記事一覧

北の海(ノースブルー)では何が!?歴史と共に考察してみる


その昔“北の海(ノースブルー)”を武力で制圧した「ヴィンスモーク家」

しかし、第832話で登場したレイジュ曰く「父の夢は再び“北の海(ノースブルー)”をジェルマの名で征服すること」だという。
つまり一度“北の海(ノースブルー)”を征服したにも関わらず、現在は治める土地を持っていない。

今回は“北の海(ノースブルー)”の歴史とジェルマについて考察してみたい。
とはいえ、“北の海(ノースブルー)”については作中でもまだまだ語られていない部分が多いから難しいところだがw

まず、これまで判明している大まかな“北の海(ノースブルー)”の歴史まとめ。

[約460年前]
ルブニール王国にて「樹熱」が広まる

[約400年前]
ルブニール王国出身者 モンブラン・ノーランドの冒険(ヴィラ、ジャヤ、グリーンビットetc)
最終的には「虚言の大罪」で処刑

[約116年前]
フレバンスで珀鉛産業が始まる
世界政府は珀鉛が有毒性であること知りつつ、フレバンスの王族と共にこの事実を隠蔽

[33年前]
ドンキホーテ・ホーミング聖、天竜人の地位を捨て一家4人で、“北の海(ノースブルー)”の最果ての地へ移住

[16年前]
フレバンス王国にて国民が一斉に珀鉛病を発症。
周辺諸国によって隣国への通路は封鎖され、戦争が勃発。その後滅亡する。
ロー、ドンキホーテ海賊団に加入。

[13年前]
サンジ、ヴィンスモーク家と決別


[スポンサードリンク]


さて、この年表のどこに「ジェルマ」及び「ヴィンスモーク家」の所業が関わってくるのか。
気になるポイントを絞って考えてみよう。

[“北の海(ノースブルー)”を武力で制圧した「大昔」とはいつか?]

3623.jpg

ヴィンスモーク家の事をブルック(91歳)だけが知っていた事。
そのブルックが「大昔」と言っていることから、少なくとも100年以上前の出来事かな?

しかし100年前頃って、「フレバンス」のように表向きは華やかでバブリーな暮らしをしていた国もあるわけだから、“北の海(ノースブルー)”を制圧したってのはもっともっと昔か。

そして400年前までさかのぼっても、「ルブニール」のように穏やかな国もあった。
そのルブニールは、13年前頃ローとコラソンが近くまで訪れており、その王宮は健在だった。

まぁ、「“北の海(ノースブルー)”を武力で制圧」=「全てを破壊」ってワケじゃないだろうけど。
もしかしたら…もっともっと前の話になるのかも(500年以上前??)。


[ジャッジが“北の海(ノースブルー)”の4人の王を斬ったのはいつか?]

3645.jpg

この“四国斬り”の写真のジャッジは現在の姿と変わらない。
つまり最近の出来事なんだろうか?
レイジュの言う、「父の夢“北の海(ノースブルー)”征服」の為につい最近動き出したと考えるのが妥当か?

しかし何故、こんな横暴を世界政府が黙認しているのか。
手配書の書き換えが出来る程に政府に口利きが出来て、レヴェリー参加の権利も有する王国(つまり世界政府加盟国)が、四皇と繋がりを持とうとしている事も不思議だが、今回取り上げた“四国斬り”も相当異質な大事件。
ジェルマと世界政府には公に出来ない何かしらの繋がりを感じる。


んん~まだ考えるには情報不足過ぎた。笑

そしてジェルマには「クローン説」もあるし、高い科学技術もあるから、死ぬ前にクローンを造り記憶を移植して何百年も生きるって離れ業もできちゃったりして…笑

そしてもう一つ。
“北の海(ノースブルー)”といえば、尾田先生の設定ノートに書いてあった「戦争」

3646.jpg

この「40年」ってのはここ最近の事なのか。
この戦争。以前は革命軍の仕業かと思ってたんだけど、ここへきて「ジェルマ66」の線も出て来たかな?

いやでもジェルマならそんなに長引かせたりしないか。
(ジェルマの発言「こんな軟弱な戦争 よく2年も続いたな」)

「ノースの闇」ってのもあるし、まだまだ“北の海(ノースブルー)”は深い…
今回の「サンジ奪還編」で回想と共に明らかになる事を願う!

[追記]

[北の海出身者]

・ヴィンスモーク家(ジャッジ、レイジュ、サンジ、ヨンジ)
・モンブラン家(クリケット、ノーランド)
・トラファルガー家(ロー、ラミ)
・X・ドレーク
・バジル・ホーキンス
・ベラミー



[関連リンク]

ヴィンスモークと「ジェルマ王国」の情報まとめ

ジェルマ66の兵士は“クローン”技術で造られた人間なのか!?


コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント


ノースブルーについては
度々名前こそ出るものの
詳しいことがわからないだけに
サンジ絡み以外にも
これからのストーリーにも関わるような秘密がありそうな気がします!

レヴェリーや海軍絡みでも
何か匂わせてきそうなだけに←勝手に決めちゃいますがww
ノースにまつわる話は見逃せません!

サンジの父ヴィンスモーク ジャッジが実は大昔の人間だったという可能性はどうでしょう?
過去に北の海を武力で制圧した後、何らかの原因で一度滅び、政府側の意向(Dr.ベガバンクの力?)で蘇り現世にてサンジ母との間にサンジ達兄弟が生まれたってことはないかな。
政府側が過去のジェルマの軍事力に対して利用価値があると思って蘇らせてみたが思うに手綱を掴めず持て余して逆に厄介な存在になってしまったとか。
サンジ父は大昔の野心ごと蘇り一度は手にした北の海を再び制圧しようと執着しているのではないかなと思いました。

もしくはサンジ達ヴィンスモーク一族全員が大昔滅んだ人間で現世に(政府側の手で強制的に)蘇った改造人間orクローン人間だったり。
戦闘服のマフラーを見るとサイボーグ009を思い出しますw

No title

ノースがきな臭いのはやっぱ他の海にはない何かがあったから?
高度な科学力が有るということは、それを実現可能にするための豊富な資源が必要になってきます。
なのでやっぱり戦争のタネとしてはオーソドックスな資源の奪い合いなのかなぁと。
ローの故郷で珀鉛のような貴重な鉱物が採れたというのも、あの海ではそういった鉱物が産出されるような土地柄なのかも?

もう一つの考えは
新世界のブロッコリー島ではサンジの兄二人が戦争に介入してましたけど、ノースで40年も続いている戦争へのジェルマの立ち位置ってどうなんですかね。
戦争屋って言われてるくらいだから、やっぱり裏で戦争を終わらせないように操ってるのかな?
そしてそれを命じているのは…世界政府だったりして。
ジェルマと海軍ってマッチポンプ的な関係性だと思うんですよね。
海軍の正当性を示すために海賊の討伐という名目が必要になってくるわけですが、そうそう悪さをする海賊ばかりいるわけじゃない。
だけど戦争が起きて、その戦争の為に国が海賊を雇って、他の国を襲わせる。そしてその海賊を海軍が鎮圧する。
これで非常にわかりやすい正義の出来上がりです。
まぁでもこれが理由ならちょっと40年というのは短すぎるような気もしますが…サンジパパへの代替わりでジェルマから世界政府に歩み寄ったなら、ありかな?

もう一つ思いついたのは、フレバンスの珀鉛産業の件
ああいった公害への隠蔽工作を世界政府が行った事が明るみになるのをごまかすために、紛争を起こして有耶無耶にしている…とか?

全然関係ないんですけど世界政府の活動資金てどこから出てるんですかね。
加盟国からの援助?
税金?
もし加盟国からの援助で成り立っているなら…その加盟国で一番力を持ってる国って…どこなんですかね?

物語で語られたジェルマを倒した海の英雄ソラ→若い頃のアオキジ→ヒエヒエの実の能力で海を凍らせ歩ける=ソラは海を歩く戦士→ソラ→空→青空→大将[アオ]キジ。

ノースの闇→[大昔]北の海をジェルマが征服→征服したのはジャッジではない、ジャッジの先代→その後、変遷(海賊によりノースが混乱等々)があり、ジェルマだけでは治めきれなくなる→ジャッジが再び北の海の征服を決意→進撃中→マムの力も借りる→四皇の中では思想が近い

進撃のジャッジ(10時)!

No title

北の海出身者もまとめてくださいーー。

ドレークの親父って、元海軍で海賊でしたよね・・・。
戦争中の海賊って・・・。
ホーキンスやベラミーもでしたっけ。
それと、ロー。ドフラファミリー。

コラさんが、報告していた「北の海の闇」もありましたよねぇ・・・。
ドフラミンゴが北の海で裏取引していた相手のリストに対してだったような記憶が。

思えば北の海出身者は、皆、なんらかの影を背負っているような気がしませんか?

13年前はローがオペオペの実を食べ、コラさんが死亡し、
北の海の闇に関わるリストが闇に葬られ、その混乱に乗じてドレークが父親のもとから逃走した
ミニオン島における一連の事件が起きた年でもあります


サンジの決別が12年前であればマリージョアでの世界会議開催時に東の海行きの船乗ったとも考えられたのですが
わざわざ13年前にしたあたり、更に東の海移動手段やゼフと出会うまでの空白期間が謎になりますし
比較的最近明かされた↑のエピソードに対して年や地域が完全に一致しているということは
何らかの関連があるんじゃないかと思わずにはいられません

全く分からないので、全て妄想レベルになってしまいますがw

制圧した時期と四国斬りの写真が同じだったりするんだろうかと?
見た目は現在と変わらないですが、やられてる王様達がその国のご先祖様だとしたら…かなり昔ということになったりしないでしょうか?

だとすると、ジャッジの年齢とかも気になりますね(汗
で、ジャッジで連想したのがジャッジ・ドレッドという映画です。

主人公は、とある遺伝子を元にバイオテクノロジーで生み出されたクローン人間です。
ジャッジの名がここから来てるのであれば、バイオの力で強化された超人なイメージが…。
さらに妄想を加えると、現在4代目とか?
さすがに、ここまではないと思いますが^^;

No title

尾田先生の設定ノートの内容の「40年に渡る戦争」っていうのはW7でフランキーが話していた宝樹アダムの生える「ある戦争を繰り返す島」と関係あったりしないですかね?

>そろさん


>レヴェリーや海軍絡みでも何か匂わせてきそう

ですね~匂いますな(^ム^)

革命軍やジェルマはもちろん絡んできそうですし、ノースの歴史そのものが気になりますねェ!

>ぐる子さん


>ジャッジが実は大昔の人間だったという可能性

その可能性、あると思います(^○^)ノ

この記事にもリンクとして載せてるクローン説はヴィンスモーク家にも当てはまるのかな?とも考えてます!

>もぐさん


>ジェルマと海軍ってマッチポンプ的な関係性

あるとおもいます!

でないと逆に説明がつかないですよね(^J^)


>世界政府の活動資金

やはり仰る通り、税金や加盟国からの加盟金でしょうかね?

レヴェリーに参加できる国で考えたら、今のところ「ジェルマ」が異質すぎますねw

これを除けば「アラバスタ」とか力ありそう(*^。^*)

No title


>海の英雄ソラ→若い頃のアオキジ

いや~「青キジ」は大将になってからのコードネームですからねェ(゜-゜)

英雄って感じじゃないしなぁw

>あっかんべェさん


>北の海出身者もまとめて

なるほど!いいですね~(^○^)ノ

のちほど追加します!

No title


>13年前

そうなんですよね~(^○^)ノ

13年前ってノースで色々あった年なんで、要注目ですね!

>白銀さん


>制圧した時期と四国斬りの写真が同じだったり

あると思います!

なんか“四国斬り”は最近の事件って感じがしないんですよねぇ。。

ジャッジは科学技術かなんかで長生きしてるのかな(^ム^)??

No title


>「40年に渡る戦争」っていうのはW7でフランキーが話していた宝樹アダムの生える「ある戦争を繰り返す島」と関係あったり

んお!

そんな島もありましたねェ(*^。^*)

「戦争」といえば、革命軍かジェルマかって印象ですから、どちらかが関わっているのかも~ですね!

ローってシャボンディ諸島で登場した時ロッキーポート事件の首謀者ってってはず?それもノースブールに関わってるのかな?

>ゆんさん


>ロッキーポート事件の首謀者

それは2年後のパンクハザードでの登場時の話ですよ(*^。^*)

だからここ2年の出来事かと。

大海賊時代ですからマッチポンプするまでもないかと思います。青キジも関係無いかな。

ベラミー達見てるとノースは相当荒んでそうですよね。地域が発達しているが故の闇とかもありそうです。

>三刀流さん


>大海賊時代ですからマッチポンプするまでもない

絵物語では、海軍を表す「海の戦士ソラ」と敵対する「ジェルマ66」です。

しかし、「ジェルマ王国」は「世界政府」に加盟している…

これはマッチポンプではない?\(◎o◎)

No title

ジャッジは世界政府と取引し、
「四国斬り」した領地と交換に何かの「権利」を得たのかもしれません。

無法な研究チームでジャッジのみ逃げられたのだから、
ジャッジの「不逮捕特権」みたいなもの。

違法な研究を堂々と続けるために、
ジェルマへの(政府の)「不干渉」みたいなもの。

レヴェリーへはずっと参加できていたのでしょうか?
危険視されて締め出されていたのなら、「レヴェリーへの参加資格」とか?

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]