記事一覧

[ワンピース 考察] モモの助の食べた「べガパンク製の人造悪魔の実」は何が失敗だったのか


パンクハザードにて、空腹のあまりガラスケースに保管されていた「べガパンク製の人造悪魔の実を食べてしまったモモの助。

それは「失敗作」という事だが、それを食べたことでモモの助の体は小型の「龍」に変化する様に。

5693.jpg

人造悪魔の実と言えば、シーザーの作り上げた「SAD」から生まれた「SMILE」がある。

よく勘違いされがちだが、モモの助の食べた人造悪魔の実はこのSMILEでは無い。

シーザー製のSMILEは、これまでの傾向によると「体の一部分だけに、特定の動物の特徴が現れる」といった変化が起こる。

例えばこんな具合に↓

・腕を「羊の角」の様に変化させる“シープスホーン”

・手を「狼の顔」に変化させて攻撃する“ウルフグリップ”

・お尻から?コウモリの羽を出しているバットマン

・足のみガゼルの足になるガゼルマン


では、モモの助の場合はどうか?

本物の悪魔の実と同様に、体全体がそっくりそのまま「龍」になっている。

更に、モモの助が意識的にやったわけではないが、雲を発生させそれを掴むことで空高く飛びあがることもできる。

5692.jpg

それはさながら雲海を泳ぐ龍のよう。

[スポンサーリンク]


そのべガパンク製の人造悪魔の実は、本物の悪魔の実と同様に「海に嫌われ泳げなくなる」事が、ゾウでの噴火雨によって明らかになっている。

5694.jpg

ここまで見ると、べガパンクの作り上げた人造悪魔の実は本物と何ら変わりがないように思える。

では、何が「失敗」なのだろう。

更に、その「失敗作」をご丁寧にガラスケースに入れ保管していた理由はなんだろう。

そもそも、この人造悪魔の実を「失敗作」だと言い始めたのは誰なのか?

それについては2人の人物に可能性がある。

1人は、製作者である「ベガパンク」

そしてもう1人は、現在のこの場所の主である「シーザー」だ。

もし仮にシーザーが発言したものならば、その実の出来に嫉妬してついた嘘という事も考えられる。

つまり「失敗作」という事自体が偽りだ、と。

逆に、ベガパンク自身が言い出したモノならば、「失敗の定義」から考えないといけないだろう。

ベガパンクは一体、「どんな悪魔の実を目指していたのか」

そこでふと思ったのが、ベガパンクは「本物の悪魔の実のデメリットをなくした、完全無欠の悪魔の実を作ろうとしたのではないか」と。

本物の悪魔の実のデメリット…

つまり「海に嫌われ泳げなくなる」と言うマイナスを排除したものを人工的に作ろうとした…

仮にそうであるならば、海に嫌われてしまうと言うマイナスが残ったままの人造悪魔の実は「失敗作」と言ってもいいだろう。

だが、本物の悪魔の実と同様のものを作り上げることができたと言う功績は残しておくべきと言う判断のもと、研究所のガラスケースに保管していた、と。

それなら筋が通るかな?

もし仮にそんな悪魔の実が完成してしまったら、この大海賊時代において脅威となる事は間違いない。

――という、小ネタ考察でした。

雑談記事で、CN「塩アメ」さんと話してて、思いついたので記事化してみました。笑


[関連リンク]

ワノ国 光月家跡取り「モモの助」に残る伏線

モモの助はロジャーに会っている!? これは伏線になり得るか

現在8歳のモモの助は、8年前に生まれたわけじゃない?


[スポンサーリンク]


コメント

モモの助が泳げないのは人造悪魔の実の影響とは限らないんじゃないかい?

食べた能力者が死んでも、実が復活しなかった…とか?

ベガパンクが開発した後、検証する段階でシーザーが偽物に挿げ替えて本物を隠して保管していた感じなら違和感なくいけるのでは?
(かつてバギーがバラバラの実でやったみたく)

そうなると検証されたのは偽物なので、当然検証の結果は『失敗作』となり、当時のベガパンク自身は人工悪魔の実の開発を断念
シーザーは独立後ベガパンクが開発した人工悪魔の実を研究して、スマイルの量産を始めた
となるかと

そうなると保管されてたのはあの実がスマイルの『オリジナル』で、よりスマイルをオリジナルに近づけるためにシーザーが日々研究を続けていたから
と出来るので、保管されてる違和感もなくなるのではないでしょうか

そのまま

ナミに助けられた時、龍の姿のままですもんね。
ただのカナヅチだから泳げなかったんですかね。子供ですし。

元々存在したモデルドラゴンの実を食べている能力者が死ななかったんじゃないですか?

悪魔の実は世の中に一つだけ。
本物の悪魔の実を人造できれば、前任の能力者は消えちゃうんじゃないですかね。

つまり、能力者抹殺大作戦じゃないですかね。

失敗作の理由は人を選ぶからではないかな、普通の人間が食べても能力は発動しない!  だがしかし、親が悪魔の能力者だった場合だけ能力が発動するのではないか?   だから、おでんが元々龍の能力者だったのでは?

No title

あの”悪魔の実”は自信作で、失敗作というのはフェイクニュースということで。

Re:

> > その心理ならば、あそこに残していくはずないのでは?
> 管理人さん成功作だからこそ「私は何年何月パンクハザードにて完成させた」という証拠として残していったと。
> 誰もが興味を示さない失敗作として。死後の偉業の証拠にもなるし後に

色んな方のご意見を見ていく中で、自分自身の最初の説を忘れてしまった迷子パターンですな('Д')笑笑

その心理ならば、あそこに残していくはずないのでは?

管理人さん成功作だからこそ「私は何年何月パンクハザードにて完成させた」という証拠として残していったと。誰もが興味を示さない失敗作として。死後の偉業の証拠にもなるし後に

>コバヤンさん

> モモの助が使いこなせていないので分からない部分ですが失敗作の理由はゾオン系なのに形態が1つしかないとかですかね。

今のトコ形態が一つですもんね!

モモがランブルボール食べちゃったら、色々な変化が起こるのかな?('Д')w

>ASLさん

> 元々モモの助がカナヅチっていう可能性はないですかね?
> つまりあのゾウで泳げなかったことはミスリードかもしれない。
> その場合はシーザーが嫉妬で失敗作って言った説が濃厚ですね。

その可能性もあると思います!

モモの過去もワノ国編で色々と明らかになればいいですよねェ(*'▽')

>inuyanさん


> ・ホントに失敗作だが、モモの体が特殊だったので、悪い作用が出なかった

モモ側に、何かしらの特殊性があるパターンですか!

それは考えてなかった(^^)

>刀マニアさん

> そもそも海に嫌われカナズチになるデメリットってそれ程大きなものでは無い気がします。世界最高の科学者であるベガパンクが研究に乗り出したということは、海を泳げるようにするよりもっと重要な目的があるのだと思います。

んにゃ、これまでのONE PIECEの描写ではそこまでマイナスに描かれてはないですが、海を旅するモノにとってカナヅチってのは致命的ですよ~!ってシャンクスもそんな事を言ってませんでしたっけ?(^^)w

>Nさん

> ①ゾオン系であるが、本人の意思で制御するのが難しい。
> ②従来の悪魔の実のように使用者が死亡後、他の実に力が転移しなかった。
> ③従来の力を発揮できなかった。

ふむふむ、どれもありそうですね(*'▽')

Re: No title

> ベガパンクは”完璧な悪魔の製造に成功”したと思っています。本人も確信をもって、ただ”完璧な悪魔の製造に成功”を発表したらどうなるかまで判っていたからこそ発表出来ないのだと。研究~実証、科学者として自分の研究は間違っていなかったことを確認出来たらそれで満足し世の為に(私には作れないと)封印・・・の様な

その心理ならば、あそこに残していくはずないのでは?とも思うんですが…

あ、一度島ごと死んだから放置してたのかな(^^)

>リスキーさん

> ベガバンクの人工悪魔の実、形は、スマイルに似てますね。
> 多分、シーザーをこれを模して、SADを作ったのでは?

SADは液体じゃなかったですっけ?

それをSMILEにするのはトンタッタの仕事だと。

その完成までデザインされてたなら、そうかもですね!

Re: タイトルなし

> シーザーはベガパンクを憎んでいたみたいやし、自分の部下にあれはベガパンク製の失敗作なんやで〜って言っていた可能性があると思う。

この発言がシーザー発信なら、その可能性はありますね!

No title

モモの助が使いこなせていないので分からない部分ですが失敗作の理由はゾオン系なのに形態が1つしかないとかですかね。

元々モモの助がカナヅチっていう可能性はないですかね?
つまりあのゾウで泳げなかったことはミスリードかもしれない。
その場合はシーザーが嫉妬で失敗作って言った説が濃厚ですね。

「ガラスケース入りだし、実は成功作でありお手本じゃないの?」
という大多数の読者の読みを作者が裏切ってくれるのであれば、

・ホントに失敗作だが、モモの体が特殊だったので、悪い作用が出なかった(むしろ予定外の竜化となった)

・失敗作の理由:①単に寿命が縮むだけ(でもシーザーの大量殺戮兵器のヒントになるのでケース保存)、②単に体が大きくなるだけ(シーザーの受託研究のヒントになったのにシーザーは活かし切れず)

②は、モモが誰かから「成長しない呪い」とかにかけられていて、この実では巨大化しなかった、とかだと妄想膨らみます。

No title

そもそも海に嫌われカナズチになるデメリットってそれ程大きなものでは無い気がします。能力次第では青キジのようにいくらでも対応できるし、龍ならば飛んで海上も移動できますから。世界最高の科学者であるベガパンクが研究に乗り出したということは、海を泳げるようにするよりもっと重要な目的があるのだと思います。それが何かは全く見当つきませんが。

No title

失敗作と考えられる理由は三つですかね。
①ゾオン系であるが、本人の意思で制御するのが難しい。

②従来の悪魔の実のように使用者が死亡後、他の実に力が転移しなかった。
これなら、貴重なのでガラスケースに入れていた理由も分かる。

③従来の力を発揮できなかった。竜の能力だから、本来なら凄まじい威力を発揮するはずだったが、ずっと低かったので、失敗作。今後の資料の為に保管していた。

No title

ベガパンクは”完璧な悪魔の製造に成功”したと思っています。本人も確信をもって、ただ”完璧な悪魔の製造に成功”を発表したらどうなるかまで判っていたからこそ発表出来ないのだと。研究~実証、科学者として自分の研究は間違っていなかったことを確認出来たらそれで満足し世の為に(私には作れないと)封印・・・の様な

No title

ベガバンクの人工悪魔の実、形は、スマイルに似てますね。
多分、シーザーをこれを模して、SADを作ったのでは?
以前、死のクニの時も、ベガバンクの防護服が性能上なのに、わざと効き目なしと触れ込み脱がす発言したくらいなので、多分、失敗作と部下に触れ込み、自身のSAD が凄いと思わせていたのかもしれません。

シーザーはベガパンクを憎んでいたみたいやし、自分の部下にあれはベガパンク製の失敗作なんやで〜って言っていた可能性があると思う。

>塩アメさん

>> 魚人は生まれながらに腕力は人間の10倍だし、噛み砕く力などもあります。
> 単なる「魚」の能力を身につけた人間とでは、根本的に違うのでは?

であるなら、やはり魚人族の方が海中では優秀そうな気がしますね~~(^^)

流石に、そこは覆らないかな。。

>伝説はかく語りきさん

> 龍じゃなくて竜を作りたかったのでは?

確かに、パンクハザードで登場したドラゴンは西洋タイプ「竜」でしたね~!!

でもそれだけの違いなら、西洋タイプもどこかで完成してそう。笑

>かんりにんさん

>サメ人間、タコ人間、マグロ人間…まぁ言ってしまえば魚人族なんですがね!笑

いえ、ちょっと違うかも…。
魚人は生まれながらに腕力は人間の10倍だし、噛み砕く力などもあります。
単なる「魚」の能力を身につけた人間とでは、根本的に違うのでは?

人間としては海中での月歩(サンジのやった「海歩行」)などで、
魚人との差を埋めようとするのではないでしょうか?
海の中で六式ができたらかなりの攻撃力になりそうですが、
どこまで可能でしょうかね?

龍じゃなくて竜を作りたかったのでは?
東洋のじゃなくて西洋型のドラゴン。
パンクハザードの実検体は、西洋タイプだったからね、誤って出来た完成形がモモノスケの龍なんじゃないかな?
後は巨大化出来ないからダメとか?

>BBさん

> 失敗作と聞いているが…というセリフなので、この言い方は本当は失敗作ではないと感じちゃいます。ようはベガパンクが作った人工悪魔の実を見本にして、シーザーが研究をしていたという事なのでは。シーザーはベガパンクの作ったものを周りには悪く伝えるでしょう。

ベガパンクを手本にしてるなんて、口が裂けても言わないでしょうしねぇ。笑

>konさん

> ベガパンクが作った翼で空を飛び、口から火を吐けるドラゴン、その過程にできた失敗作が、翼もなく火を吐けない龍の実ができてしまった。副作用は何度か変身すると人間には戻れなくなってしまう。ゾロがパンクハザードで切ったドラゴンが喋れたのは元は人間だったからとか?

ゾロがパンクハザードで切ったドラゴンは、錦えもんの屁で喋っていたでござる。笑

>塩アメさん

> 「泳げなくなる」をクリアできれば、海に落ちても自力で這い上がれるし戦闘力も落ちません。さらにはサメ人間、タコ人間、マグロ人間、カニ人間など、海中で戦える能力者が誕生します。どう戦うかが全くイメージできませんが、なんとなく強そう(笑)!

サメ人間、タコ人間、マグロ人間…まぁ言ってしまえば魚人族なんですがね!笑

失敗作と聞いているが…

というセリフなので、この言い方は本当は失敗作ではないと感じちゃいます。

ようはベガパンクが作った人工悪魔の実を見本にして、シーザーが研究をしていたという事なのでは。
シーザーはベガパンクの作ったものを周りには悪く伝えるでしょう。

No title

ベガパンクが作った翼で空を飛び、口から火を吐けるドラゴン、その過程にできた失敗作が、翼もなく火を吐けない龍の実ができてしまった

副作用は何度か変身すると人間には戻れなくなってしまう。ゾロがパンクハザードで切ったドラゴンが喋れたのは元は人間だったからとか?

No title

おいしく食べられるようバナナ味にしたかったが、できなかったとか(笑)?

「泳げなくなる」をクリアできれば、
海に落ちても自力で這い上がれるし戦闘力も落ちません。
さらにはサメ人間、タコ人間、マグロ人間、カニ人間など、
海中で戦える能力者が誕生します。
どう戦うかが全くイメージできませんが、なんとなく強そう(笑)!

>NIREさん


>従来は泥棒の風呂敷みたいな模様だけど、人造悪魔の実は水玉模様になっている。関係あるのかな?

そうなんですよねー!

あの模様が、本物たりる証ですよね(o^^o)

>捨て石さん


>一点気になるのが、悪魔のみは食べないとその効果が分からないのに、失敗作として完品で保管されてる点ですね。
もしかしたら、同じ作り方で効果を検証した例が幾つかあるのかもしれませんが。

ですね!検証したのかもですね!

だとしたら、モモのように龍化した実験台達が複数いたり?

>サンタさん

> 天然物は一生能力を得ますがベガパンク失敗作は期限付きなのではないでしょうか。ずっと父の仇の龍のままでいるのかな?という理由で考えてみました。今のところ失敗作とは思えない様子ですね

期限付きだとしたら、ベガパンクはどうやってそれを知り得たのかってのは疑問ですねぇ('ω')

>まっしゅるさん

> もとから、「失敗」は方便なのでは?本当は貴重、強い、何らかに必要といった理由で保管されていただけ。みたいな単純なことではないですかね。

その可能性も充分にあると思います!(*'ω'*)

>NIREさん

> もしかしたら自分が思い描いた形と違い、早々と食べもせず、失敗だと思ってしまったとか?

だとすると、その見た目に関係するのかもですね~~!!

>寅間さん

> 確か人獣型はまだなってませんよね。カクを見るに未熟だから人獣型になれないのだとは思いますが、もしかしたらに人獣型になれないのが失敗作の所以かも知れません。

確かに人獣型にはなってませんね!

龍と人の中間の姿ってどうなっちゃうんだろ??(^^)/


> そういえばずっと気になっていたのですが、ベガパンクは何をもって失敗と判断できたのでしょうか。まさか食べて確かめるわけにもいかないでしょうし、科学的に判断基準があるんですかね。

ごもっとも!

下のコメントにも返信したんですが、この「失敗作」と言う判断をベガパンク自身がしたのか、シーザーがしたのかでも変わってきそうですよね!!

>キャメルさん

> 悪魔の実には二つは食べれないというルールもあるじゃないですか?
> 黒ヒゲが二つの能力を手にした理由はまだ謎ですが、その結果かなりの強者になりました。
> 人工悪魔の実は複数個食べることが出来るというのはどうでしょうか?
> 組み合わせ次第では強くも弱くもなるみたいな。

面白いですねぇ!

複数食べれるなら、本物越えといってもいいかもですね(^^)

ただおっしゃる通り、食べる実によってはマイナスに働くかもですが。。笑

>計器さん

> 実際には失敗ではないもののシーザーがベガパンクへの嫉妬のあまり吹聴してるだけかも?

その可能性があるんですよね~~

ただそうなると、成功している悪魔の実をベガパンクがそのまま置き去りにしてる理由が気になりますね(^^)

あと、シーザーがそれを利用しない理由も!

>参事さん

> スマイルってどうやって作るんですかね。

ベガパンクが発見した「血統因子の応用」って言ってましたね!

血統因子ってのは、こちらの言葉で言う「DNA」だと思うんですよね。

そこに作用して動物の一部を発現させるって事なんで、実在する動物の血統因子をどうにかして融合させてるんでしょうかね?

>匿名13さん

> 他に考えるとしたら、量産ができなかったという場合ではないでしょうか。
> 量産型悪魔の実としては失敗とシーザーは考えたのかもしれません。ただの負け惜しみで失敗作と部下に説明した可能性もありますが。

そういえば「そもそもあの実を「失敗作」だと言い始めたのは誰なのか」もポイントでしたわ('Д')

>銭湯さん

> そもそもブースに入っているし、本当は自然の龍🐉の実。

本物の悪魔の実とは模様が違うんですよね~(@_@

従来は泥棒の風呂敷みたいな模様だけど、
人造悪魔の実は水玉模様になっている。
関係あるのかな?

一点気になるのが、悪魔のみは食べないとその効果が分からないのに、失敗作として完品で保管されてる点ですね。
もしかしたら、同じ作り方で効果を検証した例が幾つかあるのかもしれませんが。
そう考えると、もしかしたらモモの助が食べたのは“失敗と思われたけど実は成功していた人造悪魔の実”かもしれませんね

天然物は一生能力を得ますがベガパンク失敗作は期限付きなのではないでしょうか
ずっと父の仇の龍のままでいるのかな?という理由で考えてみました。今のところ失敗作とは思えない様子ですね

もとから、「失敗」は方便なのでは?本当は貴重、強い、何らかに必要といった理由で保管されていただけ。みたいな単純なことではないですかね。

もしかしたら自分が思い描いた形と違い、早々と食べもせず、失敗だと思ってしまったとか?

確か人獣型はまだなってませんよね。
カクを見るに未熟だから人獣型になれないのだとは思いますが、もしかしたらに人獣型になれないのが失敗作の所以かも知れません。
そういえばずっと気になっていたのですが、ベガパンクは何をもって失敗と判断できたのでしょうか。まさか食べて確かめるわけにもいかないでしょうし、科学的に判断基準があるんですかね。

何が失敗なのでしょうね?
迫力のない小型の龍なのはモモが子供だからでしょうし、弱っちいのはモモが能力を使いこなせてないからでしょうし。
確かに、悪魔の実のマイナス要素としたらカナヅチになるというのがありますが、実際泳げなくなることで不利になった能力者って物語にはあまりいないんですよね。
まぁ、海上での戦闘になった際に一般の戦闘員が海に落ちるのを恐れない能力者ばかりでしたら相当な戦闘力を持った海賊団になるのは間違いないでしょうけど。

悪魔の実には二つは食べれないというルールもあるじゃないですか?
黒ヒゲが二つの能力を手にした理由はまだ謎ですが、その結果かなりの強者になりました。
人工悪魔の実は複数個食べることが出来るというのはどうでしょうか?
組み合わせ次第では強くも弱くもなるみたいな。

実際には失敗ではないもののシーザーがベガパンクへの嫉妬のあまり吹聴してるだけかも?
実際にはシノクニでも平気なベガパンク製スーツが役立たずと言われたように。

スマイルってどうやって作るんですかね。そもそも何もない所から悪魔の実を作ることは可能なのか。
現代では細胞を取りだし培養して新しい臓器を作り出す試みが行われているそうです。
スマイルは本物の悪魔の実の一部を培養してライオンやチーターの細胞と掛け合わせる事で生まれているのではないでしょうか。
悪魔の実なんてそう簡単には手に入らないでしょうから、ベガバンクの失敗作ですら使おうとして保管していた。
ももの助が食べたのはそのひとつなのでは?

他に考えるとしたら、量産ができなかったという場合ではないでしょうか。
SMIMEと同じ過程で作ったものの、ひとつしか形にならなかったのならば、量産型悪魔の実としては失敗とシーザーは考えたのかもしれません。ただの負け惜しみで失敗作と部下に説明した可能性もありますが。
完璧な模倣より粗悪でも量産化できるものを完成品とするあたり、闇でビジネスもするシーザーの都合もあったのでしょう。

蛇の能力を得る実を作るつもりが、龍に変化する物を作ったのか
そもそもブースに入っているし、本当は自然の龍🐉の実。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]