記事一覧

ジェルマ王国(ヴィンスモーク家)の謎に包まれた歴史まとめ


ヴィンスモーク家が治める国「ジェルマ王国」

この国の歴史は遙か昔まで遡る。

ここまでの情報だとまだまだ不明瞭な部分が多いけど、ここらで一度 整理の意味も込めてまとめておきたい。

3987.jpg

[大昔]

ジェルマ王国の王族「ヴィンスモーク家」が“北の海”を武力で制圧。
悪の代名詞となる。


[?年前]

“世界経済新聞”掲載の絵物語「海の戦士ソラ」の敵役のモデルとなってジェルマが登場。


[??年前]

“四国斬り”という、ジャッジが“北の海”の4人の王を討ち取る大事件を起こす。


[スポンサードリンク]


[???年前]

海外の無法な研究チームに所属。
ベガパンクと共に兵器の研究をしていたジャッジ。


[????年前]

ベガパンクが世界政府に逮捕された後も、ジェルマにて一人 命のコピーと改造の研究をして続けたジャッジ。
地下施設を作りクローン兵を生み出す。


[21年前]

サンジ達4人の兄弟が血統因子操作され人間を超えた存在として誕生。


[13年前]

ジェルマ王国がレッドラインを超え“東の海”へ進軍。
幾つかの国と戦争予定。最初の標的国は「コジア」。
この時に偶然港に停泊していた客船オービット号に乗り込み見習いコックとして雇ってもらったサンジ。


[現在]

新世界「ホールケーキアイランド」アプリコッ湖にて連結しジェルマ王国を展開。
ヴィンスモーク家三男サンジとシャーロット家三十五女プリンの結婚を明日に控える。


おおまかに分けるとこんな所かな。

やっぱり“北の海”を制圧した時期と“四国斬り”した時期が分からないなぁ。

この辺りの歴史もいずれ明らかにしてくれるんだろうか?

他にも際立った出来事があれば追記予定。


[関連リンク]

サンジのレイジュに対する態度の真意は!?

ヴィンスモーク家と「ジェルマ王国」の情報まとめ

ジェルマ66の「巨大電伝虫」風の船についての考察

血統因子操作の産物「外骨格」について考える

コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

まとめありがとうございます!
早くそれぞれの記事が判明して欲しいですね〜

四国切りは、ジャッジですかね?
絵の感じはジャッジぽいですが、自身としては、ジャッジがこの絵の頃の様になりたいと真似た格好しているんじゃないかと?
しかし、ジャッジは……ホントに科学者だったのか?疑問が大きいですね!

No title

世経の絵物語は結構重要な要素になりそうです

①物語は架空か真実か?
②ソラ(絵空事の意味?)のモデルは?
③ベガパンクが実現できなかった筈の合体ロボットとは?
④ヴィトの回想にあったジェルマのシルエット、ガールダ(ジャッジ?)とナンバー付きは誰か?
⑤政府からジャッジは逃亡。絵物語でジェルマは悪役。にも拘らず政府と繋がりを持ち、世界会議に出席出来ていた理由は?

もはやビッグマム編というより、ジェルマ編といっても過言では無いほど、多岐に渡る伏線と謎がありますね

ジャッジが科学者だということを政府は知らなかった、からこそ一人逃げ出して一国の王として政府に接することが出来たといった感じですかね。
とはいえジャッジは王だから王国を抜けることは出来ないだろうし、そうなるとベガパンクはジェルマでジャッジと研究していたことに…?
ジャッジが婿養子だとしたら一番しっくり来るんですが。
ところでブルックが意味深にポロロンしてたり「背筋がゾッとする名前」と言っていたヴィンスモークは何処のことを指しているのでしょうか。悪の代名詞になった武力で北の海を征服した時代?戦争屋としての働き?ブルックはヴィンスモークの何を知っているのやら…。

えーと全然関係ないスレですいません。対比で閃いたんですけどまたルフィ相手にエネルみたいなめちゃくちゃ相性が良い敵が現れるのかなと考えました。それがどこなのだろうと考えていたりします、ルフィにとって相性の良い敵が現れても不思議じゃないですよね?

No title

ジャッジ自身が昔父親に不出来扱いされていて、サンジを見ていると幼い頃の自分の様に見えて余計苛立つのかも知れませんね。若かりし頃、能力が足りないが故に領土を近国に奪われてしまい仕方なく国土を持たない国家になった、北の海を取り返すのがジャッジの悲願なのかも。なので時系列的には大昔祖先が北の海を制圧→ジャッジの時代に近国に奪われる→悔しいのでベガパンクと研究→ある程度の技術を盗み戦闘に応用→海の戦士ソラに登場(当時の1.2はクローン兵にコスプレw)→クローン使って四国切り→そうだ!息子達を戦隊にしよう→現在に至る  と予想。

No title

ちょっと関係ない話になりますが、過去のエピソード(スリラーパーク編)とリンクしているのなら、ビッグマム編の最後は白ヒゲの(自称)息子が現れて、その猛攻をサンジかジンベエのどちらかが1人で受けてしまう展開になりそうで・・・。
ただ一つだけ確信しているのは、ロビンの「生きたい!」と対比してサンジが「行きたい!」と叫ぶ展開です(笑)。ひょっとすると「戻りたい!」かもしれませんが~。

ジャッジがベガパンクといた「海外の無法な研究チーム」での「兵器の研究」ってのが気になりますね。
単なる戦争用の新型兵器の類いなのか、それとも古代兵器について調べていたのか…
個人的にベガパンクが悪い人には思えないので単なる好奇心や探究心で古代兵器を調べいそうな気がします。

「無法な研究チーム」っていうのも危ない研究をしていた訳ではなくて単に政府寄りの研究ではなかったってだけの可能性がありますよね。
結果ベガパンクは逮捕されていますが、ベガパンクの今の待遇を考えても、ただ政府の手元に置きたかったから難癖つけて逮捕した感満載ですし、「オハラの悪魔」の時のように後から理由はいくらでもつけられますからね。

ドフラミンゴの時に何故あんな思想になったのかまで回想がしっかりあっただけに、ジャッジも現在の思想に至るまでをしっかり描写されそうな気がします

No title

関係ないことなんですけど、黒ひげのことで、、
黒ひげが二つの実の能力をもったのは体の構造が異形でとりあえず納得、、それはそれ、でもだからこそ欲しい能力を手に入れて自称最強の能力者になったうえでの能力者狩りは、まず実に宿るの白ひげで確かめたから片っ端から実に還元して能力者の率を削っていってるんじゃないかなと思った。その黒ひげの思考もDしかりって展開になるんじゃないかと、、で最後はD対D!ざっくりですけど寝落ちする前にぶっこんじゃいました、、気まぐれな自己満足なので放置してください笑

絵物語はそのまま世界政府による「印象操作」っぽい?ですかね。
政府の身勝手さが如実に表れた教材?ということでしょうか…。
ジェルマ兵はパシフィスタ(平和主義者)と対になりそうですね。

No title

ドフラが天竜人復帰のためにマリージョアに行くあたりから
ジャッジが援助していると僕は思っています。

もしそうなら、トレーボルたちにとってドフラは「ボス」だけど、
ジャッジは「大ボス」です、現役の国王でもありますし。
ジャッジが真の「ボス」なので、ドフラが「若」と呼ばれたのかも。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]