記事一覧

[速報]第831話“不思議な森の冒険”あらすじ[確定]


[週刊少年ジャンプ31号](少々ネタバレを含みますのでコミックス派の方はご注意ください)


・ホールケーキアイランド 南西の海岸――

・ブルック「行きますよ〜〜!!」

・ルフィ「何度見てもわくわくすんなァ!!」

・キャロット「え〜〜何コレ何コレ」

・ブルック「チャンネル“3”!!」

・ルフィ「出たァ——!!」

・ブルック「“シャークサブマージ3号”!!」

・ペドロ「潜水艇とは一体……!!」

・ブルック「ヨホホ 私もこの一味に入って初めて乗ったんですよ。大丈夫 私が運転しますから!!」

・ペドロ「すまないルフィ。おれが勝手に行くと言いながらブルックの手を煩わせてしまう」

・ブルック「力になれるハズです!! 潜入なら得意分野」そう言うと魂だけ抜き出る

・キャロット「キャ—— 何か出た!!」

・ブルック「必ずや“歴史の本文(ポーネグリフ)”の写しをこの手に!!」

・ルフィ「おう!! 頼むぞブルック ペドロ!! サンジとプリンに合流したらこの辺りで待ってるよ!!」

・ペドロ「互いにくれぐれも気をつけよう…!! ペコムズのメッセージを忘れるな!!」(ひきかえせの文字)

・シャークサブマージ3号は海底へ

・ブルック「――では行きましょう!! 川を上って一気にビッグ・マムの住む城へ!! 深さがあればいいですが!!」

・ペドロ「頼む!!」

・ルフィたちは海岸に上陸

・ルフィ「よし上陸!! 着いたぞビッグ・マムの島!! 冒険のにおいがする!!」

・ナミ「絶対イヤよ!!」

・ルフィ「お———いサンジ———!!! プリ〜〜〜ン!!! 約束通り来たぞ〜〜〜〜!!!」

・ナミ「ちょっと遅れたけどね ホントに2人が見えたの!? ルフィ!!」

・ルフィ「いたよ!! 間違いねェって!! マストの上から2人が見えた!!」

・キャロット「私達が見た時はもういなかったよね」

・チョッパー「ナミ!! 地面食ってみろ!! かたい生クリームだ!! うま!!」

・ナミ「ホントだ!メレンゲね この島もお菓子だらけなのかしら」

・チョッパー「え〜〜〜〜〜♡ 住みてェ!!」

・ケーキの丘に登るルフィ。

・ルフィ「この辺だ!! 確かにサンジとプリンがいて目ェ離したスキにいなくなったんだ!!」

・困るナミ「南西の海岸はここで間違いないし…あんたはウソはつかないけど、居て居なくなる理由がわからないのよね」

・ルフィ「ん!!?」 チョッパー「あれ!?」

・森の中に突っ立っているサンジの姿を見つけるルフィ「おい!!」

・飛び出すキャロット「ああっ!!」 ナミ「え??」

・ルフィ「おい!!! サンジ〜〜〜〜〜!!!」

・ルフィも崖から飛び降りるが、またしてもサンジの姿を見失ってしまう。

・ナミ「え!?どこ!? どうしたの!?」

・ルフィ「サンジがいたよ今!! あいつ何隠れてんだ!!」

・ナミ「ホント!?」 キャロット「あれ!?……!!?」

・ルフィ「え!?どこ行った!?」

・サンジを追って森の奥へやってきた一同、そこはお菓子の森。

・ルフィ「見失った——!! でもウマそう!! 」

・チョッパー「おかしの森だ———!!」

・キャロット「いい香り♡」

・ルフィ「お———い!! サンジ〜!!! 出て来〜〜〜〜い!!!」

・ナミ「3人共見たんなら間違いないわね!! でも何でいなくなるの!?」

・サンジのセリフを思い出すナミ(『これだけは信じてくれ……!! おれは仲間に隠し事をしてたつもりはない!!』)

・ナミ「――何かバツが悪いのかな…!!」

[スポンサードリンク]


・ルフィ「手分けして捜すぞ!! おれこっち行くケーキのある方」

・チョッパー「おれまっすぐ!! 何か甘いキャラメルの匂いがする方」

・キャロット「じゃ私こっちね!! 見てキレー ジェリービーンズ!!」

・ナミ「ちょっと待てーーっ!!! 二次災害の予感っ!!!」

・ルフィ「何だよ!! 今見失ったんだからカンで追いかけるしかねェだろ!!!」

・ナミ「典型的な迷子の思考に加えてあんた達 何か別の欲求につき動かされてない!? わかったわよ!! 一緒に捜すから 3人共私のそばを離れない事!いい!?」

・森をいく道中、つまみ食いするチョッパー「この花お菓子だぞ!!」

・キャロット「うそー♡」 ナミ「目移りしないの!!」

・ルフィ「よく見たら色んな所が食いもんだな!!」

・ナミ「それがおかしいとは思わないの!? ここは敵地よ!? ある程度捜してサンジ君達見つからなかったらすぐ引き返すわよ」

・一同「え〜〜〜〜〜!!?」

・しかしお菓子に夢中のチョッパーは緑の川の水をすくって飲んでいる「甘っ!! わーこの緑の川メロンジュースだ!!」

・ルフィ「ホントかァ!?」

・キャロット「この橋もよく見たらドーナツ!!」

・ナミ「ちょっと!!いい加減に……」

・とそのとき、橋を渡る一向に食らいつこうとする巨大なワニが。

・チョッパー「え!!?」 ルフィ「橋を渡れ!!!」」

・ギリギリでワニの襲撃から逃れるルフィたち。

・キャロット「ワニだ!! やっつける!?ルフィ!!」

・脱げかけた帽子を被り直すルフィ「いや……」

・そんなルフィ達をじろーっとみているワニ「なんだ 人間か……」

・一同「!!?」

・ナミ「……… え?」

・興味を無くしたかのように、さっさと帰っていくワニ「…………」

・ルフィ「じゃ何だと思って食いついたんだ!!!」

・ナミ「そこじゃない!!! ワニが服着て帽子被って喋ったのよ!? この森やっぱり危ないし変よ!!」

・ルフィ「――そんな事いちいち驚いてたらお前……」とチョッパー&キャロットを指す

・ナミ「いや!! そうなんだけど……!!やっぱりプリンを信じて海岸で待つべきよ!! 見て!すでに帰り道が危うい!!」

・ルフィ「ただの橋だ 川をジャンプすればいつでも帰れる」

・そこで何かに気付くキャロット「あれ?」

・チョッパー「ん?」 キャロット「あれ?あれ?」

・ルフィ「ん?」

・少し離れたところに、ルフィとまったく同じ姿形の人物が。

・ルフィ「「え??」」

・キャロット「えェ〜〜!?」

・ナミ「ルフィがもう一人!!?」

・ルフィ「「誰だお前っ!!! 『誰だお前』っておれはルフィだよ!!! マネすんじゃねェっ!!!」」

・ナミ「何!? どうなってんの!? どっちがルフィ!?全く同じで同じ事喋ってる!!」

・チョッパー「――いや!! ちょっと違う!! 鏡に映った“鏡像”みたいに キズもアクセサリーも全部反転してる!! “向こう側”の奴はおれ達の知らないルフィだ!!」

・ナミ「ホントに鏡があるみたい!! 一体誰なの あんた誰!!?」

・ルフィ「………!! 答えろよ!! お前!!!」

・キャロット「あ!!いた!!サンジがいたよっ!!! あそこ!! 木の上!!!」

・一同「!!?」

・木の上でごろ寝するサンジの姿。

・ナミ「サンジ君!?そんなとこで何してんの!?」

・サンジ「!!」

・チョッパー「サンジーおれ達迎えに来たんだぞー!!!プリンはどこだー!?」

・ルフィ「おーい サン…!!」

・ガンっと2人のルフィが正面からぶつかり、倒れてしまう。

・ルフィ「「どけ お前〜〜〜っ!!!」」

・そのスキにサンジは森の奥へ逃げていく。

・チョッパー「あっ!! また逃げた!! サンジ—!!! こんにゃろ。どけェ〜〜〜!!!」

・もう一人のルフィに殴り掛かるも、力は全くの互角。

・ルフィ「「くそォ!!お前ら先に行け!!! サンジを追え!!!」」

・チョッパー「わ!! わかった!!」

・ナミ「バラバラになんないで!! チョッパーキャロット!! やっぱりおかしいってこの森!!またきっと何か起きる」

・ルフィ「「ゴムゴムのォ〜〜〜〜〜…“銃乱打(ガトリング)”〜〜〜!!!…………誰なんだお前ェ〜〜〜っ!!!」」

・森の奥へ進んだチョッパーやキャロットたちが驚き泣き叫んでいる。

・キャロット&チョッパー「キャ〜〜〜〜〜!!」

・ナミ「………!!! …!! …で でっかい人が埋まってる———っ!!!」

・不気味な巨人「わ———びっくりした〜〜」

・チョッパー「こっちのセリフだよ!!! お前大丈夫か!?誰にやられたんだ!?」

・巨人「え……」

・チョッパー「埋められてるじゃねェか!! 体!!!」

・巨人「好きで埋まってんだよね〜〜〜〜」

・チョッパー「え——!?バカなのかコイツ!!! 心配して損した!!」

・巨人「ジュース飲みたい」

・チョッパー「知らねェよ!!!」

・ナミ「チョッパーダメよ まともに取り合っちゃ!! こっちがおかしくなっちゃう!!」

・巨人「待て待て己ら…ウヌはアップルジュースが大好きよね 左に行くとアップルジュースの滝あるよね ウヌあれ大好き♡」

・ナミ「ムシムシムシムシ!! サンジ君を捜すのよ!! …これ夢じゃないかしら」

・巨人「捜し人だな己ら…!! ここを通ったぞ。アップルジュースをくれたら教えてやるよね」

・ガサ…と物音を聞くキャロット「!! !!? 危ないナミ!!!」

・突如斬りかかる、ダチョウに乗ったウサギ騎士

・ナミを助けるためダイブするキャロット

・斬られた背後の木が叫んでいる「ぎゃあ——!!!」

・ナミ「え!? え!!? …??」

・現れたウサギはビッグマムの部下(お茶会の材料を集めにいっていたあのウサギ)

・ナミ「木もワニも喋る……今のウサギ私達を殺す気だわ!! すぐルフィの所へ!!まだ帰り道はわかる!!」

・チョッパー「でもサンジは!!?」

・ナミ「――もう本物かどうかもわかんない 本当にサンジ君なら私達がこんな目に合うのを黙ってみてる!!?」

・がしかし、そこでログポーズがグルグルとまわり始める。

・ナミ「え!?方角が!!」

・さらに時計の針もグルグル

・ナミ「時間が!! 何から何まで変よこの森!!」

・サニー号へと向かう道をふさぐように木が移動を始める。

・傍らには人骨が転がっていた。

・ホールケーキアイランド南西の海岸 誘惑の森――

・木や花たちが口々に話している「聞いた?」「聞いた——」「つめてつめて」「キー♪キー♫」「出口をふさいで♫」「ハーナー♪ハーナー♫」「遊ぼ遊ぼ♪」「殺して遊ぼ♫」

※奇奇怪怪!! この森——危険(ヤバ)すぎ!!→第832話に続く


[関連リンク]

WCI上陸!“誘惑の森”情報のまとめと考察

ルフィの鏡像!? サンジのそっくりさん!? 正体考察

ホールケーキアイランド編とスリラーバーク編の共通点まとめ


コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

不気味!
アリスっぽい!
鏡のルフィ・・・ミラミラの実?
犯人はマムの息子かな?
ブルック達が別行動だし、ここは一回捕まるかな。
それにしても題名といい、内容といい、管理人さん、結構当ててましたね。

本音か

なかなかおもろいやないかー

ジンベエ放置とかー(泣)

No title

次号休載(゚Д゚ )アラヤダ!!

サンジが久しぶりに登場しましたね!
サンジじゃないみたいですがw

やーアリスの狂気的ですごく今回も良いです。
ジンベエがすごく心配ですが…

あとまさかペドロと一緒にブルックが同行するとは思いませんでした。
これでペドロの裏切り説はだいぶなくなったかな…?
裏切りは嫌ですがまだ100%否定されていないので確信持って裏切りはない!と言い切れずハラハラします(^^;;

まるでスリラーバークでナミウソップチョッパーが森で迷子になってたみたいな展開だし、もしかしたら次回かその次あたりにゾンビ馬の馬車に似たお菓子の馬車が迎えに来たりして…!

ナミが夢を見てるみたいって言ってたけど、まさに夢の話しを聞いてる感じで読んでいました。
しかし、ペドロとブルック
海底は大丈夫かな大きなワニや魚がいるのに!

No title

アリスもですけど、チャーリーとチョコレート工場っぽくもありますね。

ダチョウに乗ったウサギ騎士ってビッグ・マムの幹部ですかね?

スリラーバークと同じ展開ですね

今後の予想ですが
SB=スリラーバーク
HA=ホールケーキアイランド

SB→ブルックの影と会う
HA→サンジらしき人物を見かける

SB→ブルックがフランキーロビン助ける
HA→サンジがブルックペドロ助ける

的な感じですかね

ジンベエどうなった?!
心配だけど…サンジのあれは誰かの罠の予感…(>_<)
ルフィらは当然サンジを追いかける訳で、何者かがサンジの幻を操っててルフィらを誘い込むとか…?

サンジが森に誘いこむ罠だとしてもう一人のルフィが現れる理由がない気がしす。誰か仕業ではないのでは?

 ルフィの幻が出てきたところを見ると、サンジは一回あの森に来てる可能性が高そうです。プリンちゃんと一緒に
ということは、プリンちゃんが裏切った可能性大ですね…。
けど、サンジをわざわざ城から出してこの森に連れてくる意味はないから、逆に逃げ出したサンジが森を通っていったとか?
この現象が、能力者によるものかでも意味が変わりますよね

たとえ話さなくてもニセモノでもサンジの姿があるのは嬉しい!
ニセルフィはお菓子でできているとかでしょうか。それともマネマネの上位格でコピコピ(コピー)の実とかでしょうか?
幻とかでも良いですけど、ニセルフィは実体があるようなので幻ともちょっと違うような。

うさぎを追いかけてワンダーランドへ迷い込むのと同じようにサンジを追いかけてお茶会へかな?

そして、最後の!!やっぱりルフィ達をケーキの材料にする気満々じゃないかぁぁぁ!!骨ってこの森に殺//された人々の骨ですよね。
長い時間をかけて骨にって可能性もありますがどちらかというと骨以外材料にされてという可能性の方がある気がします。

ペドロ、ブルック
ナミ、チョッパー、キャロット
ルフィ

バラバラやだなー(´;ω;`)

ジンベイなり
ペコムズなり
ルフィなり
サンジなり
プリンなり
ブルックなり
この森なり
気になることがありすぎる!
映画も早く見たい…

マムの城のすぐ近くなのに包囲網がなかった理由はこの森があるからですかねぇ?
幻(頭で想像したモノ?)を具現化しているっぽいような…。

うーん、わからん(笑)

今回の話はまさしく、鏡の国のアリスといった感じがしますね。

No title

二手に分かれるタイミングがちょっと早くないですか!?
ふつう海岸に上陸して状況を確認してから二手に分かれると思うんですが!笑
結果論ですがもしもサンジとプリンちゃんが約束通り海岸にいたら
サンジも含めて皆でポーネグリフを奪う作戦も立てれましたよね
漫画的にと言われればそれまでですが状況確認前に分かれるのは不思議ですね

鏡の国のアリスには"名無しの森"と呼ばれるものが存在します。
この森に入ると人や物の名前を忘れてしまい自分が誰だか分からなくなったしまいます。
もしかしたら、サンジはビッグマムに寿命ではなく名前を奪われてしまい自分を見失ってしまったのかも!?

No title

ルフィが反転してるから、誰かの鏡の能力なのかなと思うけど、サンジは反転してないんですよね。
サンジは別物なのかな。

再度コメント失礼します!

今気づいたんですが、この埋まってる巨人て映画のアリスが巨大化して家を突き破ってしまったシーンのパロディー?
あと、ナミさんの服装的にナミさんがアリスっぽいですね。
そして今回の謎サンジですが、おそらくチェシャ猫かなぁーと‼︎
木の上でゴロゴロしたり消えたり化けたりチェシャ猫っぽいなぁと。

ワニが服着てて帽子被って喋ったからオカシイと言うナミに
そんなこといちいち驚いていたら って言いながら
チョッパー ←服着て帽子被ってしゃべるトナカイ
キャロット ←服着て帽子被ってしゃべるウサギ
を見やったルフィのシーンがツボでした

しかし、絵的なインパクトとしては薄く描かれていることや、読者側は花も木も扉も船も歌い喋りまくってるシーンをたくさん見てきているのでワニが喋るぐらいはすでに当たり前のような感覚になっているため、ルフィのセリフがチョッパーとキャロットのことを指しているのだと気がつかないでさらっと流し読んでしまった人もいそうだなと思いました

きましたぁ〜っ❗️
タイトル「○○の冒険」‼︎
やりましたね!かんりにんさん(^^)

この幻覚?を見せている能力者がいそうですね。
1番怪しいのは地図をくれて港で待っていると言ったプリンですが…
三つ目が幻覚を見せる能力とか。

ブルック、ペドロ側に行く事によって裏切りの線は薄くなりましたね!
もし、裏切りがあってもブルックがしっかりロードポーネの写し手に入れてくれそう(^^)‼︎


これはなかなか面白い展開ですね~

ペドロ&ブルックの動向
突然現れたサンジの正体
反転ルフィの正体
森やWCIの秘密
等々
小出しに出てきている情報や伏線も含め
サンジ奪還編もまた
壮大なスケールでの冒険が待っていそうなだけに
これからの展開への期待が高まります!

ただ
ペコムズ
ジンベイ

その後が心配なキャラがいながら
更に各自バラバラな行動を取り始めてしまっているので
みんなの事が心配です(ノ_・,)

蜃気楼??
管理人さんの予想通りアリスのワンダーランドっぽいの来たね

じれったい回だ、、尾田さんからのトランキーロ(焦んなよ)な回!笑

「虚像」と「実像」が織り交ざる奇妙な森ですね。
何かしらの能力で?幻覚や錯覚を起こさせる効果がありそうですね…。

ペドロは一度来て敗れているのに
こういう敵がいるから気をつけろみたいな助言はないんですね!

偽サンジがゾロっぽい

煙草吸ってないのと
仲間に何故来たのか言わない時点で
偽者だと気付かないんですかね
特にナミ

ふと思ったので追記。
ニセルフィは感情があって容姿が反転。それに対して現れたサンジは無言の無表情で反転はしていない。ニセルフィは実体があって触れられるけどサンジは不明ですよね。
似ているけど、別の能力のような気がします。
ルフィは仮にミラミラだとしてサンジはマムの仕業の可能性がある気が。スリラとの比較にも書きましたがもしも奪った寿命を物に与えて物に感情を与える能力だとしたら体はサンジのもので感情を奪われてルフィ達を誘い込むために操られいるんじゃないでしょうか?

イチジ、ニジ、ヨンジのうちどれかの鏡像。
方角がわからないためビブルカードを取り出すのかな。

No title

スリラーバーグを読み返すと
今回のワニとローラの帽子似てません?
たまたまで深い意味はないのかな。。

No title

皆様、いつもコメントありがとうございます(*^。^*)

コチラのコメントは、まとめて記事にしてます↓

http://onepiece-log.com/blog-entry-681.html

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]