記事一覧

[ワンピース 考察] “夜明け”後の世界のシンボルは「太陽」?それは「巨大な王国」とも繋がる!?


これまでのONE PIECEの物語の中には、

数多くの「月」の描写があった。

・タイトル「三日月」「満月」「望月」

・かつて月に住んでいた「月の民」

・エネルが追い求めた「限り無い大地」

・ミンク族の真の姿「月の獅子(スーロン)」

・ワノ国九里を治めていた「光月家」


まだまだ謎の多い“Dの一族”も、「月」との関係をよく囁かれている。

しかし、その“Dの一族”(特にルフィ)は、世界を“夜明け”へと導く者だとも言われている。

“夜明け”を象徴するのは「月」ではなく「太陽」

つまり、Dの一族=「太陽を象徴する一族」ではないのか?と言うのが今回のテーマ。

今回は、その理由をいくつか挙げ、

ONE PIECEという壮大な物語について考えてみたい。

5641.jpg

① 夜明けの象徴

② 水平線からの日の出=半円(D)

③ 自由と解放のシンボル“タイヨウ”

④ 太陽に関わりの強い国々の存在

⑤ 東から昇る太陽

⑥ Dの一族と麦わら帽子

⑦ サウザンドサニー号



[① 夜明けの象徴]

早速、前書きの内容と被るけどご容赦を。笑

光月家とミンク族が数百年待ち続けた「世界の夜明け」

夜明けと言えば、やはり「太陽」じゃないだろうか。

つまり、「空白の100年」に存在した「巨大な王国」は「太陽」をシンボルとした王国だったのでは、と。

ある巨大な王国=D=太陽


と、いうことを今回はベースの考えとしておく。


[② 水平線からの日の出=半円(D)]

さて、その太陽が水平線から昇る絵を想像して欲しい。

その姿は、まさに「D」を横にしたような半円だ。

さらに、後々出てくるけどルフィの「麦わら帽子」の様にも見える。

夜明け=日の出= D?



[③ 自由と解放のシンボル“タイヨウ”]

魚人奴隷の受け皿として、フィッシャー・タイガーにより結成された「タイヨウの海賊団」

解放と自由が信念である「タイヨウの海賊団」のシンボルマークもまた「太陽」

解放と自由というのは、ルフィやロジャーに代表される“ Dの一族”達の生き方や信念とも合致する。

解放と自由=太陽= Dの一族?



[④ 太陽に関わりの強い国々]

ルフィ達“麦わらの一味”が関わってきた国々には、太陽をシンボルとしたり、国のモチーフが太陽に関わりのあるものがあった。

[❶アラバスタ]

国章が太陽をモチーフとしている。

モデルとなっている国「エジプト」は、その神話において「太陽神ラー」が登場する事で有名。


[❷ドレスローザ]

モデルとなっている国「スペイン(スペイン帝国)」は、「太陽の沈まない王国」と呼ばれていた時代があった。


[❸ 魚人島]

陽樹イブにより、地上の太陽の光を享受できている魚人島。

国民達は真の太陽(タイヨウ)を求める。


[❹ ワノ国]

ワノ国のモデル「日本」は、「日の本の国」「日出ずる国」と呼ばれている。

「日」とは「太陽」の事。


これは、かつての巨大な王国と関わりがあった国?

[スポンサーリンク]


[⑤ 太陽は東から昇る]

太陽は東から登りに西に沈む。

ONE PIECEという、偉大な物語の始まりは「東の海(イーストブルー)」。

物語の始まりも太陽とリンクしている?


[⑥ Dの一族と麦わら帽子]

主人公ルフィのトレードマークは麦わらの帽子。

その他の“Dの一族”も帽子等を被っているイメージが強い

・ロジャーや黒ひげの海賊帽

・初登場時のガープの犬の被り物

・ドラゴンのフード付きマント

・エース、ロー、サウロの帽子


ここまで考察した様に、“Dの一族”がかつての「巨大な王国」の国民だったとしよう。

そして、その王国が「太陽」をシンボルとしているのであれば、その強い日差しを遮るための「帽子」ってのもある種のシンボル的な扱いだったのかもしれない。

特に「麦わら帽子」は、夏の強い日差しを連想させ、より「太陽」との結びつきを感じる。

もしかすると、あのマリージョアにあった「大きな麦わら帽子」もかつての「巨大な王国」を象徴するもの?


[⑦ サウザンドサニー号]

こうなってくると、ルフィ達の愛船「サウザンドサニー号」の名称も意味深だよね。

アイスバーグ曰く

過酷なる“千の海”を

“太陽”の様に陽気に超えていく船


ルフィ達そのものを象徴するようなネーミングだ。

なんとなくONE PIECEの物語自体が、こんなイメージで作られているのかな?と思った。

―――――――――――――――

「太陽」とかかわりが深いモノ7つを列挙してみた。

何となく上手くまとめられてないけど…

これから進んで行く物語は「太陽の方向」へと進んでいく様な…そんな予感。


※今回の記事は、CN「やた」さんとCN「くま」さんのコメントを元にしたモノです。


[関連リンク]

“Dの一族”のファミリーネームの意味を考えよう

ルフィとロジャーにある共通点まとめ


[スポンサーリンク]


コメント

シャンディアもポーネグリフを守ってることからおそらくDの一族に関係ありますよね?
過去編でムースを生け贄にするときに、これから私は太陽の神に迎えられると言ってましたよね。

麦わら帽子

麦わら帽子って、
つばの部分を地平線と見立てて、
帽子部分を太陽と見立てたら、
夜明けを象徴してるようにも見えますね。

DにDay break(夜明け)の意味が含まれるなら、Dの一族の中で麦わら帽子を被る人物は重要な役割があるように思えます。

>zebraさん

> かんりにんさんは 以前ナミはプロメテウスとナポレオンは相性が合わないと 書かれてましたから ゼウス以外のほかの二体の ホーミーズまで奪うのはムリでしょう・・・(・_・;)

そう考えてましたね!

んで、案の定ゼウスだけしもべになりましたねw

>かんりにんさん

>「いまのルフィ達は太陽を手に入れられなかった」

って事なのかなぁ?と。

雷雲は手に入ったけど('Д')みたいな。


ルフィたちは プロメテウスではなく 「太陽」をイメージさせる他の何かを手に入れるとおもいますよ。

 かんりにんさんは 以前ナミはプロメテウスとナポレオンは相性が合わないと 書かれてましたから ゼウス以外のほかの二体の ホーミーズまで奪うのはムリでしょう・・・(・_・;)

きっと、あるはずですよね。「太陽」を暗示する何かが・・・・



>オレンジさん

> 帽子で言えば、ハグワール・D・サウロとマーシャル・D・ティーチも登場時かぶってましたね

追記しました~(^^)/

>NIREさん

> エースの技「炎帝」も見た目、太陽そのものだと思う。

確かに!

黒ひげが「太陽か!! 闇か!! 勝者は一人だ!!!」と言ってましたね~!

この時はまだ「闇」が勝ったのか…と(^^)/

帽子で言えば、ハグワール・D・サウロとマーシャル・D・ティーチも登場時かぶってましたね

エースの技「炎帝」も見た目、太陽そのものだと思う。

>しろさん

> そういえば巨人族は太陽を信仰していましたね。

ホンマや!

冬至祭は、太陽の死と復活のお祭りでしたね(^^)/


> 小人族はグリーンビットの地下で生活していました。太陽に憧れるのは魚人だけではないようです。

ふむ…

結構「太陽」ってのは所々で描かれてるんですよねぇ。。

Re: タイトルなし

> 古代ローマの太陽神の冠と自由の女神の冠もほぼ同じような形を…。

太陽=自由って事ですな(*´ω`*)

>ゆーとさん

> Dが太陽の象徴として、なぜ、地平線の日ノ出を象徴したものとして表現されなければならないのか。なぜ、当時から半円である必要があるのか。

「夜明け」のシンボルだから?

>くまさん

> よくよく考えればスリラーバークも太陽のもとにかえるための戦いでしたね。

おお~本当だ!

「太陽をありがとう!」ってセリフがなんだか印象に残ってます(*´ω`*)

そういえば巨人族は太陽を信仰していましたね。

小人族はグリーンビットの地下で生活していました。

太陽に憧れるのは魚人だけではないようです。

太陽。日本ではお日様とも。
現実でも生活を明るく照らしてくれる有難い存在です。
特に、農耕にとってはなくてはならないものです。
また、古代ローマの太陽神の冠と自由の女神の冠もほぼ同じような形を…。

かんりにんさん

ん~、笑。
しかし、魚人族にとっては、他の種族と同様に太陽の下で平等に暮したいとのことから、太陽をシンボルにしたいのは理解できますが、現在、太陽の下で当たり前に暮らしているこの星の種族にとっては、太陽が自由の象徴であり、支配からの解放のシンボルとなり得るのか、どうか。Dが太陽の象徴として、なぜ、地平線の日ノ出を象徴したものとして表現されなければならないのか。なぜ、当時から半円である必要があるのか。仮に天竜人が支配する以前の巨大な王国では、太陽の下、全ての種族が自由で平等に暮していたとして、Dが光をもたらす存在であったなら、その象徴は太陽を模した○なのではないのか。Dがその当時から日の出の太陽として表現される必要はなく、人々も日の出の太陽で帽子を被る必要もさほどないはずですし。巨大な王国が滅ぼされた後、支配からの解放を込め、夜明けの象徴として、Dの形状が考案され、巨大な王国の末裔達がミドルネームに使用したのなら、それを揶揄する形の文字は、天竜人側からすれば、自分たちに敵対する不吉なマークとして認識し、ガープその他のDに対し全て使用禁止にするのではないのか、とも。また、天竜人が創造主と呼ばれているのは、なぜか。なぜ王の中の王、例えば大王や大皇帝、と呼ばれないのか。創造主と呼ばれるからには、天地を創造するくらいの力を持っていたからなのではないでしょうか。その支配の象徴として、今のこの星の地形や気候、その他の条件までをも、あの巨大な王国があった頃とは、ごっそり変えてしまったのでは?それくらいのことをしないと、天竜人を創造主とまでは、呼ばないのでは?自分のコメントは、天竜人の支配が終わる時には、天竜人が創造したものすべてが、あの巨大な王国があった時代の地形へと、この星が戻る、つまりそれがオールブルーなのかも、という意味なので、当然ながら、この星自身を敵と考えているのではありません。仮に、そうなるなら、その元に戻った星をシンボルとして表現するのも、自由と支配からの解放を表現する上では、あり、なのかも、笑。一応、補足として。

よくよく考えれば
スリラーバークも
太陽のもとにかえるための戦いでしたね。

Re: タイトルなし

> 「王国の皆様にもこのタイヨウの世界を…見せてさしあげたい!」
> しらほしが感動していたのも頷けますね(移住間近…w)。

あのシーンは、ラストのシーンとオーバーラップしそうなくらいの感動的なシーン(*´ω`*)

>zebraさん

> プロメテウスも「太陽」としてビッグマムの直接のソウルを入れてるホーミーズですよね。それって 今後 ビッグマム自身もワノ国に攻めてくる可能性を暗示してるのかな、とも

う~それに何かしらの暗示があるならば…

「いまのルフィ達は太陽を手に入れられなかった」

って事なのかなぁ?と。

雷雲は手に入ったけど('Д')みたいな。

>塩アメさん

> 敵対するのが星(五老星をはじめとする天竜人)ですか。

おおお~~ナイスな着眼点ですな('◇')ゞ

>ゆーとさん

> 暗闇の夜から光り輝く朝(太陽)への時間の流れは、当然すぎるほど当然であり、改めて言うまでもなく尾田さんもその方向を目指しワンピースを描き、また読者も同様に感じているのではないかと思います。

それを言葉にしてまとめることが大切なのですよ(^^)/

>zipさん

> それとDの一族と帽子の関係のところサウロも帽子被ってますよ。

サウロも被ってましたね(^^)

追記しときます!

>コニスーさん


> 第一話のタイトル「ロマンスドーン」じゃなかったかしら。DAWN。Dの意志、即ち「夜明け」になる訳ね

そうですわね(*'▽')ノ

>かぐやさん

> ナナシのゴンベエさんに続きまして、私はジョーラがアートにした三人の″命の芸術(ダイイングアート)″がずっと気になってました。命の芸術は「ドレスローザに起きた悲劇を再現」したとされていますが、ドレスローザ=世界の縮図と考えて見てみると…

ドレスローザに起きた悲劇=空白の百年に起きた「巨大な王国」に起きた悲劇なのかもですよね!

色々解釈できそうで面白い(*'▽')

これは別件で取り上げられるかもですな~!!

>ナナシのゴンベエさん

> ドレスローザでモモの助がジョーラの能力でアートに変えられたサニー号を見て何か思うようなシーンがありましたが、あれも太陽が関わってるのでしょうかね。意外と良いと思ってシンボルに使うとか?

おお、そういえば反応してましたね!!

サニーの船首を見てましたもんね(*'▽')ノ

Re: No title

> イーストブルーより昇ってオールブルーを照らして沈む・・・ってことですかね。

オールブルーは何処に…(@_@。

Re: No title

> そっかそっか、デイブレーク(夜明け)のDかぁ

「Daybreak」…夜明けを意味する言葉、か。

1話のタイトルに使われてる「Dawn」も同じく夜明けですよね(*'▽')

Re: タイトルなし


> 太陽が昇る東から旅立つということは夜に向かってるという解釈もあるのかもしれません太陽に向かってるのか、月に向かってるのか、どちらなんでしょう

確かにそう解釈もできますね!

面白いっす('◇')ゞ


> 月や夜を描いた扉絵も意味深なものが多いですね。そういう扉絵も絡めた考察も拝見したいです

扉絵については、いくつか記事にしてるんですが、月にクローズアップしたものはなかったかなぁ…(´・ω・`)

>ふくらはぎさん

> 魚人島で麦わら帽子が流行っているのは太陽のもとに出てくる伏線ですかね。

太陽の元ではよりあの麦わら帽子が役立ちますね(^^)/


> 不夜島(でしったけ)エニエスロビーにもしかすると巨大な王国があったのかもしれませんね。プルトンで破壊されてできたのが巨大な穴だったりして。

あの巨大な穴や「夜がない」って事も色々と興味深い島ですよね~!!

>塩アメさん

> 「ビンクスの酒」の歌詞に「金波銀波も しぶきにかえて」とあります。これは波にあたる光の反射のことで、「金波」は「太陽」、「銀波」は「月」、そして「しぶき」は船(に乗る者)、つまり「海賊」のことだとしたら…「太陽と月に関係ある者が、今は海賊をしている」とも解釈できます。

ほうほう!そこと絡めましたか(*'▽')

>伝説はかく語りきさん

> ティーチの子供時代の絵は、月見て泣いてるし。

あの絵は色々解釈ができて、想像が広がりますよね~!!


> ラストに太陽を持ってくるなら、タイヨウの海賊団は余計な気もするし。

余計って事も無いでしょうw

伏線と捉えましょ('ω')w

太(ふと)き陽(あかり)という古文書の記述があるようで、地上における最も大きい灯りという表現をしていたと…。

「王国の皆様にもこのタイヨウの世界を…見せてさしあげたい!」
しらほしが感動していたのも頷けますね(移住間近…w)。

プロメテウスも意味してるのでは

かんりにんさん プロメテウスも「太陽」としてビッグマムの直接のソウルを入れてるホーミーズですよね

それって 今後 ビッグマム自身もワノ国に攻めてくる可能性を暗示してるのかな、とも

ゼウスはナミに奪われましたが まだ、ナポレオンとプロメテウスが残っていますからね。

No title

敵対するのが星(五老星をはじめとする天竜人)ですか。

No title

こんなことを言うと、元も子もないんですが、自分の捉え方では、元々、ワンピースは、支配と自由の対比を闇と光に例えて表現しており、闇から光の方向へと進むストーリーなのであれば、暗闇の夜から光り輝く朝(太陽)への時間の流れは、当然すぎるほど当然であり、改めて言うまでもなく尾田さんもその方向を目指しワンピースを描き、また読者も同様に感じているのではないかと思います。天竜人の支配が闇であり、その支配体制からの解放こそが光である、と言う考え方です。その支配体制に果敢に挑戦しているのが、ドラゴン率いる革命軍であり、ルフィ達は自由を求めるが故に海賊になった。ドラゴンは、支配されている世界の人々を解放するの為に。ルフィは自分の為に。ルフィにとっては、自分の自由を追い求めた結果、不自由を作り出す元凶である天竜人と対決することになり、最終的にドラゴンと同じ目的になるのでしょう。
横暴な支配者が体制のトップとして君臨する世界は終わり、海賊にならなくとも人々が自由を謳歌できる世界を目指す。その手前、つまり夜明けまでがワンピースの物語なのかも知れません。その後の世界のシンボルが太陽なのか、レッドラインがなくなった状態の星を表現するのかは別として、今、ルフィ達が突っ走って行く方向は、間違いなく光が待つ太陽の方向であることに違いない。と言う事でいいようにも思います。

月ではなく太陽と考えてもけっこう考察できるもんですね。
今後面白くなりそうな考察です。
それとDの一族と帽子の関係のところサウロも帽子被ってますよ。

No title

へそ
たしか、第一話のタイトル「ロマンスドーン」じゃなかったかしら。
DAWN
Dの意志、即ち「夜明け」になる訳ね

ナナシのゴンベエさんに続きまして、私はジョーラがアートにした三人の″命の芸術(ダイイングアート)″がずっと気になってました。
命の芸術は「ドレスローザに起きた悲劇を再現」したとされていますが、ドレスローザ=世界の縮図と考えて見てみると、

①ナミ…操られた人間
②チョッパー…羽があり、ウサギをお供にしている能力者→月からきた人?
③モモのすけ…王様が地下にいる(もしくは水中。ブルックのサメギターがあるので) 片羽を持つ?



中央にある太陽を①と②が取り合っている。
操られている①は自身の本意ではない争いの為、涙を流している。
②は①から太陽を守るために悪魔の力を使っている(渦巻き状の手なので)
①は上記を操作している黒幕か、別の黒幕に閉じ込められた″解放の鍵″となりえる者か…

みたいな話がこの世界の過去にあったのか、これから起こるのか…?とか勝手に想像しております。

ドレスローザでモモの助がジョーラの能力で
アートに変えられたサニー号を見て
何か思うようなシーンがありましたが、
あれも太陽が関わってるのでしょうかね。
意外と良いと思ってシンボルに使うとか?

No title

イーストブルーより昇ってオールブルーを照らして沈む・・・ってことですかね。

No title

そっかそっか、デイブレーク(夜明け)のDかぁ

ワンピースで月と太陽、夜と朝(昼)は重要な感じがしますね
不夜島で世界政府の旗を撃ったのも意味深です

ただどちらも決して悪く描かれませんね
太陽が昇る東から旅立つということは夜に向かってるという解釈もあるのかもしれません
太陽に向かってるのか、月に向かってるのか、どちらなんでしょう

月や夜を描いた扉絵も意味深なものが多いですね(ロビンが大きな本を読み聞かせてるものや、月から出た線路を列車で走るもの等)
雰囲気的に当然かもしれませんが
ぜひそういう扉絵も絡めた考察も拝見したいです
既にあったらすみません

これからも更新楽しみにしています

魚人島で麦わら帽子が流行っているのは太陽のもとに出てくる伏線ですかね。
太陽を象徴とする。
不夜島(でしったけ)エニエスロビーにもしかすると巨大な王国があったのかもしれませんね。
プルトンで破壊されてできたのが巨大な穴だったりして。

No title

なるほど。

「ビンクスの酒」の歌詞に「金波銀波も しぶきにかえて」とあります。
これは波にあたる光の反射のことで、「金波」は「太陽」、「銀波」は「月」、
そして「しぶき」は船(に乗る者)、つまり「海賊」のことだとしたら…。
「太陽と月に関係ある者が、今は海賊をしている」とも解釈できます。

まぁ…深読みし過ぎと強引なこじつけですが(笑)。

太陽を月と対比して使ってる感じはしますよね、ティーチの子供時代の絵は、月見て泣いてるし。
ラストに太陽を持ってくるなら、タイヨウの海賊団は余計な気もするし。

ワンピースのラストは解んないけど、続編のタイトルは解る
トップレス(支配なき世界)。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]