記事一覧

[“展開予想”選手権 まとめ] 第874話×5


第874話の“展開予想”選手権のエントリー作品まとめ。

見易いように修正してる箇所もあります。


第847話「ライフ オア トリート(仮)」
2017/07/25(22:32)

・モンドール『何?ジェルマと交戦中!?スグにいく!おい!ジェルマが沖合で交戦中だって』

・カタクリ『モンドール、行くぞ』

・モンドール『おうよ!兄貴!!そっちは任せたぞ、プリン』

・プリン『うん!シフォン姉さんは必ず連れて帰る』

・ブリュレ『ベッジは私が切り刻むのさ~!』

・その頃ベッジサイド――

・ヴィト『ファーザー! 船内の鏡は全て破棄しレロレロ』

・ベッジ『野郎ども急いで船を出せ!』

・ようやく船が動き出す

・ベッジ『船が出たら、こっちのもんだ!』

・シフォン『とにかく、ここから出ないと』

・ペッツ『ほぎゃー!ほぎゃー!』

・ベッジ『……』

・シフォン『どうしたんだいあんた?顔色悪いよ』

・ベッジ『マズい…』

・ヴィト『?』

・汗を垂らすベッジ『俺の体内に…侵入者だ…』

・ヴィト『!!!!』

・シフォン『まさか…体内の鏡から?』

・派手に血を吹き出すベッジ『ぐふぉ!』

・ヴィト『ファーザー!!』

・その頃、ルフィ達は――

・一同 『うぎゃあああああああああ!』

・ナミ『何でここに!』

・動きを止めてしまうキングパーム

・ルフィ『動けよ 木!』

・キングパーム『無理だジュ、おれ達はママには逆らえない…それは“絶対”だジュ』

・マム『俺のウェディングケーーーキ!返しやがれ!!』

・キングパームごと破壊し、麦わら一同は吹き飛ばされる

・ルフィ『ぎゃあああ』 ナミ『きゃあああああ』

・サンジ『ん ナミさーーーーーん!!』

・ジンベエ『こりゃいかん!』

・マム『俺の…』

・ジンベエ『食い煩いじゃ!』

・ペドロ『くいわずらい?』

・ルフィ『ちくしょー、ゴムゴムの…ジェットガトリング!』

・マム『ケーキを…』

・サンジ『悪魔嵐脚…』

・ジンベエ『魚人空手…』

・マム『返せーーーー!』ズドーーーン

・ルフィ『ぐわぁぁあああ』 ジンベエ『がはぁ!』

・サンジ『くそ…はっ!ナミさん!逃げろ』

・ナミが一人マムの近くでうずくまる

・マム『俺のケーキは何処だ!?』

・ナミ『…あるわけ…』

・マム『ライフ…』

・サンジ『ナミさーーーん!』

・マム『オア』

・ジンベエ『くそ!無理じゃ!』

・キャロット『逃げてー!』

・ペドロ『…!』

・マム『トリート!』

・ナミ 『きゃあああああああ!』

・マム 『……』

・ナミ 『えっ?』

・マム 『?』

・ルフィ『何だ!何も起きないぞ!』

・ナミに渾身の拳を振りかざすマム『ケーキを返せ!ドロボーー!』

・ピタッ…っと、ナミに当たる寸前で止まってしまう拳

・マムに一体何が‥!!?…で次号。


第847話「タチが悪い(仮)」
2017/07/28(18:11) 123

・ルフィ達vsビッグ・マムのバトル開始

・逃げても意味がないと悟り、総力戦で立ち向かう事を決めたルフィ達

・キングバームは戦いに巻き込まれて大泣き

・サンジは「ナミさんとキャロットちゃんは、俺が守る!」

・ジンベエがマムの食い患いを説明

・ナミ「何それ!?ルフィよりタチが悪いわ!」

・マム「ウェディングケーキを返せぇ!」

・ルフィ「そんなの知らねぇよ!あの時、食って壊したけど!」

・徐々に押されていくルフィ達

・マムの攻撃がナミに向かう

・ナミ「いやー!こないでー!」とサンダーボルト・テンポを放つ。

・その攻撃が偶然にも雷雲ゼウスによって威力が増幅

・空島編で起こった『裁きの雷』のような強大な攻撃となる

・耳を塞いでも鼓膜が破れそうな大轟音の落雷がマムを襲う…で、次号。


[かんりにんの展開予想]

[展開予想]第874話①「プリンの決意(仮)」

[展開予想]第874話②「優先順位(仮)」


[スポンサードリンク]


第847話「苦い記憶(仮)」
2017/07/30(22:40) ゴールド

・プリンがシフォンを連れ、ショコラタウンへ

・その道中マムの様子を確認するため誘惑の森へ

・その場で戦闘中のルフィ達vsマム

・ルフィたちは防戦一方

・引き返そうとしたところをマムに見つかるプリンとシフォン

・シフォンを見つけ、襲い掛かるマム

・プリンとシフォン「きゃぁぁあ~~~~!!!」

・その時、突如飛んできた衝撃波がマムに直撃し助かる二人

・飛んできた方を見ると、そこにはイワンコフをはじめとするニューカマーがいた。

※強力過ぎる援軍!!!…で、次号。


第847話「サンジというコック(仮)」
2017/07/30(20:37) 海邑

・ビッグマム「ケーキを返せェェェ!!!」

・一同「ケーキ??」

・ルフィ「あぁ。あれか。んなもん食っちまったよ!だから返せねェ。」

・式で登場する時に潜んでたケーキと勘違いし、思い出した様子でうまかったと食べたと宣言するルフィ。

・マム「食べた…だって…?!ふざけんじゃないよ!!!覚悟はいいね?…ムギワラァ…!!」

・わなわなと震えていたかと思えばブチ切れるマムはそのままルフィに襲いかかってくる。

・見聞色で避けるルフィ「食っちまったんだから仕方ねぇだろ?!うまかったよ!!サンジが作るケーキの方がうめぇけど!!」

・照れ臭そうな様子のサンジ

・その言葉にピクリと反応するマム「ほう…」

・ルフィ「サンジのケーキは甘ェだけじゃなくてすんげえ美味いんだぞ!!あ!!だからってサンジはぜってぇやんねぇからな!!」

・ナミ「アホかぁ!!そんなこと敵に説明してどーすんのよ!!確かに美味しいけど!!」

・ルフィ「だろ?!サンジのおやつはうめぇよな!!」

・ナミ「バカ!!美味しいわよ!!この国にはいろんなケーキやお菓子があるけど、どれをとってもサンジくんが作る方が美味しいって思ったけど!!今、大事なのはそういうことじゃないでしょう?!」

・メロリンするサンジ「ナ、ナナナナミすわん!!それっておれのこと好きってことぉぉぉ〜?!」

・ナミ「…そうね、料理(それ)も含めてあんたには居てもらわなきゃ困るのよ!分かった?」

サンジ「!ナミさ――」

・サンジが言いかけたところを遮るマム「無視してんじゃねェよ!黒足イ!!あんた、あたしにケーキ作りなぁ!!!!」

・サンジ「ことわ――

・マム「らねぇよな!!お前はどうせその両腕の枷。ソイツがある限り、お前は出られない。出た瞬間に両腕はドカンッ。吹き飛ぶ!!」

・ルフィ「なんだと?!おい、サンジ!!それ本当か?!」

・サンジ「…本物ならな。だが。」

・枷がピーピー鳴り始める。バキッと折れる音。

・サンジ「悪いな、こいつぁニセモノだ。」

・ガシャンと二つの枷が外れ、床に落ちる。

・マム「黒足ィィィィ!!」

※煽り『やっと外れた枷!!』…で、次号。


第874話「四皇の力(仮)」
2017/08/01(15:35) あっかんべェ

・空を覆い尽くす暗雲、降り注ぐ雷雨、燃え盛るWCIの大地

・死滅していくホーミーズとチェス戎兵達

・遠くから眺めるモンドール「ママが大暴れだ。地獄の宴が始まっちまった…」

・地面を切り裂くナポレオン

・マム「ウェディングケーーーーキーーーー!!!」

・ナミをかばうサンジ

・ナミ「駄目だ。この炎じゃミラージュテンポも使えない…」

・キャロットをサポートするペドロ

・キャロット「こんなに熱いと・・・もう・・・」

・ルフィのもとに駆け寄るジンベエ「ルフィ!おぬし、もう限界じゃ!なんとかして・・・」

・ジンベエ「!!」

・明らかにワクワクしているルフィ「すげえ・・・これが四皇の力か・・・!!」

・目の前にはビッグマム

・雷と炎、暴風雨が織り成す光景は正に地獄そのもの

・ベッジサイド――

・大声で泣くペッツ

・ペッツを抱いているのはブリュレレ「ほら!あんたのおばちゃんだよ。泣きやみな!」

・シフォン「ブリュレ姉さん!お願い!ペッツを返して!」

・ブリュレ「返すかどうかなんか約束できないよ!さあ、来るのなら、こっちに来な。鏡の国に連れてってあげる」

・シフォン「・・・。」

・ラビヤンに一人で乗って飛んでいるプリン

・ショコラタウンに向かうプリンは何故か号泣している

・ピクリとするボロボロのサンジジ「泣いている・・・?プリンちゃん・・・・」

・現れるカタクリ、モンドール、スムージー

・モンドール「ママ!すまねえ!ケーキは麦わらたちじゃなかった!」

・マム「!!!なんだと・・・お前、嘘をついたね・・・」

・モンドール「ひぃっ!!」

・マム「ライフ・・・オア・・・」

・カタクリ「ショコラタウンだ」

・マム「ギロッ!」

・カタクリ「トットランドの入り口、ショコラタウンにウェディングケーキがある!」

・マム「嘘じゃないだろうねぇ・・・!」

・カタクリ「・・・。」

・マム「嘘だったらカタクリ!あんたの寿命をもらうよ!」

・飛んでいくビッグマム

・ナミ「ショコラタウンって・・・あのプリンと会った・・・」

・サンジ「・・・。」

・カタクリ「死んでないことは分かっている。出てこい麦わら!それとも四皇の力を思い知って、震えているのか!」

・ビッグマムの飛んだ方へ、はいずりながら追おうとしているルフィ

・カタクリ「!!!」

・肩をつかまれるカタクリ

・振りかえるとサンジ

・サンジ「ルフィは海賊王になる男だ。四皇ごときの力に震えるわけねえだろ?」

・カタクリ「お前、そういえば、俺のジェリービーンズを避けたな?」…で、次号


※これ以後も、コメント欄に書き込んで頂ければ追記します。


[08/04発売]



[関連リンク]

ONE PIECE magazine Vol.3 (DIGITAL)予約開始

ONE PIECE 総集編 THE 23RD LOG

[スポンサードリンク]


コメント

書けない

「ライフ オア トリート」

モンドール
『何?ジェルマと交戦中!?スグにいく!』


『おい!ジェルマが沖合で交戦中だって』


カタクリ
『モンドール、行くぞ』


モンドール
『おうよ!兄貴!!』


モンドール
『そっちは任せたぞ、プリン』


プリン
『うん!シフォン姉さんは必ず連れて帰る』


ブリュレ
『ベッジは私が切り刻むのさ~!』



その頃ベッジー


ベッジ
『野郎ども急いで船を出せ!』


ヴィト
『ファーザー! 船内の鏡は全て破棄しレロレロ』



ようやく船が動き出すベッジ達


ベッジ
『船が出たら、こっちのもんさ!』


シフォン
『とにかく、ここから出ないと』


ペッツ
『ほぎゃー!ほぎゃー!』


ベッジ
『……汗』


シフォン
『どうしたんだいあんた? 顔色悪いよ』


ベッジ
『やべー…』


ヴィト
『?』


ベッジ
『俺の体内に侵入者が…』
汗を垂らすベッジ


ヴィト
『!!!!』


シフォン
『体内の鏡から?』


ベッジ
『ぐふぉ!』
派手に血を吹き出すベッジ


ヴィト
『頭目!ファーザー!!』


その頃麦わらー。



一同 
『うぎゃあああああああああ!』


ナミ
『何でここに!』


キングパームが動きを止めてしまう


ルフィ
『動けよ 木!』


キングパーム
『無理だじゅ、俺たちはママには絶対に逆らえない…』


マム
『俺のウェディングケーーーキ!』


マム
『返しやがれ!!』


どこーーん!!

キングパームごと破壊してしまい、麦わら一同は吹き飛ばされる



ルフィ
『ぎゃあああ』


ナミ
『きゃあああああ』


サンジ
『ん ナミさーーーーーん!!』


ジンベエ
『こりゃいかん!』


マム
『俺の…』


ジンベエ
『食い煩いじゃ!』


ペドロ
『くいわずらい?』


ルフィ
『ちくしょーゴムゴムのー』


ジェットガトリング!



マム
『ケーキを…』



サンジ
『悪魔嵐脚』


ジンベエ
『魚人空手』



ズドーーーン



マム
『返せーーーー!』


ドーーーーーーン!



ルフィ
『ぐわぁぁあああ』


ジンベエ
『がはぁ!』



サンジ
『くそ…』


『はっ!ナミさん!逃げて下さい』


ナミが一人マムの近くでうずくまる


マム
『俺のケーキは何処だ!?』


ナミ
『…あるわけ…』



マム
『ライフ…』




サンジ
『ナミさーーーん!』





マム
『オア』



ジンベエ
『くそ!無理じゃ!』


キャロット
『逃げてー!』


ペドロ
『…!』


マム
『トリート!』



ズズゥズーーーン!


ナミ 『きゃあああああああ!』


マム 『……』

ナミ 『えっ?』

マム 『?』


ルフィ
『何だ!何も起きないぞ!』


マム
『ケーキを返せ!ドロボーー!』

マムがナミに渾身の拳を振りかざす



ピタッ…


ナミに当たる寸前で止まってしまう。


マムに何がー?


で次号

戦う体力も逃げるスピードもない状態なんですよね。
前回が八から始まるタイトルだったので、
このまま、七(ナミ)・六(60分)・五(ギア5)・四(四皇譲渡)とつづき、三(サンジのおやつ)で、マムを含めた宴を行い、WCI編は終わると予想。
()内はタイトルです。

本文はこれから考えてみまーす

タチが悪い

・次回はルフィたちvsビッグマムのバトルで終始進む。
・逃げてもほぼ意味がないと悟って、総力戦で立ち向かう麦わら一味。
・キングバームは戦いに巻き込まれて大泣き。
・サンジは「ナミさんとキャロットちゃんは、俺が守る!」
・ジンベエがマムの食い患いを説明すると、ナミは「何それ!?ルフィよりタチが悪いわ!」
・マム「ウェディングケーキを返せぇ!」ルフィ「そんなの知らねぇよ!あの時、食って壊したけど!」の押し問答。
・徐々に押されていくルフィ達。
・マムの攻撃がナミに向かってきて、彼女が「いやー!こないでー!!」と叫んで、サンダーボルト・テンポを放つ。
・ところが、その攻撃が雷雲ゼウスによって威力が増幅され、空島編で起こった『裁きの雷』のようになる。
・最後のコマは、実際にその場にいたら、耳を塞いでも鼓膜が破れそうな大轟音のオノマトペと、上記の『裁きの雷』のような落雷の絵になる。

短いですが、こう予想しました。
そういえば、サンジはキャロットに対して「キャロットちゃん」と呼んで、デレるシーンが今まで無かったような…。アニメではありましたっけ?

サンジというコック

ビッグマム「ケーキを返せェェェ!!!」

一同「ケーキ??」

ルフィ「あぁ。あれか。んなもん食っちまったよ!
だから返せねェ。」

式で登場する時に潜んでたケーキと勘違いし、思い出した様子でうまかったと食べたと宣言するルフィ。

マム「食べた…だって…?!ふざけんじゃないよ!!!覚悟はいいね?…ムギワラァ…!!」

わなわなと震えていたかと思えばブチ切れるマム。そのままルフィに襲いかかってくる。

見聞色で避けるルフィ。

ルフィ「食っちまったんだから仕方ねぇだろ?!うまかったよ!!サンジが作るケーキの方がうめぇけど!!」

照れ臭そうな様子のサンジの描写。

マム「ほう…」

その言葉にピクリと反応するマム。

ルフィ「サンジのケーキは甘ェだけじゃなくてすんげえ美味いんだぞ!!あ!!だからってサンジはぜってぇやんねぇからな!!」

ナミ「アホかぁ!!そんなこと敵に説明してどーすんのよ!!確かに美味しいけど!!」

ルフィ「だろ?!サンジのおやつはうめぇよな!!」

ナミ「バカ!!美味しいわよ!!この国にはいろんなケーキやお菓子があるけど、どれをとってもサンジくんが作る方が美味しいって思ったけど!!
今、大事なのはそういうことじゃないでしょう?!」

サンジ「ナ、ナナナナミすわん!!それっておれのこと好きってことぉぉぉ〜?!」

メロリンするサンジ。

ナミ「…そうね、料理(それ)も含めてあんたには居てもらわなきゃ困るのよ!分かった?」

サンジ「!ナミさ…「無視してんじゃないよ!!」」

サンジが言いかけたところを遮るマム。

マム「黒足イ!!あんた、あたしにケーキ作りなぁ!!!!」

サンジ「ことわ「らねぇよな!!お前はどうせその両腕の枷。ソイツがある限り、お前は出られない。出た瞬間に両腕はドカンッ。吹き飛ぶ!!」

ルフィ「なんだと?!おい、サンジ!!それ本当か?!」

サンジ「…本物ならな。だが。」

枷がピーピー鳴り始める。バキッと折れる音。

サンジ「悪いな、こいつぁニセモノだ。」

ガシャンと二つの枷が外れ、床に落ちる。

マム「黒足ィィィィ!!」

煽り『やっと外れた枷!!』

苦い記憶
プリンがシフォンを連れ、ショコラタウンへマムの様子を確認するため誘惑の森へ
ルフィたちは防戦一方だった。
引き返そうとしたところをマムに見つかり消されそうになるも突如飛んできた衝撃波で助かる。
方向を見るとそこにはイワンコフをはじめとするニューカマーがいた。


強力過ぎる援軍

No title

第874話 四皇の力

※巻頭カラー
空を覆い尽くす暗雲、降り注ぐ雷雨、燃え盛る地上
死滅していくホーミーズ、ポーン兵たち・・・。

遠くから眺めるモンドール
「地獄の宴が始まった・・・」

地面を切り裂くナポレオン
マム「ウェディングケーーーーキーーーー!!!」

ナミをかばうサンジ
ナミ「駄目だ。この炎じゃミラージュテンポも使えない・・・」

キャロットをサポートするペドロ
キャロット「こんなに熱いと・・・もう・・・」

ルフィのもとに駆け寄るジンベエ
ジンベエ「ルフィ!おぬし、もう限界じゃ!なんとかして・・・」

ジンベエ「!!」

明らかにワクワクしているルフィ。

ルフィ「すげえ・・・これが四皇の力か・・・!!」

目の前にはビッグマム。
雷と炎、暴風雨の地獄の風景

※通常ページ

大声で泣くペッツ
ペッツを抱いているのはブリュレ

ブリュレ「ほら!あんたのおばちゃんだよ。泣きやみな!」

シフォン「ブリュレ姉さん!お願い!ペッツを返して!」

ブリュレ「返すかどうかなんか約束できないよ!さあ、来るのなら、こっちに来な。鏡の国に連れてってあげる」

シフォン「・・・。」

ラビヤンに一人で乗って飛んでいるプリン
なぜか、号泣している

プリン「え~~~ん・・え~~~~~ん・・・」

ショコラタウンに向かっていく。

ピクリとするボロボロのサンジ

サンジ「泣いている・・・?プリンちゃん・・・・」

現れるカタクリ、モンドール、スムージー

モンドール「ママ!すまねえ!ケーキは麦わらたちじゃなかった!」

マム「!!!なんだと・・・お前、嘘をついたね・・・」

モンドール「ひぃっ!!」

マム「ライフ・・・オア・・・」

カタクリ「ショコラタウンだ」

マム「ギロッ!」

カタクリ「トットランドの入り口、ショコラタウンにウェディングケーキがある!」

マム「嘘じゃないだろうねぇ・・・!」

カタクリ「・・・。」

マム「嘘だったらカタクリ!あんたの寿命をもらうよ!」

飛んでいくビッグマム

ナミ「ショコラタウンって・・・あのプリンと会った・・・」

サンジ「・・・。」

カタクリ「死んでないことは分かっている。出てこい麦わら!それとも四皇の力を思い知って、震えているのか!」

ビッグマムの飛んだ方へ、はいずりながら追おうとしているルフィ

カタクリ「!!!」

肩をつかまれるカタクリ
振りかえるとサンジ

サンジ「ルフィは海賊王になる男だ。四皇ごときの力に震えるわけねえだろ?」

カタクリ「お前、そういえば、俺のジェリービーンズを避けたな?」

で、次号

いつかくるかなと思ってましたが、やはりこの予想トピからバレとしてパクられましたね。

しかも確定としてw

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]