記事一覧

「身なし子売り」という裏の顔を持つマザー・カルメルの死に意味はあったのか?


第867話“HAPPY BIRTHDAY”にて驚愕の事実が判明。

“聖母(マザー)”と呼ばれたあのカルメルの裏の顔は“身なし子売り”だった。

闇の世界では“山姥”と呼ばれ、子供達を集め定期的に売りさばいていた人物。

カルメルは世界政府と通じており、エルバフを半壊させたリンリンを大将・元帥クラスになれる逸材だと売り込み世界政府相手に多額の金を要求した。

元々エルバフに潜り込んだのも、海軍に巨人族の兵を売るためだったという。

[ガキ売り稼業50年]

カルメルのセリフから 50年前からこの商売をしていたらしい。

63年前に80歳のカルメルが50年前からか…

30歳そこそこで何故この稼業を始めたんだろう?

しかし、その年齢で「山姥」とか呼ばれてたらちょい可哀そう。笑


[目的]

目的は単純に「子供達を政府に売り 金を儲けるため」?

その為だけにやっていたのかな?

例えばリンリンクラスの逸材なら政府からどの程度の金がもらえるのか…

役人とカルメルのやり取りから、相当な高額?

その金額にもよるけど、厄介な子供たちばかり集めて孤児院経営する労力を考えると家業としてやるのは割に合わなそうな。

元々、羊の家に集まる子供たちは「親の手にも負えなくなった問題児達」

普通の孤児院よりはるかに大変そうだ。

しかしそういう境遇の子供達だけだから、急に居なくなっても誰にも不都合なく、また不審に思われることもないので格好の施設とも言える、か。


[スポンサーリンク]


[その死の意味]

以前考察した通りカルメルはソルソルの実の能力者だった。

その後の描写から考えても、カルメルはリンリンに食われてしまったようだ。

だからこそ現在の“ビッグ・マム”が、ソルソルの実の力を使えてるんだろう。

悪魔の実の能力が宿る新たな条件!恐怖の“能力者食い”!!

では、カルメルの突然の死に何か意味はあるんだろうか。

上に書いたように、悪魔の実の能力の新たな伝達の条件を明かす為?

もしくは、カルメルが売った巨人族や子供達、繋がりのあった世界政府の役人達が今後絡んで来たり?

もう一つあるとすれば…

このWCI編で対マムを攻略する為の「衝撃の真実」という使い方をする?

カルメルの死は、やはり今後の展開に何かしら絡むものではないかと考える。


まだマムの過去には若干の謎も残る展開だから、もう少し明らかにして欲しいな。

“ビッグ・マム”の「過去編」で消化された伏線&残る謎まとめ


[関連リンク]

悪魔の実の能力が宿る新たな条件!恐怖の“能力者食い”!!

“ビッグ・マム”の「過去編」で消化された伏線&残る謎まとめ

[(↑)この記事をシェアして頂けたら幸いです(^^)/]


[スポンサーリンク]


コメント

結果的にカルメルは確かに善だった。
衣食住は足りていたし、子供からも大人からも慕われていた。
ひた隠しにしてた裏の顔だって売る相手は主に世界政府や海軍といった公的機関。犯罪者や奴隷になるより遥かに良い。
結果的にはカルメルは「聖母」だった。
しかし、断じて「親」ではなかった。
親だとしたら、必要なのは子供に寄り添う「許容」と、悪い事は悪いと躾けて道を正す「責任」だと思う。
カルメルには許容しかない。許容は大切ではあるけどそれこそ「甘い菓子」。好かれやすいし安心するけど、摂り過ぎたら太る。最悪、それしか求めないようになる。
対して躾は「毎日の食事」の様に大切ではあるけど、味気なく、時に苦く、酸っぱく、塩辛い。物によっては嫌われやすい。それを怠らず、うまく味付けして甘いデザートまで作ったのがゼフだ。

最後に改めて。
カルメルは結果的に善であり聖母だった。
しかし、断じて親ではなかった。
彼女が親だったなら、たとえ結果的にシュトロイゼンにそそのかされても、たとえ結果的に四皇になったとしても、リンリンはこれほどまで暴走はしなかったのではなかろうか。

No title

現実世界の孤児院の歴史と実態
同じく発展途上国で誘拐された子供たちの末路

それらを調べてみる事をお勧めします(アイルランドの孤児院とか)

カルメルの行いが、まさに聖母の様に見えてきますよ?

No title

身なし子売りをしていたのはカルメル以外にもいたでしょうし、
今も行われている気がします。

センゴクが、ローの治療の旅に出たロシナンテと話し終えて
机の引き出しを閉めたとき、ロシナンテ以外の書類がありました。
全部(極秘扱いの)諜報部員のもので、
そのうちの何人かは政府に売られてきたのかも?

少しズレますが、尾田さんが書きたい最強の敵はカイドウだと思うんです。
最凶の敵はドフラだったと思います。そうなるとリンリンは?
純真なモンスター。癇癪持ちの突然変異体。
彼女の結末は?
カルメルの扱いもそこで分かれる気がします。
カルメルの死によって悪魔の実に変化したフルーツを食べただけって可能性も消えてないと思うので。

カラメルが沢山の孤児を預かっていたのとマムがたくさん子供いるのは何か関係があるのかな。
単にマムが昔に憧れて同じような環境を作りたいだけかな。

子どもを食べる山姥が子ども(リンリン)に食べられてしまうというのはなかなか皮肉ですね

金のためとは言え、明らかにあれだけの子供を相手するのは、大変ですね。
政府に売れるのは一握りだし、その他大勢はどうしているのか?
思うにリンリンの様に売る子供以外は、ソルソルの能力で子供の人形を動かしていたとか?
リンリンに、カルメルが食べられたため、能力が解けて一緒に食べられた?
じゃなきゃ、1人くらい逃げると思うんだよな!

No title

海軍初の巨人海兵。。。
それがあのジョン・ジャイアントだというのなら、青キジの親友サウロ中将の方が先任で年長のような気がします。

No title

カルメルが手引した海軍初の巨人海兵の名前は、ジョン・ジャイアントではなくジュン・ジャイアントと言ってます。
ジョン・ジャイアントの父親なのか?誤植なのか?世代と巨人族の寿命を考えると最年長海兵として現役の可能性が高いですよね。

No title

緑牛も、ここ出身とか・・・

なぜ5歳という設定だったのか?
なぜ6歳の誕生祝いを描いたのか?

そんなことを考えてたら、誕生日を迎えたということは、寿命がひとつ縮んだわけで、寿命を奪うソルソルの実の能力と何か設定をかぶせている気もします…!?(・_・;?

失踪の原因については、
カルメルが稼業から足を洗うと言っているので、邪魔になる子供たちの寿命を奪ってしまい、自分の寿命を延ばし、何らかの方法で始末してしまったのかな…
そしてカルメル自身がどうなったのか気になります。
やっぱりリンリンに食べられてしまったのか?
あるいは同業者(商売敵)が突然現れ消されたのか。

今回の回想で悪魔の実の伝達条件がわかるかね?物に食べさせるぐらいだから、生きてる人間から能力を抜くことも可能なんかな?

No title

CP9のメンバーにも何人か流れたのかな・・・

No title

63年前(回想の37年前)の時点の
アンチエイジング半端ない姿に
"山姥"はないでしょうけどね

子供売った金で自身磨き(笑)
で、40過ぎてあの美貌(- -;
今でも十分ケバいけどw

なんかリンリンの回想を見て、
約束のネバーランドに似ているなーって思った

No title

他の国では実際に闇で孤児を狙った子供の売買はありますからね…。

修道院や孤児院は隠れ蓑によく使われているようです。

まさに天使の仮面の悪魔

No title

anaさん
現実世界で考えてみればそれがどういう事か分かると思います
子供を買う人間がいる
その目的は色々あるでしょうが最悪なのも想像出来るでしょう

No title

ここでもう1回悪魔の実の仕組みのおさらいをやるんでしょう
何らかの理由でカルメルが絶命し近くの果実が悪魔の実になる↓
正気を失ってるリンリンがそれ食べる↓
能力でさらにエルバフを蹂躙↓
実はホールケーキアイランドは元エルバフ
みたいなオチ?かな?

カルメルと子供達が消えた件

マムが正気を失ってる間に政府の使いがやって来て「お前は用済みだ」と口封じにカルメルを暗殺し、子供達は全員連れて行かれたのでは?
何故マムだけ取り残されたのか?
デカイし暴れるしで手に負えず断念とか?!(笑)

No title

政府に売って後の大将元帥になれるとしたら、お金のやりとりは契約金と言えるかもしれない
だけど、それ目的に育てて全員政府に渡してるわけじゃないですからねえ
描かれてないだけで奴隷や愛玩、下手したら臓器が目的の為だけに売られてるかもしれない
闇の世界で山姥の二つ名が与えられてるんですから、やはりカルメルのはまっとうな行為ではないという認識だと思いますね

世界政府が悪だという描写がだんだん増えてきましたね。ビッグマムの前からいたはずのマザーカルメルと子供たちが消え、ビッグマムが現ソルソルの実の能力者になっている、これは嫌な予感がします、、、

ほんま割りに合わんっていうのはあるよねー。多分金欲しいっていうことはそれなりに楽な生活がしたいっていうことなんだろうけどそれにしては、苦労する商売。

ソルソルの実の能力を利用して何かやったほうがよっぽど楽して生活できそう。いろんなものを擬人化すればホーミーズで軍隊やボディガードも作れるし、ホーミーズの見世物小屋や、そもそもホーミーズを働かせて農耕牧畜や狩猟採集できるだろうし、雨の降らない土地に雨降らせたりで稼げたりもできるだろうし。

まぁ、どのみち政府に目つけられたりすんのかな。

山姥の別名は鬼婆→ピーマン曰く人を喰うのは鬼ババ→リンリンはカルメルや子供達を喰った??
なんか色々ごっちゃになってる。

実は悪魔の実の覚醒でマムにカルメル乗り移って、操ってる黒幕なのではという展開も考えてしまった

ana
一瞬それはまともな考えにも見えるけど、それはあくまで子供達に伝え、本人達の意思があった上で行われてるのなら正当化されるかもしれないけど、子供達が知らないところで話しが進んでたらそのお金を全てカラメルのものになってるならちょっと筋違いだと思うけどな。カラメルが育てたからカラメルにもお金をもらう義務はありそうに見えるかもしれないけど、その対価ってそもそも子供達の能力資質の評価だしね。プロ野球選手の契約金を全て親がもらう義務があるかっていったらそれはまた違うのと同じだよね

No title

なるほどそれで本来どう見ても不要なタバコを吸っていたのか!!
納得いった…全く予想外だった。尾田先生凄すぎ!

今までに出てきた登場人物の中にに カルメルが引き渡した孤児がいたりして

闇の帝王が誰もカルメルを知らないのはこういう理由だったんですね。

処刑を止めたあの行動も、カラメルを神格化されるための海軍と練られたシナリオだったってこともありえますよね。
そもそも一シスターが処刑を止める事が謎ですし

生死については、リンリンを売って引退しようとしてたなら直後に口封じのために世界政府に消されたと考えるのが自然かなと思いました。

カルメル=バッキン説は完全に消えたのかな?でも能力が引き継がれてそうだし、ないか。でも、先々リンリンがウィーブルを過去の自分と重ねるような展開はありそう。

No title

①集めるのは身寄りの無い子供たち(問題のある子供)
③衣食住を与え、人としての常識を教えている(虐待、洗脳教育無し)
③他種族との交流も普通に行う(他者とも関わりを持つ)
④資質のある子供を、世界政府に軍人候補として売却する(人材、職業を斡旋し、報酬は羊の家の維持管理に)
⑤リンリンの売却金は、退職金代わり

こう考えれば、それほど悪行には見えません

リンリンにしても海軍でトップに立てれば英雄扱いになるでしょう
(ジョンジャイアントも海軍中将ですからね)
身寄りの無い子供の行く末としては、これ以上のモノは無いのでは?

「それを子供たちが望んでいたか?」「資質の無かった子供たちは?」という問題はありますが・・・

取り合えず、まだまだ情報が足りませんね
今後の展開に期待します

連投失礼!
写真のマザーは修道女というより傭兵っぽかったので悪女というのは納得。
改めて見ると、作者先生は彼女の歳の取り方(見た目)を下品に描いてる感じがします。
良い人間は良い年の取り方。
悪い人間は悪い年の取り方みたいな。

カルメラは常にくわえ煙草でガラは悪いですもんね(笑)修道士

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメONE PIECE



[ONE PIECE(デジタル版) 01~88巻]

オススメ記事

4813.jpg
4981.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg