記事一覧

[“展開予想”選手権 まとめ] 第873話×9


第873話の“展開予想”選手権のエントリー作品まとめ。

見易いように修正してる箇所もあります。

[本バレ]

[速報]第873話“八方塞菓子”あらすじ


第973話「最初の手助け(仮)」
2017/07/17(22:43) じゅん(+かんりにん)

・一足先にサニー号のある海岸へたどり着くルフィ達

・その傍にはプリンの姿があった

・どうしてここに!?と、驚く一同

・回想――

・WC城が倒壊するその時、新婦控室から飛び出す影

・城から落ちるプリンを救うその影は“絨毯のラビヤン”

・助かったプリンは横目で空を駆けるサンジを見る

・ラビヤンにサンジを追って欲しいと命じるプリン

・その途中、ルフィ達を誘い込んだ海岸を思い出し先回りすることに

・――回想終わり

・何をしに来たと問われたプリン

・サンジに「お礼」と「お別れ」を言いに来たと答える

・自分のコンプレックスだった三つ目を褒めてくれたサンジに「お礼」を

・そして仲間に見せた本物の笑顔を見てしまったことで一緒に居られないと「お別れ」を

・最後に脱出ルートの「手助け」をしたいと申し出る

・また騙されるぞと疑い深いペドロ

・プリンの目を見つめ信用すると言うサンジ

・ルフィ「行こう!サンジが言うなら大丈夫だ!!!」

・首都スイートシティ――

・癇癪を起こしたマムは暴れ始める

・そして追わなければならない“麦わら”と“ベッジ”の首

・子供達は、どちらを優先させるか話し合う。


第873話「守り抜く決意(仮)」
2017/07/18(21:08) さたん

・船に乗り込もうとする麦わらの一味

・サンジはプリンを助けたいから、先に行っていてくれと伝える。

・ルフィもそれを追い、城に向かう。

・途中でプリンとサンジが出くわす。もう、前髪で目を隠していない。

・自分の本当の姿を見てくれてありがとう。と、結婚してくれるかどうか、尋ねる。

・サンジも、一生幸せにする事を伝え、誓いのキスをする。

・その時に、メモメモの実で、サンジの頭の中の自プリンの記憶を消す。

・サンジを守り抜く決意をしたプリン。

・涙で「さよなら」を伝え、次号へ


[かんりにんの展開予想]

[展開予想]第873話①「アリ1匹逃げられやしねェぞ(仮)」

[展開予想]第873話②「あの日の罪(仮)」


第873話「地獄の釜が開く時(仮)」
2017/07/17(21:19)

・食い煩い発生中のマム「ウェディングケーキ!」

・「ママも能力者だ、海に逃げろ!海までは追って来れねェ!!」と叫ぶ子供達

・「このままじゃマズイぞ!食材は残ってるか?!」

・「無いことはないが、あれは最高の食材で作った最高の品!あの材料無しにあれ程の品を作れるコックはこの島にいねえ!」

・「食材をもう一度集めるのにどれくらいかかる!?」

・「移動時間を考えると三日は必要だ!そんなに待っていたら島が壊滅しちまうぞ!」

・島の建物やその他ならペロスペローの能力を使えば復興は難しくないので、マムを残し皆島から脱出させ、船も残さなければ被害は抑えられると判断

・三日後にウエディングケーキを用意して戻ってくればいいと判断する子供達

・しかしシュトロイゼンは知っていた

・『食い煩い』はこの後に控える地獄の『前兆』に過ぎないということを

・それを防ぐために、ビッグマム海賊団結成以来、『前兆』の段階で止めるようにして来たのだ。

・ソルソルの実の『覚醒』、それは物言わぬ『物質』であろうと『海』というたった一つの例外を除いて寿命を奪い取る能力

・『食い煩い』を早期に止めなかった幼き日のリンリンは無差別にそれを行い始め、その結果歴史ある王国が国土ごと死に絶えた

・「ウエディングケーキを作って戻って来る時には『島』、いや、ここら一帯の勢力圏ごと全滅してるのは覚悟しておいた方がいいな…… 配下の連中もどれだけ生き残ってるか……」

・その呟きを聞いてしまって青ざめるチョッパーとブルックで次回


第873話「助けて親分(仮)」
2017/07/17(20:06)

・サニー号へ向かうルフィ達

・途中食い患いを起こしたビックマムから逃げてきた住民達と出くわす。

・ジンベエが一緒にいることに気がついた住民達はビックマムを止めてほしいと頼んでくる。

・住民達がジンベエを馬鹿にしているのを見ていたペドロは虫がよすぎると反対

・しかし困っている人を見過ごせないと結局ルフィ、サンジ、ジンベエが戻ることになる。

・しかし上空ではラビアンに乗ったプリンが銃を片手に冷たい目で見下ろしていた…

・スイートシティではケーキができるまで子供達がマムを抑えようとしていたがほぼ返り討ちにあう。

・カタクリもぼろぼろの状態でとどめを刺されそうになったその時ルフィとジンベエが飛び込んできた!で次号


第873話「タイトルなし」
2017/07/17(20:00) あっかんべェ

・マム「ウェ…ディング…ケーーーキィィィィィィィィ!!!!」

・モンドール「やべぇ!すぐにケーキを用意しろ!」

・シュトロイゼン「駄目じゃ!最高の材料は全て使い切ってる!」

・マム「ケーーキィィィィィ!!!!」

・カタクリ「・・・くっ!」(頬の傷が痛む)

・回想――

・まだペロスペロー、カタクリ、ダイフク、ブリュレが幼かった頃

・目がクルクルのマムに追われている子供達

・全員、顔に傷

・子供たち「ママー!!やめてよーーーー!!」

・振りむくカタクリ

・後ろにはまだ幼い兄弟たち

・――回想おわり

・カタクリ「ママ!!!!」

・モチモチの能力で、マムをくるむ。

・ペロスペローも、飴で固めていく。

・ペロスペロー「ママはこんなのすぐに突破する!早く逃げろ!」

・逃げる幼い兄弟たち、市民

・マム「ウガ・・・ウェ・・・ウェディング・・・・」

・カタクリ「!!」(目をつぶる)

・マム、シュトロイゼンを掴む

・ベッジサイド――

・ベッジ「なんだ?何が起きてる?追手が来ないぞ!」

・ルフィサイド

・シャークサブマージ号到着

・ブルック「ビッグマムが、また暴れだしたようですよー」

・サンジ「(プリンちゃん・・・!!)」

・ナミ「じゃあ、今のうちに行きましょ。今回はこれで充分。でしょ?」

・ルフィ「よし!そうだな!!俺たちの勝ちだ!ビッグマム!!!出航だぁっ!!」

・操舵するジンベエ

・浮上してくる魚人海賊団

・空を飛ぶガスティーノ

・崩れていくホールケーキアイランド

・歌う木々「またおいでー♪ここが地獄のトーーーーットランド♪」


[スポンサードリンク]


第873話「ウェディングケーキ(仮)」
2017/07/17(19:38) 海邑

・マム「ウェディングケェーキィ!!!」

・マムの声はルフィ達のところまで届く。

・サンジ「ウェディングケーキ…?何が起きてる?」

・ジンベエ「…!!まずいことになったぞ。マムの“食い患い”じゃ。」

・ナミ「食い患い?」

・ジンベエ「マムが望む食べ物を食べることができるまで。破壊の限り何でも食べ尽くされる。」

・ナミ「“何でも”?!まさか…」と、青ざめる

・ジンベエ「ああ。人も生き物も実の子供さえ見境がつかなくなる。」

・ナミ「そんな…。」

・キャロット「私たち、食べられちゃうの?!」

・パニック状態のナミ、キャロット

・シュトロイゼンの能力によりホールケーキと化したケーキのスポンジ部分をひとつまみちぎるサンジ。

・ジンベエ「やめておいた方がいい。シュトロイゼンの能力で作られたお菓子は食えるには食えるが味は…」

・ジンベエの制止を最後まで聞かずに口にするサンジジ「…なるほどな。味がしねぇのか。」

・唖然となるジンベエ。

・思案するサンジ「…だったら使えるな。」

・ジンベエ「!!まさかお前さん作る気か?!」

・サンジ「作る。それしかアレを止められねぇんだろ?幸いにも町中に材料が溢れてるしな。」

・ペドロ「ならば今度は我々が足止めをしよう。どのくらいかかる?」

・サンジ「1時間…いや、30分で作ってみせる!!」

※まさかのウェディングケーキ作り?!


第873話「脱出(仮)」
2017/07/18(03:29)

・チョッパー&ブルックが癇癪起こしたマムを目撃

・その場はスルーしてWCIを脱出

・ルフィは逃げるがてらペコムズ回収

・カタクリはじめ子供達はマムの癇癪を治すために右往左往するが、結局素材集めする事になる

・ジェルマも何とかWCIを脱出

・一人では脱出できなかったシーザーと合流するルフィ達

・チョッパーがシーザーに「マムの症状が巨大化した子供達に似ている事」に言及

・シーザーはそんなに長生きしてないと否定

・考えられるとしたらぺガパンクの仕業だと言い張る

・翌日――

・大々的にニュースでWCIの崩壊が伝えられる


第873話「シャーロット・プリン(仮)」
2017/07/18(07:26) たかちち

・マム食い患い発症

・ウェディングケーキorライフにより、住民が寿命を奪われていく

・マムの子供たちはウェディングケーキを作るための時間を稼ごうとするが徐々に倒れていき、プリンが記憶を改竄し、お茶会そのものをなかったことにしようとする。

・マムの過去を見てしまって衝撃をうける。

・それがきっかけで、真の第三の目の力が開眼

・真の力、それは自分の見た記憶を他人にも見せることが出来る力。

・実はおでんも三つ目族であり、その力により子供にも記憶を共有させていた。

・このためロジャーと会った記憶があったりする。

・マムの子供たち全員にマムの過去が渡り知れ焦る総料理長。

・食べられる前にマムを倒そうとする子供たち。

・そこに別行動していたチョッパーとブルック登場


第873話「逃げられない(仮)」
2017/07/18(16:25) 123

・ブルックとチョッパーがシャークサブマージを回収しに向かい、残りが船に乗ると、そこにはお供のニトロ&ラビアンと共にプリンがいた

・プリンは城の崩落の際、ラビアンに乗って一人、現場を脱出、先回りして麦わら一味を待ち伏せしていた

・ドレスはクリームで汚れ、髪はボサボサ、化粧も落ちひどい顔になったプリンは、拳銃を向ける

・「サンジ…、よくも私の心をもてあそんでくれたわね!」そう叫ぶ怒りの表情の彼女の三つの目に浮かぶ涙に驚くルフィ達

・「美しい瞳だ」そうサンジに言われ、一旦は彼にときめいたプリンだったが、あの時、サンジがナミを助けたときの笑顔を見て、あの言葉はその場しのぎの嘘だったと思ったのだ

・「私の事なんかどうでもよくて、そこの女のほうが一番なんでしょ!?それなのに…!この八方美人のゲス野郎!」と泣き叫びながら発砲

・「違う!君は何か勘違いをしている!君の事をどうでもいいなんて思ってない!」見聞色で弾を避けながらプリンに近づき彼女を抑え込むサンジ

・「君の事もナミさんのことも、同じくらい大事に思ってる!俺は…全ての美女(レディ)の味方だ!」『ドーン』のオノマトペ付きで言い放つ

・「サンジ君らしいわ」と普通の表情で聞くナミ、はぁ?な表情のプリン

・その頃、VS家はアプリコッ湖で立ち尽くしていた

・何と、停めていたはずのジェルマの艦が全て無くなっていたのだった

・「これは…何があった」イチジが呟くところで、終了



※ワンシーンだけみたいな極端に短いモノは省いてます。ご了承ください。
※この後もコメント欄に書き込んで頂けたら追記していきます!



[関連リンク]

ONE PIECE 第86巻 予約開始!!

ONE PIECE 総集編 THE 22ND LOG

[スポンサードリンク]


コメント

ウェディングケーキ

マム「ウェディングケェーキィ!!!」

マムの声はルフィ達のところまで届く。

サンジ「ウェディングケーキ…?何が起きてる?」

ジンベエ「…!!まずいことになったぞ。マムの“食い患い”じゃ。」

ナミ「食い患い?」

ジンベエ「マムが望む食べ物を食べることができるまで。破壊の限り何でも食べ尽くされる。」

ナミ「“何でも”?!まさか…」青ざめるナミ。

ジンベエ「ああ。人も生き物も実の子供さえ見境がつかなくなる。」

ナミ「そんな…。」

キャロット「私たち、食べられちゃうの?!」

パニック状態のナミ、キャロット

サンジ「…。」シュトロイゼンの能力によりホールケーキと化したケーキのスポンジ部分をひとつまみちぎるサンジ。

ジンベエ「やめておいた方がいい。シュトロイゼンの能力で作られたお菓子は食えるには食えるが味は…」

ジンベエの制止を最後まで聞かずに口にするサンジ。ごくりと飲み込む音。

サンジ「…なるほどな。味がしねぇのか。」

唖然となるジンベエ。思案するサンジ。

サンジ「…だったら使えるな。」

ジンベエ「!!まさかお前さん作る気か?!」

サンジ「作る。それしかアレを止められねぇんだろ?幸いにも町中に材料が溢れてるしな。」

ペドロ「ならば今度は我々が足止めをしよう。どのくらいかかる?」

サンジ「1時間…いや、30分で作ってみせる!!」
ドンッ

煽り
「まさかのウェディングケーキ作り?!」

No title

第873話 

マム「ウェ…ディング…ケーーーキィィィィィィィィ!!!!」

モンドール「やべぇ!すぐにケーキを用意しろ!」

シュトロイゼン「駄目じゃ!最高の材料は全て使い切ってる!」

マム「ケーーキィィィィィ!!!!」

カタクリ「・・・くっ!」(頬の傷が痛む)

~回想
まだ少年時代のペロスペロー、カタクリ、ダイフク、ブリュレ、目がクルクルのマムに追われている。
全員、顔に傷。
子供たち「ママー!!やめてよーーーー!!」

振りむくカタクリ。
後ろにはまだ幼い兄弟たち。

カタクリ「ママ!!!!」

モチモチの能力で、マムをくるむ。
ペロスペローも、飴で固めていく。

ペロスペロー「ママはこんなのすぐに突破する!早く逃げろ!」

逃げる幼い兄弟たち、市民

マム「ウガ・・・ウェ・・・ウェディング・・・・」

カタクリ「!!」(目をつぶる)

マム、シュトロイゼンを掴む

-ベッジサイド

ベッジ「なんだ?何が起きてる?追手が来ないぞ!」

-ルフィサイド

シャークサブマージ号到着

ブルック「ビッグマムが、また暴れだしたようですよー」

サンジ「(プリンちゃん・・・!!)」

ナミ「じゃあ、今のうちに行きましょ。今回はこれで充分。でしょ?」

ルフィ「よし!そうだな!!」

ルフィ「俺たちの勝ちだ!ビッグマム!!!出航だぁっ!!」

操舵するジンベエ

浮上してくる魚人海賊団

空を飛ぶガスティーノ

崩れていくゴールケーキアイランド

歌う木々「またおいでー♪ここが地獄のトーーーーットランド♪」

助けて親分

サニー号へ向かうルフィ達
途中食い患いを起こしたビックマムから逃げてきた住民達と出くわす。
ジンベエが一緒にいることに気がついた住民達はビックマムを止めてほしいと頼んでくる。
住民達がジンベエを馬鹿にしているのを見ていたペドロは虫がよすぎると反対するが
困っている人を見過ごせないと結局ルフィ、サンジ、ジンベエが戻ることになる。
しかし上空ではラビアンに乗ったプリンが銃を片手に冷たい目で見下ろしていた…
スイートシティではケーキができるまで子供達がマムを抑えようとしていたがほぼ返り討ちにあう。
カタクリもぼろぼろの状態でとどめを刺されそうになったその時ルフィとジンベエが飛び込んできた!で次号

地獄の釜が開く時

「ウエディングケーキ!」

食い煩い発生中

マムも能力者、海に逃げろと叫ぶ

「このままじゃマズイぞ!食材は残ってるか?!」

「無いことはないが、あれは最高の食材で作った最高の品!あの材料無しにあれ程の品を作れるコックはこの島にいねえ!」

「食材をもう一度集めるのにどれくらいかかる!?」

「移動時間を考えると三日は必要だ!そんなに待っていたら島が壊滅しちまうぞ!」

しかしまあ、島の施設ならペロスペローのペロペロの実の能力を使えば復興は難しくないので島からマム以外を脱出させ、船も残さなければ被害は抑えられると判断

三日後にウエディングケーキを用意して戻ってくればいいと判断する子供達だが……

シュトロイゼンは知っていた。

『食い煩い』はこの後に控える地獄の『前兆』に過ぎないということを

それを防ぐために、ビッグマム海賊団結成以来、『前兆』の段階で止めるようにして来たのだ。

ソルソルの実の『覚醒』、それは物言わぬ『物質』であろうと『海』というたった一つの例外を除いて寿命を奪い取る能力

『食い煩い』を早期に止めなかった幼き日のリンリンは無差別にそれを行い始め、その結果歴史ある王国が国土ごと死に絶えた

「ウエディングケーキを作って戻って来る時には『島』、いや、ここら一帯の勢力圏ごと全滅してるのは覚悟しておいた方がいいな…… 配下の連中もどれだけ生き残ってるか……」

その呟きを聞いてしまって青ざめるチョッパーとブルックで次回

サニー号のそばにはプリンの姿が。
サンジとはちゃんとお詫びとお別れをと。
そして脱出ルートの手助けをと。
信用するサンジ。
サンジが信用するならオレも信じると言うルフィ。
一方マムサイドは癇癪を起こしたマムと奴らの首、どちらを優先させるか話し合う。
終。
 

管理人さん膨らまして~(涙)
 

・チョッパー&ブルックが癇癪起こしたマムを目撃するが
その場はスルーして脱出


・麦わらは逃げるがてらペコムズ回収


・カタクリはじめ子供達はマムの癇癪を治すために右往左往するが、結局
素材集めする事になる


・ジェルマは何とか脱出


・麦わらは脱出できなかったシーザーと合流?して脱出するが
チョッパーがシーザーを見て、マムの症状が巨大化した子供達に似ている事に言及するが、シーザーはそんなに長生きしてないと否定するが

考えられるとしたら
「ぺガパンク」だと言い張る

翌日
大々的にニュースで
WCIの崩壊が伝えられる
で次週

症状
シャークサブマージを取りに行くチョッパー達その道中で逃げ惑う住民と遭遇
何が起きてるのかをたずねる。
ビックマムが暴れている事を知る
ケーキと叫びながら。
チョッパーはキャンディーを
欲しがるパンクハザードの子どもたちと
今のビックマムの状態が近いのではないかと考えた。

シャーロットプリン

・マム食い患い発症
・ウェディングケーキorライフにより、住民が寿命を奪われていく
・マムの子供たちはウェディングケーキを作るための時間を稼ごうとするが徐々に倒れていき、プリンが記憶を改竄し、お茶会そのものをなかったことにしようとする。
・マムの過去を見てしまって衝撃をうける。それがきっかけで、真の第三の目の力が開眼
・真の力、それは自分の見た記憶を他人にも見せることが出来る力。実はおでんも三つ目族であり、その力により子供にも記憶を共有させていた。このためロジャーと会った記憶があったりする。
・マムの子供たち全員にマムの過去が渡り知れ焦る総料理長。
・食べられる前にマムを倒そうとする子供たち。
・そこに別行動していたチョッパーとブルック登場
で、次回

No title

まずはヘッジサイドでストーリー展開、かなりの劣勢になったところにルフィが登場。
その後ごちゃごちゃになってなんとかWCIを脱出、ビッグマムは死なない。
これを2~3週にわたって展開とよみます。

No title

ローラがプリンのために、ケーキを持ってくる展開ないですかね。結婚祝いとして。もちろん素材を厳選した、最上のウエディングケーキ。

No title

・ブルックとチョッパーがシャークサブマージを回収しに向かい、残りが船に乗ると、そこにはお供のニトロ&ラビアンと共にプリンがいた
・プリンは城の崩落の際、ラビアンに乗って一人、現場を脱出、先回りして麦わら一味を待ち伏せしていた
・ドレスはクリームで汚れ、髪はボサボサ、化粧も落ちひどい顔になったプリンは、拳銃を向ける
・「サンジ…、よくも私の心をもてあそんでくれたわね!」そう叫ぶ怒りの表情の彼女の三つの目には涙が。驚くルフィ達
・「美しい瞳だ」そうサンジに言われ、一旦は彼にときめいたプリンだったが、あの時、サンジがナミを助けたときの笑顔を見て、あの言葉はその場しのぎの嘘だった!そう思ったのだった
・「私の事なんかどうでもよくて、そこの女のほうが一番なんでしょ!?それなのに…!この八方美人のゲス野郎!」と泣き叫びながら発砲
・「違う!君は何か勘違いをしている!君の事をどうでもいいなんて思ってない!」見聞色で弾を避けながらプリンに近づき彼女を抑え込むサンジ
・「君の事もナミさんのことも、同じくらい大事に思ってる!」続けて「俺は…全ての美女(レディ)の味方だ!」『ドーン』のオノマトペ付きで言い放つ
・「サンジ君らしいわ」と普通の表情で聞くナミ、はぁ?な表情のプリン
・その頃、VS家はアプリコッ湖で立ち尽くしていた
・何と、停めていたはずのジェルマの艦が全て無くなっていたのだった
・「これは…、何があったんだ?」イチジが呟くところで、終了

・船に乗り込もうとする麦わらの一味
・サンジはプリンを助けたいから、先に行っていてくれと伝える。
・ルフィもそれを追い、城に向かう。

・途中でプリンとサンジが出くわす。もう、前髪で目を隠していない。
・自分の本当の姿を見てくれてありがとう。と、結婚してくれるかどうか、尋ねる。
・サンジも、一生幸せにする事を伝え、近いのキスをする。
・その時に、メモメモの実で、サンジの頭の中の自プリンの記憶を消す。
・サンジを守り抜く決意をしたプリン。
・涙で「さよなら」を伝え、次号へ

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]