記事一覧

ONE PIECEでオマージュされてる神話・伝承・聖書まとめ


ONE PIECEの作中では数多くのオマージュが見られる。

前回は昔話・おとぎ話・童話の類をまとめた。

そして今回は、作中でオマージュされている「神話・伝承・聖書」の類をまとめてみたい。


[アダムとイブ]
旧約聖書 創世記に記された、最初の人間。
食べてはならないと言われる「善悪の知識の実」を蛇に唆され食べてしまい、2人はエデンの園から追放される。


ONE PIECEでは、「宝樹」「陽樹」という樹の名で使われている。
「宝樹アダム」は、世界にたった数本しかなく、たとえどんなに激しい戦争を繰り返してもそこに立ち続け、何が起きても倒れないと言われる最強の巨大樹。
「陽樹イブ」は、世界に一本しかなく海底1万mに地上で受けた光をその根に灯し、その樹の根の呼吸は空気をも海底へ供給する神秘の樹。


[ノアの方舟]
旧約聖書 創世記に登場する、大洪水にまつわるノアの方舟物語。
その物語中の主人公ノアとその家族、多種の動物を乗せた方舟自体を指す。


ONE PIECEでは、魚人島 魚人街にある「約束の船」を指す。
この「ノア」は「来たるべき日まで決して動いてはいけない船」だという。


[プルトン]
ギリシア神話に登場する「冥府の神」「地下の神」で、冥界や魂の全てを支配するとされる。

ONE PIECEでは、かつてウォーターセブンで作られた「造船史上最悪の戦艦」
一発放てば島一つ吹き飛ぶほどの威力を持つ。


[ウラヌス]
ギリシア神話に登場する「天空の神」。
全世界を最初に支配した神の王ともされており、天の神格化とも。


ONE PIECEでは、まだその名のみ。


[ポセイドン]
ギリシア神話に登場する「海の神」で、海を自由自在に操ることができるとされる。

ONE PIECEでは、数百年に一度生まれる、海王類と心を通じ合わせられる人魚で現在では「しらほし姫」の事。
それは、世界を海に沈めてしまうほどの力を持つ。


[ネプチューン]
ギリシア神話での、海神「ポセイドン」と同義

ONE PIECEでは、魚人島リュウグウ王国の王「ネプチューン」として登場。
その娘が古代兵器の「ポセイドン」であることに繋がりを感じる。


[オーズ]
北欧神話に登場する神で、その名は「激情」を意味する。

ONE PIECEでは、500年前「魔人」や「国引きオーズ」と呼ばれ、討ち取った国を島ごと自分の領土に持ち帰り、そこに悪党達による国を築き上げたという「国引き伝説」を持つ狂戦士。
巨人族を遥かに上回る巨体を持つ。


[モーセの海割り]
旧約聖書 出エジプト記に現れる古代イスラエルの民族指導者。
モーセと言えば、杖を振り上げると海が割れたというエピソードが有名。


ONE PIECEでは、バギーが似たシーンを演じている。
インペルダウンからマリンフォードに入る際、絶対に開かないと言われている「正義の門」が開いた場面。
杖を持ち両手を上げたバギーが開いたと勘違いしたインペルダウンの囚人が拝んでいたw


[ソドムとゴモラ]
旧約聖書 創世記に登場する、天からの硫黄と火によって滅ぼされたとされる都市の名。

ONE PIECEでは、フランキー一家専用の2頭のキングブルにその名が使われている。
エニエス・ロビーの戦いにおいても活躍し、その際にソドムは迫撃砲で大胸筋をやられ、ゴモラは有罪陪審員の鉄球を喰らって失明してしまうが、2匹ともチョッパーの治療によって回復した模様。


[スポンサードリンク]


[クラーケン]
北欧伝承の海の怪物。
中世から近世にかけて、ノルウェー近海やアイスランド沖に出現したとされていたとされる。


ONE PIECEでは、北極の怪物と称される巨大なタコで船を狙い大海原を駆け巡る悪魔として登場。


[グングニル]
北欧神話の主神オーディンが持つ槍の名。
その名は古ノルド語で剣戟の響きの擬音を意味する。


ONE PIECEでは、巨人族の戦士ハイルディンが「英雄の槍」と銘打つ一撃に、この名がつけられている。


[国引き]
出雲国に伝わる神話の一つ。
出雲国風土記の冒頭に書かれている。
当初作られた出雲国は失敗作であった事から、遠くの余った土地を裂き、四度「三身の綱」で「国」を引き寄せて縫い合わせ、できた土地が現在の島根半島であるという。


ONE PIECEでは、500年前の狂戦士オーズが似たような伝説を持っている。
討ち取った国を島ごと自分の領土に持ち帰り、そこに悪党達による国を築き上げたという。


[ミノタウロス]
ギリシア神話に登場する牛頭人身の怪物である。
ミノタウロスは成長するにしたがい手におえなくなり、迷宮(ラビュリントス)に閉じ込められた。


ONE PIECEでは、インペルダウンの内部を徘徊する獄卒獣の一体として描かれている。
二足歩行で歩く牛のような外見で、片手に棘付きの巨大な金棒を持っており、振り回し攻撃する。
正体は覚醒したゾオン系の能力者だと言う。


[ゴルゴン三姉妹]
ギリシア神話に登場する醜い女の怪物。
その名は「恐ろしいもの」を意味する。
神話によると、ゴルゴンの顔を見たものは石になってしまう。
髪の毛の代わりに生きている蛇が生えている。


ONE PIECEでも、同じ名の三姉妹が登場。
長女の異名は「蛇姫」。能力はメロメロの実で自分の魅力に見惚れた者を石化させることができる。
次女・三女は共にヘビヘビの実を食べ、その能力で髪を蛇の様に変化させ攻撃をする様は正にゴルゴンそのもの。


[雷に纏わる神・雷獣・雷鳥]
北欧神話の戦と雷の神「トール」
北アメリカ、イロコイ族巨大雷鳥「ヒノ」
日本の雷獣「木貂」
アーネムランドの雷神「ジャムブウル」
オーストラリア中央部の雷神「ママラガン」
マライ半島小人族の雷神 「カリ」


ONE PIECEでは、神エネルの技名として多く登場した。


[ハーピー]
ギリシア神話に登場する腕と下半身が鳥の様になっている女性の怪物。
鋭い爪で人を襲うとされ、また殆どが肉食なので人を食べる者も。


ONE PIECEでは、ドンキホーテファミリーのモネが「ハーピー」と呼ばれていた。
元々普通の人間だったと思われるが、パンクハザードにてローの手術によってその姿に?
ユキユキの実の能力者で、雪の怪物となり人に噛みつく様子もハーピーそのものだ。


[ケンタウロス]
ギリシア神話に登場する半人半獣の種族で、馬の首から上が人間の上半身に置き換わったような姿をしている。

ONE PIECEでは、パンクハザードに茶ひげの部下として登場。
ローの手術によってその姿になったと思われる。


[ペガサス]
ギリシア神話に登場する伝説の生物。
鳥の翼を持ち、空を飛ぶことができる馬とされる。


ONE PIECEでは、空島の登場したガン・フォールの相棒であるピエールがそれにあたる。
天点鳥のピエールが、ウマウマの実を食べた為、鳥獣形態だとペガサスになるが、水玉模様で微妙だという。


[ゼウス]
ギリシア神話の主神たる全知全能の存在。
全宇宙や天候を支配し、人類と神々双方の秩序を守護する天空神。
全宇宙を破壊できるほど強力な雷を武器とする。


ONE PIECEでは、“ビッグ・マム”が魂(ソウル)を注ぎ造りだした「雷雲」のホーミーズにその名が付いている。
マムの怒りに呼応するように力を奮うが、普段は可愛い帽子を被った雲。


[プロメテウス]
ギリシア神話に登場する男神。
天界の火を盗んで人類に与えた存在として知られる。
また人間を創造したとも言われる。


ONE PIECEでは、“ビッグ・マム”が魂(ソウル)を注ぎ造りだした「太陽」のホーミーズにその名が付いている。
前述した「ゼウス」と同じく、マムの怒りに呼応するように力を奮う。


これ以外にもあるだろうけど、まとめにくいモノが多い気がする。笑

こんな感じでまとめられるものがあれば追加予定!


[関連リンク]

WCI編とスリラーバーク編の共通点まとめ

サンジ奪還編とロビン奪還(エニエスロビー)編の類似点まとめ

ONE PIECEでオマージュされてる昔話・おとぎ話・童話まとめ

コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

No title

エニエスロビーに出てきたソドムとゴモラは旧約聖書の創世記に出てくる街から取った名前ですね。

同じく旧約聖書に名前が登場するキュロスは、かつて実在していた王で。従属していた王国への反乱を起こし、数々の戦いを征するなど、英雄的な所もモデルにされていそうです。

旧約聖書にはサウルという名前も出てきます。
アマレク人を滅ぼせという神の命令に逆らい、見放されるというエピソードは、オハラのバスターコールに逆らった話とダブります。

オーズの国引き伝説は古事記・日本書紀に出て来た 国ツカミの神話(漢字忘れた)ですね

パンクハザードはなんのオマージュですか?(真顔笑)

エネルの技の一つ、腕を雷に変えて光線のように放つ神の裁き【エル・トール】
北欧神話の雷の神トールから…だと思われます。

管理人さん、要望に応えて頂きありがとうございます。
…思ったより難しいですね(汗)

エジプト神話に隼の顔をした神、ホルス神と、ジャッカルの顔をした神、アヌビス神がいます。

ミノタウロスもギリシャ神話ですね。

あと、アダムとイブについては、ぜひ蛇にそそのかされて禁断の実を食べた〜楽園追放されたってとこまで書いてほしいなと。
何か想像をかき立てるんですよね。

また考えてからコメントします(汗)


蛇姫三姉妹がゴーゴン三姉妹だというのは誰かが言ってましたよね。
そういう単発で既に完結しているものと、
ノアの箱船のように、旧約聖書の中で種の保存の為に使われた船で、これから物語の中でも似たような使われ方をするんじゃないかという、予想の役に立つものと、
二種類ありますよね。
後者の情報が集るといいなぁと思ってるんですけど、難しいものですね。

トラファルガーの海戦、ワーテルローの戦いなどは?

北欧伝承の海の怪物【クラーケン】
中世から近世にかけて、ノルウェー近海やアイスランド沖に出現したとされていたと…。
本編では、北極の怪物と称される巨大なタコで船を狙い大海原を駆け巡る悪魔と…。

No title

エネルの技は神話由来が多いですよね
33巻のSBSで尾田先生が元ネタについて答えてました

(エル・トール)
〝神の裁き〟→トール→北欧神話の戦と雷の神

(ヒノ)
〝雷鳥〟→ヒノ→北アメリカ、イロコイ族巨大雷鳥

(キテン)
〝雷獣〟→木貂→日本の雷獣

(ジャムブウル)
〝雷龍〟→ジャムブウル→アーネムランドの雷神

(ママラガン)
〝万雷〟→ママラガン→オーストラリア中央部の雷神

(アマル)
〝雷神〟→アマル→天降る意味。日本の落雷

(カリ)
〝電光〟→カリ→マライ半島小人族の雷神

―って感じかなー。あと〝放電(ヴァーリー)〟は、雷がヴァリヴァリ言うからです。まーようするに適当です。何語でもないですから。

だそうです

No title

ある程度知ってたけどこれを全部説明付きでまとめるかんりにんさんすごいですね!
僕もちょっと調べてみます 笑

No title

ハイルディンの必殺技のグンニグル「英雄の槍」は
北欧神話の主神オーディンが持つ槍で、

神話のポセイドンが海を固めたものは海楼石らしいです

神話は難しいですね;^_^A思いつくのは全部既出していますし。
童謡なら『オモチャのチャチャチャ』とかドレスローザ編まんまじゃないか!!と思ったことはありますが。

>皆様へ

ありがとうございます~(*^。^*)

大幅に追加させていただきました!

幾つかまだ追加しようと思ってます~キュロスとかサウロとか、今調べ中です(^<^)


>トラファルガーの海戦、ワーテルローの戦い

これは実際に合った戦いなので、ここでは対象外ですね(^○^)

まとめありがとうございます、こういうの大好きです♪(´ε` )

ウソップ自身とラブーンのエピソードは童話のピノキオから来てると思いますよ(^-^)/

No title

ハーピー(モネ)やケンタウロス(茶ヒゲ他)、ペガサス(ピエール)、『スリラーバーグ』のケルベロスもギリシア神話由来ですね。
ペガサスは微妙で、ケルベロスはキツネ混ざっていたしたけどね(笑)
探せばまだまだありそうです。
前回の物語オマージュ等、こう言う記事は面白いです。

No title


>円さん

それはコチラですね↓(*^。^*)

オマージュされてる昔話・おとぎ話・童話まとめ
http://onepiece-log.com/blog-entry-461.html


>100さん

ギリシア神話由来のハーピー、ケンタウロス、ペガサス、ケルベロス、追加しておきますね(^○^)!

頂上戦争の時の白ひげの死に方って武蔵坊弁慶の死に方と同じじゃないですか?
神話・伝承のうちに入るかわからないですけど笑

>蒼さん


>武蔵坊弁慶の死に方と同じ

オマージュされてそうですね(^J^)

ただ、神話伝承ではないか~~

No title

ふと思ったんだけど、バスターコールの攻撃でもこわれなかった全知の樹って、アダムだったり?w
それなら、同じくポーネグリフが中に入ってたくじらの樹もアダムだったり?w

>toppoさん


>バスターコールの攻撃でもこわれなかった全知の樹

「世界にたった数本」って言われてるんで、その中の一つって事は十分に考えられますね!

エースの出生時にエースを探すため子供も大量に処した事とヘロデ王のベツレヘムの嬰児大虐殺は対象外ですかね?一応聖書ネタです

ズニーシャ(象主)は、インドヒンドゥー教の象の顔の神様ガネーシャからきていそうです。
ガネーシャの父シヴァ神は額に第三の目があるので、プリンちゃん関係ありそうです。

>う~んさん


>聖書ネタ

う~ん、どうですかねぇ。。

ちょっと関連は薄いですかね(゜-゜)

>りんこまさん


>ズニーシャ(象主)は、ガネーシャ

これは意識してそうですよね(^○^)

近いうち追加しておきます!

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]