記事一覧

[伏線回収]覇気使いの攻撃がロギアである海軍大将に効いていなかった謎解明


現在進行中のWCI編。

ルフィVSカタクリの戦いの中で、「長年気になっていた案件」が一つ解明された。

その「長年気になっていた案件」とは、作中では2年前…実際の年月では7~8年前に遡る「頂上戦争」の時のある描写。

ロギアの能力者である青雉を、覇気を込めた刀で刺した白ひげ。

そして、同じくロギアの能力者である赤犬に、覇気を込めた攻撃を繰り出したマルコとビスタ。


5031.jpg

(武装)覇気を込めた攻撃にも関わらず、青雉・赤犬の両名共にそれほど目立ったダメージは見られなかった。

青雉「NO~!! バカ言っちゃいけねェよ」

赤犬「ア~~~うっとうしいのォ…!! 覇気使いか…」


第884話でルフィも言っていたが、この描写を見たぼくを含む読者はこう思ったはず!

“武装色”は実体を捕らえる力なのに!!

“武装色”はロギアにも効く力なのに!!


――と。笑

この時は、「攻撃と同程度の武装覇気を纏えば、相殺されるのかな?」と、フワッとした勝手な解釈で流していたが、第884話を読んでその答えの一端を知れた思いがした。

それが、先程のルフィの言葉に続くやり取り。

ルフィ「すげェのは (中略) お前の“見聞色”なんだろ!!?」

カタクリ「ああ おれは変形して効率よく避けてるだけ “覇気”で未来を見れば可能だ」


つまり、この青雉と赤犬の時も同じで「効かないのではなく、避けていた」という事だろう。

[スポンサードリンク]

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


あらかじめ見聞色で攻撃を読み、ロギアの体を変形させて攻撃を「避ける」。

カタクリの様に未来を見通せるほどの“見聞色”はなくとも、“見聞色の覇気”は元々「先読みする力」でもある為、それも可能であると思われる。

コメント欄にも書かれてたけど、バナロ島でのエースに対する黒ひげの発言

殴られるのは久しぶりじゃねェか?


ってのも、これで辻褄が合う!

つまり…(コメントをそのまま引用↓)

エースVS黒ひげの時、黒ひげが「殴られるのは久しぶりじゃねェか?俺が触れるとその能力者は能力を使えなくなる!」とドヤ顔で解説し、その後に武装色の覇気が登場したことで、「いや覇気で殴れるやん!ヤミヤミいらなくね?」と突っ込む読者がチラホラ。その件をうまくカバーしましたね。例え覇気使いでも、見聞色を使えるエースを簡単に殴ることはできない。能力で避けられてしまう。だけどヤミヤミの力があればお前は能力を発動できないから避けられないぜ!!ってことですね。
2017/11/06(22:57)


こうやって何気ない描写も後々になってふと繋がったりするからONE PIECEは面白い!

これまで矛盾(とまでは言わないけど)してると思ってた事柄に、スッと一本筋が通った時は清々しい気持ちにすらなるね。

こんな能力者達をルフィがどう攻略するのか…楽しみである!


[追記]


Twitterに投稿した覇気に纏わるアレコレまとめ。

・見聞覇気(心綱[マントラ])は、平静を欠くと支障をきたす。

・武装覇気が能力者の実態を捕らえる技でも、攻撃者の速度が遅ければ捕らえられない。

・見聞覇気で先が読めても、避けられなければ意味が無い


これまでにもちゃんと描かれてた!




[関連リンク]

カタクリの倒し方!10億越えの怪物に勝利する方法

3将星カタクリはこう倒せ!皆の考える「戦法」まとめ

ONE PIECE モノクロ版 87(DIGITAL)をAmazon予約

ONE PIECE 総集編 THE 26TH LOGをAmazon予約

[スポンサードリンク]


コメント

ただの覇気の上下だけでは?

毎度楽しく拝見してます!今回のテーマの件は、単純で覇気の力がどちらかが強いか?では!!要するに、マルコと赤犬は赤犬の方が覇気が強い。青雉と白髭は若千青雉の方が覇気が強いって事では!!ゾロがソプラノ戦いでお前の覇気が強いか俺の覇気が強いかだって言って切りましたよね!!

初めてコメントさせてもらいます。
今回の件ですが、その考えで納得しなあかんのでしょうけど府には落ちないですね。
あの場面で見聞色発動できるほど余裕あったようには思えないですし(特にアカイヌの方)体を変形させる余裕あったようには見えない。
けど武装色の上下関係よりは見聞色で避ける説の方がまだ納得できます。
武装色の上下関係やとアオキジ無傷ではすまんでしょう。というより武装色の上下関係の場合切れない(弾かれたり)気がする。
なのであの場面で見聞色発動して避けた両名すげぇと純粋な気持ちで思うようにします。

なるほど、そういうことか!!

私も、あの時(頂上戦争の時)に(・・?)と思いました。なぜ当たって無かったのかと?
ということは、あの大将達もカタクリの様な見聞色の覇気を鍛えているからか?
それはそうと、もしカタクリを倒せるとしたらまた精神的動揺が必要ですが何かが起こればいいのですが..。

追記

ただ、シャボンディ諸島の時の黄猿vsレイリーの時はかすり傷ですがレイリーが黄猿に負わせていましたね?

確かに!

白髭と青雉との戦いの時は、さほど白髭は青雉を倒そうとはして無いのでは!赤犬の時はエースがやられて、怒りで覇気が上がり赤犬に傷を与えられたのかと、おいらは思ったので覇気の、上下関係かなって思った次第です。すいやせん!
精神的に追い込みを、掛けられると強くなるのがルフィの勝ちパターンですよね!今まで!!って事では今回はドローかな。

海軍の大将と中将の差は何なのかとずっと気になっていました。
その差はもしかしたら見聞色の覇気の有無かもしれないと記事を見て思いました。
大抵の中将は対能力者用に武装色を鍛えていると思います。
現に、スモーカー中将が見聞色の覇気を持っていればパンクハザードで心臓を抜かれたりヴェルゴの攻撃を食らう事はなかったと思います。
例え非能力者でも見聞色の覇気と相性が良い六式という技術がある以上、大将への昇進には武装色と見聞色の両方の覇気が必要なのだと思います。もちろん実力も相応に必要ですが。
要は、コビーは更に強くなれますね。という事です。

No title

見聞色の覇気を使用して避けるロギアに攻撃を当てるには、スピードが大事みたいですね。
頂上決戦で白髭と戦っていた青雉に攻撃を当てたジョズ、クロコダイルもジョズが攻撃してくる所見ていたにも拘らず攻撃をくらってしまい、黄猿を切ったレイリーも見聞色の予測を上回る速度の攻撃したから当てられたということなんでしょうか。
そうすると今回の勝機はパワーより見聞色の予測を上回るスピードなんでしょうか。

つまり、エースがモビーディック号で白ひげに殴られていたのは見聞色使えなかったからということですかね
ってことはエースは覇気使いには普通に殴られてたんじゃないかな

でも覇気で変形すればヤミヤミで触れることも難しいのでは…

これで納得することにした

これでティーチが武装覇気使えてたら(使えるだろうけど)最強に近いよね。悪魔の力(能力者)を有無を云わず引きずり込める所。
あとは銃弾・刃・打撃・火・雷を受け流す事ができない、うえに痛みも常人以上に引き込むし、弱点が過信・軽率で余裕をかますとこ。

ヤミヤミの実も特殊っぽいよね。流動しないとことか…

No title

>ヤミヤミで触れることも難しいのでは

闇は引力だからひきずりこめる

ヒロさんそんな風にまとめても意味ないっすわ
それだけだとイマイチ不十分だから、改めて記事のように説明が成されたんでしょう

赤犬はマルコ、ビスタの攻撃を喰らった時に、「く…」と声を漏らしていたので、ダメージは負ってるように見えたのですが、違ったんですかね〜。
青キジはジョズの攻撃喰らって砕けて、ダメージは受けてるものの再生してるのに、スモーカーはドフラミンゴの攻撃による傷は残ったまま。
これらは単に、攻撃を喰らった箇所がロギア化していたか否か、っていう違いなんですかね?まだ曖昧です。

おおー!
そういうことなんですね!
ずっと、当時は覇気の設定がしっかり決まってなかったんだなと思ってたんですけど
これですっきりしました。

挿絵でヌマヌマの実のやつも、身体に穴を開けで槍を避けてたようだったので、頂上戦争の青雉はそうなんだろうなと思ってました。

いやいや青雉は刺してるから変形してかわしたが通じるけど、赤犬は明らかに斬撃を受け止めてるので単なる後付けじゃないですか?変形してさらに覇気で受け止める必要もないですし。

赤犬も、シンプルに刀の部分だけ変形させたってことですよね。武装覇気使えば消耗しますし。頂上戦争のあの回は明らかに伏線張ってる感じでしたので、後付けと言うのは。。今回解決されたと納得しました。

まぁそもそも伏線じゃなかったら、覇気で実体を捉える事が出来る設定がある上で、わざわざ体を貫通されたり斬られたりしても平気な描写を入れる意味ないですよね。判り易く覇気の上下関係が出るのは武装色VS武装色ぐらいかな。少しややこしくてモヤモヤする人が出るのも解る

No title

ロギアじゃないですけど、
バギーも頂上決戦でミホークの剣を受けたのに平気だったのは、
見聞色でミホークの太刀筋を見切った上で、
斬られる前に体をバラバラにしていたと考えられますね。

赤犬の件、シンプルに刃の形に変形しただけでは斬撃は止まらないはずです。左肩から右脇腹にかけて身体を分断するような描写ですからね。突き刺す攻撃は青雉やカタクリのように穴を空ければすみますけどね。
これが伏線のつもりなら描写ミスですね。

前々から思っていたのですが、スモーカーの出した煙には覇気でダメージが入ったのに、青キジの出した氷やモネの出した雪には覇気でダメージが入らない(明確な描写はありませんが)のは何故なんでしょうか。その違いは、自然物に実体が存在しているかどうかではないかと私は思います。
ロギアというのは、特定の自然物を発生させるだけでなく、もしかすると自身の魂のようなものをその自然物に憑依させる能力なのではないでしょうか。そしてその魂に干渉できる力が武装色の覇気であり、憑依状態の自然物は自身の体のように動かせる一方で武装色によって触れられてしまいます。しかし遠距離攻撃などで憑依から外れた自然物をそのまま飛ばした場合には、武装色だろうと本体にはノーダメージなのだと思います。これはヤミヤミにも言えることで、能力者の本体や実体というのが、ここで言う魂のことです。
恐らくスモーカーの場合、氷や雪と違って煙を煙として飛ばしても特に効果が無いため、魂ごと飛ばして格闘戦をしようとした結果、的を広げることになったのではないかと考えています。
そして見聞色で避ける際にも、体の内部で魂が避けさえすれば、さっきまで体の一部だった部位も一瞬でただの自然物に戻るので、ダメージにならないということだと解釈しています。そう考えれば、ロギア化して覇気による斬撃を受け止めるという描写も、部分的に憑依を外して魂だけ避けながら、周囲の憑依状態の自然物で威力を弱めていたと考えることができます。
ブルックやマムなど、最近よく魂というワードが使われているため、少しそれをヒントに考えてみました。

>ヒロさん


>ゾロがソプラノ戦でお前の覇気が強いか俺の覇気が強いかだって言って切りましたよね!

ソプラノってのはピーカの事ですかね?笑

あの時は「斬れるか斬れないか」、今回は「斬れてるのにダメージ無し」を論じているんで、根本的に違う話なのです~(''Д'')

>liharyke2003さん


初コメありがとです(^◇^)

>あの場面で見聞色発動できるほど余裕あったようには思えない

それがあるから、ちょっとこじつけっぽくはなっちゃうんですよね。笑


>武装色の上下関係の場合切れない(弾かれたり)気がする。

そうなんですよね。だからこう納得した方がいいのかな~って(''Д'')

>ABCさん


>ただ、シャボンディ諸島の時の黄猿vsレイリーの時はかすり傷ですがレイリーが黄猿に負わせていましたね?

「武装覇気を込めた攻撃を避けることも可能」というだけで、「全てを完全に回避できるとは限らない」って事でしょう(^◇^)

>寅間さん


>海軍の大将と中将の差はもしかしたら見聞色の覇気の有無かもしれないと記事を見て思いました。

生まれ持った才がモノを言う「覇王色」と比べ、「武装」と「見聞」は訓練すれば誰でも多少なり会得できるものなのではなかったでしたっけ?

覇気はそれを使う者の中で比較すると上下があるので、その差が戦闘能力に影響することは大いにありそうですね(^◇^)

>konさん


>見聞色の覇気を使用して避けるロギアに攻撃を当てるには、スピードが大事みたいですね。

ですね(^◇^)

カタクリ攻略の鍵になるかもですね!

No title


>エースがモビーディック号で白ひげに殴られていたのは見聞色使えなかったからということですかね

全く使えないってことは無いでしょうけど、未熟だった、もしくは白ひげの方が見聞覇気に優れ読みが鋭かったと解釈するのもありですね( ^ω^ )

No title


>これでティーチが武装覇気使えてたら(使えるだろうけど)最強に近い

だからこそ、黒ひげは「ヤミヤミの実」を欲していたんでしょうね( ^ω^ )

相当な策略を持って行動してると思うんで、今何してるのか気になるキャラの一人です!

No title


>赤犬はマルコ、ビスタの攻撃を喰らった時に、「く…」と声を漏らしていたので、ダメージは負ってるように見えた

その後の「うっとうしいのォ」ってセリフの前置きと捉えてなんとか…笑


>青キジはジョズの攻撃喰らって砕けて、ダメージは受けてるものの再生してる
>スモーカーはドフラミンゴの攻撃による傷は残ったまま。

確かにまだ細かいトコで曖昧な部分はありますよね~!

攻撃する側の覇気の有無、受けた側の覇気の有無、その能力者同士の能力の上下でも変わってくる問題だと思うんで、説明をつけようと思ったらつけれそうですが、「その逆もまた真なり」的な結果になりそうなんでやめときましょう('Д')笑

>わーみーさん


>当時は覇気の設定がしっかり決まってなかったんだなと思ってたんですけどこれですっきりしました。

まだ細かい部分では納得しがたいとこもありますけどね( ^ω^ )笑

>レイさん


>ヌマヌマの実のやつも、身体に穴を開けで槍を避けてたようだった

おお、そうでしたね(^◇^)

あれは明らかに格下との戦いだと思ってたので、スルーしてましたわ!笑

No title


>赤犬は明らかに斬撃を受け止めてるので単なる後付けじゃないですか?変形してさらに覇気で受け止める必要もないですし。

あれは止めてるんじゃなく、剣の切っ先部分だけが肩口の部分を通過したと考えれば…

いや、苦しいですね。笑

>レイさん


>頂上戦争のあの回は明らかに伏線張ってる感じ

白ひげのグラグラの衝撃を、手をかざして防いだ三大将の防御(?)も気になります(^◇^)

No title


>バギーも頂上決戦でミホークの剣を受けたのに平気だったのは

あれも地味に凄いんですよね。笑

バラバラの能力の特性(攻撃がくるとオートでバラバラ)なのか、本人の資質(見聞色発動)なのか…(^◇^)

>辛党さん


>スモーカーの出した煙には覇気でダメージが入ったのに、青キジの出した氷やモネの出した雪には覇気でダメージが入らない(明確な描写はありませんが)のは何故なんでしょうか。

ヒエヒエ、ユキユキは能力者の分身ではなく空気中の水分を冷やして作り出してるモノで、モクモクの煙はスモーカーの分身だから?という解釈してました('Д')

白ひげの空間を掴んで出す技は、一つの技?それとも覚醒?
あと薙刀に技を纏わせるのもなんか凄いなって思いました。近中遠距離最強じゃない?

バギーのバラバラとロギアの流動化は別物の能力だと思うんですよ。ロギアの実体を捉えるには覇気を用いますが、バラバラは元より実体があります。ロギアは「実体を流動化させて攻撃を受け流す」、バラバラは「実体への斬撃を無効化する」という能力だと思います。
バギーがミホークに斬られた際に叫び声をあげていますが、これはギャグ描写か、そうでなければ覇気の乗った斬撃を食らうと傷つかないけど痛いのかもしれません。

黄猿がマルコの蹴りを腕でガードしたのは覇気で防御してたってことですかね
ロギア側の武装覇気対策は見聞で先読みして回避するか武装覇気を纏って受け止めるかってところでしょうか

No title


>白ひげは近中遠距離最強

センゴクはそれを「世界を滅ぼしうる力」と形容してましたね(^◇^)

だからこそ黒ひげはそれを欲しがったんでしょうし。

覚醒してたかはわからんですが、してなくても十分に脅威の能力ですよね|д゚)w

No title


>バギーのバラバラとロギアの流動化は別物の能力だと

ですね(^◇^)

ロギアとパラミシア、系統も違いますしね~

バギーのバラバラも極めれば相当に厄介な能力なんですよね、実は。笑

No title


>ロギア側の武装覇気対策は見聞で先読みして回避するか武装覇気を纏って受け止めるか

ですね!あとは相手との覇気の上下関係を把握できてれば、取る対策が変わってくる感じですかね( ^ω^ )

赤犬の件でただの後付けではと書いた者ですが、マントラの件まで振り返って検証されたのは流石だなって思いました。

No title


>マントラの件まで振り返って検証

振り返って細かいトコ探すのも面白いので( ^ω^ )

No title

理由は、見聞色ってだけでもないような気がしました

普通の格闘技でも意識外からドンピシャでカウンターが入るとダウンするし、逆に見えてたら、身構えるので当たってもダメージが少ないので、見聞色、で察知した時点で多少ダメージは、少ないのと

武装色の強さ、元々のタフネス

更にギア4と同様、マグマのまま武装ってのもあるんじゃないですかね?あれは、ゴムゴムが特殊なんでしょうかねか?

あと、ずっとエースの懸賞金とか、四皇の幹部にしては、ちょっと弱いんじゃないか?と思ってたんですが、カタクリのような避け方が出来なかった(油断)と、黒ひげのタフさ覇気が、想像以上だったんでしょうかね?

しかし、そもそも考えたら、隊長のサッチを殺し、シャンクスの顔面に傷を負わせられるような奴で、本来は、黒ひげが二番隊の隊長であった確率が高いと考えれば、当然の強さだったのかな。。。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメONE PIECE


[ONE PIECE(デジタル) 01~50巻]

[ONE PIECE(デジタル) 51~86巻]

オススメ記事

4813.jpg
4981.jpg
4980.jpg
4604.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg