記事一覧

[速報]第797話“レベッカ”あらすじ

[週刊少年ジャンプ39号](少々ネタバレを含みますのでコミックス派の方はご注意ください) 


・ゾロ「ルフィ!!時間はねェぞ!!?用件なら急いですませて来い!!“東の港”で待つ!!!」

・ルフィ「わかった!!」

・バルトロメオ「ゾロ先輩 そっち南だべー!!そんなとこもカッコイイけどー!!」

・ドレスローザ中心街付近 海軍テント――

・バスティーユ中将「情報を全て集めるんだら!!お偉方は現場へ向かった!!おれが指揮を取る!!丘から逃げた海賊どもは今どこだらァ!!」

・電伝虫に海兵からの通信「今おそらく東の港へ逃走中!」

・バスティーユ中将「全ての港に見張り部隊を配備してある筈!東の港へつなげ!」

・東の港では海兵達をアブドーラ&ジェットとイデオが殲滅していた

・電伝虫をとるジェット「はいこちら東の港の海軍見張り部隊!ドーゾ!」

・アブドーラ「異状ありませんドーゾ!!」

・バスティーユ中将「異状なし!?そんな筈ァねェだらァが!海賊達が向かってるぞ!」

・アブドーラ「いえいえもう加勢もいりませんドーゾ!」

・バスティーユ中将「貴様…!マリンコードと名前を言え!」

・ジェット「はい?えー…と」

・バスティーユ中将「ダメだらァ!東の港は乗っ取られとる!追撃部隊を東へ!」

・バルトロメオに先導され進むゾロ達

・キャベンディッシュ、サイとベビー5、ハイルディン、ブルーギリー、スレイマンが待ち構えている場所を通っていく

・キャベンディッシュ「先を行け!まっすぐ港へ!」

・ウソップ「助かる!」

・サイ「つまらねェ言葉をくれるな!借りに次ぐ借り!おれ達ァローン地獄やい!」

・追う海兵達が連絡を入れる「王宮にいる筈の罪人達が東の町跡に出現!」

・バステューユ中将「じゃあ王宮はもぬけの殻か!?」

・王宮前 花畑――

・ルフィ「レベッカー!どこだー!」

・海兵「こちら王宮前!麦わらのルフィが現れました!」

・バスティーユ中将「なぜそこに麦わらが!?逃がすな!」

・外で叫ぶ声に気付いたレベッカ「え…?外で誰か…私を呼んでる…?」

・窓から覗くレベッカ「あ!ルーシーここだよー!」

・お付き「いけませんレベッカ様、海賊と話など」

・ルフィ「いた!」

・王宮 中庭――

・リク王「タンク…ヴィオラとレベッカを呼んで来てくれるか…町へ降りよう リク王家の王座への復帰を国に宣言するのだ」

・涙を浮かべるタンク「はいすぐに!この時をずっと待っておりました!」

・窓のとこまで跳ぶルフィ「レベッカー!」

・レベッカ「ルーシー!」

・逃げるお付き達「キャー海賊よーっ!」

・レベッカ「ルーシー!よかった!私お礼をちゃんと言いたく…」

・ルフィ「うっせーそんな事で来たんじゃねェ!お前いいのかよ!兵隊の事!もう会わねェ気だぞ!」

レベッカ「…!ルーシー私…!お手紙貰ったの 兵隊さんが…一生懸命私を遠ざけようとしてるんだ…私を他人にしようとしてるんだ…!」

・コロシアム前で言った言葉が頭をよぎるレベッカ

・(「何よ親でもないくせに!」)

・(「あなたは片足のオモチャじゃない!」)

・涙を浮かべるレベッカ「どうして?…ひどい事言ったから…?私と暮らすのイヤなのかな 迷惑なのかな…!」

・ルフィ「知るか!お前が考えろ!おれはもうこの国出なきゃいけねェんだ!おれはこれでいいのか聞きに来ただけだ!」

・レベッカ「やだよ!いいわけないよ!」

・ルフィ「じゃあ来るか!?」

・即答するレベッカ「うん!行く!」

・周りの兵達もざわつく「レベッカ様!?」

・ヴィオラ「レベッカ!麦わら!待ちなさいっ!」

・レベッカ「ヴィオラさんっ!!お願いがあるの!!」

・そしてレベッカはルフィに掴まって出て行く「行くぞ!振り落とされんなよ!」

・リク王に報告に行く「レベッカ様が!海賊にさらわれました!」

・リク王「何だと!?どこの海賊だ!どんな海賊だ!?コロシアムの出場者か!?」

・「麦わらのルフィです!!」

・リク王「!?」

・国民の間にも情報が知れ渡る「レベッカ様が王宮からさらわれたー!」「犯人は麦わらのルフィ!」「目的はきっと身代金だ!」「え~~っ!?」

・ギャッツ「まさか!ルーシーがァ!?何て破天荒!それでもおれはお前が好きだー!」

・メイナード中将「見ろ!海賊なんてもんを信じて国内に置いとくからこうなる!早急に麦わらを捕えレベッカ王女を救出せよ!」

・窓から出てきたルフィを海軍の特別狙撃部隊が狙い構えている

・銃を撃つ「パススッ!」「ポフン!」

・しかし、銃口からは何も出ず、しかもその海兵達が倒れる

・連絡を受けたバスティーユ中将「兵が倒れた!?覇王色か!?」

・海兵「いえ!意識はある様で!」

・バスティーユ中将「いずれにしても脱出港は東だらァ軍艦も回せ!全隊を東のカルタへ向かわせろ!」

・町の屋根の上を急ぐルフィ

・下では国民達も追いかけている「ルーシーを捕まえろォー!」

・ルフィ「レベッカ!お前を丘の裏に置いておれは囮になる!後は自分で行け!国中がお前を守ろうとしてる!捕まったら王宮に連れ戻されるぞ!」

・レベッカ「うんっ!わかったありがとう!ありがとう…!ルーシー!」

・ルフィ「ししし!ああ!気にすんな!」

・国民達「ルーシーを捕えろー!レベッカ様を救え~!」「やはり海賊は海賊だったんだ!」「お前をヒーローだと思ってた!」「もう海賊は信じないー!」

・丘の家で荷作りを済ませたキュロス「(スカーレット…私の役目は終わったよ キミの伴侶を偽った事許して欲しい レベッカが幸せになる為なんだ 王族であるがゆえ…逃げ回り罵倒された10年 だからこそ今度は…王族であるがゆえの幸せをつかんで欲しい 私も…ここにはいられない…)」

・キュロスが扉を開け外に出ると…そこにはレベッカ

・キュロス「レベッカ!」

・レベッカ「…ウソつかないでよ…!」

・キュロス「…ああ…手紙か…?ウソじゃない…本当に私は昔…ろくでもない男で…ケンカばかりして…どんな理由があろうと…事実…人を殺めた…だから…」

・レベッカ「私どっかの王子様の子なんかじゃないよ!そんな人知らない!何百人…人を殺してても…手が真っ黒に汚れてても私の父親は1人だよ!私はキュロスの子だよ!」と涙をボロボロ流す

・キュロスの目にも涙が浮かぶ

・レベッカ「ウソつかないでよ…!」

・(「 “キミがいつか幸せになれる日まで私はずっとそばにいる!」)

・泣きながらキュロスに抱きつくレベッカ「ちゃんとそばにいてよ!兵隊さん!」

・キュロスもボロボロと涙を流す「…私が…父親でいいのか…?」

・レベッカ「うん!一緒に暮らそうよ!」

・リク王の元に1人で行くヴィオラ「レベッカは王宮には戻らないわよお父様」

・リク王「ヴィオラ…!やはりか…」

・ヴィオラ「ええ…これは彼女の意志」

・先程のレベッカのお願い「(ごめんヴィオラさんっ!王女代わって!)」

・ヴィオラ「…こんなおかしなお願いされたの生涯2度目…!!」

・笑うリク王「…そうか 血は争えんな…」

・場面は森の町カルタ跡地 東の港入口――

・ルフィはまだ来ていないし、ローもいつの間にか姿を消していたらしい

・バルトロメオ「おれ達にだって止められるモンと止められェモンが…!ん?――! やべェ!藤虎が来たァ!ルフィ先輩急いでけろォ~!!」

・迫る藤虎、息を切らし走るルフィ

[関連リンク]
ルフィを銃で撃とうとした海兵が倒れた理由考察

ルフィ同様行方不明のローはどこへ!?

センゴクのモデルは豊臣秀吉!?ゾロは刀狩りにあう!!?

革命軍とトランプゲーム「大富豪」の関係考察

カイドウ=ジョイボーイ説を考察する

コメント

ワンピースホント大好きだけど欠点はやっぱりワンパターン感はある、1つのエピソードが終わると大体感謝されて急足で次に行くというのはハラハラしないんだよなあ。ドレスローザ編はかなりの大物が揃っている、揃っていただけにもう一波乱欲しいなー

No title

まぁ、そこは海賊だからって事で(^<^)

のんびりと皆に感謝されての船出なんて、ルフィの海賊としての美学に反するのかな?笑

電伝虫の「ザザッ…」っていったらもうあれしかないですよね♪
かんりにんさんも予想していたあれしか(笑)

>参事さん

これは海兵からの通信でした(*^。^*)笑

No title

早いバレありがとうございます^^
ヴィオラは不本意とはいえドンキホーテファミリーの幹部だったのに捕まらないのでしょうか。

ローはコラさんがらみでセンゴクの元へ…!?

No title

やっぱバルトは藤虎にとらえられてインペル行きになりそう

No title

やっぱりレベッカは王女にはなりませんか!
となるとビビが国民を歓喜させ復興へ導いたあのスピーチ
レベッカが国を愛していないってわけではないと思うけど・・・
今回はこのレベッカの行動が国民が改心するきっかけになるのかも

>ちぃ。さん

ヴィオラとベビー5の処遇は描かれないんですかね~

このあたりは有耶無耶になりそうですな(@_@)w

>しおさん

バルトは犠牲になるんですかね~麦わらの一味の(+o+)

う~ん、イヤだなぁw

>ウィリアム・キッドさん

移転前のブログに「ドレスローザの結末予想」書いたんですが、この辺りちょっぴり当たりそう(^○^)笑

今のところ、ドレスローザ国民の印象は良くないですもんねェ~(+o+)

藤虎、本気だすんですかね!
国民が立ち上がって海軍止めて無事に出航はないですかね。

No title

最高だなワンピ。やっぱサイコー!!

ようやくドレスローザ編が終結しますね〜。かんりにんさんの予想が的中しそうな予感で、こちらも“ ニヤリ”としています(=^x^=)

海兵さんの空砲、これってやっぱりレオ達小人族にお願いしていた作戦のことなんでしょうね〜。

レベッカは、王族を離れてキュロスと共に暮らすのでしょうか?キュロスを王族に招くことは難しいのですかね…やっぱり。

797話にあえてレベッカの(涙)のシーンが多いのは
797(泣くな)レベッカというメッセージ!!!?????

>ひまわりさん

ドレスローザ国民はね~~ここまでイイトコ無しですからねェ…w

これ絡めて何とかして欲しいですね!

>ちゃぼさん

Yes(*^。^*)!!

レベッカには幸せになってもらいたい~!!

>コートンさん

海兵の空砲はやっぱりトンタッタなんでしょうね(^○^)

何をしたのか考えてみましょ~!

キュロス&レベッカは国を出るのか、あの家で暮らすのか…王宮には帰らないんでしょう!

>やまつさん

おお…まさかの797!!!笑

確かによく泣いてたレベッカにかけてあげたい言葉ですな(^○^)

No title

やっぱ、トンタッタだったのか。あの銃は

>ちゃぼさん

だと思うんですけどね~(^○^)

こちらに考察記事アップしました

http://onepiece-log.com/blog-entry-139.html

No title

今回の話は尾田っち、絶対泣きながら書いたと思う。尾田っちも娘いるし。

No title

ヴィオラのセリフ見ちゃうともうレベッカキュロスが王宮に戻ることはないのかなと思っちゃいますね
でもじゃあどこに行くのか?ってなると…
サボたちがまだいたら革命軍に…てのもありえましたが…
とりあえずはルフィたちと一緒に出航するんですかね?ビビは乗ったけどレベッカはまだ船乗ってないので…
ぐるわらとドレスローザ編でのキャラとが再び会わずに終わっちゃってたってのはぐるわらの一味もなんかむなしいですしレベッカとキュロスはぐるわらと会うんじゃないですかね?
ルフィたちがどうレヴェリーに絡むのかが気になってましたがこれからしばらくレベッカがルフィたちに同行するならうまくレヴェリーに絡めるかもですね

>ちゃぼさん

でしょうね~~(*^。^*)

やっぱ結婚してお子さんが誕生した辺りから、話の描き方もちょっと変わってますもんね!

具体的にと言われれば、なんとも…ですけどw

>しおさん

んん~、個人的にはこのままひっそりとあの花畑の家で暮らすんじゃないかと思ってます(*^。^*)

母スカーレットとも一緒に暮らした思い出の家ですし!

No title

私は多分キュロスは公の舞台にはでず裏から王国をサポートするんじゃないでしょうか。



Dの一族はもしかしたら動物や愛称をモチーフにしてるんのではないかとおもうのですがいかがですかコメ違いですがきになったので

>nikeさん

ですね!ドレスローザに残り、陰ながら国を守ってそうですよね(^○^)

Dの一族の件、もう少し詳しく教えてくださーい(*^。^*)

来年の夏に新作映画公開ですって!!
めっちゃ楽しみですね!(*^^*)

No title

あわわ詳しくお願いされちゃった
えーと、ですね
シャレになるんですがトラ🔴🔴とかモンキーとかドラゴンとかDの名前には動物がモチーフになってるわけです。
ドフィはDではないですがコラソンがローに言ったように近づいてはイケナイということでカウントされます。
そして隠し名がありますが黒ひげは本名がはっきりしていません。
エースの母親は(ルージュ)これも秘密に関わる言葉だと思いま
す語ってはいけない歴史、失われた国と海軍との確執徐々に明かされるんじゃないでしょうか。
すいません考察じゃなくて想像ですが言いたいことはここが限界です

>よっしーさん

いちお記事にしときました~(^○^)

http://onepiece-log.com/blog-entry-140.html

楽しみですねェ!

やはり最後の七武海ですかねェ??(*^。^*)

>nikeさん

んむむ。

とりあえずドフラは天竜人なんで“D”とは真反対ですね(^○^)

黒ひげの本名は、マーシャル・D・ティーチと判明してますよん!

動物をモチーフにしてるのは“七武海”の方かなって気がしますね~~(^<^)

No title

うーんやっぱそうですかー残念
海軍+動物=なんか桃太郎みたいですね
鬼の子とか言われてるし、悪いことしたら鬼が来るとか言われてますしね。まぁ海軍は正義の側なのでそうなるのかな?
それでは(ギガント書き逃げ

>nikeさん


>ギガント書き逃げ

ギア4“大蛇砲(カルヴァリン)”で捕まえる(^m^)笑

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]