記事一覧

ドレスローザ激闘決着!!各章の終幕ナレーションまとめ


第791話“ガレキ”にて、ドレスローザでの戦いの幕が下りた。

これから、「海軍による後処理」やら「王位の返還」やら「宴」やら「世界情勢の動き」やらがあるんだろうけど、ひとまず戦いはここで決着!

その証拠に、最後に締めのナレーションが入った。
というのも、長編の最後には粋なナレーションが流れるのが定番となっている。

まず、これまでの各章の締めナレーションをまとめてみたい。

[アーロン編]

また夜がやってきた 波は今日も静かだった
島をあげた盛大な宴はその夜も また次の夜も終わることはなかった
人々は今のために生きたのだ 笑うために生きたのだから――


[リトルガーデン]

その昔――
巨兵海賊団という名の暴れ者どもが 海にいた
それを率いる2人の海賊頭 “赤鬼のブロギー”“青鬼のドリー”の力は特に凄まじく
もはや普通の人間の力では太刀打ちできぬと
半ば野放しにされた程のこの海賊団の進撃に
終止符を打ったのはなんと…たった一人の少女であったという――
それは遠い――昔の出来事


[アラバスタ]

――後に歴史に刻まれる戦いと――
決して語られる事のない戦いが――
終結した――


[空島①]

鐘の音は――
去る都市の――栄華を誇る“シャンドラの灯”
戦いの――終焉を告ぐ“島の歌声”
400年の――時を経て鳴る“約束の鐘”
浮寝の島の旅路は長くも 遠い記憶は忘れがたし ――かつて人は
その鐘の音に言葉を託した――
遠い海まで届ける歌に 誇り高い言葉を託した 「おれ達は」「ここにいる」


[空島②]

ふと見上げると目に映る空 夢か現か雲の上の神の国――
遥か上空1万m 耳を澄ますと聞こえる鐘の音
今日も鳴る 明日もまた鳴る
空高々に鳴る鐘の音が さまよう大地を 誇り 歌う


[ウォーターセブン]

――その頂きに流れ出る 伏流の水美しく
鳴り響くのは 職人気質の槌の音
町の活気にリズムを合わせ かんな木槌を打ち鳴らす
煙噴く鉄の列車に願いをのせて 振り返らざる
――その島の名は “水の都”「ウォーターセブン」


[バナロ島の決闘]

“偉大なる航路(グランドライン)”「バナロ島の決闘」――
この二人の海賊の争いは
後に起こるあの極めて大きな事件の…
「引き鉄」として語られる事となる


[スリラーバーク]

――何が起こるか誰も知らない 謎だらけの海“魔の三角地帯”
毎年100隻を越える船が霧の中で消息を絶つ――
――それは巨大海賊船スリラーバークが その海に影を潜めた10年前…
――そのずっと昔からの深き謎…
白い霧は折よく今日も立ち籠めて
海の怪奇の顔色を―― 白いベールで包み隠す――


[頂上戦争]

“白ひげ”死す!!!
死してなおその体屈することなく――
頭部半分を失うも 敵を薙ぎ倒す姿 まさに“怪物”
この戦闘によって受けた刀傷 実に――二百六十と七太刀――
受けた銃弾――百と五十二発――
受けた砲弾――四十と六発――
さりとて――その誇り高き後姿には…
あるいはその海賊人生に 一切の“逃げ傷”なし!!!


[魚人島]

傷つけても…傷つけられても流れる赤い血
とても道とは言えぬ程…か細く狭いその管こそ――
恐れ合う偏見を…血で血を洗う戦いを
かくもた易くすり抜けて 絵空に描く幻想よりも
確かに見える“タイヨウ”へと続く道


そして、今回の[ドレスローザ]の決着後のナレーションがこれだ!!

崩壊する国が必ずしも不幸とは限らない――
この日、国の人々は――
ガレキの中で喜び…泣いた…!!!


[スポンサードリンク]


短いながらも、ここまでの物語を想うと泣けてくる…!!!
というか、尾田先生のナレーション能力高すぎィィィィィ

あ、ちょっと雑に探してるから、他にもあるかも・・・
この他に章の締めナレーションがあれば、コメントで教えてくだされ。

[追記]

[ドレスローザ~子分盃~]

極めて異例の子分盃―― 引き寄せられてか図らずか
麦わらルフィの子分にと名乗り集った曲者7人 この先各個に成長を遂げ…
いずれ歴史に名を残す一大事件を引き起こすのだが…
今はまだ…
誰も知らない物語


[ドレスローザ~大締め~]

――ここは悲劇の国――
――1本 また1本と 垂らされた暗黒の糸 降り注いだ悲劇の数に
涙をこらえ とる調律は 高らかに鳴る手拍子の調べ――
喝采もない長く悲しい名も無き舞台に幕は引かれ――
真実の言葉がキミに届く
王帰還せり 前方平和異状なし――




コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

No title

インペルダウンの脱獄した際のボンちゃんのシーンのナレーションあたりも入りませんか?「地獄にも咲く一輪の友情の花・・・いつか再び咲かせて見せようオカマ道・・・オカマ畑でまた会おう・・・この時ー世界最大の・・・」あたりのくだりです。
あと短いナレーションですがバナロ島の決闘あたりの「のちにこの戦いが…」の短いナレーションあたりも入りませんか?

>ようさん

入れときましょうかね(*^。^*)

そして第800話にも未来を匂わせるナレーションが…!!!

http://onepiece-log.com/blog-entry-183.html

やばいこれ

ナレーションだけでこれまでの軌跡が蘇ってきました~
魚人島編とか最後号泣しながら読んだのを思い出しましたw
今回のバルトの口上といい、先生のこういう粋な物言い大好きです!
時代劇とか落語がお好きな先生が描くワノ国編がますます楽しみです!

>うずまきさん

この、章の最後のナレーションは毎度上手いですよねぇ(*^。^*)

今回のバルトの口上も良かった~~!!

名シーンですよね(^○^)

ワノ国編は先生自体も楽しみにしてるほどなんで、ワクワクしますよね~~~(*^。^*)!!!!

コミックス派ではなくジャンプ派なので、覚えてないのですが…パンクハザード編にはないのですか?

パンクハザード編は、ドレスローザ編の"序章"的な扱いなのかな?

>コーンさん

パンクハザード編には無かったですね~(^_-)

コーンさんの言う通り、ドレスローザ編の"序章"的な扱いなんでしょう!

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]