記事一覧

かんりにん的「このマンガがすごい!2016」TOP10


12月31日。 2015年も今日で終わり。

という事で、今年に初刊が発売された漫画の中で、当ブログかんりにんが読んで「すごい!」と思ったモノをランキング形式で発表したい。
お分かりだろうが、これは「このマンガがすごい!」の企画を丸パクリしたモノである!笑

このマンガがすごい!

宝島社が発行するマンガ紹介のムック本で、毎年12月に発行されている。
このランキングは、有名無名職業年齢問わず、70~200名前後のアンケート参加者が、前年10月1日から発行年9月30日までに単行本が発売されたタイトルの中から、最もお薦めしたい5作品をランク付けし、総合順位を決定するものである。


マンガ好きのぼくとしては、もちろん毎年要チェック!
やはりたくさんの方の総合ランキングだから基本的に面白いモノが多い。
こういうランキングに入ってくるようなマンガは、普段から大体チェックしてるけど、個人的に少女マンガ系には弱いから情報源として助かってる。

んで、自分的なTOP10も決めておきたいなぁと思ったので考えてみた。

2641.jpg

「いや、おめーのランキングとかいらんよw」

と思われるかもですが、個人的な備忘録なんでスルーしてください!

※対象 : 2014年10月1日~2015年9月30日に発行されたコミックス。
※この期間に初刊が発行されたコミックスに限定。


【かんりにん的 このマンガがすごい!2016 TOP10】

[① 町田くんの世界/安藤ゆき]

物静かでメガネなのに成績は中の下。
アナログ人間で不器用、加えて運動神経は見た目どおりの町田くん。
得意なことが何もないと本人は思ってるけど、周りからは愛される。その理由とは?



普段少女漫画はあまり読まないけど、表紙に惹かれて読んでみたら当たりだった作品。
期待していなかった分、ガツンと来た!
ストーリーに惹かれる漫画。画力に惚れる漫画。内容の濃さに圧倒される漫画。
色んな理由で好きになる漫画があるけど、これは主人公・町田くんのキャラクターの魅力に尽きる!
読んだ後に心に「何か」を残してくれる漫画が良い漫画だと思ってるんだけど、この漫画は読み終わった後「町田くんみたいな男になりたいな」と思わせてくれた。
…まぁ、それが長続きしないの、ぼくの残念な所だけど。笑


[② 鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ]

大相撲漫画「バチバチ」シリーズの最終章。
誰よりも相撲を愛しながらも、小兵と呼ばれる恵まれぬ身体。
もがき・抗い・挑み続けた幕内力士・鮫島鯉太郎、最後の十五日間の記録と記憶。



これはシリーズ物だから、入れるか迷ったけど、今年出会った熱い漫画としてノミネート。
「バチバチ」「バチバチBURST」から読んだら、このタイトルだけでもうヤバい…
元々、力士としては身体が小さく、幕内に入れただけでも十分過ぎるほどの結果を出している鯉太郎。
相撲の神に愛されなかった男が、一戦一戦文字通り命を削りながら勝っていく様子は、否が応でも心を奮わせてくれる!!


[③ 無職転生~異世界行ったら本気だす~/フジカワユカ 理不尽な孫の手]

34歳無職童貞のニートは無一文で家を追い出され、完全に詰んだ人生を後悔していた矢先、トラックに轢かれ呆気なく死んでしまう。
しかし、目覚めた先はなんと剣と魔法の異世界!
赤ん坊として生まれ変わった彼は、後悔しない人生を送ると決意する。
憧れの人生やり直し型転生ファンタジー!



誰もが憧れる「強くてニューゲーム」。
それもRPGのような魔法の使える異世界で!設定からワクワクさせてくれるぜw
小説が元になってるマンガだから続きを見ようと思ったら見れるんだけど、漫画で見たいから我慢w
元の34歳のおっさんには1㎜も共感できない(したくない)けど、この状況は面白いな~


[④ ダンジョン飯/九井 諒子]

ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。
再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、飢え死確定。
そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」
襲い来る凶暴なモンスターを美味しく料理して食べながら、冒険者はダンジョンの踏破を目指す!



これは本家「このマンガがすごい!」で1位だった作品。
確かに設定が面白すぎるし、そのストーリーにピッタリの絵も魅力的!
料理マンガとして成立しそうなくらい美味しそうなモンスターメシは、普通に食べてみたいw
だけど、1巻のワクワク感と比べ、2巻で若干パワーダウンした感があるかなぁ、と。


[⑤ 二次元JUMPIN'/高橋 ツトム]

念願の出版社に入社できた社会人一年生・安倍春樹が配属された先は人気の青年漫画誌「週刊ヤングアタック」編集部。
緊張の配属初日、気合を入れて臨んだものの、そこで出会ったのはひとくせもふたくせもある、チョットおかしな人ばかり。
これまでの常識が一切通用しない“魔人の巣窟"にて、普通の青年・安倍春樹の波乱に満ちた奮闘の日々が始まる。



漫画雑誌の編集者の話。
途中~ラストまでの風呂敷の畳み方からして、おそらく打ち切りになったんじゃないかな?と思われる同作。
ぼく自身漫画が大好きだから、自然と漫画編集者ってのにも興味が湧いてるのかな。笑
内容は、途中から中々普通じゃあり得ない展開だけど、どうなるんだろう?って続きが気になる漫画だった!

[スポンサードリンク]


[⑥ 波よ聞いてくれ/沙村 広明]

鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。
すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。
激高したミナレはラジオ局に突撃するも、ディレクターの口車に乗せられアドリブで自身の恋愛観を叫ぶハメに。
この縁でラジオ業界から勧誘されるミナレを中心に、個性あふれる面々の人生が激しく動き出す。



作者はベテラン漫画家・沙村 広明。
独特のセリフ回しに流れる様なテンポ、その作中の雰囲気のままにページをめくっていったら、色々読み飛ばしてしまいそうになるくらいの疾走感は流石!
ミナレのキャラクターも良くできてるし、面白いんだけど、読み終わった後の疲労感がハンパない!何だコレ?笑


[⑦ サムライせんせい/黒江S介]

幕末の志士・武市半平太が、150年後の現代にタイムスリップ!
自分の生きた時代とはまったく違う、現代日本の文明や思想に戸惑う姿をコミカルに描きながら、
信念を貫くサムライならではの真っ直ぐさで閉塞感あふれる現代日本を斬りまくる。



ドラマ化されて初めて存在を知って漫画を読んでみたら面白かった作品!
ドラマはCMくらいしか目にしてないけど、実写化しやすい内容だな~とは思う。
「現代→過去」へのタイムスリップものってのはよくあるけど、逆は最近無かったかな?
中々現代に染まらない先生がいいね!そして、幕末の志士で最も有名なあの人物も登場して…この先が気になるな~!


[⑧ 六本木ブラッククロス/モリ ヨウスケ 柳沢 きみお]

幼い頃の記憶を失ったまま生きてきた黒木光太郎は、22歳のある日、本当の家族を奪われていたことを知る。
家族の仇を探し潜りこんだのは、大手芸能事務所。
六本木に広がる闇のなか、光太郎の孤独な戦いが始まる。
一人の男が挑む己の記憶と家族を取り戻す復讐の物語。



無料漫画アプリ「マンガボックス」から一つ選んでみた。
マンガボックスには割と面白い漫画が揃っていて、それが毎週無料で読めるのは強い!
マンガって、まず読んで貰うまでの障壁が高いからね。
この中なら「天空侵犯」「穴殺人」「恋と嘘」あたりも面白いね。


[⑨ スティーブス/うめ]

Mac、iPod、iPhone、iPad・・・世界を変え、世界を作った企業・アップルコンピュータ。
今から約30年以上前、その中心にいた2人のスティーブ、ジョブズとウォズニアックは、まだ無名だった。
二人の武器は圧倒的な向上心と探究心と遊び心。
向かうところ敵だらけ、障害だらけの1970年代のシリコンバレーを舞台とした二人の革命を見よ!



Apple好きのぼくには、何度も読み返したくなる漫画!
もちろんある程度脚色も入っているだろうし、マンガ独特のエフェクトはかなり強烈に掛かっているけど、面白い!
この先、ジョブズが死ぬまでを描いてくれるのかな?
丁寧にゆっくりと描いてほしい作品だ!
ちなみに、最近「iPod Air2」を買いました。笑


[⑩ 有害都市/筒井哲也]

2020年、東京の街ではオリンピックを目前に控え、“浄化作戦”と称した異常な排斥運動が行われ、猥褻なもの、いかがわしいものを排除するべきだという風潮に傾き始めていた。
そんな状況下で、漫画家・日比野幹雄はホラー作品「DARK・WALKER」を発表しようとしていた。
表現規制の壁に阻まれながらも連載を獲得するが、作品の行方は…“表現の自由”を巡る業界震撼の衝撃作!!



実際にありそうで怖い内容の漫画。
テレビでも雑誌でもクレームと自主規制で、段々表現の幅を狭めて言っているような気がする昨今。
何かのきっかけで、一気に表現の自由が奪われるとしたら…
そのきっかけが、2020年のオリンピックになってしまう可能性も無きにしも非ず…?



こんな感じになった!
今年は初刊のモノより、完結した漫画、中期連載中の漫画の方が心を揺さぶられた気がするなァ。
でも、悲しいかな次々に読んじゃうから忘れて言っちゃうんだよね。泣
来年からは、マジで備忘録として、感想書いとこうかな…。


[関連リンク]

[2015年]かんりにんが「毎週」読んでるオススメマンガ15選まとめ

[2015年]かんりにんが「毎月」読んでるおすすめ漫画15選

コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

No title

ワンピースの考察だけでも大変でしょうに色んな漫画を読まれるんですねー。ジャンルもばらばらだ。すごいなあ。ダンジョン飯以外に知ってる漫画が無くてどれも読んだ事は無いのですがどれも面白そうですね。町田くんの世界読んでみたいなあ。

いつか時間があれば管理人さんの「歴代トップ10好きな漫画」なんかも知りたいですね(選ぶの難しいかもしれませんが)。どんどん備忘録書いちゃってくださいお願いします! 

たくさん読んでるんですね。
自分はジャンプとキングダムくらいしか読んでないので
面白い漫画をこうやって紹介して貰えるのは有難いです。

>スターチェイスさん

いえいえ~楽しくてやってるんで(*^。^*)

町田くんの世界はサラリとイイ感じですよん!

「歴代トップ10好きな漫画」!

んおお~難しいですねェw

いつかできたらいいな~~(^○^)

No title


>ジャンプとキングダム

キングダム面白いですよねぇ(*^。^*)

ぼくも今年、アメトークきっかけで、また読みかえして面白さを再確認しました~笑

No title

うわ〜わたしも町田くん見てるー=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)笑
町田くんの様に優しい男の子が周りにいたらなぁ〜w

>ぱるさん

お~~見てますか(*^。^*)!

町田くんは見ると心が優しい気持ちになれますよね~

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]