く手を阻む

・「守るだけじゃつまんねーな。」

・ニジが、ナミに電撃を放つ

・「危ない!ナミッ!」

・キャロットが、ナミをかばうためにニジの電撃を受け止めに

・ゼウス「舐められたな。」

・ニジと対峙した瞬間、ゼウスの雷をまともに喰らうキャロット

・ナミ「キャロット!」

・ゼウス「お前もだ!」

・ナミ「うわあああ!サンダーボルト=テンポ!」

・なんとか凌ぐナミ

・しかし、ニジがナミに追撃を

・サンジ「ナミさん!」

・プリンを抱えたまま、サンジがニジの電撃を足で受け止める

・ニジ「花婿さんは大人しくしてもらわないとなぁ(笑)」

・(やはり、家族を守ろうとする事は甘いのか)とたじろぐサンジ

・サンジ「おい!俺らは争っている場合じゃない!」

・ニジ「どういうことだ?!」

・サンジ「今ビッグマムは身内も殺りかねない!とにかくこの場を離れる事を!」

・ニジ「一緒に逃げろってか?(笑)」

・サンジ「とにかくみんなこの場を離れろ!」

・?「どいつもこいつも馴れ合いだな。」

・その視線の先には血まみれのジャッジの姿が!

・サンジの思いも虚しく混乱の最中ジャッジ死す!?


※コメント欄に書きこんで頂けたら、記事中に追記します。
※まだまだ追記予定。
※短すぎるモノ、話が進まな過ぎるモノについては割愛してます。

ちなみにぼくが考えたヤツはコチラ。

[展開予想]第864話①「3秒(仮)」

[展開予想]第864話②「想定外(仮)」

[展開予想]第864話③「誤算(仮)」



[本バレ]

第864話“ヴィンスモーク家皆殺し計画”あらすじ


[関連リンク]

祝“麦わらの一味”入り!? ジンベエのプロフィールを考えよう

WCI編でのMVP?“ソウルキング”ブルック株が急上昇!!!

カタクリの“モチモチの実”が“自然(ロギア)”系である理由

ONE PIECE magazine Vol.3 (DIGITAL)予約開始

ONE PIECE 総集編 THE 23RD LOG

[スポンサードリンク]



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメント

私が期待している部分だけですが

いざ!ナミ達がケーキから飛び出てヴィンスモーク家の所に行き、「なんだ、てめーら」と最初は警戒されるが、ナミが「さあ、行くのよ!!」的なことを言って、「は〜〜〜い。ナミちゃ〜〜ん♡」とヨンジ達は返事をし、レイジュとジャッジは呆れ顔www

No title

作戦どうり写真破壊されてけどマムは弱体化するかな
ベッジの話だと写真を落としたらだったけど
破壊なんてされちゃったら逆効果で強くなったりしてw

今の所、計画は順調?なので次はマムの奇声だと思いますが・・・
ここでマムの過去が入りそうな予感してます

次回はブルックvsマムの2ラウンド目「過激派」

恥ずかしながら、妄想たっぷりで書かせていただきます!

・ルフィ「マム!!おめえが大切にしてる写真を壊すのは悪いと思ってるけどよ!あれを壊さないとサンジを助けられねえんだ!今度こそ…」
・マム「狙いさえ分かりゃカタクリの手を借りることもねえ」とゼウス・プロメテウスでルフィの体制を崩す
・マムとルフィが言い合う傍らでカタクリに斬りかかる変装ブルック
・ブルックの剣速もカタクリの見聞色の前にあっさり受け流されてしまうが…
・ブルック「すみませんね…、もう、割っちゃいました。ご婦人の写真!ヨホホホ…」
・唖然とする一同
・その瞬間、カタクリはマムを庇う姿勢を取りながらブルックに言い放つ「貴様、何者だ!」
・しばし呆然としているマムに近づくブルック
・ブルック「またお会いしましたね、お嬢さん。随分とまあ、大きくなられて」
・ブルックにはマザー・カルメルの顔に覚えがあり、そのときマムと会っていたことも思い出した様子
・ここで伏線気味のショート回想
・傷ついた某王国騎士と若き日のマザー・カルメル
・回想終わり感慨に更けるブルック
・そこへゼウスとプロメテウスが襲いかかる
・自由になったルフィが助けようとするも、異変を察知して動き出した子供たちによって阻止される
・ブルック、仮装を解きソウルキングに
・魂の声が響き渡り、魂が抜けはしないもののゼウス・プロメテウスまでもその場ですくんでしまう
・ブルック「さっきとはタマスィ~の震え方が違うぜ!これだけのビッグステージ!これだけのオーディエンス!いつもより余計に燃え上がってるぜ!」
・「骨の癖に熱い野郎だ」とかなんとかベッジ、傍にはジンベエ、ペドロは高く跳んでスタンバイ。
・その声を合図に耳栓の上からさらに両耳を覆うナミ&ヴィトたち、あれ?チョッパーとキャロットがいない
・サンジは空中のまま、片腕でプリンの両耳を覆うように頭を抱き抱える
・包囲が外れたヴィンスモーク家では、何かを察知したイチジが席を離れる
・それを目で追うレイジュと、目の前の光景を面白がっているジャッジたち
・来賓たちも席を立ってその場を離れようとするが既に時遅く…。
・ブルック「会場は温まったかい?いよいよメインボーカルの登場だぜ!派手にかましちゃってくれぇ、だぜ!」
・ルフィ、チョッパー、キャロット「いぇーい!!ソウルキング~!!」
・時計の針が3時を指したその瞬間、ウェディング会場にマムの声が響く…


とまあこんな感じのハイテンション回希望です!

マムの子供達(モブ)「…!!!(写真立てが!!ママに気づかせるな!!)」

カタクリ「…ダメだ。」

未来視で大声で叫ぶマムの姿。

ジャッジ「?」

ニジ「あ?写真?何やってんだ?あいつら。」

ヨンジ「写真なんか割って何がしたいんだ?」

レイジュ(写真…?)

イチジ「……。」

プリンを抱え、スカイウォークで地面に降り立つサンジ。


「最初(はな)っから騙されてたんだよ!!いい加減、理解しやがれ!!」

あと5秒…

ニジ「あぁ?なにわけわかんねぇこと…「いいから黙ってついてこい…!!」」

3…

2…

1…

マム「ああぁぁぁぁぁぁ〜!!!」

何も知らないゲストのうち力の弱い者から倒れていく描写。

シーザー「くっ。もうどうにでもなりやがれ…!!!」

バシュッ

煽り『ついに放たれたランチャー。果たして…?!』


おそまつ様でした。

No title

おぉ~。なんて素敵な企画だ!
管理人さんの展開予想に加え、いろんな視点での展開予想が見れるなんて、楽しいですね~^^
本編で全然違う展開が来ても「そうきたか!」と楽しめるし、誰かの予想に近いのが来てもニヤリとしちゃうし良いですね。
迷子さんの展開予想のブルック大活躍(長生き?を活かす過去展開)からのソウルキング、かっこいい~^▽^♪

タイトル「マザー・カルメル」で

・カタクリからルフィに攻撃をしながらもカルメルについて解説
・停止したビッグマムに代わって攻撃を始める子供達と、それをなんとか防ぐナミさん達
・スムージーも動くが水分のないブルックに能力が効かず焦る
・ビッグマムの「思い出」を知り写真立てを壊したことをビッグマムに謝るルフィで終わり

・マム&カタクリVSルフィ&ジンベイ
・激しく戦い割れた事に誰も気がつかない
・「よほほほほ、困りましたね。誰も気づいてくれません」とブルックが嘆く。
・カタクリの足が伸びてルフィに向かう
・ルフィに当たる前に写真がカタクリの足の前に・・・
・「しまった。麦わらに気をとられて・・・」
・ガッシャーンと音を立てて砕け散るマザーカルメルの写真立て
・震えはじめるビッグマム
・突然の出来事に固まる一同、ビッグマムの子供達は驚愕の顔をしてカタクリを見る。
・サンジが抱え込んだプリンの耳を塞ぐ
・チョッパー達も耳を塞ぐ
・投げた格好のブルックを見たスムージーが事態を理解し動こうとする。
・「よほほほほ、私も耳を塞がなくては、あ、塞ぐ耳ないんですけどね」
・突然会場に雨が振りだす。
・一瞬スムージーの動きが止まる。
・その時マムの絶叫が会場を襲う。
・すごい音に次々と倒れる会場の客達、マムの子供も一部倒れはじめる。
・食べるのに夢中で耳を塞ぎ忘れたキャロットも倒れる。
・ベッジの体からヴィトとゴッティが飛び出しランチャーを発射、身を呈してカタクリが止めるも雨で流動化してしまい止められない。
・ビッグマムに迫る凶弾で次回。

こんな感じでいかがでしょうか?

864話 報復
ジャッジ達(レイジュ以外)はサンジやナミ達から自分達が騙されていたことを信用しない。むしろ、サンジやルフィのせいで結婚式をぶち壊されたと考え、ルフィ達麦わらの一味やサンジに復讐することをナミ達に宣言する。だが、実力では勝てないため、海軍本部にルフィ達を地獄へ送ってもらうことを決意。ジャッジはサンジ、ナミ、チョッパーに「サンジ、お前の人質は海上レストランだけかと、思っていたか?こんなこともあろうかと、報復のための人質を用意しておいた。………お前らも忘れない人質だ。なあ、サンジ………人質はこの女だ…………!元、麦わらの一味のミス.ウェンズデー………いや、アラバスタ王国王女ネフェルタリビビだ………!この女とお前達の関係を知っている。世界政府と海軍本部にこの事を話してこの女を監獄送りにしてやる………!」
そう言ってビビの写真をサンジ達に見せるジャッジ、ビビの写真を見て愕然とするサンジとナミとチョッパーで次週

No title

ゆるい予想です。

864話「猛毒ガス弾“KXランチャー」


割られた写真。

場内に響くマムの奇声。

発射されるランチャー。

未来を見たカタクリの指示でマムを守るマムの子供たち。

混乱に乗じてナミ達がヴィンスモーク家を先導。
当然ジャッジと兄弟たちは目をハートにしてついていく。サンジ達も後に続く。


二度と捕まるわけにはいかないブルックも鏡の中へ。
ペドロ、ジンベエはルフィの援護。

ベッジはマムを守る振りをしながらマムの子供たちの邪魔をする。

鏡の力で再びシーザーがベッジの体内からの残りのランチャーを至近距離で発射。

マムに命中。

…次号に続く。

作戦通りならこんなかんじかな…。


写真が割られ奇声を発するマム

次々に倒れる人々

耳栓をしてもナミ・チョッパー・キャロットはその凄さにすぐには動けない

ヴィト・ゴッティもまた
照準を合わせるのに手間取る

そこに会場に乗り込んでくる影が

一目散にマムへ向かうその影が叫ぶ

「ガオオオオ」

写真を破壊して狙い通りに弱体化するのか?(落としたら悲鳴だったけど破壊したら怒りでパワーアップとか)
毒で倒せるか?(魂10年分消費する代わりに回復能力強化とか)
ペコムズはどうなる?
ジェルマの救出にしてもすんなり上手く行くか?

仮に作戦が奇跡的に上手くいってもジェルマの救出と脱出までで、マムを討ち取るなら毒をぶち込んだ上でもう一押し必要そうだな
黒ひげが最期に美味しい所を掻っさらったら笑う


〜864話予想〜「誤算」

長文駄作ですが読んでみてください。
・カルメルの写真を割ったのは、ルフィに扮したブルックだった
(回想)
・爆睡中のルフィたちの傍ら2人だけの作戦を練るジンベエとブルック
・ジンベエ「ルフィには将星カタクリの邪魔が入るじゃろうから簡単にはいかぬはず、わしが全員の注意を引きつけとる隙にお前さんが叩き割ってくれんか」
・ブルック「ヨホホ、承知しました。私そういうの得意なんです」と、さっそく変装用ルフィ人形を作り始める
(回想終わり)
・ベッジ「ママっ!大変だ!!誰かが大切な写真を割りやがった!!!(さあ始まるぞ、3秒間しのげよ、麦わら・・・)
・ルフィ「あれっ?誰がやったんだ!?まあいいや、おーいビッグ・マム!!お前の大事な写真壊してやったぞ~!!!どうだ~!!!!」
・写真に気づき動きが止まるマム
・「やりやがった‼︎‼︎」怒れるビッグ・マム海賊団が一斉にルフィとジンベエに襲い掛かる。
・猛攻をしのぎ3秒経過。我を失い大音量で奇声を発しながら覇王色の覇気を発動するマム
・みんな耳をふさぐので精一杯。バタバタと倒れる者が続出
・マムに向け発射されるKXランチャー
・そのとき「(ビッグ・マムを守れ!!!)」と通信(科学力)でジャッジが命令する
・ランチャーがマムに命中する寸前、イチジが両手で受け止める
・科学力によりイチジたちの耳にはマムの奇声が届いていない様子
・ランチャーが猛毒ガス弾であると科学力で見抜くニジ
・2発目、3発目のランチャーもニジ、ヨンジによって間一髪叩き落とされる
・もれ出た毒ガスを吸い込むようジャッジがレイジュに命令する
・チョ二キたちはすでにジャッジによって捕らえられていた
・ナミ「私たちは敵じゃない!あなたたちビッグ・マムに命を狙われているのよ!!」
・一笑に付すジャッジたち
・サンジ「ナミさん!!くそっ、あいつら!誤算にもほどがあるぜ‼︎しかしプリンちゃんを放り出すわけにもいかねぇ!」奇声からプリンを守ることで手一杯のサンジ
・ジャッジ「我々の政略結婚をぶち壊すとは、麦わらのルフィ!!ただではおかぬぞっ!!!」
・VS家が麦わらの一味に襲いかかる
・彼らを救うことが目的のルフィたちは反撃できず防戦一方
・マムの奇声が徐々に収まってくる
・作戦失敗を悟り鏡世界へ逃げ込もうとするベッジだが、カタクリに全てを見破られシーザー共々捕らえられる
・奇声が止めば多勢に無勢、怒れる軍団に襲われるルフィ、サンジ、ブルック、ジンベエ
・マム「生け捕りにするんだ‼︎簡単に殺させるものかぁ‼︎!」
・ペドロだけは何とか逃げ延びる「必ず救い出す・・・待っていてくれ」
・反逆者として本の世界に収監されるルフィ、ジンベエ、ベッジたち
・サンジがルフィとともに逃亡を企てたとしてVS家も本の中に捕らえられる
・ジャッジ「濡れ衣だビッグ・マム!!我々は命の恩人のはずだ!!!」
・スムージー「黙れヴィンスモーク!お前の息子がママの顔に泥をぬったことに変わりはないのさっ!!(どっちみち生かしておくつもりはなかったけどね)」
・自分の身に起こったプリンとの一件を家族に話し始めるレイジュ
・別室でぺロスペローから尋問を受けているシーザー(ガスティーノ)、顔以外はキャンディマンにされている
・シーザー「俺は知らね~!巨大薬も順調だったのに、心臓を楯に脅されてたんだ~」
・ブリュレ、オペラ、シフォンは裏切りの罪でマムに寿命を抜かれてしまう
・プリンの失態は貴重な3つ目族であることを理由に許される
・冷静になったマムから持て成しを受ける闇の世界の帝王たち
・マム「お前ら悪かったねぇ。この埋め合わせは必ずするからねぇ。これからお茶会を仕切り直すってのはどうだい?玉手箱の中身も気になるだろう」
・結婚式は中止、1時間後にお茶会をやり直し、そこで反逆者全員の公開処刑を行うという
・マム「モルガンズ、俺たちの怖さを全世界へ大々的に報じておくれよォ(まさか殺そうとしてた相手に救われるとは嬉しい誤算だよ。ジェルマからクローン兵の量産技術さえ手に入れば、寿命を取り放題だねぇマママママママっ!!)」
・処刑は兄弟たちがそれぞれ好きな罪人を選び行う様子
・ぺロスペロー「おれはあの女がいいなぁ。キャンディウーマンにしてペロペロしゃちゃうぜ~」
・マム「麦わらは俺が自ら息の根を止めてやるよォ。ケーキはおろか、俺たちのマザーまで壊しやがって、許さないよォ・・・」ゴゴゴゴォォ
・修理された写真を手にカルメルを見つめるマム。2人の過去に一体何が・・・で次号(ドン‼︎)

タイトル『玉手箱』

・マムがマザカルの写真が壊されたことに気付く
・マムが発狂
・KXランチャー命中
・マム瀕死
・ヨロヨロになりながら玉手箱open
・大爆発で白目&気絶
・今まで抜いてきた寿命が全て持ち主に戻る
・マムはその反動でヨボヨボのばーさまに
・寿命を抜かれていた&抜かれそうだったマム子供達、市民が大歓声

第864話 ''隠密派''

・プロメテウスとゼウスの攻撃をなんとか防ぐルフィとジンベエ
・マムの子供たちは、なかなか近寄れない
・モンドール「くそっ!ジンベエの野郎…やはり裏切りやがった…‼」
・スムージー「それよりマザーの写真を守らねば…‼」

ーーーヴィンスモークサイドーーー
・突然の出来事に唖然とするヴィンスモーク家
・ニジ「一体どうなってやがる!?これも演出か?」
・ヨンジ「そうに違いねぇ。今ごろ麦わらは死んでるはずだぜ?」
・マム達を見て油断しているヴィンスモーク家の背後にオペラが
・オペラ「このままだと寿命が抜かれてしまうファ!せめてヴィンスモーク家の女だけでも…」
・と、レイジュを後ろから殴ろうとするオペラ
・それに気づいたイチジがすぐさま蹴りをいれる
・イチジ「…なぜレイジュを!?まさか、俺達も殺す気で…?」
・マムの子供達はヴィンスモーク家に臨戦態勢
・ジャッジ「かかってこい。本気で殺す気があるのなら…‼」

ーーールフィサイドーーー
・ギア2になり、マムに攻撃を仕掛けるルフィ
・伸ばした腕がナポレオンに切られそうになる
・ルフィ「あぶねぇ!なんだこのビックリ帽子!」
・ナポレオン「ビックリ帽子じゃねぇ!二角帽のナポレオンだ‼」
・すると突然マムの動きが止まる
・カタクリ「おい!ママ!?」
・マムは白目を向き、泡を吹いていた
・カタクリはマムがロケットランチャーの標的にされる未来を見た
・カタクリ「まずい…ママの命が…‼」
・ジンベエ「まさか写真が…‼」
・ルフィ「誰が割ってくれたんだ…?」

ーーースムージーサイドーーー
・スムージー「ママ!?」
・スムージーが急いで写真を守りに向かう
・しかし、ヒョロヒョロのルフィが写真を割っていた
・ルフィ?「ヨホホ」
・スムージー「麦わらのルフィ…じゃないな?」
・ルフィ?「ヨホホホホ…お嬢さん。口の聞き方に気をつけるんだぜ?」
・スムージー「誰でも搾り取るのみ!」
・スムージーはカラカラの実の搾取人間
・ルフィ?を搾取しようとするが、既にカラカラ
・スムージー「搾り取れないだと…!?」
・ルフィ?「俺は、死んで骨だけ、魂王(ソウルキング)ブルックだぜ‼」
・ヒョロヒョロルフィの正体はブルックだった
・ルフィ「あー!ブルック!」

ーーー死んで骨だけ、ブルックVS搾取人間スムージー‼ーーー

…で次号


読みづらくてすみません!
妄想たっぷりで書き込ませていただきました‼
暇つぶし程度に読んでいただけると幸いです~♪

No title

第864話 穏健派

・目を丸くして動きが止まるビッグマム

・残り3秒・・・

・一斉に、ルフィたちに襲い掛かるビッグマム海賊団

・カタクリ「兄者!ママに壁を!」

・ペロスペロー「(聞こえないまま)」飴の槍を降らす

・素早くかわしていくブルック

・待ち合わせ場所の時と同じ攻撃をルフィが避けていく

・残り2秒

・耳栓を付けるナミ、チョッパーたち、ベッジの部下たち

・スムージーが、ペドロに襲い掛かる

・何かを叫ぶカタクリ、声が届かない

・ギア4になったルフィがテーブルをなぎ倒していく

・非難する闇の帝王たち

・ジャッジ「何が起きてる?」

・1秒前

・ルフィを止めたダイフク、一斉に躍りかかる海賊団

・ジンベエ「いかん!!」

・全員が攻撃しようとした瞬間、カタクリが止める

・カタクリ「待て!こいつを攻撃するな!」

・ビッグマム、覇気と共に、鐘の音のような叫び声

・ビッグマムの過去の映像が、流れる

・バタバタと倒れていく人、動けなくなるビッグマム海賊団

・飛び出す、チョニキ、気絶しているジャッジの元に。

・倒れた人の中から、ジンベエが立ち上がる

・ジンベエ「ルフィ・・・どうした?」

・なぜか、ビッグマムをじっと見ているルフィ。

・ベッジが現れて、身体から、ロケットランチャー発射!

・一発目をかろうじてスムージーが弾く

・二発目をカタクリのジェリービーンズが弾く

・三発目がビッグマムに当たる瞬間、ルフィが体を張って、ビッグマムを守る

・ベッジ「な・・・・!!!!!!」

・ルフィ「海賊王になるんだ、四皇は、俺がやる!!!」

・ぶっ倒れるルフィ

次号へ

北の様子が怪しいので、ミサイルを発射しない話の展開を急遽考えてる気がします。

No title

KXランチャー 的が外れて 玉手箱に当たるんじゃ・・・

さらさんと迷子さんと梨さんの展開に1票!
KXランチャーはミサイルってよりバズーカで、毒ガスってより注射みたいな弾の表現なら問題ないはず!?

No title

だめだ!理系出身の私には管理人さんみたいに書けない(T_T)ということで部分的に参戦します。


・タイトルは「穏健派」(あっかんベェさんとかぶりますが)
・前半の主役はブルック
・一度死んだブルックには見聞色の覇気が通用しない(カタクリが解説)
・ブルック「あ。私死んでますから」が今週の名言
・マム発狂→セリフなしの絵で見せる感じ(コマ送り)
・一味がヴィンスモークと鏡へ
・サンジプリンも鏡へ
・ルフィ&ジンベエが、発狂に耐えられる一部のマムの子供とバトル
・ヴィト&ゴッティ登場でランチャー発動!?で次週


ヨホホ祭りですね~

管理人さんの伏線リストから

・ヨンジの謎の行動
・サンジの“悪魔風脚”に驚くジェルマ兵
・イチジの意味深な表情は何を意味するのか?
そろそろジェルマ側の活躍も見たいですね。当事者なのに蚊帳の外になり過ぎています。

・ローラがマムのビブルカードを持っていた経緯
これも放置され過ぎですね。マム編の最後、プリンから語られる感じかな?

・マムの恩人「マザー・カルメル」とはどんな人物?
・写真を破壊されたマムはどんな反応を見せる?
皆さんの予想を読んで、今回か次週はこの2点が焦点になりそうだなって思いました。

>皆様へ


おお~こんなにたくさんの予想が(^○^)ノ

ココからの展開は作戦通りに行くのか、予想外の事が起こるのか、の二択で大きく変わってきますね~!

マムが奇声を上げるのか、それ以上の事が起きるのか、はたまた…

色々考えるのも楽しいですよね(*^。^*)

全てに目を通して楽しませてもらってます~~

まだまだ待ってます!

No title

本当に様々な予想があって面白いですね。


1回、作戦通りの予想しましたが、作戦通りにはいかないパターンも妄想してみました。

第864話 ''ルフィVS四皇ビッグマム''

置いて行かれたペコムズと重症のニワトリ伯爵が合流。

会場内にはベッジの警護で入れないが、復活したクラッカーが警護を破り共に会場内へ。

ペコムズによりベッジの計画が露見。

会場内ではすでに写真は割られ、場内に響くマムの奇声。

混乱に乗じてナミがヴィンスモーク家を先導。
当然ジャッジと兄弟たちは目をハートにしてついていく。サンジ達も後に続く。

ペドロ、ジンベエはルフィの援護。
二度と捕まるわけにはいかないブルックも鏡の中へ。

お茶会は完全に中止。

客人はすでに避難。

ペドロ、ジンベエも鏡の中へ。

マムの子供たちも手だし無用。

そしてルフィVS四皇ビッグマム

…次号へ続く。

参加させていただきます
タイトル「策略派」

・マムの激しい猛攻がジンベエに襲いかかる
ジンベエ「ルフィ!いまのうちに写真を割るんじゃ!」
ブルック「あ、もう割れてます。ヨホホ」
ベッジ「ランチャーの発射を!」
カタクリ「…!!」
マム「…いや、それじゃない」

ペロスペロー「さすがはママ、ご明察。それはおれが作ったアメ細工だ!」
ルフィ「なに! じゃあ食べれるのか!!」
ジンベエ「どこに注目しとる!本物はどこじゃ!」
ペロスペロー「目には目を、歯には歯を…撹乱には、撹乱を…」
ペロスペローら兄弟たちの背後に無数の写真立てが並ぶ

マム「さすがは我が息子!指一本触れされるんじゃねえぞ!」
ブルック「…! いつの間にあんな大量に!さすがに骨が折れますね!」
ルフィ「構わねぇ!だったら全部割ってやる!」

カタクリ「ベッジ…貴様、何をそこから出そうとした?」
ベッジ「ルークとして…麦わらたちを仕留めようとするのはそんなにおかしなことか?」
カタクリ「おれの見た未来は…」
ベッジ「疑うのは勝手だか、起きなかった未来をどう証明するんだ」
カタクリ「…それもそうだな。これからの未来で証明してもらおうか」
ヴィンスモーク家を指差す
カタクリ「お前に任せる」
ベッジ「(…!おれがカタクリの警戒対象に入ってしまった…!)分かった、すぐやる」

ナミ「なに!?どういう状況なの!?」
キャロット「写真立てが割れた…けど、ニセモノだったらしいよ」
チョッパー「そんな!じゃあ作戦失敗なのか!?」
ナミ「…私たちもここから動いた方がいいわね。囲まれたらマズイし、そっちの方が守ってもらえるかもしれない…」
チョッパー「それって、つまり…」
ナミ「一か八かよ!ヴィンスモークのところに行くわ!」

ニジ「なんで麦わらが生きてるんだ…これじゃ結婚式は中止か?」
ジャッジ「いや…中止なのは式だけじゃない」
イチジ「誰かが、サンジを暗殺しようとした」
ヨンジ「は!?」
レイジュ「…」
コンポート「ヴィンスモーク家の皆さん…お怪我はありませんか?いやはや、このような事態となってしまって…。安全な場所までご案内いたしますので、すぐに移動の準備を…」
ジャッジ「私たちは戦争屋だ。安全な場所よりこれくらいの喧騒がちょうどいい。それより、サンジを殺そうとしたのは誰だ?」
コンポート「はて?新郎を手にかける結婚式がどこにございましょうか?」
ジャッジ「…四皇の幹部ともあろうものが聞いて飽きれる。先ほどの状況を見て理解できなかったのか、隠し事があるのか…。元々死んでいたもののような息子がどうなろうと興味はないが、北の制圧に力を貸すと言ったのもウソであれば…!!」
遠くからジャッジの頭に照準を定めるオーブン
「こくてい!」
オーブン「…!!」
チョッパー「ロゼオ!」オーブンぶっ飛ぶ
オーブン「なんだこいつら!どっから出てきた!!?」
どさくさにジャッジにコンポートが襲いかかる
ジャッジ「壁」
イチジニジヨンジレイジュが一斉に殴って吹き飛ぶ
ヨンジ「マジか…今日は休みじゃねぇのか?武器持ってきてないぞ」
イチジ「下の兵士たちと連絡を取るべきだ…まずは退路の確保を優先する」
ニジ「てかあのバケモノたちは何なんだ?近づいてきてるが、味方だと思っていいのか?」
別の方向から近寄るベッジ
ベッジ(さて…どうやり過ごすか…)

サンジ「…プリンちゃん!今なんて!?」
プリン「私も一緒に逃がしてくれるのなら…、ママの暗殺に、協力します」

END

「タイムリミット」

粉々に砕け散るマザーカラメルの写真。
ブルック 「ジンベエさん。写真割りました よ!」
ジンベエ 「やったか!」
カポネ(3…)

実は乗り込む前にルフィーには内緒でジンベエとブルックが作戦を立ていた。

顔が真っ青になるビックマム

カタクリ(おれとしたことが…すまねえママ)
オペラ(まずいファ!)

うずくまるビックマム

異変に気づき子供達、ジェルマそして客全員が逃げる。
カポネ(2…)
カポネ(くるぞゴッティ!準備しろ)

耳栓をするルフィ達

カポネ(1…)


シーーーーーーーン


カポネ(なぜだ?なぜ何も起きない?)

ルフィがジンベエの言うことを聞かず、ビックマムの様子を見にいく。

ビックマムが号泣していた
ビックマム「すまねぇ…マザー」

ルフィ「おい!ビックマム!四皇のくせに何を泣いているんだ!」
ビックマム「これはおれの命よりも大切な…本当に大切な恩人の写真だ」
ビックマム「この人のおかげで愛する家族に出会えた。」

シャンクス、エースそして仲間達を思い出すルフィ

その様子を見守る子供達

ルフィ「悪かった。そんな大事なもんだとは知らなかったんだ。」

驚く一同

カポネ「何を言っている麦わら!今がチャンスだ!四皇ビックマムを倒す」
そう言ってカポネランチャーを撃つ!

体で受け止めるルフィ

驚く一同

ボロボロのルフィ「おい!ビックマム!お前の大切な物壊しちまった。からお前の能力使って、おれの寿命少しやるから許してくれ」

驚く一同

ビックマムがルフィの寿命を取ろうとすると
ビックマム「おまえ寿命がないよ…」

一同驚く
次週へ
下手な物書いてすいません

No title

うーん。茶会の場がどうなるかは思い浮かばないんですけど、自分はサイドストーリーみたいなものを考えてみました。

-ペコムズサイド-

ペコムズ「(くそ!許さねえファイアタンクの奴ら・・・ママが危ねえ、早く伝えねえと・・・)」
 「(しかしシフォンやプラリネも酷え娘たちだ・・・実の親をあっさり見捨てちまうんだからな・・・)」
 「(まあシフォンへのやりすぎた仕打ちは俺も間近で見てきたがな・・・だがよ・・・」)
 「(ただの人間から見りゃ俺たちミンク族は化け物も同然だ・・・実際俺の仲間たちの多くは人間たちからの差別を受けてきた・・・」)
 「(だがママ、あんたはそんな俺たちを遠慮なく受け入れてくれた・・・)」
 「(だからママ、俺は絶対あんたをしなせねえ・・・例え実の娘たちがあんたを見捨てようがな・・・」)

-パウンドサイド-

パウンド「リンリンはジェルマたちを相手に何をしでかすかわからないのよね!だからこそ今こそ汝らで止めるのよね!」
(33番目の夫)「何を言っているんだパウンド、俺たちの出る幕なんて初めからない」
(12番目の夫)「マムは夫って奴を嫌ってはいるが、数だけは稼ぎたい女だ」
パウンド「もういい!我らになど頼まん!(プリンの父)!汝らだけでも式に乗り込むのね!このままでは我の娘のプリンが危険なのよね!」
(プリンの父・超希少な純粋の三つ目族)「プリン・・・私は・・・」

-ジェルマ王国サイド-

コゼット「うっ・・・」
(ヴィンスモーク家執事長)「まだ痛むのか、無理をするなよコゼット・・・」
コゼット「もう平気です執事長様。いつものことですから・・・ただ昨日は少しだけ痛かったですが・・・」
(執事長)「そうか・・・全くニジ様にも困ったものだな・・・」
コゼット「いえ、ニジ様はあれでもサンジ様にはお優しい方なのです。」
 「お皿だって侮辱したサンジ様にではなく、私に向かって投げ怒りをぶつけようとした・・・」
 「それはニジ様にとってやはりサンジ様は掛け替えのない弟様だからだと思うのです。」
(執事長)「(サンジ様が出て行かれた後も下の男3人はご兄弟の一人であるサンジ様のことを決して忘れたりはしかった・・・例えそれが歪んだ愛情であったとしても・・・)」
コゼット「(ニジ様でさえ特別に想っているサンジ様・・・昨日初めてお会いしたけどジェルマの誰よりもお優しい方だった・・・もしサンジ様が私たちの王になってくれたらきっとジェルマは・・・)」

変なとこあったらすみません。
以下展開予想です。



プロメテウスの攻撃をかわすジンベイ

そこにカタクリが再度蹴りを繰り出す

ジンベイ「また同じ事を!紅茶一本背負い!!ん?!」

カタクリ「二度は喰らわん。」

カタクリの蹴りをまともに喰らったジンベイ

ペドロが飛ばされたジンベイを受け止める

スムージー「ここはあたしらの縄張りだよ!」

ペドロ「どうやら紅茶の水分を吸収されたようだな。」

ジンベイ「やはり将星二人はやっかいじゃな。ペドロ、ワシらでやるしかないな。」

ルフィ「ジンベイ!俺も!」

ジンベイ「お前さんはビッグマムをなんとかせい!」

ルフィ「わかった。」

マム「クソ生意気な野郎ども!さっさと殺ってやるよ!」



マム「ゼウス!プロメテウス!あっちの花婿を仕留めておいで!」


3人「エーッ!!!」

ナミ、チョッパー、キャロットが慌てて飛び出す

ゼウスの雷を、キャロットがエレクトロで受け止める

プロメテウスの炎を、ナミがヒートエッグで押し返す

その隙に、サンジを助けに行くチョッパー

ボコオオオオン!!!

「うちの大切な兄弟だぜー!(笑)」

ヨンジがチョッパーの行く手を阻む

「守るだけじゃつまんねーな。」

ニジが、ナミに電撃を放つ

「危ない!ナミッ!」

キャロットが、ナミをかばうためにニジの電撃を受け止めに

ゼウス「舐められたな。」

ニジと対峙した瞬間、ゼウスの雷をまともに喰らうキャロット

ナミ「キャロット!」

ゼウス「お前もだ!」

ナミ「うわあああ!サンダーボルト=テンポ!」

なんとか凌ぐナミ

しかし、ニジがナミに追撃を

サンジ「ナミさん!」

プリンを抱えたまま、サンジがニジの電撃を足で受け止める

ニジ「花婿さんは大人しくしてもらわないとなぁ(笑)」

(やはり、家族を守ろうとする事は甘いのか)とたじろぐサンジ

サンジ「おい!俺らは争っている場合じゃない!」

ニジ「どういうことだ?!」

サンジ「今ビッグマムは身内も殺りかねない!とにかくこの場を離れる事を!」

ニジ「一緒に逃げろってか?(笑)」

サンジ「とにかくみんなこの場を離れろ!」



?「どいつもこいつも馴れ合いだな。」

その視線の先には
血まみれのジャッジの姿が!

サンジの思いも虚しく!
混乱の最中!
ジャッジ死す!?

No title

たまご男爵が今後どのように関わってくるのか?

No title

玉手箱、なにか忘れてると思ったら
たしかにヨボヨボになるという重要な設定があったねえ
アルパチーノさんの予想、とても興味深いです!

「演技派」

自分も参戦致します。
ただ長文は書けないので箇条書きで…すません。

ルフィ「こんな結婚式俺は認めねぇ!!ギア2」
さーせないよーとペロスペローのキャンディでルフィの動きを止めようとするもルフィのギアの熱さで溶かしてく。

カタクリがルフィに連射攻撃しようとしてる

ブルック「そうはさせませんよ。」
ブルックがカタクリの覇気を剣で受け流す。←出来るか分かりませんw

マム「おやおや、死んだと思ったガイコツが生きてたよ。」
ブルック「お久しぶりですお嬢さん。またお会いしましたね。パンツ見せてもらっても…」
ルフィ「そーだ!写真早くぶっ壊さねぇと

ブルック「もう壊しましたよ。」
エェエェェエ!
ブルック「この写真だけは私が破壊すべきですから。ねぇ?ビッグマム。もとい、私の妻だった〇〇よ。ヨホホ」
エェエェェエ!!!!

回想あり

ビッグマムに異変が…で次号。

自分はこの結婚式はもう少し引っ張ると思うのでこのような展開で…。
謝りあったらすみません。





テスト

派手に砕け散る、マザーカルメルの写真。
「ヨホホホ」
カポネ(やりやがった!!)
サンジ(よし、ここからが…)
と、その瞬間 オペラのパンチで壁に叩きつけられるルフィー人形改め、ブルック
ぺロスペロー「ぺろりん ぺろりん♪」
「お気に召しましたか?私の飴は?」
砕け散った写真が飴に戻る
ルフィー 「ブルック!!」
マム 「お前の相手はこの私だよ!!」
「ヘブンリーファイヤー!!」
プロメテウスの炎をまとったパンチで、ルフィーを攻撃するマム
さらにジンベエもカタクリの攻撃を受けている
焦るベッジ(クソ…偽物だと!?)
(今ので写真狙いなのもバレちまった!!)
コンコンと胸を叩くベッジ。
(ゴッティ、ヴィト……”プランB”だ)ヒソヒソ
ヴィト「了解、頭目(ファーザー)!」
モンドール「麦わらたちを討ちとれェ!!!」
一気に動き出すビッグマムの子供たち。
あちこちで戦闘が起こり始める。
ジンベエ 「流石に四皇…一筋縄にはいかんか」
マム 「麦わらァ~、今殺してやるよ!!」
ルフィー 「うるせー、こっちこそ今からぶっ飛ばしてやる!!」
ヨンジ 「おい、いったいどうなってんだ」
ニジ 「ひとまず、結婚がなくなったのは確かだな…」
 「どうする?」
イチジ 「…」
いまだに状況がつかめない兄弟たち。
そこにダイフク、オーブンが攻撃を始める。
それを防ぐイチジ「!」
「オイ…俺たちは別に関係ねェぞ」
モンドール 「もう、終わりさ!」
「結婚もヴィンスモークも麦わらも…こうなった以上お前らも用済み──」
と、そこにサンジの蹴りがモンドールに炸裂する
サンジ 「早く逃げる準備をしやがれ! このクソ野郎ども」
ヨンジ 「なんだと」
ニジ 「サンジのクセに、生意気な」
ダイフクに攻撃を仕掛けるイチジ
ヨンジ「!!」
「おい攻撃していいのか!」
イチジ「正当防衛だ」
場面変わり、ケーキの中から様子を伺うナミたち。
ナミ「あれが写真じゃないとしたら、いったい何処にあるの?」
チョッパー 「まさか偽物だなんて!」モグモグ
キャロット 「ねーねー、アレじゃない?」モグモグ
遠くのテーブルに写真らしきものを発見するが、すぐ傍に控えるのは3将星のスムージー。
ナミ 「護衛がついてる…」
ルフィー、ジンベエ 、ペドロ、ルフィー人形のブルックがマム達に追い詰められている
バリバリバリ!!!と巨大な雷鳴が轟く。
ジンベエ「おい、ルフィ⁉」
ビッグマム「……?」
ルフィ「ししし、おれ電気効かねェんだ!ゴムだから」
ジンベエ「そりゃええ!」
マム「殺すッ!!!」
カタクリの猛襲を受けるジンベエ。
そこでペドロが割って入る。
ジンベエ 「しかし、これは流石に厳しいな」
ペドロ「何とかしないとジリ貧だ」
その時に何かに気が付くブルック
ブルック「ん…?」
ナミがケーキに隠れながら、ブルックに指をさしてジェスチャーを送る
ブルック 「何でしょうか? ナミさんヨホホホ」
とナミの方に行こうとするブルック
大慌てで、ケーキに隠れるナミ
ナミ 「ブルックのバカ~!!」
3人はコソコソと隠れながら、写真に近づいていく
マム 「やってくれたね、麦わら」
「オレのケーキを壊して、覚悟は出来てるんだろうね?」
とその頃、シーザーが悪い顔で鏡を覗いている。
■この顔は…!?

“出来損ない”

再び失礼します。今度はVS家とサンジメインのパターンです。


煽り
『騒動の中、静かに降り立つサンジ。
その目の前には_。』

タンッ。地面に足をつく音。プリンを抱え、降り立つサンジ。

ルフィによる騒動のせいで鏡が割れたことにはまだ誰も気づいていない。

ジャッジ「サンジ。これはどういうことだ?何故、あの小僧がここにいる?」

サンジの目の前に居たのはVS家だった。

イラつき、蔑むような目をサンジに向けるジャッジ。

ジャッジ「出来損ないが。結婚式もまともに出来んのか。」

“出来損ない”。その言葉に一瞬、表情を無くすサンジ。

ナミ「ちょっと…!」
チョッパー「サンジ…?!」

ジャッジの言葉が聞き捨てならない様子の2人。サンジを心配している。

ジャッジ「どうした?本当のことを言われて言葉を失ったか。それにしても…」

ルフィの方へと目線を向けるジャッジ。

ジャッジ「出来損ないの仲間は出来損ないだな。式をめちゃくちゃにするとは。」

その言葉に目を見開き、ぶち切れるサンジ。

サンジ「おれのことは出来損ないで結構。
だがな、

おれの仲間を侮辱するんじゃねぇ!!
<ジャッジの顔面に蹴りを入れ込む>

あいつらは…

<「帰れ…下級海賊共」のシーン>

最高の仲間だ…!!」ドンッ

少し嬉しそうな表情のレイジュ。

煽り
『過去を振り払え!!』

No title

こんな感じで

展開
ルフィ&ジンベエとの戦闘中のビッグマムは、割られたマザーカルメルの写真に気付く
マムの暴走に怯える息子たち
何の事だか理解出来ずに、うろたえるゲストたち
マム弱体化のチャンスを狙うベッジ一行
しかしマムは暴走することなく、ただ悲しみに暮れ泣き崩れるだけ
想定通りとならなかった理由を、ルフィ&ジンベエはマムに問いかける

~マムの回想~
マムにとってカルメルが、どれほど大切な存在だったかを知ったルフィたち
ジンベエは大切なものを奪われる辛さをマムに諭す
戦意を喪失したマム&ルフィたち
ベッジたちはマムの弱体化が成らなかった事で、作戦の失敗を悟る

しかしここでヤケになったシーザーが、3発目の毒ガス弾を発射
マムの呪縛から逃れるには、何としてもマムには消えてもらわなければならないからだ
マムに向かって飛んでくる毒ガス弾
それを防いだのはカタクリだったが、自身がロギアであることからの過信からか、自らの身体で受けてしまう
毒に侵され、苦しむカタクリ
スムージーはカタクリの毒を絞り出そうとするが失敗してしまう
大切なものを失う苦しみを知ったマムは、嘆きながら皆に助けを求めるが・・・

その時、ルフィは思い出す
毒に侵された自分を救ってくれた人物が、この中に居る事を
レイジュが毒を吸い出す能力で、カタクリを死の淵から救い出す
マムは涙し、ジェルマに感謝の意を示すのだった

決着
騒動が落ち着き、その全貌が明らかになる
一連の騒ぎは全てルフィたちが仕組んだ事とされるが、マム自身の怒りが収まった為、和解という形になった
ジェルマ側はサンジ婚姻が罠だった事実を知らぬまま、レイジュが正式にカタクリに嫁入りした為、本来とは別の形で望みが叶うのだった
ベッジは作戦こそ失敗したものの、裏切り行為はマム側に知られることは無かった
その他、一連の不都合な情報に関してはプリンが記憶操作を行い、家族間の疑念は消される事となる

別れの時
ルフィがホールケーキアイランドから旅立つ時、ペコムズとパウンドが現れる
ペコムズはパウンドにより発見されていた
どうやらペコムズは、パウンドと共にマムに許されたらしい
色々あったが、ワノ国では頑張れよと激励されるルフィ一行
そうしてルフィたちは旅立っていった

見送っているパウンドに、「パパ!?」と声を掛ける人影
シフォンとソックリの姿の彼女は・・・

一方サウザンドサニー号では、仲間たちへの謝罪の意味を込め、サンジがスィーツを作ろうとしていた
何を作るか考え込むサンジの隣には・・・
「スィーツと言ったら、プリンに決まってるでしょ?サンジさん」

オチ
混乱の中で逃げだしていたシーザーは、空中浮遊の能力を使って、ホールケーキアイランドから遠く離れた海上に居た
彼はブリュレの鏡を利用し、ベッジから心臓を取り戻していた
しかも同じ様にして、秘宝である玉手箱まで盗み出していたのだ
高笑いしながら喜びに震えるシーザーは、その場で玉手箱を開けてしまう
大爆発に巻き込まれ、海に落下して行くシーザーだった

後日
ビッグニュース・モルガンズにより、「ビッグマム海賊団と麦わらの一味、友好関係を結ぶ」との報道がなされることとなる

anaさんの展開予想、すごくいい!
カタクリとレイジュ、ありです。
ところで次男のカタクリって何歳なんですかねw
でもあの美貌なら歳の差なんて関係ないですね

anaさんの展開予想おもしろい!

しかし、誰の予想でもジェルマ(レイジュ以外)が活躍する道はなさそうですねw

No title

上の方に4つ程追記しました~!(*^。^*)

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]