記事一覧

[第790話]ドフラミンゴの最後の技“神誅殺”の由来について考える


第790話“天と地”にて、ルフィvsドフラミンゴついに決着!

ルフィの“大猿王銃”に対して、ドフラミンゴが最後に放った技は“神誅殺(ゴッドスレッド)”
実はこの技はこれまでのモノと少し異なる。

これまでは、技名の中に「糸」だったり、読み方に「~イト」みたいに、技名が「イトイトの実」に纏わる技が大半だった。
(“鳥かご”や“蜘蛛の巣がき”等 例外もあるけど)

さらに、異名として“16発の聖なる凶弾”と付いてるのもちょっと特別感がある!
ということで今回はその「“16発の聖なる凶弾 神誅殺(ゴッドスレッド)”」の由来について考えてみたい。

まず“神誅殺(ゴッドスレッド)”の由来について…

読み方“ゴッドスレッド”は直訳で「神の糸」
この“神”とは“天竜人”の事で、元ではあるが「ドフラミンゴ」自身の事を表していると思う。
そして“誅殺”とは、そのままの意味だと「罪を咎めて殺すこと」

最後に“16発の聖なる凶弾”について。
“聖なる凶弾”は天竜人の力の象徴である「拳銃」を表していて、
“16発”って数は、「十六善神」からきてるのかな?天「夜叉」繋がりで。

十六善神(じゅうろくぜんしん)とは、四天王と十二神将と合わせた合計十六名の般若経を守る「夜叉神」とされる護法善神のことである。
[wikipediaより]


[スポンサードリンク]


上記をまとめて考えると…

「(元)天竜人である“天夜叉”ドフラミンゴが、自分に従わない人間にその罪を咎め殺すための“神の力を宿した16発の凶弾”」って感じかな?
他の技と異なって感じていたのは、この技が天竜人・ドフラミンゴとして放った攻撃だったからだ。

それを破り撃ち抜き地に落とした“D”であるルフィ…
天敵である“D”による“神”落としか~それを象徴する決着だった!!

[追記]

この16発の元々の意味は分からないが、ドフラミンゴがこの技に込めた思いは分かった。
幼少期に迫害された時の暗黒の記憶が元となっているみたいだ。
そもそも、下々民に16発の銃弾を撃ち込んだのは天竜人だから、この「16」という数字にはやはり何かしらの意味があるのかもしれない…


コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]