記事一覧

[速報]第834話“おれの夢”あらすじ[確定]


[週刊少年ジャンプ35号](少々ネタバレを含みますのでコミックス派の方はご注意ください)


・ジャッジとレイジュが去り、城の上で手枷の嵌められた両手を見つめるサンジ。

・回想――

・ジャッジ「この島から出ようとすると両腕が吹き飛ぶ!! 結婚はして貰うぞ!!!」

・サンジ「フザけんな!! 外せ!!!」 と無理やり外そうとする

・レイジュ「ダメよ 無理に取ろうとしちゃ!」

・ピピピピピピ… と鳴る音に驚くサンジ「!!」

・レイジュ「手を放して!! カギ以外に外す術はない 当然でしょ?」

・サンジ「………………………!!」

・――回想終わり

・両手を見つめ、幼い頃 傷の手当てをしてくれたゼフのことを思い出すサンジ

・ゼフ「こんなに傷つけて お前の手は!! ケンカをする為についてんのか!!?」

・義足で踏んづけられるサンジ「イテー!!」

・そんなことを思い出し、頭を抱えるサンジ「……!! クッソォ~~~~~~~~!!!」

・首都「スイートシティ」付近――

・ジュースの川の陰にシャークサブマージ3号が停めてある

・新聞を読み、噂する国民達「ジンベエ親分が裏切ったって!!?」「昨日ママとの間にそんな事が……!!」「ジンベエ親分 ママの癇癪を止めてくれた所までカッコよかったのに」「ママに『ここを出て行きたい』と啖呵切った後…!! 『落とし前』にビビって!! 願いを取り下げたんだと!!」「ウソだろ!? ダセェ!!」「ワハハハ みっともねェ!!!」「“海峡のジンベエ”とは名ばかりか 見損なった!!」「裏切り者だった上に“フヌケ野郎”か!!!」

・変装しているブルック「……(ジンベエさん…!!) 」

・ジンベエの言葉を思い出すブルック(「現在の立場というものがあるんじゃ」)

・ブルック「(ビッグ・マムの傘下でしたか… それで魚人島はビッグ・マムに守られて…) 」

・横で新聞を読むペドロ「元“王下七武海”だな このクラスが“傘下”とは…!! ブルックこの男を知ってるのか!?」

・ブルック「――ええ 我々にとってはとても大切な人物……!!」

・(ジンベエ「人の道に仁義を通し――スッキリと身軽になった時 もう一度誘ってくれんか…“麦わらの一味”に!!!」 )

・ブルック「(そういう事だったんですね…!!──しかしこの記事ジンベエさんらしくないですね…!! もう我々の所に来てくれないんですか?) 」

・くいっと隣の店の窓を指さすペドロ「おい!!ブルック!!」

・ブルック「?」

・そのドレスショップにはプリンとタマゴ男爵の姿

・プリン「お願い!! ちょっとだけ用事があって!」

・タマゴ「今はドレス選び以上に大切な用事はありません!聞き分けてシルブプレ プリン様!」

・ブルック「!!」

・店員「このドレスは……まァお似合い♡あっちもそっちも全~~部お似合い♡ プリン様新郎のお好みなどおわかり?」

・照れるプリン「え!? そんなまだ一度しか会ってないし…♡」

・ブルック「(え~~~っ!? ちょっとプリンさん!! コレ一体どういう事!!?) 」

・ペドロ「(取り巻きに捕まって身動きが取れなかった様だな)」

・ブルック「(てっきり今頃ルフィさん達と合流している頃かと!!)」

・ペドロ「(この分だとサンジには我々が来ている事すら伝わっていまい…!!)」

・ブルック「(ルフィさんが海岸に見た影って何だったんでしょ!!)」

・ペドロ「(さァ 何かの見間違いだった事に……!! あいつは… タマゴ男爵…!!)

・そのとき、トットランド兵がタマゴ男爵の元へ「タマゴ男爵 お話が」

・タマゴ「………」

・店の外に出て話す兵士たちの会話を陰で盗み聞くブルックたち

・兵士「昨日『ショコラタウン』に停泊した“麦わら”の船ですが」

・ブルック&ペドロ「!!? ((バレてる~~~っ!!!)) 」

・兵士「出港時すでにペコムズ氏の姿は確認できなかったと……」

・ブルック&ペドロ「((筒抜け~~~!!) )」

・兵士「――そして本日…!! “誘惑の森”に迷い込んだ“麦わら”の4人!!──もう逃げ場はありません 捕えたも同然!!」

・ブルック「(ルフィさん達が捕まったァ~~~~!!?) 」

・兵士「──しかしあと2名の行方が知れず…こいつらです」

・差し出された2人の似顔絵とポスター

・ブルック&ペドロ「((我々だーーーっ!!!)) 」

・ペドロ「(筒抜けにも程がある!! 始めから全てバレてた!!)」

・ブルック「(一体どこに監視の目が!?) 」

・タマゴ「そのミンク族はヒョウじゃないでソワール。ジャガーのミンク 名は『ペドロ』!!」

・兵士「! ご存知で?」

・タマゴ「昔ちょっとな…」

・ペドロ「……………」

・タマゴ「――そいつならば行動に心当たりがあるフィーユ ――とにかくお前達。ペコムズを捜せ!!」

・兵士「了解」

・タマゴ「せっかく生きていたのだボン。長くコンビを組んでいたよしみで 一緒にママに許しを乞うてやろうと思っていたのに…世話のやける男でマロン…」

・ブルック&ペドロ「(えらい事になって来た~~~~~~!!!) 」

・ホールケーキアイランド 北東の海岸――

・崖の上に立つ人と、それを囲む複数の人影

・赤ちゃん「オギャー ホギャー」

・ベッジ 「おう黙れジュニア!!」

・赤ちゃん「フギャー」

・ベッジ「静かにィ~ちろよ♡」

・シフォン「おー笑った♡ よかったねー」

・赤ちゃん「キャハハキャハハ」

・ベッジ「よーちよち よーちよち いい子でちゅねー♡ なァジュニア!! おめェも将来立派な頭目になるんでちゅよ♡」

・赤ん坊を抱くのはシャーロット家の22女 “シャーロット・シフォン”(ベッジの妻、おかみさん)

・そして赤ん坊はベッジの息子 “カポネ・ギャング・ペッツ”

・背後には、怪人ヴィトやゴッティ「……」

・ペコムズ「……見てられねェな… ガオ!!」

・カポネ「眩しいだろ?“生まれてきた命”…お前は“消えゆく命” まるで絵画だ──お前はそういう道を選んだのさ。ペコムズ…チャンスは与えたぞ」

・ペコムズ「チャンスとは思えなかったぜ ガオ!!」

・カポネ「『ゾウ』の一件もそうだったが……人情なんかクソの役にも立たねェ 向いてねェのさ… お前はこの世界に。この海岸は誰かを消すのにうってつけの場所だ。何の証拠も残らねェからな」

・鎖でグルグル巻きにされているペコムズ「…………」

・崖の下には凶暴そうなサメの群れ

・銃を構えるカポネ「言い残す言葉は?」

・ペコムズ「………………」

・ペッツ「オギャーホギャー」

・ペコムズ「てめェママを ナメすぎなんだよ!!!」

・ペッツ「ホギャーーーーー!!!」

・大きな泣き声とともに放たれる銃弾

・撃たれたぺコムズはそのまま崖の下へ落ち、すぐさまサメが集まってくる。

[スポンサードリンク]


・ホールケーキ城「女王の間」――

・お菓子の王座に座るビッグマム「資金提供は充分にしてたよね シーザー・クラウン…!!」

・シーザー「……は はは…は はい!! 勿論研究はずっと続けていました!!」

・ビッグマム「おれの夢は……!! 世界中のあらゆる人種が『家族』となり “同じ目線”で食卓を囲む事…!!!──それを叶えてくれるのはお前さシーザー!!おれの家族を巨大化させて欲しいんだ!! 科学の力で!!お前毎度言ってたよねェ!! もう少しで完成しそうだから もう少し研究費を上乗せしてくれって!!」

・シーザー「……」

・ビッグマム「おれは嬉しくてずいぶん金を積んだ!! 成果はどうだった?」

・シーザー「ええ…そりゃもうお陰様で…(『人体の巨大化』…!!実験ならやってたさ そんな技術世界中が欲しがってるからな!!──だがおれの実験はガキを巨大に育てる実験!! 命の保証なし。このババーの言う魔法の様に人を巨大化する薬なんてどう考えたって不可能な技術…!! だからおれは金だけ積ませて、夜な夜な『ガールズシップ』を島に呼び 金は酒と女につぎ込んじまったよ!! シュロロロロ!! あの頃は幸せだったぜ!!! ジョーカーの陰に隠れてやりたい放題!! だからまさかジョーカーが破れこんな転落人生を歩もうとは!!!) 」

・神妙な顔→ニヤケ顔→泣き顔に変わるシーザー

・ビッグマム「何の顏芸だい?」

・シーザー「ウエア~~!!! いやァそれもこれもどれも!! あの“麦わらのルフィ”のせいなんだ!! ビッグ・マム!!! あんたの為に寝る間も惜しんで続けた研究!!! もう少しで日の目を見ようという所へ!! “麦わら”とトラファルガー・ローが現れた!!! あいつらさえ来なきゃ!! 『巨人薬』はとうに完成していたんだ!!! この天才にかかればっ!!! 惜しむらくは……世界政府が高度な技術で作り上げた研究所…!! あの完全なる環境あってこその研究成果…!!!」

・ビッグマム「……」

・シーザー「あんたの投じた莫大な資金!! そしてあの研究所!!これがない今……もうおれにはあの『巨人薬』を作る事ァでぎね”ェ!!!」

・ビッグマム「研究所なら『パンクハザード』と同じやつを作っといた」

・シーザー「え!?」

・ビッグマム「設計図は昔入手してね ウチの『キャンディ大臣』は飴細工で何でも作っちまうのさ。大丈夫 溶けやしない鉄を含ませ加工してある」

・シーザー「!!」

・ビッグマム「研究の為なら金はいくらでも使っていい」

・シーザー「えェ~~~っ!!?」

・ビッグマム「で?いつできる?」

・シーザー「!!?」

・「1週間?2週間?ハ~ハハハハハ…マママママ 楽しみだね~~~」 というビッグマムの言葉を思い出しながらシーザーが巨大な研究所の前に立つ

・シーザー「(バカ言ってんじゃねェよ!!人類が何百年研究しても!! ──それはできなかったんだよ!!!)」

・ペロスペロー「ペロリンペロリン♪ お気に召したかねシーザー君くくくく…本物と見紛う出来だろう? くくくく… 中身もそっくりそのままさペロリン♪」

・シャーロット家 長男 シャーロット・ペロスペロー(キャンディ大臣) “ペロペロの実”のキャンディ人間

・心臓を握るペロスペロー「面白いねコレは」

・シーザー「ウギ!!」

・それは元々サンジが持っていたモノ

・サンジらがカポネの船にいた時の話――

・シーザー「おい黒足!! 別れる前に心臓返せ!!」

・サンジ「 あァ…そうだな…」ポイっと心臓をヴィトに渡す

・シーザー「あ———!!」

・ペロスペロー「貴様が『巨人薬』の製造にかけていい時間は2週間!! それ以上かかった場合お前をキャンディマンにしてナメちゃうぜ♪ くくくく…」

・シーザー「(2週間後には殺される!!! 何とかせねば!!!) 」

・南西の海岸──夜

・息を切らすルフィ「ハァ ハァ ゼェ…ゼェ…何十回目だ お前の顔見んの!!」

・ルフィ「…また見つけてきた」

・巨人「いるなーーいっぱい」 目の前に積まれた人影。

・「ワンワン!!」 「ニャー!!」 「チューチュー!!」

・ルフィ「──でも見つけたはいいけど みんな様子が変なんだ!!どうしたお前ら!! 何で増えたんだ!?」

・プリンとサンジを抱えるルフィの前には縛られたキャロット、ナミ、チョッパー、サンジ、プリン、チョッパーキャロット…

※一味が…いっぱい!!?→835話へ続く


[関連リンク]

ペドロとタマゴ男爵の間には一体何が⁉︎

カポネとペコムズの会話から何が起きたのかを考えよう

カポネによって再び撃たれたペコムズの運命やいかに⁉︎

マムの夢の為!「シーザーへの研究依頼」判明


コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

ジンベエは落とし前にビビったというより、ルーレットに仲間の命も含まれていることをマムに知らされて、さすがに、仲間の命までは天秤に掛けられないから手を引いたということでいいのかな!?

無題

だからパンクハザードにはでっかい子どもたくさんいたんだねー。

「同じ目線で食事をしたい」が本当に言葉通りの意味なら他人を大きくするよりもビッグマム小さくした方が早そう(笑)

とりあえず、ジンベエは無事ということですね…。
形はどうであれ、変わり果てたジンベエを見てルフィがブチキレる展開は避けれて良かったです(^_^)

あとペコマムシ、やっぱり無事では済まなかったか…(>_<)
麦藁一味の行動筒抜けなら、プリンと接触したのもバレてますよね…?プリン大丈夫でしょうか?(>_<)

No title

>ビッグマム小さくした方が早そう

これを含めてチョッパーが大活躍をしてマム一味も仲間になってほしい。

ペロペロの実!!バクバクの実が出た時から登場を期待していましたがついに!
それにしても今回見る限りママの子供達(とくに年長組)はママに従順そうですねぇ…。
やっぱり長く生きている分ママの恐さを知っているんでしょうねぇ…。

ジャッジのキャラはクリークに近いような気がします

人体の巨大化

同じ目線で食卓を囲みたいですと?
うーむ、どこまで本音か分かりませんが、科学の力で人体を巨大化ってのは政府が推進するベガパンクの研究と同じ。
よもや、人体の巨大化が世界を牛耳るカギを握ってるとでもいうのか⁉︎
ジェルマ(科学戦闘部隊)と手を組むのもシーザーの科学と天秤にかけるため⁉︎
PHと同等の研究施設なんて、昨日今日で簡単に造れるもんじゃあるまいし、この手際の良さ、人体巨大化はけっこう重要なミッションなんだね(°_°)

スパスパやドアドアのときから言われてることですが、ペロペロもそうですね。悪魔の実って、人間が考えたものですよね。その上で、人造悪魔の実があるのが、謎ですねえ。

No title

ふと思ったんですが、巨大化といえばチョッパーのランブルボールでの巨大化。
アレをヒトヒトの実の以外の人用に改良できれば巨大化はすぐできそう?な予感w
という事で、この件でチョッパーが活躍するかも?

ペコムズが銃で撃たれる前に言った
「ママをナメすぎなんだよ!!」
いったいどういう意味なのか
カポネはマムを裏切るのか…?

No title

人情なんかクソの役にも立たないって言ってるベッジが、
麦わらの一味がシフォンの姉妹を助けたと知って、
きっと心変わりするんじゃないかと信じております。
ベッジはシフォンを愛しているようなので。

No title

一つ謎ができました。
ビッグマムの種族です。

人間だとすれば大きすぎますよね・・・。
かと言って、巨人族だとすれば、息子娘がおかしなことになる。
なんとなく踊っている体系は、小人族に近かったですが・・・。

「全ての種族」
というキーワードを連発する本人の種族。
とても気になります。

まさかの子煩悩なカポネ…w
結構憎めないですね。

久しぶりに回想ですがしゃべっているゼフ!嬉しいです。
いろいろ辛いサンジですがゼフとの思い出はやはり大事ですね。
ペドロとブルック久しぶりで嬉しいです!
なかなか良いコンビだ〜(^^)
プリンちゃんは良い子っぽいですがまだ三つ目描写ないためどうなるかわからないですね…

マムの夢、やはりPHは伏線でしたね!
シーザー頑張れ笑

ラストにたくさん出てきた一味の分身たちは元は動物?
てことは森の入り口にいたキャンディなめてたサンジも動物だったのかもしくは能力者自身か…
巨人の協力でこの森をクリアするんですかね?
前回辛かった分、ルフィたちの登場にホッとしました。

 ペコムズの居場所がわかりましたね。けど、このことをビッグマムサイドは知らないと、セリフも含めて裏切りが発生しそうです。タマゴもペコムズを気にかけているみたいで嬉しいです。サンジに言っていたことは、組織の人間ゆえの本音と建て前だったんですね。
 そして、サンジ、このシーンだけ見ると腕輪は外せなそうですね。2つついているから片方外すうちに片方が爆発するかもしれないし。ルフィと2人で外すかな?
 あと、プリンちゃんは軟禁されている気がします。迷い込んだ、麦わらの一味とあったので

一生懸命なルフィ、素直でかわいいな!

子供時代サンジのジャッジへの依存心、今サンジのゼフへの想い…、サンジって女好き以外に 実はけっこうなファザコン気質だったりするんでしょうかね。
父・ドラゴンにはほとんど興味のないルフィと 何気にファザコン気味なサンジ、これまた対照的ですね。

WCI編って家族と命がテーマなんですかね
ジェルマ側もマム側もこの二つに関する描写がやたら多い気がします

もしジンベエが無事ならサメ達に協力してもらってペコムズを助ける気もするけど、ジンベエ自身はどこにいるのか…

それにしてもゼフは偉大ですね厳しくも優しく育ててくれたって感じ。やっぱりジャッジに言った「親がいたとしてもお前じゃねえ」ってのはゼフのことを思い浮かべたのかな?

No title

ジンベエはマムの傘下から脱退するのではなく、魚人海賊団の船長を降りたうえで魚人海賊団を抜ける

ジンベエ自身がマムと血縁を結んでいる訳ではありません
結んでいるのはアラディンで、傘下なのはジンベエ個人ではなく魚人海賊団としてでしょう
マムがジンベエ個人を傘下としたいならば、ジンベエと血縁を結べば良いのですから
ですのでジンベエが魚人海賊団を抜け、アラディンに船長を譲っていれば魚人海賊団が傘下から抜けることにはなりません
その意味での「傘下からの脱退を取り下げた」だと思います
以前のマムとジンベエの対話では魚人海賊団ごと抜ける様な流れでしたし、落とし所としてはこれが一番無難なのではないでしょうか?

つまりジンベエが失ったのは「魚人海賊団とその船長の座」が正解かと
「ビビって取り下げた」「人望も失った」その上で「追い出した」ことにすればマムの面子も保てるのではないかと

長文失礼しました

ペドロは昔タマゴ男爵に敗れたと予想。なのでその仕返しに1人行動をしたかったんだと思う。ペコムズはジンベイ辺りに助けられベッジをボコりに戻ってくる

色々場面が変わりすぎですね

一つ一つしてほしい


いつも、こんなにコロコロ変わってましたっけ?

あらゆる人種と家族になって
同じ目線で食卓を囲みたいってマムの希望は
とても、壮大で美しい想いだと思うんですけど
けど、何故巨大化して同じ目線なのかがわからない
それくらい人種差別なく体格差差別もなく平等に!って事なのか?

>ブルック「——ええ 我々にとってはとても大切な人物……!!
>(もう我々の所に来てくれないんですか?)」
こことっても良くてグスンです(´;ω;`)

マムは独裁者でしょうか?
新聞の内容は共産国家ばりの分かりやすい偏向報道な感じですよねw

感想

・ジンベエがあのルーレットのを断ったのはなにか考えがある?
・ブルックとペドロの()内が面白い(息が合ってる)
・おかみさんがベッジの妻だとは…

面白いけど進まない!笑

ペコムズこのまま消えるわけないしやっぱジンベエ辺りがどうにかしますよね〜。

No title

ビッグマム、やっぱり怖いけど可愛いな~ww
「”同じ目線”で食卓を囲む」は裏があるのかもしれないけど、そのまま受け取ると凄く可愛い(笑)
シーザーの実態に気付かずに湯水のように金を注いだっていう豪快なアホっぷりも可愛い!w
うーんやっぱり物凄く海賊って感じがしてお気に入り。ルフィに倒されちゃうのかなー?

久々にゼフが見れるかとわくわくしていたら下半身だけ登場でちょっと残念w
サンジとゼフって仲良し家族ではなかったとは思うんですが、確かにお互いの愛情は感じられていいですね~。
ゼフもまた海賊!って感じなので、そんな男が子供一人育てたってのは中々心温まる…。
家族を大事にする海賊っていうのが尾田先生は好きなのかな?
ドフラミンゴもファミリーにゲロ甘だったのが憎めないポイントだったしなぁ。
ベッジの子煩悩描写もすっごくいい、サイコー!夫婦仲やっぱりいいのね!w
マムってやっぱり優秀な仲人なのでは…(笑)

・怪我をしても怒りも心配もしないで牢に閉じ込めた血のつながりのあるジャッジ

・血のつながりは無いが手を怪我して怒鳴りながらも心配しているのが滲み出ていて手当てしてくれたゼフ

比較する必要もないくらいゼフの方がサンジにとって“お父さん”なんだろうな。

たぶん、この場にゼフが居たのなら『大事な手にこんな爆弾なんか付けられやがって。』そう言いながらサンジを庇ってジャッジを怒ってくれたと思う。
ゼフの言葉や手にはそれくらい愛情が篭ってて…余計に今の状況はサンジにとって辛いものになってしまうんだろうな…
大事にするって決めたのに両腕を失う危険に面したらそりゃ、叫びたくなるよなぁ。
誰かのためにブチキレるサンジは何度も見てきたけど、こんな風に叫ぶサンジは初めてですよね。
ルフィ、早く来てあげて!!

ところで、ゼフの声優さん亡くなってますが誰になるんだろう?

「あらゆる人種と家族となり“同じ目線”で食卓を囲みたい」の意味が言葉通りなら「みんなにもおれと同じ位大きくなってもらって家族で顔合わせながらご飯食べたい!」ってことだろうけど、

ひねくれた考え方してみると、エニエスロビーに向かう海列車でルフィが「せっかく同じ方向いてるもんが~」言っていたみたいに、同じ目的や思想を持つことを目線に例えた可能性もありますよね。

まあマムは結構単純で豪快な性格っぽいからそんな回りくどい言い方するとはあまり思えないし、巨人化の話と繋がらないから、やっぱり言葉通りの意味ですかね?



同じ目線で食卓を、ってことでマムを小さくしてめでたしめでたし、なんだろうなぁ。アリスって体が小さくなる話しだもんね。

No title

しかしこれだけ謎現象に満ち満ちたワンピワールドで、
たかだか人間の巨大化が実現不可能ってのもなんか不思議な話…w
しかし、改めて巨人族って相当凄いんだなぁと。
エルバフが描かれる日が来るかは分からないけど、一体どんな国なんだろう…。
エルバフは戦士の村という事だけれど、世界政府には加盟してるのかな?
例の人身売買リストに巨人族(男)の表記はあるけれど、”非加盟”なのか”犯罪者はオッケー”なのか…。
海軍にも巨人がいるのを見ると、加盟してるんだろうか?

前の人も書いてますが、「ママをナメすぎ」は、カポネがリンリンを裏切るのか(だからそれを知ったペコムズは他の誰かではなくカポネに始末されるのか)、或いは、リンリンを好きなようにコントロールすることを目論んでるのか。
するとペコムズはあくまでリンリンの味方であり、やられるのはカポネ、となりますね。
あと、シフォンとローラの父は、同じなのかなあ。
アラディンの嫁は、人魚だったので、父も人魚なんでしょうねえ。(そもそもリンリンは魚人の可能性ゼロでしたっけ?)

なんとなく

思ったんですが、レイジュってサンジの味方なんですかね?手枷を外そうとするサンジを慌てて静止してたし…
シーザーのマムから依頼の研究もこれからの一味の行動に関わってくるのかな〜

No title

もしかしてマムはいろんな種族の混血なのかな?
それでどの種族からも半端者扱いされてトットランドを理想に掲げたとか…
って言ってもこの世界結構混血多いからなぁ
閉鎖的で保守的な階級の出身なのかもしれませんね。サボみたいな貴族とか。

それでいくと子沢山の秘密は悪魔の実の能力ではなくて、ミンク族や魚人族のような種族との混血によって生まれつき備わっていた性質による多産なのではないかとも考えられます。

それにしてもマムと白ひげも対照的ですよね。
方や自ら子を作り、その娘や息子の婚姻関係でビッグ・マム海賊団というファミリーを作り上げ
方や何の血縁関係もない部下を息子と呼び、白ひげ海賊団というファミリーを作り上げた
どちらも大きな海賊団ですが、部下や娘・息子達の忠誠の影に恐怖か見え隠れする分、マムの方には絆に陰りが見える気もします

あづーい!笑

どのシーンも劣勢、劣勢、劣勢。何かの転機で一気に優勢に働きそう!

ジンベエの件は多分マム側の都合の良い捏造記事じゃないかな。。

シーザーは、、、話的にそろそろ場面変わってベカパンク登場しそう!
最後にルフィ側。あのコピーは明らかに能力で動物が姿変えられてる。そのうち能力使う本人出てきそう!前に出てきた魔女かな

サンジが武装色の覇気使っても分からないと思った。みんな武装する時は「武装」とか何かしら言うのにサンジはいってないスーツが黒いから分からないだけ?それにしては相手が言うまで武装してるかわからない……これってまさか武装色じゃない?攻撃を受ける時も足以外は武装しないそもそもサンジが武装したってはっきり分かる描写がない武装色じゃなくて覇王色を使ってる?

マムだけを小さくしても『みんな同じ目線』にはならないから自分に合わせてみんなを巨大化させるしか願いは叶わないのでは…。
カポネの嫁さん出てきましたけどシフォンさんですか。シフォンケーキが名前の由来であることは間違いなさそうなので、ローラの本名はロールの可能性大っぽいですね。
にしてもカポネ…幸せな家庭築いてますね…思ったよりマムに忠誠のようで何より…。

ジェルマって確か貴族だったよね?
貴族って差別的だ!とかでマムは本来嫌いなんじゃないの?
差別的なのは天竜人だけだっけ?
ジェルマとマムって組み合わせ違和感あるな〜

あと、カポネは裏の顔ありそうだね
マムに近づいたのは何か理由あるね
誰かのスパイか?以前、船ごと吸い上げられた惑星みたいな岩みたいなところで、何かあったんだろうか?

まだまだ謎だ

No title

今回のジンベエの行動で

マムの能力はキャラキャラの実のキャラクター人間
って予想しました

物に人格与えたり、人の性格変えたりしているので

No title

普通だったら、シーザーが「ルフィとローのせいで巨人薬の開発に失敗した」と言えば、怒りの矛先がルフィ達に向くはずなのに、研究所を与え、資金も追加で用意するから、完成させろって、、、これが四皇の風格なんでしょうか?


傘下離脱を相談したジンベエに「理由は聞かない、海賊なんだから自由に生きろ、だけど落とし前はつけてもらう」とか、魚人島でお菓子が手に入らない時も「欲しいものを妥協する海賊がどこにいるんだ」とか。いちいち正論過ぎて、カッコいいなぁ。ビッグマム。
例の癇癪さえ起こさなければ、案外理想的なボスなのかもww

サンジが両手の手枷を見つめて、ゼフとのやりとりを思い出すなんて切なすぎます。
あんな風に自分の事で叫ぶシーンは、今までなかったのではないでしょうか。

あと、ジェルマの兵士達の鍛練を見ているシーンが、さらに上層階からの気がしたのですがヨンジ城があったように、いらない落ちこぼれの息子であっても【サンジの城?】も実はあってそこに結婚式まで侍女に囲まれて、軟禁状態になるのかな?
ジェルマの兵士達の前では我が息子と言い、いないところでは息子ではない。お前は生け贄‼と言い切ったジャッジ。
見た目は爆弾と見えない手枷は、侍女や兵士には王族の装飾くらいにしか見えないのかもしれませんね。
どこまで、精神的に追い込んでいかれるのか…
サンジと家族の話は読んでいて辛くなる。

No title

トットランドのスペルはTotto Landでしたね。ローマ字。もう出てましたっけ?

ペロスペローは生まれたときからペロペロの実を食べることが決まっていたような名前ですが・・・^^;
杖を持っているところと白いあごひげとベロが似てるのでシェイクスピアのテンペストにプロスペロー(Prospero)がモチーフなのでしょうね。

ペドロは賞金首じゃなかったのかとか局面が多くて今週もてんこ盛りですね。

No title

ペコムズ、ペドロ、ペロスペロー
サンジ奪還編は ペ がつく名前が多くて文字だけ見てるとちょっと混乱する(笑)

どっかのコメで
「必ず戻る」と言った時のサンジの笑顔と
ベルメールさんの死ぬ間際の笑顔が似てると言ってる人がいて、
改めて比べてみると ほんと そのまんまでした。 サンジが無事に一味の元へ帰ってくれることを祈ってやまないです。

サンジが手を傷付けないのは、ゼフの教えなんですね。

ゼフが別れ際に言った「サンジ風邪引くなよ」も忠実に守っているんですかね?
そーいえば、サンジが体調崩している姿は見てない気がする。

No title


皆様のコメントはコチラにまとめて返信してます~(*^。^*)ノ

[第834話]みんなの[速報コメント]をまとめ&返信
http://onepiece-log.com/blog-entry-726.html

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]