記事一覧

人造悪魔の実SMILEについて②「シープスヘッドに見る特徴」


前回、これまでに出て来た人造悪魔の実「SMILE」の情報についてまとめた。
(参照:人造悪魔の実SMILEについて①「基本情報のまとめ」)

その中で、おそらく何らかの副作用があるんじゃないかと予想。
そして今回はその続き。

「通常の「動物(ゾオン)系悪魔の実」との違いは?」
「海に嫌われ泳げなくなるのか?」について。

第795話“自殺”で、登場したカイドウの部下と思われる男「シープスヘッド」
この男は、おそらく「SMILE」を食った人造の動物(ゾオン)系能力者。
この男の姿・能力から分かることを考えてみたい。

[シープスヘッド]

2131.jpg

・その能力からつけた様な名「シープスヘッド(羊の頭)」
・腕が渦巻く角になったかのような技「シープスホーン(羊の角)」
・腕に唐草模様のようなモノが浮かんでいる
・能力を使うとき髪型も羊の様にモジャモジャに


[スポンサードリンク]


まず、通常の「動物(ゾオン)系悪魔の実の能力者」は、その動物の能力が備わるわけだけど、頭なら頭、手なら手といった具合に各部が各部に対応して能力を発揮する。
しかしこのシープスヘッド、腕が羊の角の様になっている…これは通常の「動物(ゾオン)系悪魔の実」にはなかった現象。
これが「SMILE」の作用?

つまり「SMILE」は動物一頭分の能力ではなく、動物の一部分だけが能力として発現するのではないのか?
このシープスヘッドの例でいえば「羊の頭」の特徴だけが能力として使える、とか。
「羊の角」「羊の毛」とか…そのくらい?笑

まぁこの「シープスヘッド」は、カイドウの部下の「羊(シープス)」軍をまとめる「頭(ヘッド)」って意味かも知れないけど。。

さらに、その腕には唐草模様。
これが「SMILE」を使った者には現れるのか…?
以上が「通常の「動物(ゾオン)系悪魔の実」との違いは」になるかな。

さて最後に「SMILE能力者は海に嫌われ泳げなくなるのか?」について
これは「噴火雨」が来ると聞いた時のシープスヘッドの反応が物語っているような気がする。
「!!?」と驚き、焦っているような汗をかく。
やはり大量の水は苦手なんだろう…

今回のシープスヘッドから分かることはこのくらいかな?
またSMILE能力者が登場したら、色々と分かるかもだから期待したい!

コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

シープスヘッドの能力「羊」干支でいうと8番目、シープスヘッドのベルトのバックルのドクロに「八」と書いてあるのを見ると、干支のゾオン軍団が今後出てくる!?
だから「龍」の能力を欲しがっていたのでは!??
という本文にはあまり関係のない推測です!

シープスヘッドのベルトの八という数字から干支のゾオン軍団が来ると予想!
ネズミとか全然強そうじゃないけどね。

SADは遺伝子を操作するんですよね!
純粋な悪魔の実とは違うとは思うんですが今後その違いがどうなるのかが気になりますね!
子供が巨大化してましたがゾオン系で、しかも巨大化するような実を作りたいのですかね!

もものすけは体全部が龍になって水に浸かって溺れてましたよ‼︎

No title


>ベルトのバックルのドクロに「八」

おお…それ完全に見落としてました(@_@)

ありがとうございます!

でも龍の能力者欲しがってた描写なんてありましたっけ??

No title


>ネズミとか全然強そうじゃない

あの鋭い歯を腕に宿し、巨大な桑の様に使えば…結構な威力かも(^○^)!?

>ひまわりさん

SADが遺伝子を操作するって出てましたっけ??

子どもへの実験とSADは別の実験と思ってます(^○^)

>たいとさん

モモが食べたのはSMILEじゃないですよ(^○^)

ベガパンクが造った「人造悪魔の実の失敗作」と呼ばれてるものです。

これはおそらく本物の「悪魔の実」に近いんじゃないかな?

No title

体を蔓のように変化させるツルツルの実の能力者と見た!!

>ちゃぼさん

あぁ、SMILE関係なくですか(^○^)

確かにその可能性も捨てきれない…w

>かんりにんさん

あーそうだったか笑
勉強不足でした笑

>たいとさん

いえいえ~(*^。^*)

あれ、紛らわしいですよねぇw

まぁ、全く違いなんかないのかもしれないですけどね(^○^)笑

No title

かんりにんさん

遺伝子はこちらの勘違いかもです笑

そういえばシーザーにも羊みたいな角ありますよね!

>ひまわりさん

ありますね~羊みたいな角!

あれはコスプレみたいなもんなんですかね??

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]