記事一覧

GWはこれを読もう!不思議な魅力「それでも町は廻っている」


GW(ゴールデンウィーク)に突入してはや数日!

どこかに行きたいけれど、人混みが苦手で疲れやすい…

そんな貴方にオススメの休暇の過ごし方をご紹介。


それは…


「10~20巻程度のマンガの一気読み」!!!!笑

ONE PIECEみたいに80巻もある様な超巨編マンガを一気に読むのは疲れちゃう。

かといって数冊で終わっても味気ない。

てことで、10~20巻当たりのマンガがGOOD!!!

今回オススメするのは4月30日に新刊15巻が出たばかりのマンガ「それでも町は廻っている」

「それでも町は廻っている」

作者:石黒正数
既刊:15巻(以下続刊)
出版社:少年画報社
連載雑誌:ヤングキングアワーズ
連載開始:2005年5月号より連載開始



丸子町という町を中心に、主人公・歩鳥の「いつもの日常」をメインに描かれる作品。

3227.jpg

ジャンルとしては、楽し気な日常生活系をベースに、サスペンス・ホラー・お笑い・推理・恋愛・SF(すこし不思議)・宇宙人・妖怪?と色々な要素がぶち込まれたごちゃ混ぜ感のあるマンガ!笑

歩鳥の趣味が推理小説を読むことで、将来の夢が探偵ってのもベースにあるから、そっち寄りの話が多いのかもだけど。

[スポンサードリンク]


ここで「それ町」をお勧めする理由を箇条書きで。

3214.jpg

・基本的に1話完結型で読みやすい

・登場人物が憎めないキャラばかり

・それでいて個性的で良いキャラクター多数

・それぞれのキャラの動かし方が上手い

・何度も読み返したくなる絶妙な読後感

・読み返すたび新たな発見があったりする


とまぁ、細かく挙げていけばまだまだあると思うけど、何よりこの漫画が凄いなァと思う所は、時系列がバラバラに描かれているところ!おそらく、歩鳥の高校の間の「3年間」の中でシャッフルされてるのかな。

一番分かりやすいのは歩鳥の髪型で、急に短くなったり長くなったりするw

でも内容もちゃんと矛盾なく描かれてるし、ふとした時に伏線回収…って程ではないけどセリフに背景を持たせるようなエピソードを入れてくるのも読んでて気持ち良いポイントの一つ!

例えば下の画像のシーン。

3巻26話に出てくる歩鳥の10年前の話で、ふと出てきた「近所のお姉さんと資源回収を一緒にやった」という話。

このエピソードが14巻の108話でしっかり描かれた!

3215.jpg


こゆとこも何度も読み返したくなる魅力なんだろうなァ、としみじみ。笑

いつか、全てのエピソードを時系列的に並べて順番に読んでみたいな~!

これもう既にどこかでやられてるかもだけどw

って事でオススメなんで、是非読んでみて語りましょ~~!

※あ、1・2巻はあまりキャラも固まってなくて若干サブい感じもあるんですけど、途中から面白くなるんで最初は辛抱して読み超えてください。笑


[Amazonリンク]




[関連リンク]

これは未来に起こりうる現実である「預言者ピッピ」

尾田先生も嫉妬した漫画「四月は君の嘘」


コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

さつきです。管理人さんのブログはいつ見ても面白いですね。なるほど、是非読んで見ようかな。^_^
あと、ジャックとかいうやつ、今海に沈んでるじゃないですか?それを引き上げるのは魚人族の誰かだと私は思います。誰が引き上げるんだろ?多分カイドウの手下の人かな?

>さつきさん


コメントありがとです(*^。^*)

是非~!

ジャックはアプーが引き上げるのかなぁ?と思ってました(^○^)

「それ町」

たまたま知り合いが持っていたので、数冊ですが借りて少しずつ読んでいます。

大爆笑はないのですが、何かシュールな日常ギャグと登場人物がすっごく面白いですね(^^)

割と好きなタイプのマンガかもです♪

>白銀さん


>シュールな日常ギャグと登場人物がすっごく面白い

そうなのです(*^。^*)

大爆笑は無いんですけど、何度も読み返したくなる漫画なんです!

噛めば噛むほど面白みが出て来ますんで、是非のんびりとでも全巻読んでみてください~(^<^)ノ

てか、読んでくれて嬉しいです~

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]