記事一覧

[ONE PIECE magazine Vol.2]“novel A”Vol.2 超あらすじ&感想


2017年8月4日発売のONE PIECE magazine Vol.2 (集英社ムック)

その中で書かれるエースの小説“novel A”のあらすじと感想を。

※あらすじが荒すぎて繋がらない恐れもありますので、ぜひ本誌を買ってご確認ください。笑



「Vol.2」

・デュースの考える船長の資質は「人に愛される事」

・人を引き付ける「なにか」があるエースは、正に船長にふさわしい男

・2人で立ち上げた「スペード海賊団」には、そんなエースを慕って自然と人が集まってきた

・そんなスペード海賊団の頭脳担当「インテリチーム」の役回りをしてるのはデュースと他二人。

・ミハール。通称:先生。職業:教師。引きこもり気質で滅多に船室から出てこないが凄腕の狙撃手。

・スカル。髑髏グッズコレクターの海賊マニア。海賊ですらない男。

・そして海賊団の船長として頭角を現したエースには既に多額の懸賞金が掛かっていた

・故にその懸賞金を狙って多くの敵にも狙われる様になる

・戦闘のメインはスペード海賊団の武闘派チームだ

・そんなクルーは、エースと出会ってようやく自分の居場所を見つけた者ばかり

・敵船との戦いが終わると恒例の宴が始まる

・その最中、エースとデュースが襲ってくる敵について話している

・エースの懸賞金はまだ新世界にも辿り着いていないルーキーの額としては高額だった

・エースだけが高額の懸賞金を付けられている理由は誰も知らない。

・デュースは裏で蠢く意図を感じずにはいられなかった。見えずとも必ず付きまとう「ロジャー」の影

・宴の最中にエースになついているオオヤマネコのコタツが声を上げ、海の先を見る

・クルー達もその視線の先を見ると霧の中に無数の船影が浮かんでいた。


[スポンサードリンク]


・その艦隊の影の正体は海軍の軍艦。カモメのマークが霧を抜けてくる

・率いるのは「釘打ち」という異名を持つ凄腕の少尉

・その軍艦と距離を取り作戦を決行しようとするデュース

・しかしその時、スペード海賊団の船の上に一人の若い女性海兵が佇んでいた「良い船だな」

・この女性海兵こそ「釘打ち」のイスカ少尉。釘を打つように正確に獲物を穴だらけにするという。

・ミハールの狙撃を剣で弾く程の実力を持つ

・イスカは一人でスペード海賊団を相手取り大立ち回り

・しかしそれは海軍の時間を稼ぐ作戦で、スペード海賊団の船を海軍の軍艦が包囲していた

・作戦を決行していたのはコチラも同じ、岩礁地帯に誘導することで軍艦の一つを航海不能に。

・その船から落ちた海兵を、イスカは何の躊躇もなく海に飛び込み助けに行った

・イスカの泳ぎは達人級だったが、いかんせん波が強く翻弄されてしまう

・そんなイスカの姿を見てエースは黙って浮輪を投げ入れる

・イスカ「なぜ助ける!」 エース「さあな」

・そう言うと岩礁の隙間を縫ってその地帯を抜けた

・そして宴が再開された

・旅は続き新世界目前、前半戦を終えシャボンディ諸島に辿り着く

・その時にはスペード海賊団のクルーは総勢20名と1匹になっていた

・ここで船のコーティングの為に三日間掛かる

・シャボンディ諸島の幻想的な光景をデュースは思うままに書き留めるが、クルー達におの稚拙な文章を馬鹿にされてしまい憤慨。

・デュース「いずれ冒険記を書いた暁には、あいつらの名前だけは意地でもあえて出さないようにしてやろう」


今回も大ボリュームの内容だった!

ルフィにとってスモーカーがそうであったように、エースにとってイスカが海軍の宿敵ポジションなのかな?辿り着いたシャボンディ諸島にも追ってきそうだし、またひと悶着ありそうだ。

幼少期のエースは「誰からも愛されない」と言い何もかもを恨んでいたような子供だったけど、そんなエースを「人に愛される」資質があるとデュースが言ってたのが印象的だった。やっぱそれはルフィ、サボ、そしてダダン一味のお陰だよね。

あと、スペード海賊団のクルーが全員判明したのも良かった!中々に曲者揃いというか、クセの強そうなメンバーばかりだけど(笑)尾田先生は今回のインタビューの中で「キャラを作るのは得意」って言ってたけど、おそらく本編に出ないであろうこれだけの数のメンバーを描きあげるってのは本当にすごいな~!次回も楽しみだ!!


[関連リンク]

[OPmagazine Vol.3]“novel A”Vol.3 超あらすじ&感想

[OPmagazine Vol.1]“novel A”Vol.1 超あらすじ&感想

ONE PIECE 第87巻 Amazon予約開始

ONE PIECE 総集編 THE 25TH LOG Amazon予約開始

[スポンサードリンク]


コメント

No title

ミハール!まさか尾田先生がコミュショーという言葉を知っているとは!

No title

クーカイ、コーネリア、セイバー、名前も見た目もかっこいい
クーカイはワノ国でしょー!
類は友を呼ぶって感じのメンツなのかな、個性的で面白い。

No title


>尾田先生がコミュショーという言葉を知っているとは!

尾田先生の知識の幅、情報収集の多さは他に類を見ないレベルですからねぇ(^。^)

そのくらい知ってしかるべきかと。笑

>スターチェイスさん


>クーカイはワノ国でしょー!

漢字を当てると「空海」でしょうかね?(°▽°)

ホントに個性的なメンバーw

ONE PIECE magazineVol.2のSpecial Episode Luffの1ページ目のエースの帽子が間違ってるように見えるんですが?
見返していたら気づいちゃいました!笑

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメONE PIECE


[ONE PIECE(デジタル) 01~50巻]

[ONE PIECE(デジタル) 51~86巻]

オススメ記事

4813.jpg
4981.jpg
4980.jpg
4604.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg