記事一覧

[伏線]黒ひげがドラム王国を滅ぼした理由を考える


元“白ひげ海賊団”のクルーにして、現在では四皇の1人に数えられる“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチ。大胆な様で計算に裏打ちされた行動は、全て自身の目的達成の為にある。

“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチの「成り上がり」の軌跡

そんな黒ひげが“白ひげ海賊団”を抜け、仲間達と共に最初に向かった国は「ドラム王国」。

当時元ドラム王国守備隊長ドルトンはその襲撃をこう語る。

たった5人の海賊団だった…

彼らは“黒ひげ”と名乗り…

我らにとって絶望的な力でこの国を瞬く間に滅ぼした


さて、この黒ひげ の行動にはどういう意味があったんだろう?“白ひげ海賊団”はおそらく四皇として新世界に居た。そこから前半の海にまで逆走し「ドラム王国」を狙ったのにはどんな理由があるのか。

ちなみに、黒ひげを追ってたエースが「隊長のおれが始末をつけなきゃならねェってわけだ。そんなことでもねェ限りおれはこの海を逆走しねェよ」と言っていることから、黒ひげ達の逆走は確定ぽい。

「黒ひげ」と「ドラム王国」

この2つのキーワードが重なりそうな部分を探りつつ、幾つかの可能性を考察してみたい。

[黒ひげの異形な体の構造×医療大国ドラム]

黒ひげといえば、頂上戦争時にマルコが口走った「体の構造が異形」という秘密を持っている。その結果として悪魔の実の能力を複数宿す事になった事が真実かどうかはさておき、“白ひげ海賊団”クルーの皆が知る「特異な何か」がティーチの体にはありそうだ。

そしてドラム王国はかつて「医療大国」として名を馳せた国。その医療技術は他国より格段に高くその名は新世界にまで知れ渡っている。“かつての”という文言が気になるが、ドラムの医療技術は今でも世界トップクラスと言う認識でいいだろう。

この掛け合わせで、黒ひげがドラム王国を襲う理由があるとしたら、「自分の異形を治したい」、もしくは「その原因の一端でも知りたい」という事になるのかな?しかし、ドラム王国の医療大国たる由縁が「イッシ―20」にあるならば、黒ひげ海賊団襲撃と同時に国王ワポルと共に逃げ出しており、黒ひげたちはそれを追っていない。これを見ると、黒ひげの目的は自身の異形に関するものじゃなかったのかな?とも思われる。黒ひげ襲撃からワポルが逃げ出すまでの短期間で何らかのやり取りがあったと見るのもアリだけど、ワポルたちが逃げ出したという事は黒ひげたちには明確な襲撃の意志があったんだろうし。

黒ひげがその後に成した事柄に「悪魔の実を複数得る」「能力者狩り」がある。元々、ヤミヤミの実を得るために白ひげ海賊団に十数年も潜伏していた経緯を持っている黒ひげ、悪魔の実について並々ならぬ関心があるんだと思う。その2つの事柄を確実に成す為のヒントをドラム島に求めたって可能性もアリかな?

ドラム王国出身のチョッパーは、自身が食べた悪魔の実の能力についての研究をしており、悪魔の実の波長を狂わす丸薬の生成にも成功している。黒ひげがチョッパーの事を知っていたとは思わないけど、医療大国であれば「悪魔の実に関する知識も得ることが出来るのでは?」という思惑もあったのかもしれない。その情報収集の為にわざわざ海を逆走してまでドラム王国に来たと考えるのもアリかも。。


[スポンサードリンク]


[成り上がりの第一歩×ダメ国王ワポル]

一度記事にもまとめたけど、黒ひげと言えば計画通りに成り上がっている海賊。このドラム王国襲撃&滅亡もその成り上がりの計画の一つだと考えてみよう。その理由は「結成したばかりの海賊団として箔を付ける為?」

ドラムを狙った理由は、「世界政府加盟国」であり「ダメな国王として有名なワポルが王位についている」から?黒ひげ達が如何に自身の強さに自身を持っていようが、5人と言う少数ゆえ大国に挑むのは分が悪い。そこで目を付けたのがダメ国王として名高い(?)ワポルが王位についているドラム。世界政府加盟国であり、ワポルの性格から国を滅ぼされたとあっては拡声器の様に世界に広まる事は必至。1つ誤算があったとすれば、ワポルがすぐに国を捨て海へ逃げた事。抗う事すらしなかったため、国としての被害はほんの少しで済んだと考えることもできるかな?

んん、しかしこの「結成したばかりの海賊団として箔を付ける為」って理由だと弱いというか、結果として出てないんだよね。クロコダイル失脚後にラフィットがマリージョアまで赴き黒ひげを七武海に推薦した時も「海賊“黒ひげ”」の名は全く知られてなかったし。黒ひげの言う「すべて計画の内だ。色んなズレは生じたがな」ってのは、自身の知名度がそこまで上がらなかった事を指してたり?


[マーシャル・D・ティーチ×Dの意志を知るくれは]

そしてもう一つ、黒ひげと言えば忘れちゃならないのが、その名に「D」を持つという事。黒ひげ自身はDの意味を知っているのか、知らないのか。知ろうとしているのか、していないのか。82巻のSBSに書かれていた黒ひげの趣味の一つに「歴史研究」があった。重要な歴史に関わりがあり、自身の名に付いている「D」を知らないまま放置ってのはなさそうだ。「歴史研究の一環としてドラム王国を訪れた」ってのはあるかも。

ドラム王国には齢140を超えるDr.くれはが居る。そしてくれははルフィ達が旅立つ時「生きていたのか“D”の意志は…」と意味深なことを呟いていた。Dについて重要な何かを知っているくれはの元を訪れた?いやそれだと先のくれはのセリフがおかしいことになるよな~~。いや、これは白ひげが頂上戦争の時に言った「お前じゃねェんだ」に繋がる可能性もあるか?んん、難しい。

しかも話を聞くだけなら国ごと滅ぼさんでも…って思うしね(笑) いや、ドラム王国自体に歴史的に重要な何かが眠ってる可能性があるなら、それを探す事が国への襲撃に映ったと考えるのも面白いかも。


さて、長々と3つに渡って「黒ひげがドラム王国を滅ぼした理由」を考えて見たけど、どれが一番しっくりくるかな?例によって、この3つのイイとこ取りというか、複数の理由で襲撃したのかも。

この考察に補足、もしくは他の可能性、反対のご意見等をバシバシコメント欄にいただきたいのでよろしくです!


[関連リンク]

“黒ひげ”の「異形の構造をした体の秘密」考察

“黒ひげ海賊団”の「能力者狩り」の方法が判明?

マルコvs黒ひげ!「落とし前戦争」の疑問点まとめ考察

[Amazon限定] ONE PIECE エピソードオブ東の海(オリジナル特典付き)

ONE PIECE 総集編 THE 24TH LOG

[スポンサードリンク]


コメント

(当時)病に伏せる白ひげを治せてしまうかもしれない可能性がある医療大国は航路を逆走してでも滅ぼすしかない!俺達の手で親父を殺してグラグラの力を奪うんだ!

Dr・くれはは、141歳の高齢だからもしかしたらセンゴクやガープ・つる、ロジャー・白ひげなどの伝説の人物達とかつて会っていたかもしれない。黒ひげティーチ(白ひげの船に乗ってた時代の頃)やマルコ達とも顔馴染みであるかも。くれははレヴェリーにも行くため、センゴクやガープ達との再会もある?(若い頃にセンゴク達を医者として医療した?)

一つ目の考察に近いんですが、ティーチの特異体質を研究していたかもしれないある人物を消そうとしていたんじゃないかって思います。
その人物とは"Dr.ヒルルク"です。
ヒルルクと言えば、西の海のロジャーと白ひげが酒を酌み交わしていた桜の場所に行き、不治の病が治ったという話がありました。
絶対に治らない病気を治す、死ぬという運命を死なない運命へと変える、そういう研究をヒルルクはしていたと思います。(桜色の雪を降らせる研究は、この研究の後に始めたと考えます。)
そしてティーチは特異体質により悪魔の実の能力を2つ得ても死にませんでした。
ティーチとヒルルク、全く違うこの2人ですが、死なないということについては似たものをもっているとおもいます。
話は戻りますが、ヒルルクが不治の病の治療の研究途中でティーチの様な特異体質についても知ったかも知れません。そのことを知ったティーチは自身の様な特異体質について、今後の成り上がりの際に邪魔になると考え、ヒルルクを始末しにドラム王国へと足を運んだ。
しかし、いざドラム王国へと足を踏み入れると肝心のヒルルクは既に死亡。ヒルルクの情報を集める際に王国を壊滅させたと思います。
こんな感じで、ティーチの成り上がり計画は幕をあげたのではないでしょうか?

訂正

そのことを知ったティーチは自身の様な特異体質について、
→そのことを知ったティーチは自身の様な特異体質について知っている人物が、

ワポルのバクバクの能力

ワポルのバクバクの能力で3人兄弟(予想)であった黒ひげは一人になったのでは.で1人になった後秘密を知るワポルを消すためにドラム王国を潰した。

単純に、ヒトヒトの実を探してたというのはどうだろう。

・チョッパーの俺ヤバイ発言
・兵器やポーネグリフにでも食べさせたら、と考えたら使い道が超有能
・探し物をする為に、ヤミヤミで引っ張りだそうとしたかなーと。

ドラムの島自体が、プルトンかと疑ったこともありますけど(あの山大砲みたいだから)、コブラの発言からしてやっぱりアラバスタが有力そうですし。HN変えました

医療目当てかドクトリーヌとの話が目当てだったとすると、最初からティーチにドラム王国を滅ぼそうという気はなかったというのはどうでしょう?
『海賊が来て何か要求してる?目障りだ、やっちまえ(戦闘開始)』

『(ティーチ達の強さを見て)あ、こらアカん、逃げよ。国?国民?知らね(ドラム王国滅亡)』

本気でドラム王国を滅ぼそうと訪れたなら、ワポルの居城がほぼ無傷で残ってると思えないんすよね……能力的にも城ごと飲み込むのも難しくない訳ですし

ティーチからしても戦闘になるのはともかく、自分達の強さを理解するや国王がソッコーで逃げ出すのは予想外だったんじゃないすかね

医療大国と呼ばれているドラム王国にいる医者がドクトリーヌを除き王家直属の20人だけと言うのも

『国王が逃げたぁ?!ゼハハハ!そんな国王聞いたことねーや!
目的は医者だ、ほっとけほっとけ』
※この後、医者は全員ワポルと共に逃げたことを知る

『国王が逃げたぁ?!ゼハハハ!そんな国王聞いたことねーや!
目的は医者のばーさんだ、ほっとけほっとけ』
ドクトリーヌと話すのが目当ての場合は、そのままドクトリーヌの所に行った?

昔からある説の、3人兄弟のティーチをワポルがバクバクして1人に。って個人的に好きな説で信じてましたけど
よく考えるとドラムを訪れる以前、白ひげ海賊団時代の時点で「異形」だったわけでなさそうですよね。
となれば逆説で、「異形の身体を元に戻すべく医療大国であるドラムを訪れた」というのはどうでしょう?
なくはなさそう。

でも個人的にはただ単にログ通りに訪れただけってのが今はしっくりきてますねー。
海賊が町や国を滅ぼしたことにいちいち理由をつけていくのはナンセンスにも思います。
ふらっと寄った国を滅ぼしたという海賊らしさと強さの描写で十分。

No title

この話題読むといつも思うのですけど。
黒ひげって、バナロ島も、滅ぼしてますよね。
そこに、エースがやってきたわけで。

海賊にとって略奪行為は当然のことで。
キッドとかもさんざんやらかしているわけです。
まして、ヤミヤミの能力の腕試しもあるでしょうし。

白ひげの目の届かないところで、活動資金を略奪していた多くの島の一つ・・・。
そして、その辺で、物語上、噂だけでも登場させたかっただけなのではないかと。
・・・と、それだけの意味だと思うんですよねぇ・・・。

あっても。クロコダイルを狙っていたとかかなぁ。
名を上げるために。
そのクロコダイルを倒したから、ルフィに照準を絞ったとか。
でも、そのぐらいの弱い理由だ思います。

ヤミヤミを食べた後の行動なので、複数の実を食べることが出来るかを調べに医療大国として名高いドラム島に訪れた。
かつてティーチと同じような異形の姿を持った先人が複数の実を食べたという記録があり、グラグラの実を食べることを決意。
あんまり博打的な行動は取らずに計画重視のティーチなので、複数の実を食べても死なないことをある程度確信しておきたかった。
そうはいっても、記録に誤りがあったりするので、本当に大丈夫なのかは食べないと分からないので、グラグラの実を手に入れるときの臨場感が出たのだと思います

管理人さん下記の文での
「結成したばかりの海賊団として拍を付ける為?」
の拍は、「箔」です

失礼しました♪

>黒ひげ本人さん


>病に伏せる白ひげを治せてしまうかもしれない可能性がある医療大国は航路を逆走してでも滅ぼす

おお、面白い!それありそう(*^。^*)

さすが本人さん!笑

>gaceさん


>Dr・くれはは、141歳の高齢だからもしかしたらセンゴクやガープ・つる、ロジャー・白ひげなどの伝説の人物達とかつて会っていたかもしれない

141歳って結構な高齢だから色々と経験や見聞きしててもおかしくないですよねぇ(^<^)

>ラギアさん


>ティーチの特異体質を研究していたかもしれないある人物を消そうとしていたんじゃないかって思います。その人物とは"Dr.ヒルルク"です。

ヒルルクは元泥棒のヤブ医者だったんですよね~

んで、そんなヒルルクの生涯“唯一”の成果があの「雪に桜色を着色する事」だと思ってんですよね、個人的に(^ム^)

ヒルルクが自分の病を癒してくれた「桜」に生涯の全てを費やしたからこその、あの感動だと思ってるんで、ヒルルクについてはそれ以上の裏話はいらないかな~って思ってる派です(^J^)ノ

>ラギアさん


>訂正

了解です!

確かに意味が全く変わってきますもんね(^<^)

>レンさん


>ワポルのバクバクの能力で3人兄弟(予想)であった黒ひげは一人になったのでは

そゆのも考えたことあるんですけどね(*^。^*)

黒ひげの「異形」について…もしくは「結合双生児」だった、とか。

んでも、ワポルを消す為なら逃げたワポルを追わないってのは不自然ですね(*_*)

>ゆきふさん


>ヒトヒトの実を探してた

悪魔の実って探そうと思って探せるもんでもない気がします(゜_゜>)

だから黒ひげは長年白ひげの船に居たわけで。う~む。

「狩り」なら別かもですが(+o+)

No title


>本気でドラム王国を滅ぼそうと訪れたなら、ワポルの居城がほぼ無傷で残ってると思えない

これ思った(*^。^*)

滅んだという割にはそこまでの被害がない感じ。

まぁ数か月前って話だから復興が進んでるだけかもですが(^<^)

>さんじゅさん


>海賊が町や国を滅ぼしたことにいちいち理由をつけていくのはナンセンス

滅ぼした事より、気になるのは四皇のクルーとして新世界に居た黒ひげがわざわざ前半の海まで引き返してまでドラムを狙った事には理由があるのかな?ってトコですね(゜_゜>)

>あっかんべぇさん


>白ひげの目の届かないところで

あ、これは理由の一つになりそうですね!

新世界に留まっていては白ひげや傘下達に集中砲火を受けることは必至。

だから前半の海まで逃げ力を蓄えた…と。

あるかも~~(*^。^*)

>たかちちさん


>複数の実を食べることが出来るかを調べに

理由としてそれもありそうですよね!

何かを調べるついでに略奪ってのもあるか(^<^)

>紅葉太郎さん


>拍は、「箔」

あわわ、修正しときました(^ム^;)

ご指摘ありがとうございます~~!

この話題は、順番が難しいですよね。

ティーチは成り上がる過程で、

・インペルダウンで人材確保
・ヤミヤミ+グラグラの両能力獲得

を中間目標にしていましたよね。「そしてこれが全て!」という発言からは、この2つ以外の中間目標は無く、どんな行動もこの2つにつながっている必要がありそうです。

因みに、結果としてイッシーやくれはが生き残っていましたから、「グラグラ必獲」のための「医療技術の潰滅」ならば、未完ですから「七武海の空き狙い」作戦に進めないことになります。また、ヒトヒトもウシウシもバクバクも、生き残ってますから、これも目的ではなかったことになる。ワポルも、逃げ出していたので、ワポルとの接触も目的ではない。もしこれらが目的だったなら、ドラム住人が海賊に過敏になるのもおかしい。

一説には、レヴェリー加盟国を襲撃してわざとインペルダウンに送り込まれる、なんてのがありましたが、それも、う~ん、もっと極悪な行為とか、海軍を直接攻撃する、とかのほうが有効そうですし。

そう考えてくと、確かに、ティーチが得たものや、ティーチがなにか防いだとかの「成果」が考えにくいです。もしかしてホントに、ティーチの成り上がりには関係なく、作者都合で、
・エースの航路を示すため
・ライバル「黒ひげ」が(ルフィらとほぼ同じ)「5人で」活動している、と読者へ告知

くらいの意味しかなかったのかも、ですね。

個人的に私も黒髭海賊団は食料調達みたいな目的で寄ったぐらいだと考えています

ただゆきふさんの「ヒトヒトの実を探していたのでは?」という意見を参考に読み返したところ一つの妄想が浮かんだので書かして頂きます


まず条件が2つあります
1:バナロ島の特産品が「バナナ」でなければならない
2:管理人さんの悪魔の実のメカニズムの記事の結論として書いてあった「能力者の死後、宿っていた悪魔の能力は器を探して彷徨い、そこから一番近くにある“その能力に適した果実にその力を宿す」という考え

バナロ島ではエースと黒髭が戦った島ですがバナナ岩がある事からきっとバナナも分布しているのでしょう(願望)

この2人が決闘した日から2日前
CP9のカクがウシウシの実モデルジラフを食すのですがその時の果実はバナナです

もしや黒髭はウシウシの実の前任者が死んだ事を知り悪魔の実を求めてバナロ島に寄ったのでは?と考えれます
直接探そうとしたかもしれませんし、これからウシウシの実モデルジラフの能力者に遭遇した時に備えバナナを集めていたとも考えれます

それこそドラム島ではヒトヒトの実前任者を黒髭が殺してその実を回収しに来たとも考えれますし、同様に果実だけ集めに来たのかもしれません

とこんな感じで突っ込みどころ満載の妄想を書いてみました
駄文長文失礼しました♪

ちょっとタイトルと関係ないですが。

黒ひげは七武海の誰を倒して七武海の枠に入る予定だったんでしょうかね?
ドラムを滅ぼしたときはまだクロコダイルはいますし。
インペルダウンに潜入することは予定に入ってたでしょうし。たまたまクロコダイルの枠が空いて作戦変更で1億を越える海賊を狙うようになってますし。

No title

ドラムにも、ポーネグリフが有ったんじゃないのか?

>ひまわりさん

当然ながら私見ですが、ティーチは七武海を必須としてなかったのでは?
インペルダウンにさえ潜入できれば何でも良かったと思われます。
ドラム襲撃後、予想外に七武海の枠が空いた(クロコダイル)ので、それならば麦わらを差し出して七武海になってインペルダウンに、と方針変更したように読み取れます。

ログって片道しか示さないですよね
なので逆走するにはエターナルの方でわざわざ来る訳だからドラムに来たのは明確な理由があって、たまたま寄って海賊だから略奪のため暴れたとかは該当しなさそう

でもそのあとモックタウンにいるんですよね
つまりドラムからはログを辿ってる
ログを辿ってるってことはドラムもその途中だった?

ウイスキーやリトルガーデンに用あったとは思えないしひょっとしたらグランドラインから一回出て最初からログ辿った?
最初から辿ったからドラムはただ単の略奪?

グランドライン一回出てチャンピオンとか仲間集めか迎えに行ったのでは?
でドラムはただの道程の略奪

かつてドラム王国で1つの体に複数の心臓を移植する医療技術が確立されて、それによりその心臓の数だけ悪魔の実の能力を保持できる方法を発見してしまった…とします。

黒ひげはその施術を受け特殊な体に。

まずはお目当てのヤミヤミの能力を得てかなりの力を得ます。

海賊王になる野望を持つ彼にとって、自分と同じ複数の能力を持てる者の存在は脅威となると考え、心臓の複数移植の医療技術・知識を消すためにドラム王国を襲撃した。

…なんて考えてみました。

No title

メインは『医療技術』かなと思います。
ティーチの異形についてと言うよりは悪魔のみの研究についてに情報収集じゃ無いかと思いますが。何かを得たのかは発せられていないからわからないですが。わかったから証拠隠滅もしくは他の誰かに見せたくなかったから滅ぼしたのかなと。
ついでにワポルの能力も欲しかったのかも。『バクバクの実』の能力はティーチの悪魔の実の複合摂取のキーになってる気がするので。

能力以外で考えた場合、例に挙げられているいうに海賊としての箔がつく部分。
レヴェリー参加できる国を落とすということでその名が広がるのは確実。
そう考えると能力のことも調べれて一石二鳥と考えてのドラム王国だったのかも。

>inuyanさん

そう考えるのが一番自然ですよね。
何かあるんじゃないかって変に考えてしまいました笑

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメONE PIECE


[ONE PIECE(デジタル) 01~50巻]

[ONE PIECE(デジタル) 51~86巻]

オススメ記事

4813.jpg
4807.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg
4608.jpg
4604.jpg