記事一覧

[北米版SBS]ルフィの母親は生きている!登場はいつ!?


ONE PIECEの物語の中で、解消されてない事柄はいくつかある。

今回書くのは、その中の一つ「ルフィの母親は誰!?」論争。

3881.jpg

ネットでは出処不明の未確認情報が飛び交っているけど、どれも憶測の域を出ない。

例えば「ルフィの母親はもう既に作中に名前付きで登場している!と尾田先生が発言した」ってのもデマだったらしいし…笑

でも一つだけ、2008年に尾田先生が「ルフィの母親」について言及していた。

それは2008年に発行された、北米版の週刊少年ジャンプ「SHOUNEN JUMP」の中で。

それに掲載された、尾田先生が北米読者の質問に答えた「北米版SBS」より抜粋。

[John Irons]
What is Luffy's mother like?
Was she beautiful?
What happened to her?
Did she die when Luffy was a baby?

[読者]
ルフィのお母さんはどんな人?
美人?
彼女に一体何があったの?
ルフィが赤ん坊の時に亡くなったの?


[EO]
I think she's alive. I'm still thinking hard about this. [Laughs] But if she does appear in the story, then she'll be a very tough-looking woman. And strict. There's no way that she's a beautiful mother. She's got this typical middle-aged woman's permed hair. Speaking about families, I did a backstory for Nico Robin and her family. That was actually the first time for me to draw a mother in a character's memory. Up until that point, I'd never drawn a blood relation. In Chopper's case, he's called a son even though he's not blood-related. So I've put in a message there saying that you can still call someone who's not related by blood your family.

[尾田先生]
生きていると思う。これについては今でも悩んでるけど(笑)
ただ、ストーリーに登場するなら、すごい屈強な女性じゃないかな。そして厳格。
美しい母親になるはずはないし。それで、典型的な中年女性がするようなパーマをしている。
家族の話といえば、ロビンの家族の話を描いたことがあったけど、キャラクターの回想で母親を描いたのは実際ロビンが初めて。この時までは、(回想で)血縁のある親族を描いたことがなかったから。
チョッパーの時は、血縁はないけど、「息子」って呼ばれてたね。
血縁がなくても、家族って呼ぶこともあるってこと。


[スポンサードリンク]


ウソップの回想にも母親(バンキーナ)出てきてたけどねw

尾田先生、ナチュラルに忘れてるんだろうなぁ。笑

[コメント欄より追記]
バンキーナが亡くなった時の回想は、ウソップのモノではなくメリーが語ったモノでしたね。
ナイスなご指摘ありがとです。


さて本題の、ルフィの母親。

生きてるけど、どう登場させていいか悩んでる感じなのかな?

それとも、この時点で考えていたのは「ダダン」

2042.jpg

「血縁がなくても家族って呼ぶこともある」
「屈強な女性」
「美しい母親になるはずはない」
「典型的な中年女性がするようなパーマ」


コレ全部当てはまるってる!笑

これが掲載された2008年時点では、まだダダン出ていない。

この時点での尾田先生想定の「ルフィの母親」というのは、「ダダン」だった可能性はあるのかな。

この先、ルフィの実母(生みの親)が出てくる可能性もあるけど、ダダンも立派にルフィの母親(育ての親)って言えるよね!


[関連リンク]

ガープ、ドラゴン、ルフィ…“モンキー家”の家系について考える

ルフィ進化の軌跡!“ギア”2・3・4まとめ

ルフィvs毒!これまでのルフィの「毒遍歴」まとめ

コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

バンキーナwww
まあこんだけ濃い物語描いてたらうっかり忘れる事もありますよね…

やっぱり尾田っちが言ってる条件に合うのはダダンだなぁ
今後ルフィ母に出てきて欲しいような…出て欲しくないような…

No title

正直そこまで気にする必要はないと思いますけどね。初期構想で考えていないということは、ストーリーには大きく関与しないわけですから。
私が気になるのはナミですね。元々STRONG WORLDはナミの出生にせまる話にするつもりだったそうです。原作でやるかはわかりませんがいつか明かされると思っています。

ルフィの父親は革命軍だからルフィに会わないのは分かるけど、ルフィの母親が生きていたとしてここまでルフィに音沙汰がないのは不自然だから、多分ルフィの母親はすでに亡くなってる気がする。

ビッグマムがルフィの母親とか 無いか。

>新人ハルさん


>今後ルフィ母に出てきて欲しいような…出て欲しくないような…

コミックスも80巻を超えて、ここからルフィの母親ですってのが出てきてもねェ(+o+)

個人的には既に死亡しているんでは??と思ってもいます。。

No title


>元々STRONG WORLDはナミの出生にせまる話にするつもりだったそう

おお~そうなんですか(^○^)

今回のGOLDでもナミの過去が多少明らかになりそうですよね~!楽しみですね!!

>アントマンさん


>多分ルフィの母親はすでに亡くなってる気がする

ぼくもそれに同意です~(^ム^)

登場するかも!ってのは過去回想とかでかな~と考えてます!

No title


>ビッグマムがルフィの母親とか

んん~~~そうなれば今回の邂逅は…見ものですなw

オダッチは
本人が過去を思い出すストーリー
と言いたいのではないでしょうか?

オルビアは
ロビンが過去を思い出し
登場した人物だったと思います

バンキーナは
メリーが村の人から聞いた話であるため
カウントされないと思います

>ウソロアさん


>本人が過去を思い出すストーリーと言いたいのではないでしょうか?

お、そうかも(^○^)

そう考えたら納得ですね~!

ウソップの過去はメリーが語ったもんだったか(^J^)

ルフィの母親は死んでると思う。
ドラゴンが世界を変えると誓った理由が母親がなくなるキッカケの事件があったとかだったらまぁ、よくある話ですけどドラゴンのバックストーリーとしてはしっくりくるかも…

No title


>ドラゴンが世界を変えると誓った理由

ここと繋がってくると盛り上がりますな(^○^)ノ

6月にupの記事からどこが更新されてますか?
毎日記事書くの大変だと思いますが
過去記事載せるなら追記、再掲とか
分かりやすくしてほしいです


最近見始めた人には新しい記事でしょうけど
昔からの人には
管理人さんも毎日更新はご苦労なのだな、が感想です

それを思うと再掲はやめてください、は言えません(笑

No title

普段からよく読んでいただいているようで(^○^)

変わったトコと言えば、画像の追加とコメント欄からの追記くらいですかねw

とある記事でルフィの母親はマムでは!?ってのを見たんで、関連記事の見直しを~っと思っての再掲でした(^J^)

昔から見てくれてる方には物足りないでしょうけども、サイト全体のクオリティを少しずつ上げるための記事の追記&リライト作業なんでご容赦くださ~い!笑

ガープの子がルフィの母親説ありますよね

ドラゴンはガープやルフィと全然性格が似てないということで母親がガープの子供でそのドラゴンとできた子がルフィってなんかで読んだことある

ルフィの母親がでてくるならこのことに触れそう

No title

このコメントは、
「ルフィには、厳格な育ての母親がいますよ!」
という意味なのだと思います。
そして、ルフィ自身には、実際の母親の記憶はありません。
・・・という意味にもとれます。

この時点で、ストーリーに登場させるなら、ダダンと構想していたのだとすると、すごいですね。
さすがだなぁと思います。

フーシャ村の村長の
「運命か・・・」
は、気になったままです。
海軍のガープ、革命軍のドラゴン。
なぜ、海賊になったことが運命なのか。

生死はともかく、自由とは反対の何かが、ドラゴンや母親の運命を変えたのだろうなぁとは想像していますー。

だから、海軍から逃げ出したらしいジュエリー・ボニーは、まだ疑っているんですよねぇ・・・。

>ジョーカーさん


>ガープの子がルフィの母親説

似たようなことを下記にて考えています(^○^)

ガープ、ドラゴン、ルフィ…“モンキー家”の家系について考える
http://onepiece-log.com/blog-entry-569.html

>あっかんべェさん


>フーシャ村の村長の 「運命か・・・」 は、気になったまま

確かにあれは気になりポイントですよねぇ(゜-゜)

まさか義兄のエースが海賊になったことを指すわけじゃあるまいし…

No title

何巻か忘れましたが質問コーナーにて「母は冒険の対義語」的なことを言っていました。
なのでルフィの母親も海賊や冒険家ではなく一般人の可能性もあるかと。

革命軍でドラゴンと一緒にいるという可能性もあるかも?

>イkさん


>母は冒険の対義語

第78巻のSBSですね(^○^)
http://onepiece-log.com/blog-entry-132.html

私はルフィに関しては母親は本編には出てきてほしくないかなーって思います。
本当に、冒険とは真逆の存在ですよね。

物語では血縁のあるなしに関係なく人との絆がずっと描かれてきてますし。
母親って一般的にとても特別な存在だと思うので、登場しちゃうと今まで描かれてきたものが揺らぎそうな、私の中のワンピースの世界観が壊れてしまいそうな気がしてこわい(^◇^;)

No title

別にルフィの母親を登場させる事に関しては反対
しない(問題はルフィの母親がどう物語に絡ませるかが尾田先生の見せ所ですね)。
ワンピは血縁よりも他人でも実の親子以上の絆を
紡ぐ物語なので主人公側の親子関係はそんなに
気にならないですね。

田中真弓さん曰く

FILM GOLD公開記念トークイベントで、ルフィ役の声優・田中真弓さんがその事を語っていました。

https://youtu.be/0pmPC3xBHI4

YouTubeの動画になります(50秒くらいの所)。本当かどうかは分かりませんが、今のところ母親を描く予定はなさそうです。

>やだもんさん


ぼくも個人的には出てこなくてもいいかなって思ってます(^J^)

80巻を超えるONE PIECEの物語の中でいきなり主人公の母親が出られても…的なねw

>ヌギレ・ヤイヌ さん


>主人公側の親子関係はそんなに気にならない

それでもやっぱり出てきたら気になる存在になるのは間違いなさそうw

>ななしさん


>今のところ母親を描く予定はなさそう

この映像見る限り描かれそうにないですよね(^<^)

ま、それはそれでアリですね!

No title

たぶんルフィの母親は死んでる。
もし生きていたら、子供のころのルフィを置いて島を出ていく必要があるから。その理由付けってどんな理由を繕おうが無理やりな感が残る気がする。
村長の「夢か定めか」のセリフを拾うなら、フーシャ村(ゴア王国)の外出身だと設定して、フーシャ村に足を運んだ理由として海賊だったということに必然的になるけど、やっぱり子供一人を置いてもう一度海に出なければいけないほどの出来事、もしくは事件ってどんなビッグイベントだよって思う。

ルフィの母親はゴア王国の元王女とかで、ドラゴンはゴア王国のお尋ね者的な存在だった。でもその二人が惹かれ合って、ルフィが生まれて、国にバレて、お尋ね者なんて排除だ排除って感じでドラゴンとその子供が迫害され、元王女はその中であーだこーだあって処刑されたとか、流れ弾に当たったとかで死んで、革命家になることを決意した。って感じじゃないですかね。時系列的にもロジャーが処刑されたとき、ドラゴンは顔に刺青がなかったし、この頃はまだルフィが生まれてない。そんでサボにゴア王国で出会ったとき、ドラゴンの顔に刺青が彫ってあった。繋がらなくもない。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]