記事一覧

ログポース(記録指針)が示す最終地点はどんな島で何がある?


グランドラインを航海する上で欠かせないアイテムといえば、磁気を記録する特殊なコンパス「ログポース(記録指針)」だ。

双子岬の灯台守クロッカスはこう言っていた。

まともに己の位置すらつかめないこの海では

「記録指針」の示す磁気の記録のみが頼りになる

始めはこの山から出る7本の磁器により一本を選べるが

その磁気はたとえどこの島からスタートしようとも

やがて引き合い…一本の航路に結びつくのだ

そして最後にたどり着く島の名は「ラフテル」


この時の説明ではログポースさえ辿っていけばラフテルに辿り着くものだと思っていたが、ゾウのくじらの木の中でイヌアラシに聞いた話によるとどうやら違うようだ。

その“記録(ログ)”の終着点で初めて気づくのだ

“歴史の本文”と“古代文字”の「謎」に…!!!

――それを生み出した文明と

見えぬ最後の島「ラフテル」の存在に!!


確かにログポースの指針が示す最終地点に島はあるが、そこは伝説の島「ラフテル」ではないと言う。

では、その島には「何」があるのか?

イヌアラシの説明によると「ある存在」に気づくことの出来る「何か」があるらしい。

その「ある存在」とは…

①歴史の本文(ポーネグリフ)

②古代文字の謎

③ポーネグリフを生み出した文明

④見えぬ最後の島「ラフテル」


これらに気づくことの出来る「何か」が、ログポースの示す最終地点の島にはあるらしい。

それはどういうモノだろう。

今回はそれを考えてみたい。

[スポンサードリンク]


イヌアラシは「ロジャーはそこから大きく冒険をやり直した」とも言っていた。

「やり直し」とは…

古代文字の読めるおでんのスカウトや、

空島等々へのポーネグリフ探索のことを指しているんだろう。

そうして、伝説の島「ラフテル」を示す「ロードポーネグリフ」へ辿り着いたと。

では、その島でロジャー達は「何」を見た?

例えば、古代文字で書かれたポーネグリフがポツンとあっただけじゃ読めないだろうし、全てを解釈するのは困難だろう。

だとすると、どういうものが相応しいのか考えてみよう。

[① 古代文字☆初級編]

それこそ「始まりのポーネグリフ」的な「古代文字☆初級編」みたいなモノが欲しい(笑)。

いやしかし、ポーネグリフを作ったとされる今は亡き「とある巨大な王国」側からすれば、航路を辿れば誰でも辿り着けるような場所にそこまで重要なヒントとなるものは置いておけないか…

いやいや、そういうモノがあったからこそ その存在を知っているからこそ、世界政府は古代文字の研究・解読を禁ずるっていう法を作ったのかも。そう考えると「古代文字☆初級編」みたいなモノはアリだろうか?


[② 万物の声が聞こえる者を対象とした何か]

もしくは、ロジャーの様な「万物の声が聞こえる」者を対象とした「何か」

対象者が極端に狭くなるけど、それを残した者達が真に伝えたい者達だけに伝わるようにそうしたとも考えられそう。

ロジャーの「万物の声が聞こえる」力がどれほどのものにまで作用するのかわからないけど…だとすると普通のポーネグリフがポンと置いてあっても読み取れたりするのかな?

てか、そうであればなんでもいい気がしてきた。笑


そしてその島は「ラフテルではない」という事も分かる様になっていると思う。

だから何もない島にポツンと古代文字の書かれた石碑があるってものシンプルでいいのかも。

皆様は、ログポース(記録指針)が示す最終地点はどんな島で何があると思います?


[関連リンク]

4つ目の「ロードポーネグリフ」がどこにあるのか考えよう

ラフテルへの道標「ロードポーネグリフ」の情報と疑問点まとめ

ONE PIECE 第87巻 Amazon予約開始

ONE PIECE 総集編 THE 25TH LOG Amazon予約開始

[スポンサードリンク]


コメント

ポーネグリフにするための特別な石の採石場とか?

>ニンジン大好きさん


>ポーネグリフにするための特別な石の採石場

お、それも面白い(*''▽'')

それを見ることでこれまでの歴史を感じることが出来るかもですねぇ!!!

冒険を大きくやり直さなければならない何かがフーシャ村、最弱の海イーストブルーに有るのでは?
もしくはシャンクスがその鍵となる物を持っていて(知っていて)、ルフィ達を待ち「その時」を待っているとか。

持ち運びできないサイズのポーネグリフに絵で書いてあるとか?
ログポースで誰でもいけるなら世界政府が壊せない、もしくは隠しきれないようなラフテルへのヒントがあるんじゃないかなって思いました。

確かに謎ですね。
ラフテルに行って初めて気づく①~④の存在。だけどロジャーはレイリーを誘うときにすでに「世界をひっくり返そう」と言ってます。
冒険をやり直してからレイリー参加?
それとも世界をひっくり返すは①~④の存在とは別の意味?

妄想ですがログポースの示す場所には何もない!
見えない島ということでログポースの先にはなぜかカームベルトがありそれ以上先には行けず
ロードポーネグリフだけがあり航路ができることに気付き航海をやり直してロードポーネグリフを探して見つけてラフテルを視認する!
しかしラフテルは海で逆さまになっており上陸ができない
ロジャーは病気もあり次の世代に任して航海を終える

最終地点(もしくはその近く)には位置関係的にエニエスロビーの大穴の出口があると思うんですけど、たぶんリヴァースマウンテンもあるかと。で、reverseって裏とか裏返しって意味ですけど、最初は入り口であり出口(最終地点)って意味かな?と思ってたけど、ロジャーの言葉からもしかして本当にそのままの意味でリヴァースマウンテンひっくり返るんじゃないかとも思ってます(笑) あとエニエスロビーが常に晴れの答えもあるんじゃないかなーと。

自分は、
見渡す何も無い島だと思います。
空白の100年で何もかも無くなったとか…。

ラフテルや空白の100年のヒントになるような物がある島なら、世界政府が地図から島を消してしまうでしょうね。

考えるだけで楽しいです

ログポースを辿っていくと…
ワンピースを読み始めて以来ずっとその最終地点について自分なりに考えることが楽しくて仕方なく。

ラフテルってどこにあって、どんな島なのでしょうね(わくわく)

そもそもグランドラインという海自体が不思議海ですし…。
魚人島、空島と、海の中や空にも島があるのなら、、
他の方も語っているようにエニエスロビーの秘密も分かったら面白いと思います。

レイリーもそのまま行けみたいなことをルフィ達に言っていたから、道のりは間違ってはないのでしょう。
ワンピースを手に入れるにはタイミングが必要なのかも…?(しらほし姫ポセイドンや、プルトン等諸条件)
その上で海賊王になるとは、ワンピースを手に入れるとは(手に入れる…?)どういう事なのか

白ひげは興味を示さなかったもの
シャンクスは見守っている?
シャンクスが鍵だとは思っています。どんなにストーリーから疎遠になってもキャラ紹介に取り上げられる存在、ルフィと特別な関係である以外にもなにか握っていそうで。
(シャンクスの目的ってなんなんですかね?逆に不気味でもあったりします。シャンクス大好きですが…)

ポールシフトだとか(地軸が逆さになること)、北極南極…(個人的にはグランドラインだけじゃなくて、ルフィ達の住む地球?の構造を知りたい。各地の風土、地理、気候…。もう壮大w)

月というものがエネルが出てくるあたりから顕著に出てきて、海賊と何が結びつくだろうと思うのですが、潮の満ち引きと月の引力とかそういう問題も出てくるのでしょうか。。

考えていくとあちこちから引っ張り出してしまい、収集がつかないくらい大きくなってしまいます(p_-)

尾田先生の頭の中ってどうなってるのだろう。凄いなぁと思ってしまいます。引き続きとても楽しみです♪

>しまゆうさん


>冒険を大きくやり直さなければならない何かがフーシャ村、最弱の海イーストブルーに有るのでは?

んん?なぜフーシャ村?

シャンクス達がフーシャ村を長期拠点にしていた理由と繋がる感じですか?( ^ω^ )

>天使さん


>世界政府が壊せない、もしくは隠しきれないようなラフテルへのヒントがあるんじゃないかなって

確かにそこも重要ですね!

世界政府が見つけたとしても何もできないモノである可能性が高いですね(^◇^)

>MMMさん


>それとも(ロジャーの言った)世界をひっくり返すは①~④の存在とは別の意味?

って事になりますよね、時系列的には|д゚)

ロジャーの「世界をひっくり返す」の真意が気になるトコですね!

>じろーさん


>ログポースの示す場所には何もない!
>ロードポーネグリフだけがあり

あるのかないのか…どっちだーーー('ω')??笑

>ななおにうむさん


>最終地点(もしくはその近く)には位置関係的にエニエスロビーの大穴の出口があると思うんですけど


んん、そうですっけ?

ぼくのイメージではエニエスロビーは前半の海の真ん中あたり、ログポースの最終地点の真裏にはシャボンディ諸島あたりが来るのかなぁ?と思ってました。

確かに、エニエスロビーの大穴は気になりますが(^◇^)

>ミルさん


>見渡す何も無い島だと思います

余りに何もなさ過ぎたら、そこから先に進むヒントすら掴めずに立ち往生してしまいそうです('Д')

完全な妄想ですが

僕は最後の島にはら昔あった大きな国、戦争(空白の100年?)に関するポーネグリフのような頑丈なものに描かれた壁画が存在していると思います。それを見てロジャーはそれに似た物だった「ポーネグリフ」を探すために再び冒険をやり直したのかと。
レイリーのいう我々は早すぎたというのは、しらほし(ポセイドン)誕生のタイミングやその他の古代兵器も少なからず関係しており、しらほしの覚醒のあった今の時代がまさにいいタイミングなのではと考えています。
あと完全な妄想の最後に。僕も太陽の沈まないエニエスロビーとその深い穴は怪しいと考えています。ポセイドンの力でカームベルトの海王類と共にノアを使ってあの穴に、滝の底に入って行くことで、ラフテルが見つかるのでないかと思っています。海王類の巣(カームベルト)があの周辺にあるのは何か大事な物を守るために存在していると思うんです。海の王様が住んでいるぐらいですから。
長くなりましたが、歴史を文字だけでなく壊れない絵で伝える壁画の存在が最後の島に、エニエスロビーの底にラフテルがあるという考察でした。明確な理由は全然ないのであしからず笑

>柿ピーさん


>尾田先生の頭の中ってどうなってるのだろう

本当に凄いですよね(*''▽'')

尾田先生の頭の中がそのまま描き出されたと言っても過言でもない「設定ノート」を一日中見ていたい。笑

>マクフライさん


>ポーネグリフのような頑丈なものに描かれた壁画

おお!壁画ってのも良いですね!

月の都市になった様なモノがあれば結構なヒントになりそうですし(╹◡╹)

有力ですね〜〜!

No title

WCI編はもうそろろそ終わって、倭の国編に行ってほしい。

ポーネグリリフの謎とか光月家の謎とかの方に興味ある。

ここでマム倒してしまったら、四皇なに?ってなると思うので、あとで新たに戦って倒すことになるかと思います。

最近思うのはラフテルに宝があるとは思えなくて、そこにたどり着いたことが宝ってこと、それを達成するには人徳とかが大切なのかなと。

ローくんは周りには海賊王になると思わせているだけで、本気でなろうとは思ってないように思えます。

ラフテルにて…
ロジャー「この宝箱を開ければ遂にワンピースをゲットだぁぁ!!!」
手紙「ワンピースはお前ら仲間同士の絆だドンッ!」
ロジャー「一からやり直しだゴルァァァ!!!」

ついでに

今度のレヴェリーの内容が気になる。
七武海、藤虎の処分、四皇について話されるのかな。

どうもロジャーもルフィも、世界をひっくり返すとか差別のない世界とか、最終目標はそんな感じに思えます。(ルフィは、ワクワク自体が目標とも思えますが。)

すると終盤ではマリージョアを転覆させるような場面があるでしょうから、ラフテルとは、マリージョア自体もしくはマリージョアの内部や上方に存在、という仮説も出来そうです。

では、ロジャーはなぜヒント少ないまま世を去ったのでしょうね。正解を言うか、ロードポーネグリフくらいのヒントは、最後に言ってくれると早かったのに。レイリーの言うように、時期とか、経験によって答えが違う、とかでしょうか。
後継者を競わせると、有力候補が命を落とす可能性も上がります。
なぜそこまでして、無駄にも思える「とりあえず一周」をさせるのか。

で。

もしかして、いわゆる「宝」とは、天竜人すらもひれ伏す「世界王の証」とかでしょうか。
ひれ伏すとは、王たる正当性が明記されているような。
正当性とは、王は血統ではなく人徳や実力で決めるのだ、的な古代の文言(最終のポーネグリフ?)。

そうしますと、とりあえず一周には、戦闘力も統率力も必要。ポーネグリフには、ミンク族のように命掛けで秘密を守る種族をも口を割るような人徳が必要。オハラや光月家の知力も必要。

そうして、用意された難関を突破したものだけが、ラフテルで古代王位の継承権が得られる。みたいな。

ただし。海賊であるがゆえに、マリージョアに近づく方法が少ない。マリージョアの護衛は極端に強力。そして、ロジャーには、時間がなかった…。

ごちゃごちゃ書きましたが、そう妄想しますと、ログポースの最後の島には、ポーネグリフ初級編みたいなものが置いてあるのが自然な気がします。

普通に、四つ目のポーネグリフが
ぽつんと置いてあるのでは。
だから残りの三つを探すために
1からやり直したのでは???

管理人さんの言うとおり、ポーネグリフがポツンとあったんじゃないッスか?初期のロジャーの冒険には古代文明を紐解く様な目的なんかなかったのでは?ロジャー以前からグランドラインの最終地点には世界がひっくり返る何かがあるって伝承に飛び付いただけかと思います。きっかけがなんであれ、死に物狂いの冒険の果てが石碑では、読めなくても解読の必要性には迫られるはずです。おでんスカウト前にはクローバー博士あたり訪ねたかも知れませんね。解読が進み、ラフテルではなかった事やある巨大な王国の存在(空白の100年)や自身のDが判明したものと推測します。やり直す動機には十分かと思います。
きっとその島までは何人か上陸を果たせたものの解読できずそこで終わったのではないでしょうか。それこそが世界の猛者達が闇雲にラフテルを目指さない理由かと個人的には思います。周到なティーチですが、一切ロビンに言及しないことから解読の切り札を既に手中におさめてるものと考えてます。ロビンの母さんだったらビックリしますね。もしそうならば、サウロも復活して欲しいモンです。





No title

この記事とは関係ないかもだけど、なぜ悪魔の実を食べたらカナヅチになるという設定にしたのか気になる。
その設定だけ定着しているけど、今のところ、その設定が活きる描写がない。
個人的には、最終段階でこの設定を使ったイベントがあると思う。

ルフィ達はもう既にその先の冒険をしているようなので、ここについての描写があるのかないのか、どんなとこなのか気になりますね~(^^)

■ラフテルではない事が分かる
これは、有人島の可能性もありますかね。
島の住人「ラフテル?ここは○○っていう何もない小さな島だよ」
みたいな(笑)
もしくは既に世界政府が占拠している可能性も。

■そこにある何か
この島の位置がリバースマウンテンの裏側にくる形だと想定して、この島(もしくは島の中でも限定した場所とか)からリバースマウンテンを見た時に、その壁=レッドラインに古代文字が でかでかと浮かび上がる、なんてのはどうでしょうか。
少し位置をズラすと、もうただのレッドラインにしか見えない、みたいな。
月の民が関係しているのなら、月の光に照らされるとレッドラインの岩々の影が文字となって浮かび上がる、とかでも面白いと思います。

マクフライさんのコメントにある″壁画″というのもとっても有りそう(^.^)♪

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメONE PIECE


[ONE PIECE(デジタル) 01~50巻]

[ONE PIECE(デジタル) 51~86巻]

オススメ記事

4813.jpg
4981.jpg
4980.jpg
4604.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg