記事一覧

[伏線]“約束の舟 ノア”を直すのはマンシェリー姫の復元能力?[予想考察]


トンタッタ族トンタ長の娘・マンシェリー姫(王女)。
秘めたる能力は“チユチユの実”の治癒能力。

3758.jpg

その“最上の業”には、寿命を削って行う「復元能力」があるという。
これは工場の様な建物も復元可能だと言う。

3761.jpg

しかしこの能力・業は、この度のドレスローザ編では結局使われることはなかった…
この能力の存在をここで明らかにしたという事は、いずれ必ず使う時が来るはず!

では、この“チユチユの実”最上の業「復元能力」はどこで使われるのか?
それを考えると思い当たるのは一つ。

魚人島編でまだ未回収の伏線「“約束の舟”巨船ノアの修復」
コレに使われるんじゃないだろうか?

3759.jpg

でもそうすると、ちょっと食い違う部分が。
海王類達は「直すにはあの一族の力が必要だ」と言っていた。

マンシェリーの治癒の力は「悪魔の実」の力。
「一族の力」って言い方だと、その「種族」独自の特殊な力ってことになるんだよね。

ってことで、一族として考えてみる。
トンタッタ族といえば「育てられない植物はない」と自ら言う程、植物に精通した種族。
「ノア」は太古に作られた木造の巨大な舟。
植物に精通しているトンタッタ族だから、舟を直せる?

…って考えるのは安易かな。
しかも、人間でも数十万人は乗れそうな舟を、小人族が直すのは無理があるな。笑

[スポンサードリンク]


やっぱりマンシェリー姫の“チユチユの実”の力が有力かな?

だから、この“チユチユの実”の力自体が、トンタッタ族が「代々受け継いでいく力」であるという見方をしてみる。
そうすればこの力は「種族の力」とも言えるだろうか。

どういうことかっていうと、以前書いた悪魔の実の再生のメカニズムっていう考察の結論。

「悪魔の実はその宿主が死ぬとその力を収める器を探し、一番近くにある果物に宿る」

もしその仮定が当たっているのなら…

トンタッタ族の住むグリーンビットは緑豊かな王国。

3762.jpg

それ故に、先代の“チユチユの実”の能力者が亡くなったとしても、その付近で新たな悪魔の実が再生しまた次の誰かがその実を得ることができる。
そうして代々、トンタッタ族は“チユチユの実”を受け継いでいった可能性はある?

これが長い歴史の中で、「トンタッタ族=舟を直せる一族」として言われている理由ではないか。
これなら、海王類の言った「時代が代わった」っていうセリフも当てはまりそうな気もする…

思い返せば、「先祖代々受け継がれる」悪魔の実の能力を持っている者達も居た。

例えば。
アラバスタの守護神“ジャッカル”のチャカと、“ファルコン”のペル。
そして、“マトマトの実”の呪いを受け継いでいる”魚人のバンダー・デッケン。

3760.jpg

彼らの様に、トンタッタ族も代々その時代の姫が「チユチユの実」を受け継いでいくのかもしれない。

「約束の時」はいつだ…!!


[関連リンク]

[伏線]タイトル“5人目”と“6人目”はいつ?[予想考察]

[伏線]ジュエリー・ボニーの正体[予想考察]


コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

私もこれ気になるけど魚人島って出てきたら頭の中がジョイボーイだらけになるw

ジョイボーイって誰の事なんだろう。出来ればそれを考察して欲しいな。まぁ情報が少ないからよくわからないんだけどね。


話しそらしてごめんなさい。

マンシェリーの説は結構有力だよね。
小人族でも、動きは速いし数も多いしできると思うよ

サンジ王子説やローラの件もそうだけど最近はオダっちも読者の考察通りのストーリー展開(もちろんいい意味です)になるケースが多いので、これも単純にマンシェリーで一族という言い方もチユチユの実が引き継がれてるという意味だと思います
後半はオダっちもあんまりどんでん返しな展開は少なくなったと思いますしね。ある程度は考察通りの展開が増えた気がします

おそらくチユチユの力でしょうね!
約束の時ってなんの約束なんでしょうかね?これに関してはまったくわからないですw

復元能力をルフィが何らかの理由で壊した魚人島に使うのかなと考えてました。
船に関してはクラバウターマンでしたっけ?あれかなと。
誰がノアに愛着もっているかは不明ですので無いかな…。

No title

あの一族というのはDの名を持つ一族のことでかつては高い技術力を持っていたが、今は時代が変わりそうではなくなってしまった。そこで登場するのがマンシェリーってな流れはないですかね?

No title

今の所マンシェリー姫がノアを直すと思っていますが、
チユチユの復元能力が寿命を削るっていうのがどのくらいのものなのか気になりますね。

直す程度により使う寿命値は変動するのか、一度使うごとにある程度決まった寿命を使うのか・・

トンタッタ族の寿命も普通の人間程度なのか巨人族のように長い寿命を持つのか・・

いくら魚人島の為とはいえ命を削って船を直すにはそれ相応の理由が必要だと思うのでどう繋がってくるのか楽しみですね

かつて造船職人だったトムさんの一族じゃないかな!?
魚人でかつプルトンの設計図も受け継いでたし。

はっちゃんの扉絵でナマズさん一族が船を作ってはっちゃんにプレゼントしましたが、あの一族とはナマズ一族じゃないでしょうか笑。

なるほど、トンタッタって名称なんか職人みたいですしね(笑)
僕は、ずっと巨人族かと思ってました。ジョイボーイも巨人なのかなと
既出かも知れないですが、ノアの方舟のノアは巨人って説があって、400〜500歳とも言われてるみたいです神に認められた人間だったような
ワンピースの方舟は、全種族で造って各々に役割があったのかな、そして長生きする巨人族に設計など託されたのかなと思ってました。麦わら大船団の一大事件は、全種族でノアを直し魚人島を地上にって言うのを想像してました。マンシェリーの能力も必要だと思います。損傷が激しく直しきれない部分とか

>星咲さん


>ジョイボーイ

まぁ情報が少ないですからね~(+o+)

昔書いた妄想でも宜しければw

http://onepiece-log.com/blog-entry-120.html

>システマさん


>読者の考察通りのストーリー展開

分かりやすいトコだけは当たるかもですが、(いい意味での)細かい裏切りは未だにちょこちょこありますけどね(*^。^*)ノ

たまに強引なモノもあるけど。笑


ゾウ編にはミスリード&強引展開が多すぎる件w
http://onepiece-log.com/blog-entry-469.html

>ひまわりさん


>約束の時ってなんの約束なんでしょうかね?

ジョイボーイとリュウグウ王国王家の約束?(゜-゜)

>てぃたんさん


>クラバウターマン

一族っていう表現だからどうですかね~??(^<^)

そして、空島で施したメリー号の修理はへたくそでしたね。笑

>コバヤンさん


>Dの名を持つ一族

確かに今の“D”…ルフィやガープが修理とか出来る気がしない(^○^)www


>かつては高い技術力を持っていたが、今は時代が変わりそうではなくなってしまった。そこで登場するのがマンシェリーってな流れはないですかね?

この展開あるかも!

>カブさん


>トンタッタ族の寿命

確か小人の寿命は150歳くらいだとSBSにありましたね(^<^)

第76巻“構わず進め”[SBS情報]まとめ
http://onepiece-log.com/blog-entry-134.html

>アントマンさん


>トムさんの一族

ふむふむ~(^○^)


>魚人でかつプルトンの設計図も受け継いでたし

その次に継いだのがアイスバーグ、そしてフランキー…

これが「時代が変わった」って事なんですかね?

>やしさん


>ナマズさん一族

可愛い(*^。^*)w

もしかしたらあるのかも~~ふふふ。

>おうせつさん


>トンタッタって名称なんか職人みたい

そう言われれば響きが船を造ってるみたいな(^○^)


>ワンピースの方舟は、全種族で造って各々に役割があったのかな

“D”には巨人のサウロもいたし…

もしかして「あの一族」ってのは“D”なのかな?(゜-゜)

チユチユの実でノアを治す…確かに面白い。
大きさのこと言ってたけど、麦わら達がドレスローザから逃げるために、小人達が海軍の船2隻を縫いつける描写があったから無理じゃないかも。

この考察にあまり関係ないのですが
ジョイボーイって、石工職人の光月家(ワノ国)と関係あったんですかね。ジョイボーイは、他にも残してるのかな?ノアの謎が書かれたポーネグリフがあってそれをロビンが解く
のかも、そして◯人目に
あまり関係なくてすいません


No title


>小人達が海軍の船2隻を縫いつける描写があったから無理じゃないかも

確かに~(^○^)

マンシェリーの能力次第ですけど、大きさなんて関係ないのかも!

>おうせつさん


>この考察にあまり関係ないのですが

ふふふ、そういう時の為の雑談コーナー作りました(*^。^*)

[雑談]フリートーク専用記事[自由討論]
http://onepiece-log.com/blog-entry-743.html

是非こちらへ~~!


さて、ジョイボーイ自身が光月家ではなかった場合…

ジョイボーイの謝罪文を彫る光月家の先祖…笑

ちょっとシュールですよね(゜-゜)w

チユチユの実の能力で方舟を修理するという考えに賛成です。
ここからは勝手な想像ですが、海王類達が言っていた「直すにはあの一族の力が必要だ」の力とは、悪魔の実のことだと思ってます。
あの一族とはもちろんDの一族のことです。悪魔の実の能力=あの一族の力=Dの一族の力
それで、Dの一族は、悪魔の実の力で失われた100年の時に戦争して負けた。もしくは悪魔の実の力を奪おうとした勢力(世界政府の祖先?)に攻められて負けた。
黒ひげはその再現(悪魔の実の能力を集めて戦争)をやろうとしてる?と思ってます。それできっと世界政府に勝っちゃう。
かなりの妄想ですみません。

>エスケープさん


>失われた100年

空白の100年ですかね(^ム^)

確かにこの「約束」はその頃までに遡る話ですよね~

海王類が、ノアの修理にチユチユの能力が必要、と言いたかったのであれば、必ずしもその能力を引き継いでないかもしれない「一族」を挙げずに、確実な表現として「あの能力が必要」と言うべきですよね。

作者側の表現力として、そういう手落ちは無いのではないか、と思います。あとで「一族」と言ったほうがより適切、と納得できる説明が加わるかも知れませんが、それ言い出したらキリがないので、いまのところは…。

>inuyanさん


>作者側の表現力として、そういう手落ちは無いのではないか

ある謎が明らかになった時に振り返ると「あの時の表現は紛らわしかったな~」ってのはちょいちょいありますけどねw

ちょっと関係ないんですが、ノアがプルトンの元になる戦艦なのかなとか思いました!

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]