記事一覧

[速報]第787話“4分前”あらすじ

[週刊少年ジャンプ26号](少々ネタバレを含みますのでコミックス派の方はご注意ください)


・蹴り飛ばされたバージェス

・ギャッツ「おォ!!三ツ星の受刑者!!革命軍の参謀総長だァ~!!!」

・サボ「おれは革命軍の“サボ”…!!“麦わらのルフィ”はおれの弟だ!あいつに何か用か!?バージェス」

・バージェス「“麦わら”が…弟ォ~!?どこかで聞いたセリフだ…」

・サボ「おれ達は三兄弟さ…!バナロ島の決闘で…お前ら黒ひげ海賊団がエースを捕らえ、それがあの忌々しい頂上戦争の引鉄になった…!エースの人生だ…別にお前らを恨みやしないが──以後ルフィのバックにはおれがついてる!よく覚えとけ!」

・バージェス「てめえらの関係なんて興味ねェよ!邪魔するな!革命軍にも用はねェ!」

・サボ「個人的にも、か?」

・自分がコロシアムで戦ったルーシーの正体がサボであることを悟るバージェス

・ドフラミンゴがやってくるが、自分はバージェスに手がかかりそうだとルフィに言うサボ

・ルフィ「キャッツ達が時間稼いでくれる、ミンゴは俺が仕留める!」

・ギャッツ「ギャッツだ!」

・ルフィ「サボ、食ったんだな…エースの実」

・サボ「誰にも渡さねェよ…あいつの形見だ」と笑う

・バージェス、ビルを真っ二つにする威力の“不沈艦(ガレオン)ラリアット”で殴りかかるも、炎状態のサボには効かず

・サボ「燃える竜爪拳…火炎“竜王”!!」で逆に吹き飛ぶバージェス

・剣闘士達「四皇のクルーを吹き飛ばした!!」「強ェ!さすが革命軍のNo.2!!」

・サボ「標的をおれに切り替えたな…!?──つまり目的は噂に聞く“能力者狩り”か!!」

・逃げるギャッツの背中で決勝戦のルーシーは自分じゃなくサボだったと説明するルフィ

・ギャッツ「…そ!そうだったのか!反則だぞ!!…だが…よかったな 亡き兄弟の能力を受け継ぐなんて熱い話だ まあいい!…とにかく今はお前の復活だけがこのドレスローザの…希望なんだ!」

・すると後ろから爆音…逃げながら振り返ると町と人を破壊しながら歩いてくるドフラミンゴの姿

・ドフラミンゴ「雑魚共が!お前らを消すのに体力なんざいらねェ!出てこい“麦わら”ァ!後悔させてやる!!」

・中心街から逃げる市民達と鳥かごから逃げる市民達が鉢合わせ「何だよじゃあ…どこへ逃げればいいんだ!?」

・腕と刀を武装硬化し“鳥カゴ”を食い止めようとするゾロ

・錦えもん「何をゾロ殿!そんな無謀な!押して止まる様なものじゃござるまい!」

・ゾロ「なぜわかる…!?無理だと騒いでるヒマがあるなら手伝え妄想野郎共!たかだか人間1人の能力だ…止まらねェ方がおれには不条理だ!」

・一方SMILE工場──フランキーとトンタッタたちが工場を全員で押して鳥かごにぶつけ、押し戻そうとする

・王宮のある台地に陣取るファミリーの雑魚達

・安全地帯を自分たちで占領して市民たちを打ち殺し近づけさせない

・そこにキュロス、バルト、チンジャオファミリー、ハイルディンたちが駆けつけ雑魚を一掃

・重症だったハイルディンたちはマンシェリー姫の力で復活していた

・ハイルディン「…おれはなぜ動けるんだ…!?」

・ダガマ「私も…とても動ける様なキズではなかったハズ…」

・レオ「安心はしないでくらさい!!──これはマンシェリー姫の選んだドレスローザの延命措置!!」

・キュロスの指示とサイの掛け声で市民たちを鳥かごの中心部である台地へ避難させる

・サイ「男どもは甘ったれずにおれ達についてこいやい!」

・だがそこで、ドフラミンゴが鳥かごの収縮速度を速める

・迫る“鳥かご”…押し戻そうとするゾロやフランキー達

・無言で仰向けのまま空を見るロー「…」

・バルトロメオ「さァおれ達の出番だべ~っ!!」

・そして空にフワフワと光る複数の「何か」を発見する藤虎「!?」

・一人どこかに走るレベッカ

・鳥かご中心到達&大量虐殺まであと「3分」

・ルフィ覇気復活まであと「4分」!!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]