記事一覧

2冊が対になっているONE PIECEコミックス3選まとめ


11月2日(木)に、ONE PIECEの最新刊である87巻が発売予定だ。

その表紙がコチラ。



実はこの表紙、比較的珍しいモノなのだ。

どこが珍しいのかというと、主人公であるルフィの姿が無く敵の軍勢だけなところ。

ONE PIECE コミックスで調べてもらうと分かるけど、通常ほぼすべての表紙にルフィは登場している。

登場してないのは3冊のみ。(最新87巻で4冊目。)

その3冊にはなぜ登場してないかというと、その次の巻と対になっている絵だからだ。

見てもらったら分かり易いだろう。

最初は、アラバスタ編の21・22巻



向かい合うバロックワークスと“麦わらの一味”の構図が2冊で表現されている。

コミックスの色も濃薄はあれど、紫系で統一されているのもイイね。

[スポンサードリンク]

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


こんな感じで、2冊が対となって敵対構造を描いている。

次は、エニエスロビー編の42・43巻でのCP9と“麦わらの一味”!



そして、ドレスローザ編の77・78巻でのドンキホーテファミリーと“麦わら”連合軍。



“麦わらの一味”が大きな組織と敵対した時に、この構造の表紙が出る傾向にある。

そして今は四皇“ビッグ・マム”率いる“ビッグ・マム海賊団”とぶつかっているホールケーキアイランド編のクライマックス。

87巻の表紙にルフィが居らず、“ビッグ・マム海賊団”の主要メンバーのみが描かれたとなれば、おのずと88巻の構図が見えてきそうな気がするね!笑

88巻の発売は来年になるんだろうけど、それも楽しみに待ちたい。

そして2冊のコミックスを並べてみたい!


[関連リンク]

ONE PIECE(ワンピース)は120巻で完結してしまうのかな?

[伏線]“麦わらの一味”仲間入り数字の法則

ONE PIECE モノクロ版 87(DIGITAL)をAmazon予約

ONE PIECE 総集編 THE 26TH LOGをAmazon予約

[スポンサードリンク]


コメント

このアラバスタの表紙で、自分の中では「バロックワークス=紫」のイメージです。やっぱり対になる表紙は印象深いですね。

今後は…VS 百獣海賊団、VS 黒ひげ海賊団、VS 海軍、VS 赤髪海賊団あたりが出てきそうですね。
特に海軍の元帥、大将、中将勢揃いな絵が見てみたいです。

こうして改めて見てみると、これまでは全て敵のボスキャラと対になるポジションにルフィがいるんですね。
88巻ではルフィはマムではなくカタクリと対になる位置にくるのかなぁ。
そしてマムと対になる位置には、サンジら料理人チームがきたりして。

って考えたら、ボス(マム)をルフィではなくサンジが倒す?って事になり、もしや今後はルフィ以外のメンバーがそれぞれボスを倒していくのかなぁなんて(゜▽゜*)

まぁ、普通にマムのポジションにギア発動中のルフィがいる絵も想像できますが(笑)

マム側にプリンがいないってことはやはりルフィ側に来るのかな(^ω^)?

>寅


>今後は…VS 百獣海賊団、VS 黒ひげ海賊団、VS 海軍、VS 赤髪海賊団あたりが

ですねぇ(^◇^)

まだまだONE PIECEは終わらんですねぇ!笑

>かぐやさん


>88巻ではルフィはマムではなくカタクリと対になる位置にくるのかなぁ

確かにルフィの位置気になる(^◇^)

ぼんやりとマムの位置に来るのかな~って思ってましたが、確かにカタクリの位置って事も考えられるのか…益々楽しみ~~!!!

>マルコさん


>マム側にプリンがいないってことはやはりルフィ側に

88巻に描かれるメンバーも直前くらいに皆で予想しましょうかね~~( ^ω^ )ノ

No title

「88巻」の表紙が87巻と対になるかはまだわかりませんが、現時点では2巻前の黄緑の「85巻の表紙」がそれに一番近い気がします。
「ウソつき」の85巻の表紙は、ファイティングポーズをとったルフィ・ナミ・ジンベエ等+味方寄りのレイジュで、敵キャラは一人もいませんし。

対になってる表紙の編はなんか共通点はあるんですかね。
あと、今までの表紙を見返してみたんですけどその編の敵はちゃんと描かれてるんですねー

そうなるとWCI編の残り話数も予想できそうですね。WIC編完結まで後7話ぐらいですかね?

No title

管理人さん
はじめまして。いつも楽しみにしてます

2冊が対という意味では1巻と61巻も追加お願いします。(管理人さんとの趣旨はちょっと違いますが、、、)

>空水青さん


>現時点では2巻前の黄緑の「85巻の表紙」がそれに一番近い気がします。

ぼくもチラッとそれ思いましたー( ^ω^ )

>わーみーさん


>対になってる表紙の編はなんか共通点はあるんですかね

んん〜敵対する組織として幹部の人数がある程度多い場合に適用されるのかな?

スリラーバーク編でこのパターンがなかったのは、モリア含めても幹部級が4人と少数だったから?操ってるゾンビはたくさん居ましたけどね。笑

2冊使っての表紙となると、“麦わらの一味”側の人数のが多いからバランスが悪くなるとか考えたのかも( ̄∀ ̄)

>ぺこさん


>そうなるとWCI編の残り話数も予想できそうですね

あ、でもその対となる表紙でその章が締めって事でもないんですよね〜これまでの傾向を見てると( ̄∀ ̄)

だから個人的には+一巻分…あと17話くらい続くのかなと思ってたりします。笑

とても今年中には終わらなそうーー!

>TOMさん


>1巻と61巻の追加も

初コメありがとです( ^ω^ )

これねー!ぼくも入れようか迷ったんだけども、おっしゃる通りちょっと趣旨から外れるんですよね( ̄∇ ̄)なので、なしで!笑

代わりと言ってはなんですが、下記の記事「ワンピース120巻終了説」の中で1巻と61巻の対比してます↓

http://onepiece-log.com/blog-entry-526.html

No title

長編で対比がないものとあるものとを分けると
ない長編
東の海編 空島編 スリラーバーク編 魚人島編 頂上戦争編
ある長編
アラバスタ編 W7編 ドレスローザ編
ない長編は海軍の介入がほとんどなく、ボスとの強い因縁がないまま島へと入国した懸賞金が上がらなかった冒険で
ある長編は1億 3億 5億とルフィの懸賞金が高騰した、名のある強豪たちとの激戦があったものに対比使われている。そして今回のHCI編は海軍の介入がない戦いかつ、倒すことが目的ではない長編なので、今までの長編にはないパターンと思った。
オダッチ的にはアラバスタ編を彷彿とさせる七武海の初撃破という快挙とは全く反対の、四皇の初撃破と予想されたビッグマムが逆に新世界の洗礼を浴びせられるという結果になりました。裏をかいた展開をしたかったのかなぁと思いました。次に対比の候補となる敵はやはり、百獣海賊団、黒ひげ海賊団でしょうか。

>KSKさん


>次に対比の候補となる敵はやはり、百獣海賊団、黒ひげ海賊団でしょうか

そのあたりは間違いなく来るでしょうね(^◇^)

迫力ある表紙になりそうで楽しみです!!

今までの2巻で対になってるコミックス、全てさらにその一つ次の巻で戦いに決着がついているという共通点があります。
そのまた一つ次の巻は、戦いの後日談から始まり、世界情勢の変化が収録されてます。
記事中の3選全てこれは共通しているので、自ずとビッグマムとの決着があと何話でつくのか見えてきますね。

>こうたさん


>全てさらにその一つ次の巻で戦いに決着がついているという共通点

ですね!

まだもう少しWCI編続きそうですかね~(^◇^)

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメONE PIECE


[ONE PIECE(デジタル) 01~50巻]

[ONE PIECE(デジタル) 51~86巻]

オススメ記事

4813.jpg
4981.jpg
4980.jpg
4604.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg