記事一覧

[展開予想]第880話①「制御不能(仮)」


このページは最新話の展開の「予想」です。ゆるい展開予想してます。


・鏡世界――

・繰り出す技全てが同じ様な技で、しかも全てが自身を上回る力ではね返される屈辱

・カタクリの“エレファントガン”もどきで壁に叩きつけられているルフィ

・ルフィ「……ゲホッ!!」

・カタクリ「さァ、次はどうする?」

・モブ兵「ぎゃっはっは!もう立てねェぜ“麦わら”のヤツ!」

・モブ兵「カタクリ様に敵うか!意気揚々と乗り込んできたのにこのザマだ、アッハッハ!」

・カタクリ「……」

・ルフィ「“ギア”……“4”…」

・カタクリ「…これで最後か?ゴムの弾力を最大限に利用しているな…“バウンドマン”」

・ルフィ「“バウンドマン”!!!」

・ゴインゴインと弾むルフィ

・ルフィが“猿王銃”を放つも、カタクリも腕を鏡餅状にして迎え撃つ

・ぶつかる拳と拳

・カタクリの腕が弾けるがすぐにモチモチと再生

・ルフィ「!!!」

・カタクリ「たいした覇気の込めようだ…もってあと数分といったところか」

・それはルフィ自身もわかっていた

・瞬間――

・これまでの戦いが頭をよぎる

・心綱(マントラ)を駆使して戦うエネルに対し跳弾を繰り出した方舟マクシムでの戦い

・見聞色の覇気を用いて戦うゴルゴン3姉妹をスピードで圧倒し勝利した戦い

・ジャヤとドレスローザで2度見たベラミーの“スプリング跳人(ホッパー)”

[スポンサードリンク]


・そして、レイリーとの修行の時――

・レイリー「おいおい、“コレ”は屋外じゃ使えんぞ!森をいたずらに破壊するんじゃない」

・ルフィ「面白ェ技なんだけどな〜スピードが速すぎておれ自身も制御できねェけど、その分思いっきり覇気を込めれる!」

・レイリー「まるで暴走列車だな…」

・ルフィ「ははは!一年前くらいによ、ウォーターセブンってトコで暴走列車に乗ったことがあるんだ!!」

・レイリー「ウォーターセブン!懐かしいな…トムが死んだ後も、何度か行ったが、その暴走列車は失敗作と言っていたぞ。確か名前は…」

・――回想おわり

・ルフィ「“ギア4”!! ロケットマン!!!!」

・鏡世界の壁を使い、ゴムボールの様に跳ねるルフィ

・“それ”は強力に覇気を帯び次第にスピードが増していく

・それまで笑っていたモブ兵達がみるみる青ざめる

・カタクリ「……」

・更に増すスピードにルフィ自身も制御不可能に

・ルフィの意識外の攻撃に未来視のできないカタクリ

・そして、上がり続けるスピードに目でも終えなくなる

・周囲ではモブ兵達が巻き添えをくらいボーリングのピンの如く吹き飛んでいる

・ドドドドドドドドと次第に近づいてくる音

・カタクリ「(どこから来る!? こんな捨て身の攻撃があるか!?)」

・ルフィは今持てる全ての覇気を絞り出す様に注ぎ続ける

・そして…

・カタクリの左後ろ、脇腹を下から抉るようにルフィの“ロケットマン”が突き刺さった!

・カタクリの覇気を上回る一撃にモチ化して受け流す事も出来ず、モロに食らってしまう

・白目を剥き、悶絶の表情のカタクリ

・それでも止まらないルフィの“ロケットマン”

・先の衝撃でカタクリの顔の下半分を隠していた服が破れて露わになる口元

・口角から延びるツギハギの傷跡

・それ以上に多くの縦傷が刻まれている唇

・カタクリ過去に何が…?…で次号へ。


[関連リンク]

3将星カタクリはこう倒せ!皆の考える「戦法」まとめ

ルフィが鏡世界から脱出し仲間の元へ戻れる唯一のルートはコレだ!

ONE PIECE 第87巻 Amazon予約開始

ONE PIECE 総集編 THE 25TH LOG Amazon予約開始

[スポンサードリンク]


コメント

面白いですね(*^^*)有り得そう。

ロケットマンて命名がタイムリー過ぎる!

こうは考えられないですかね。ゴムの特性は伸び縮みだけじゃなく、衝撃の吸収もあると。ルフィは今までの戦いで受けたダメージと共に相手から受けたパワーも無意識に取り込んで成長してきた。
だから大概一度負けるんです。
クラッカー撃破のシーンはまさに相手の力をその場で吸収して瞬時に返したようにも僕には見えました。
ルフィがそのことに気がついて自在にできるようになったら新しいステージかなと。

>しまゆうさん


>ロケットマンて命名がタイムリー

これはちょっと前の記事(↓)でのコメント欄から拝借したんですけど、確かに現実世界とリンクしてる名前w

[急募]カタクリの倒し方!10億越えの怪物に勝利する方法
http://onepiece-log.com/blog-entry-864.html

今は作中で使えないかもですなヽ(´o`笑

>なりさん


>ゴムの特性は伸び縮みだけじゃなく、衝撃の吸収もあると。

もちろんそれもありますよね(^.^)

ゴムゴムの風船とか、例に挙げていただいたタンクマンとかはゴムの衝撃吸収力を生かしてのモノですしね!

仰ってるのは、その時に受けた攻撃を無意識のうちに自身のパワーにしてるという事ですかね?

んん〜ちょいとチートな能力ですな( ̄∀ ̄)

ゴムの領域を超えてるような気も若干。笑

ロケットマンはここで産まれたネタですが、結構好きです。
多分、頭と足を胴体にめり込ませた円柱形になって、どちらかを射出して弾み、速さの限界を超えるとランダムに空中すらも弾みますね。きっと。
何よりこの形態、仲間が周りにいたら絶対にできないです。そういう意味でも欠陥形態です。

No title

カタクリがここであっさり殺られることは無いんじゃないかな

ベラミーの回想きたら嬉しい。

「ベラミー…借りるぜ!」

的な。

>寅間さん


>ロケットマンはここで産まれたネタですが、結構好き

ロケットマンという名称と、カタクリの攻略法を色々と考えてくれた皆さんに感謝です(^◇^)ノ↓

[急募]カタクリの倒し方!10億越えの怪物に勝利する方法
http://onepiece-log.com/blog-entry-864.html

できれば皆様、コメントを書くときは固定のお名前があれば嬉しいです(^_-)-☆

>doさん


>カタクリがここであっさり殺られることは無いんじゃ

それもそーですね~(^◇^)

ナミの協力があったクラッカー戦でさえ11時間とかかかってますしねぇ。笑

3将星最強のカタクリ…倒せますかねぇ…('Д')

>あるるかんさん


>ベラミーの回想きたら嬉しい

ぼくも個人的にベラミーの再登場に期待してたりするんですよね~( ^ω^ )

No title

カタクリ・・・そう言えば確かに口元から下はずっと隠しっぱなしですね。
傷跡のほうがしっくりきますねぇ。
自分はまさかのカイドウのジャックにかぶる魚人族かと思っていたりします。可能性低そうですが。

ルフィの技は確かにどちらかと言うとベラミーよりの引用が適してる気がします。ミロワールドの空間のせまさはどことなくドレスローザ編のベラミーとの対決場所に似た空間ですし。モチには弾道をまねることは出来ないでしょうし。どちらかというとネバネバのガリガリさんの能力寄りだし。
そう思うと火はやはり天敵の技(能力)になりそうな気がするがまだレッドホークは出してなかったですよね。
やはり水を調達しないと勝ち目ないのかな。

No title

気絶したブリュレを掴んで、鏡の外から、攻撃するんじゃないか?

No title

追記ですがパウンドと言えば1ポンドのケーキの事らしいですね。他にもボクシングの時の計量や総合格闘技の時に下から打つパンチの事も言うとか。ま、今回は流れ上はケーキの事ですが。
ちなみに御餅の英訳にもパウンドって文字が入るようで、くだくとかつぶすなんて意味もあるようです。
・・・カタクリをレッドホークで押しつぶす事出来ればせんべいになるのでしょうか。気になります♪

>わおうさん


>自分はまさかのカイドウのジャックにかぶる魚人族かと思っていたりします

それもあると思うんですよね(^◇^)

カタクリと似たようなツギハギを持つ直系の妹(?)と思われるキャラの歯がギザギザだったんで、カタクリも、と。

No title


>気絶したブリュレを掴んで、鏡の外から攻撃

描き方次第かもですが、少年誌の主人公としてカッコ悪くないかな~??('ω')笑

>わおうさん


>パウンドと言えば

一口に「パウンド」といっても色々意味があるんですねぇ(^◇^)

この先パウンドはどんな動きをするんでしょ~??

気になる!

いつも予想を読みながら絵を想像してます!笑
最後のカタクリの口のところとか、実際に展開は違っててもこっちはこっちで先がきになる!と思いコメントしてしまいました〜管理人さんさすがですー!!

>pelikanさん


>予想を読みながら絵を想像してます

ありがたいです~(^◇^)

ぼくも妄想全開で絵を想像しながら展開予想してます!

いつか尾田先生に似た絵柄を描ける方とかに、「ぼくのかんがえた さいきょうのONE PIECE(笑)」を一コマでも描いてもらいたいという淡い夢があったりします…笑

暴走列車かぁなるほど、僕も予想してたんですが、ルフィが制御できないような、、、記憶が飛んで敵味方関係なく攻撃してしまうような力かと思ってました。例えば鬼のような感じを想像してました。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメONE PIECE


[ONE PIECE(デジタル) 01~50巻]

[ONE PIECE(デジタル) 51~86巻]

オススメ記事

4813.jpg
4981.jpg
4980.jpg
4604.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg