記事一覧

ウィーブルとバッキンの会話から考えるマルコ達の行方


第802話“ゾウ”で登場した自称・白ひげの息子ウィーブルと、その母バッキンが登場した!
その親子は、死んだ白ひげの残した遺産を狙い、その在り処を知っているであろう“不死鳥マルコ”を始めとした白ひげ海賊団の残党を捜しているそうだ。

あの頂上戦争で白ひげが死んで2年…
“不死鳥マルコ”を始めとした白ひげ海賊団の残党はどうしているんだろうか?

この件について「最後の七武海登場!その正体は白ひげの息子!!?」の記事のコメント欄にて「旅人 さん」の考察が面白かったので許可を貰って、新たにまとめ記事を立ち上げてみた!
(頂いたコメントを抜粋、加筆して再編集)

↓↓ココカラ↓↓

戦争後のマルコ達“白ひげ海賊団”はシャンクス達と、白ひげとエースの墓前での弔い以降何も描かれていない。
当時、世界政府(五老星)側では、これからの黒ひげの勢力拡大を止められるとしたら「四皇」か「不死鳥マルコ」そして「白ひげの残党達」ではないか、との考えが示されていた。

0023.jpg

その四皇といえば、シャンクスと白ひげが直接会って話をするだけで海軍が警戒し、カイドウとシャンクスの小競り合いは真っ先に海軍本部に連絡が入る、というほど常に警戒と監視が付くほどの存在。

その四皇に準ずる勢力と目されていたマルコら“白ひげ海賊団”の残党達の行方についても当然、海軍も政府も情報を集めていたはず…

しかしそれなら、ウィーブルとバッキンがマルコ達の行方を追っている、というこの状況に少し違和感を感じる。
この二人は遺産相続の為マルコ達を追っている…ということは長く見積もっても白ひげの死んだ二年前からマルコを探していたことになる。
それを未だに追い続けているいるということは、二人ともマルコの居場所を全く掴んでないということになる。

ウィーブルが七武海に加入して最低でも1年は経っているはず。
七武海は世界政府に与する立場。
そして前述したとおり、世界政府及び海軍は、四皇とそれに準ずるマルコ達の動向を常に掴んでいるはず。

しかし、七武海のウィーブルは何の情報も得ていない。

その理由としては…

・最初から海軍の情報に頼る気がない
・単にそのことを失念しているのか、あるいは考えついていない
・海軍もマルコ達の行方をつかめていない
・少し深読みをすると、何らかの思惑がありウィーブルとマルコを衝突させたくない海軍があえて情報を隠蔽している?


[スポンサードリンク]


いずれにしても七武海ウィーブルがマルコの行方を知らないのは妙だ。
何故なんだろう?どんな理由が?

今回の件で解ったこともある。
それは、マルコ達はこの二年間、海賊として名前の挙がるような事件を一切起こしていない可能性が高い、ということ。
バッキンは新聞を読んで情報を得ているらしいことから、新聞で報じられるような出来事にマルコがかかわっているのなら、その情報をもとにマルコの居場所を突き止めようとするはず。

つまり、黒ひげに勝負を挑んだ、とか、逆に黒ひげや他の海賊に潰されてしまった、とか、四皇シャンクスと同盟を結んだ、といったようなことが起こっていないと考えられる。
逆にウィーブル達が行方を追っていることから、世間的に死亡説なども流れていないということが解る。

こうして考えてみると、マルコ達の動きにも妙なものを感じてしまう。
彼らが今、どこで、何をしているのか、俄然気になるところだ。

↑↑ココマデ↑↑

「旅人 さん」ありがとう!
これ読んで、マルコ達の行方考えてみたい。
しかし、ここまで情報がないっていう現状が、唯一のヒントみたいなもんだからなぁ。笑

以前どこかで書いたかもしれないけど、マルコ達は既に海賊辞めてるのかもなぁと思ってる。
赫足のゼフが再び海賊に戻らない理由が「あいつら以外とはもう海賊を続けたいとは思わねェ」って言ってたから、マルコ達も同じかな?と。

白ひげという偉大な親を失った息子たちは、海賊を続けることができず、其々が別の道を歩むんじゃないだろうか?
っていうのが、ぼくの個人的な答えかな。
まぁ、何割かはまだ海賊をやってるかもしれないけど、そこまで名は知れてないのかも。


[関連リンク]

侍2人の意味深な会話から考える「ゾウを目指す理由」

登象中のルフィの頭上に落ちてきたモノは!?

ハイルディンはバギーの派遣会社の社員だったことが判明w

「酒鉄鉱」という特殊な鉱物について考える

革命軍vs黒ひげ海賊団!? バージェスが革命軍の本拠地へ!

新七武海エドワード・ウィーブルの能力考察

遂に「ジャック」登場!その正体はまさかのアイツ!?

コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

No title

んん~。どうなんだろう。ルフィを手助けするために、どっかの島で潜伏してるとか?地底島とか?

>ちゃぼさん

マルコは先の頂上戦争以降そこまでルフィに肩入れしない気がするなぁ~

もちろん同じ戦場で一緒になれば手助けはするでしょうけど(^<^)

No title

違和感あるんですよね。
いくらウィーブルが強くても家族同然の仲間が何人も狩られているのにマルコ他、白ひげ幹部が動かないのが。正直ウィーブルがそこまで強いとは思えない。

だとしたら、動けない理由があると考えた方が自然。
動けない理由、ウィーブル以上の大物に狙われているとか?
例えば、黒ひげの能力者狩りは白ひげ幹部が最優先で狙われているのかも。

No title

白髭残党は、ラフテル手前で待っていてロジャー→白髭からの遺言であるラフテルへの行き方の最終ヒントを教えてくれるような気がします。エドワードニューゲートのニューゲートを日本語にすると新たな門とか新たな門出とか新しい入り口とかラフテルへの最終ヒントに重要な事を知る人物だったとか思ってます。

何らかの理由があって雲隠れしているとかもあり得そうですね。

場所は……鎖国をしているワノ国……とか。

>ルヒーさん

>新たな門とか新たな門出とか新しい入り口

ニューゲートはニューゲート監獄からとったという説もあるけど、たしかにそれもあるかも。

No title

白ひげ残党は全員革命軍に入ってるとおもうです

あれだけ仲間思いの海賊団なのに傘下がやられて助けに来ないということは動けない理由があると思いますが何なんでしょうね!
今さら海軍のことなんか、気にしてないでしょうから海賊に狙われているのか、革命軍と協力して何か計画しているのか!

No title


>家族同然の仲間が何人も狩られているのにマルコ他、白ひげ幹部が動かない

確かに…例え海賊をやめてるとしても、このピンチに駆けつけないのはおかしいな…

>ルヒーさん

ぼくはあの「ニューゲート」と言う名は、自分が死んだあとの時代への「新たな扉」という意味で受け取りました(^○^)

「振り向くな 時代は変わる」的な言葉言ってましたし(^_-)

>ののさん

その「理由」がまったく出てこない~(+o+)笑

難しいですねェ

>ちゃぼさん

名前一つとっても様々な説があって面白いですよねぇ(*^。^*)

No title


>白ひげ残党は全員革命軍に

それでも傘下の海賊団のピンチに駆けつけないってのは違和感があるかな…(+o+)

>ひまわりさん

海賊に狙われてるといっても、マルコ始め、かなりの戦力がまだ残ってるんですよねぇ~~

その辺の弱小海賊団にはどうにもできないですよね(@_@)

とすれば、黒ひげ海賊団辺りに狙われてるのか(-_-)

んん~~

>かんりにんさん

こう考えるとほんとに実の子供で会うと戦わなくてはいけない、そして倒してしまえば白びけに申し訳ないと思って遭遇しないために隠れているとか!
本来であれば仇をうつためな逆に探していそうかなと!

謎ですが

親父の仇討ちしてほしいです。
サボやルフィが黒ひげを討つ理由があるように、マルコたちも現役でいてくれたらいいのに。
っていうただの希望ですwそしてなによりまた見たいって願いですww

No title

海軍はA・O海賊団のことを「元“白ひげ”傘下」と言っていました。
つまり、“白ひげ”という存在なき今はただの一海賊団だとも取れるんです。

しかし、A・O海賊団がウィーブルと口論になった原因は“白ひげ”の“息子”。
海賊団の面々は「白ひげの息子は白ひげ海賊団だけ」と言っているんです。
ロメオならこう言うと思います。
「おらだづが息子なんでおこがましいべェ~!」

元傘下の海賊団は、今は大航海時代で暴れている一海賊団。
ただし、“白ひげ”への忠誠は変わっていない。
つまり、元傘下の海賊団の表の顔は白ひげ海賊団とはもう関係ないと言っていながら、
裏では機を待つ白ひげ海賊団の残党を匿っている可能性があるのではないか、と。

そして、ひとつ気になるのは“不死鳥マルコ”と別個に述べられていること。
マルコは残党とは別で行動している気がします。
マルコが何らかのアクションをした時こそが、その“機”なのではないかな。

No title

マルコが別個に述べられてるのは一人で大将クラスの実力があるからじゃ?
話の流れからすると誰なら黒ひげを倒せるかって感じなので。
他の隊長や傘下の海賊達は全員揃って大将と互角程度で大したことない印象(それでも十分凄いけど)。
ただ二年前の話なので今は無理だろうな。

あと海軍は四皇の情報について詳しくないと思う。
カイドウが白ひげを狙ってたのに気づいてなかったし。

ウィーブルって影が入って動いてる死体なんじゃないですか?
本物の白ひげの息子の影が!
モリアが裏で操ってるのでは?
本物の白ひげの息子が生きているとすればモリア達に匿われてるかも?

白髭には息子(ウィーブルではなく)がいた

ゼファーをやったのは本物(白髭の息子)のほう

白髭が死ぬ
↓ ↓
マルコ、白髭の息子の モリア、白髭の息子の存在
存在を知り探している を知り探しだす
↓ ↓
現在 白髭の息子、影を取られ匿われる  ↓ モリア、 契約を結び一部記憶を消し死体(ウィーブル)に影を入れて操る(バッキンに従うように)

七武海に入る

現在

こんな風に考えてみました!
いつも楽しくみさせて頂いています!!
失礼いたします。

>ひまわりさん

ウィーブル、マジ実子説…(@_@;)ww

それともウィーブルがマルコ達を探し始めたのがごく最近なのか…

いや、その短期間で16もの海賊団を潰したのも違和感あるか…

>うずまきさん

確かにまたマルコ達の活躍見たいですね(*^。^*)

再登場希望…!!

>ウィリアム・キッドさん


>白ひげ海賊団の残党を匿っている可能性

うう~~ん、にしても傘下の海賊がやられてるのに、一切出てこないってのは違和感が。


>“不死鳥マルコ”と別個に述べられていること

まぁ、元一番隊隊長だし、白ひげの右腕だから、白ひげ亡き後、トップに居るのは自然かなぁ?

>田中さん


>海軍は四皇の情報について詳しくないと思う

四皇動かなければ情報も得ようがない、かな?

四皇同士が接触したりしたら、警戒態勢取る事から、やっぱりマルコ達はここ2年動いてない?

うう~~ん(-_-)

No title


>ウィーブルって影が入って動いてる死体

ツギハギはたくさんあるけど、死体っぽくはないかな~?っと思ってる(^○^)

モリアの再登場はあるとは思うけど、もういっかいメイン張る程の登場ではないかな、とも思うw

>想像ですがさん

ほほお~~(^_-)

でも実の息子が居たなら白ひげと共に居なかったのは不自然なんですよねぇ~~

白ひげ、あんなに家族を欲しがってたのに(T_T)

あのツギハギはどう見ても死体のツギハギだと思うなあ。
モリアやホグバックもこの2年の間に死体の蘇生について研究して新たな発見をしてるかもしれない。
ウィーブルという強靭な肉体に白ひげの息子という強力な影を入れ、それを利用してカイドウとの再戦を目論んでいるのではないか。
ワノ国で七武海が全員揃うという噂もあるので、そこでルフィ達と共闘するなんてことも?

白ひげ自身が息子の存在を知らなかったパターンもあるかと。
その息子自身も自分の親が誰なのか分からず、この2年の間に真相を知ったとか?
白ひげが「息子」というワードを強調してたのは「本物の息子」が後に現れる伏線じゃないですか?
その息子がまたマルコ達を率いて海賊団を結成したりしたら面白い。

No title

ジュエリー・ボニーの「何もかも、あいつのせい」の「あいつ」とは
白ひげの実の息子ってのはいかがでしょう。

No title

まず何故マルコ達が出てこないのか考えます。
彼らの敵は大まかに4つの勢力。
①海軍②黒ひげ③ウィーブル④今までの恨みを持つ海賊たち
マルコ達が大っぴらに行動した場合、当然この4つの勢力に狙われます。
海軍は捕らえに来るでしょうし、黒ひげは能力者狩りが目的で攻めてくるでしょう。
そんな状況下で安易に仲間の仇討ちの為
ウィーブルに仕掛ければ他の敵を呼び込んでしまう。
これはマルコ達がビビってるのではなく冷静な判断だと考えます。
仮に彼らが打倒黒ひげを掲げているとすれば、動くのは今ではない。
そう判断するでしょう。(理由はこれに限らず)

仮に解散してるのであれば、そういうシーンは既にあるべきと考えます。
展開的に後々になって実はそうだったとする理由が見当たりません。
ただ全員海賊をやってるとは限らず脱退者もいるとは思いますが。
下手すれば半分位になってる可能性もあります。

別の観点から考えて何故ウィーブルを討たないのかは
何故黒ひげを討たないのかと同義だと思います。
ウィーブルと黒ひげじゃ危険度(実力)が違うだろ!
そういう人もいるでしょう。
が、ウィーブルとて傘下の海賊を次々撃破し、しかも七武海になった男。
実力は未知数で余りある危険性を秘めています。
加えて他勢力を呼び込む危険度。
こう考えると動かないのではなく(今は)動けない
そんな状況にあるのではないかと推察します。
つまり黒ひげを討てなかったのと同様、涙を呑み耐え忍んでる。
そんな心情が垣間見えます。

それともう一つ。
ルフィの存在がマルコの頭にはあるのかも知れません。
以上、白ひげ傘下勢力が現役であるという
希望的観測から話させて頂きました。

かんりにんさん

傘下の海賊が16も壊滅させられていて、それでもでてこないっていうのはやっぱり違和感ですよね・・・
白ひげが「家族」と言っていたのになぁって気持ちは私も拭えません・・・

ここまでくると完全に想像ですが。
ドスケベンゴさんの考えにもう一つ。これを傘下の海賊団から持ち掛けたとしたら。
親父さんの意志を受け継いでいる“息子達”。
親父さんの恩義に報いるためにも意志を守らなければならない。
だから、ぽっと出の“実の息子”に怒るし、白ひげ海賊団を守ろうとする。
白ひげの意志。「イスの前に君臨」。
あんたらはそこにいてくれ、って。背中は今も変わらず守ってやる、と。

正直違和感はありますwけど傘下の海賊団がウィーブルにただやられているだけでは嫌だなぁ、って思ってしまい・・・
マルコが別個に述べられているのも、マルコが意志を継ぐ者の中で遊撃隊のような役割を担っていたら・・・というイメージから考えてみました!

No title


>どう見ても死体のツギハギだと思う

ホグバックによる筋肉強化の可能性もあるかな~と(*^。^*)

>死体の蘇生について研究

過去にやられた敵が、同じような事(死体の蘇生について研究)を繰り返してまた再登場ってのもマンガ的に考えて無しかなぁ~~、って考えてるんで、別の立ち位置での登場じゃないかなぁ、と(^<^)

No title


>白ひげ自身が息子の存在を知らなかったパターン

それもあり得るけど、それだと白ひげが報われないかなぁって(T_T)


>その息子がまたマルコ達を率いて海賊団を結成したりしたら

やばい!その展開は正直燃える…!!w

>みっちょさん


その直後に黒ひげに捕まってるんで、おそらく「あいつ」とは黒ひげの事なんじゃないかなぁ、と思うけど、ここでウィーブルが絡むと複雑だけど、面白い(^<^)

てかウィーブル、お前何したんだよwww

>ドスケベンゴさん

んん~~動けないってのがどうにも腑に落ちなくて…(+o+)

「相手が強いから」「死ぬかもしれないから」…だから動かないってのは、元「白ひげ海賊団」らしからぬ行動かなって。

エース一人を助けるために、海軍の全勢力が集結しているマリンフォードに乗り込む連中が、いくら白ひげが居なくなったからと言っても、傘下がやられてる現状を知っていたら動かないはずは無いかと…

だから、今の現状を知らない、知る事の出来ない場所にいる??

んん~~難しいですな(-_-;)www

尾田先生!答えはよ(^○^)w

>ウィリアム・キッドさん

難しいですねェ~(-_-;)

もうぼくの小さい脳味噌は爆発寸前www

No title

かんりにんさんも、ウィリアム・キッドさんも
ありがとうございます。

かんりにんさんのいう「らしからぬ行動」
これは自分も感じてて、少々強引ですが
ウィーブルに行くなら黒ひげにも行くだろう
という思考の元、黒ひげの例を出したんですが
やはり無理ありますかねえ(大笑)

長文書いといてナンですが、ふと思ったのが
今回はウィーブルの強さを印象付ける事が目的で
例えば次に傘下がやられた話(スクアードとか)が出た時に
案外すんなりマルコ達の話なり姿なりが
出てくる可能性もあるかなぁと。

そうなると色々思考を巡らせてる僕らは
鳥かごが消えた直後のゾロ達のように
「すかっ!!わあああああズデデーン!!」状態に
なるかも知れませんが(笑)

No title

本題からはズレてしまいますが、
ウィーブルとバッキンがルフィを襲いにきたときに
ローラのビブルカードが反応し、ローラの母親がバッキンだとなり事情を説明し和解。
その後、七武海撤廃が起き一人になったウィーブルが今までの謝罪も込めて白ひげ傘下に加入だと面白いなと。

No title

>ひまわりさん
個人的には、ルフィと関わる前に新勢力に敗北しないかなと思っています。ルフィは過去、黒ひげに目をつけられ、結局戦わなかったことがあります。また、ルフィはウィーブル以外の七武海全員に勝利もしくは味方となっているので、ここらでルフィのライバルとなる"七武海を倒すほどの新勢力"を見てみたい気がします。

>ドスケベンゴさん


>今回はウィーブルの強さを印象付ける事が目的で 例えば次に傘下がやられた話(スクアードとか)が出た時に案外すんなりマルコ達の話なり姿なりが出てくる可能性も

それ!!普通にそんな感じで登場しそうだから困るwww

その時は一緒にズッコケましょう(^○^)w

>ひまわりさん

バッキンが「スゲー海賊」とは思えないんですが、もしかしたらあるのかなぁ(+o+)w

>あああさん

ルフィ達の元へ向かうウィーブルの前に現れるのは、普通にマルコ達だったり…w

これまでの考察は何だったんだっていう(-_-;)笑

マルコは今…

いろいろな意見が出てきましたねぇ、与えられた情報が同じなのにこれだけ多くの予想が立つのがワンピースという漫画の凄さなのかもしれませんね。
ではここで言い出しっぺの予想をば…と、そのまえに。

後で気づいたのですが802話にて重要な情報を見落としていました。
それはマルコを探しているウィーブルのせいで一般市民にも被害が出ている、というもの。
七武海が海賊を探しているために市民に被害が出るこの状況は、その七武海を任命した海軍や世界政府にとってあまり具合のいいものではないと言えるでしょう。
ウィーブルが暴れているのはマルコ探しが遅々として進まないからであり、市民に被害が出るのは巻き添えを食っているからです。
そして追われているのが海賊(マルコ)である以上、海軍にとって何の不都合も無いのだから、さっさとその海賊の情報を手供するなり、捜索に協力するなりして、早めの幕引きを図るのが筋であると思えます。
しかし海軍は現在そのどちらも行っていないようです。
どうも海軍としてはマルコ探しに協力する気はないと考えられます。
「徹底的な正義」を掲げ海賊を悪と断じるサカズキが元帥を務める現在の海軍としては少々不自然なものを感じてしまいます。

ここで情報を整理します、要点は以下の二つ。

その1、マルコたちの情報は世間的にほとんど伝えられていないらしい。
その2、海軍はウィーブルのマルコ探しに協力する気はないらしい。

らしい、と付くのはこれが推測を重ねた結果だからですが…
この二つを同時に満たせる状況とは一体何か?で、考えてみたところ…。

マルコたちは現在、名を変え身分を隠して行動しているのではないか?
そのため、世間一般にはそれがマルコたちのことだと認識されていないのではないか?
そして…
そのマルコたちの「変化」は海軍にとって、市民に被害を出すウィーブルを放置しておく程に「大きなメリット」をもたらしたのではないか?
との予想を立ててみました。
そしてこの予想が導いた結論は…驚くことに…。

以前このサイトに投稿した○○の正体はマルコでは?という仮説に辿り着きました。(以前は髪形が似ているというのが唯一の根拠でしたが…いやはや…)
にわかには信じられませんが、マルコが○○になっていると仮定すると以下のように考えられます。

七武海ウィーブルと、○○を両方手元に置いておきたい立場としては両者をなるべく衝突させたくないと考えるでしょうし。
白ひげ傘下の海賊達をマルコが助けに行かない(行けない)理由も、仲違いした、とか、「合わせる顔がない」などの感情的なものから、○○の立場上、海賊を助ける訳にはいかないから、といったものまで考えることができます。
何より、イメージカラー「青」、イメージ動物「鳥」なマルコから、かけ離れたイメージを持つ○○と名乗っていれば、頭の弱そうなウィーブルには一生かかっても見つけ出せないでしょう。

それにしても、七武海であるウィーブルが○○となったマルコを探しているという状況は、さながら「幸せの青い鳥」の物語のようです。

「青い鳥は意外と身近にいる」

う~ん、出来過ぎ(マイッタネ)

以上、深読みがすぎたかもしれませんが、こんな予想をしてみました!
長文失礼します(笑)

>旅人さん


>○○の正体はマルコでは?という仮説

コレどこで書かれてましたっけ??

○○の正体教えてください(^○^)w

No title

昔ジンベイが言っていた世界政府の策が世界徴兵のようですが、その時は白ひげの残党の世界政府入りかと思っていました。
その線は今はないようですが、となるとマルコ達は何処へいったよい?

>超かるがもさん

マルコ達白ひげの残党が、親父を殺した政府側に加入って展開はさすがに無いんじゃないすかね(+o+)

お前らの絆はそんなもんかいってw

〇〇は緑牛だと思います。 前後の文から! まぁ白ひげのとこの隊長が海軍大将はないと思うけど!

>神さん

ああ、なるほど(*^。^*)

確かに緑牛の髪型それっぽかったですもんね~

んん~でも流石にそれはないかなぁ…とぼくも思う。。

No title

今回の一連の考察は、緑牛の髪形、ウィーブル達の行動、海軍の不自然な動きから類推し。
マルコは現在、海軍大将緑牛として行動しているのでは?という仮説を導くものでありました。
確かに、心情面から腑に落ちない点もございますが、個人的にはクザンが黒ひげの仲間になっているらしいことから、海賊サイドから海軍へ…という者がいても面白いかな、と思います。

>旅人さん

ほうほう成程(^<^)

おもしろい考察ありがとうございます!!

これはメタ的情報でアレなんですが、緑牛について尾田先生は「カッコイイ!早く描きたい!」と言ってたから、新キャラじゃないかなぁと思う次第です(*^。^*)

hrogpfhonz@gmail.com

I wanted to thank you for this great read!! I definitely enjoyed every little bit of it. I've got you book marked to check out new things you post…

>moncler daunenjacke damen beige

Thank you very much(*^。^*)

A fascinating blog will be also written now!

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]