記事一覧

[急募]カタクリの倒し方!10億越えの怪物に勝利する方法を考える


第878話“ミンク族 侠客団 団長ペドロ”で、カタクリと共に鏡世界に入ったルフィ。

そのルフィの行動は、絶体絶命の現状から仲間達を逃がす為のものであり、その一瞬のチャンスを作ってくれたペドロの行動(覚悟)に報いる為のものだろう。

そして、鏡世界に入ったルフィはサニー号へ通じる唯一の道である鏡を叩き割り、カタクリを仲間の元へ行かせないと共に自らの退路をも絶った。

つまり、これからこの鏡世界の中でカタクリとルフィの一騎打ちが始まるわけだ。

まず、そのカタクリの事を振り返りまとめてみる。

[シャーロット・カタクリ]

・シャーロット家「次男」

・ビッグマム海賊団 大幹部「スイート3将星」の一人

・懸賞金「10億5700万ベリー」

・能力「モチモチの実(特殊な超人系)」

・見聞色の覇気を鍛え過ぎ「少し先の未来が視える」


なかなのプロフィールである。

見聞色の覇気は「極みレベル」で、武装色の覇気もお茶会中の戦闘描写を見るに「達人レベル」だろう。そして、キャロットが言うように「ルフィみたい」な能力を持っている。

さて、こんなカタクリをどう倒せば…物語の展開的に倒さない事には次に進めない状況なだけに、なんとかして倒すんだろうけどその糸口が見当たらない。

そんな難攻不落的なカタクリを攻略するにはどうすればいいだろうか?

今回はそれを考えてみたい。

[スポンサードリンク]


[焼き餅作戦]

カタクリの能力はモチ。モチモチと物体を捕らえ動きを奪う事が可能で、触れると厄介な能力だ。水気があれば逃げられるが、水気のない現状では捕まる=行動制限=死に直結してしまう。しかも水があったところで弱点とまでは言えない為、勝利へのきっかけにはならないだろう。

そこで「モチなら焼いてしまえば硬くなり特性であるモチモチ感が無くなるのでは?」と考えた。

ルフィには「火拳銃(レッドホーク)」という炎を纏う攻撃がある。ペロスペローの飴なら溶かせるほどの火力だ。

だが火拳銃がカタクリには効かない事は実証済み。武装した拳で向かい撃たれ、その炎による影響は見て取れなかった。

火拳銃では火力が足りない?それならばもっと火力の高い技を繰り出せば…ルフィにそれが可能かどうかはわからないけど、火拳銃の炎が摩擦熱で発生しているものだとしたら…。ギア3、もしくはギア4の状態で放つ事が出来るならあるいは…


[未来視を上回れ!]

カタクリの強者たる所以として上げられるのが、見聞色を鍛え過ぎた為に数秒先が見えてしまう「未来視」だ。これがある事で、先の行動が読まれ最善の策を取られてしまう。

だが、これは何もカタクリだけに許された超能力ではなく、元々の見聞色の特性としてあるものの強化版。

アマゾンリリーの闘技場で、サンダーソニア&マリーゴールドと戦った時のルフィの戦法を思い出したい。まだ覇気を知らなかったルフィの行動を先読みしながら戦う二人に対して、それを上回るスピードで圧倒した。

ソニア「なぜ当たらないの!!? 動きを先読みしてるのに!! それでも 追いつけない!!!」

これと同じように考えるには、ルフィにとってカタクリは上位の存在すぎるけど、勝つ為にはやはり上を行かないといかんよね!新たなギア?それとも更に別の何かが…?


[その他]

※その他にも思いついたら追記。

※コメント欄の皆様にも期待してまっす!笑


さて、このカタクリをどう倒す!?


[関連リンク]

特殊な“超人系”?カタクリの“モチモチの実”について考える

[Amazon限定] ONE PIECE エピソードオブ東の海(オリジナル特典付き)

ONE PIECE 総集編 THE 24TH LOG

[スポンサードリンク]


コメント

カタクリを倒すのじゃなくて

ミロ婆さんを倒すなり気絶させるなりして、ミロワールドを壊すのでは?ビックファーザーの解除と同様に、解放されてどうにか逃げるんじゃないかと。

話の流れは無視して

・根本的に能力者だから水攻め
・マムに喰わせる
・カタクリの覇気を超える覇気で直殴り
・CP0が倒す
・プリンの目と悪魔の実の力

適当に思い付いたモノ↓

・冷して固めカチカチに

・火拳銃で柔らかくして食べる

・マムの元に誘導し寿命を取る


クラッカーと同様、食べ物というのが

影響する気がします。

カタクリが使った技とカタクリに使用された技もまとめてあると今後の考察がしやすいと思うので追加で載せていただけるとありがたいです

自分も最初はレッドホークを考えたけど使ってるんですよね
ダメージはなさそうだけど一応水が有効なのは描かれたけどミロワールドに水は無さそうですよね
それで思ったのは波動は効くのかどうかです
DRでサイとかバージェスが使ってた波動が効くとしたら試合で技を既にルフィが見てるので自力で再現してもおかしくはないと思うので戦闘中にコツを掴んで突破とかどうですかね

新戦術ギア5

ルフィが自分の体の空気を入れるのではなく抜いて小さくなるが強度を高めて
小さいから全身武装ができるようになり
ギアセカンド状態になり全身が炎に包まれ
カタクリに攻撃が当たるようになる(焼くから)デメリットもあるが全身武装がキア4よりは長持ちする
※これは自分の想像です

醤油を塗って「このままでは焼かれる...!」と恐怖を抱かせる。ネタです。

唯一ルフィがカタクリを上回ってるのが、能力を維持しながら武装硬化をするってことですよね。
捕まったら逃げられないモチモチの能力を武装を纏うことによって無駄にしてしまってる様子。ひっついてないですよね。

なので似た能力ではあってもより能力を使いこなして勝つってのがかっこいいなーと、有り得るかなーと思います!
ルフィのギア5や覚醒あたりですかね!

①海中に沈んでる船の鏡に通じさせて一緒に溺れる→ルフィはチョッパーが目撃した人魚に助けてもらう

②ルフィが攻撃対象の核を見つける力をつけて、そこを狙う。
そういえばチョッパーのスコープ好きだったけど、もうずっと見てない気が…。

③カタクリが何度倒しても、何度でも起きあがってくるルフィの未来が見えるので、動揺しはじめる→ルフィ渾身の一発が見えるが、たじろいで避けられずKO

うーん、なかなか思い浮かばない~

まず私はルフィが倒すと思ってます。
CP0が倒すとか、勝負持ち越しはないと思ってます。
真っ向勝負で切り抜けてほしいです。

もう一つギア5など次のギアのお披露目もないと思ってます。
レイリーとの会話を見る限りギア4とは違う新たな戦い方も会得しているとは思いますが、ここではないと思います。
もっとカイドウなどのボス中のボス戦で使うと思うのでここはギア4のまた別バージョンなどで撃破するのではないかと。

やはりカタクリ=先読みというイメージが自分の中ではあります。
そこを攻略しての勝利だと予想。
セオリー通りかもしれませんが、先読みよりも速いスピードで勝つのではないかと予想します。

え?まるっきり脅威に感じない ルフィは海賊王になる男 高みに往くための当て馬位にしかカタクリは感じない

No title

エネルのマントラに対抗した「ゴムゴムのボー」

カタクリ先読みできない

負けはしないが、勝ちもしないですね笑

クロコ戦と同じで水ルフィ?

ギア4のタンクマン○○バージョンやはり新技かな?

ゴムゴムの花火の、上位相互版ゴムゴムのファイヤーワークでカタクリを焼き、覚醒の片鱗を見せた技で決着!を期待してます!

覚醒

覚醒するのかなと思います。

覚醒することによって、カタクリに吹っ飛ばされても背後がゴムで、反動利用してルフィ攻撃力倍増するみたいな。

カタクリで覚醒使うと、あとで四皇倒す時に新しい技登場の選択肢が減るかなと思いましたが、ミンゴが覚醒の詳細説明していたのは、ルフィ覚醒するフラグでしょうし、カイドウ戦まで覚醒引っ張るのだと、詳細説明あってから時間が空きすぎるかなと。カイドウには、レイリーの言っていたバウンドマンではない方法での戦い方だと思います。

最初はレッドホークで、モチモチをカチカチに……だと思いましたが

ついに波動に目覚めますかね!

ドラゴンボールで言うとこのカメハメ波ですが……う~ん

フランキーの様なクゥードバーストなら、ゴムの空気砲的な感じで出来そうですが……

ギア4の新たな形態が出るのでは無いでしょうか。
ギア4は体格が全体的に大きくなり、ゴムの弾性と武装色の硬化を併せ持っています。
バウンドマンは機動力と破壊力の底上げと攻撃の多様化。
タンクマンは柔剛兼ねた防御力と相手の攻撃をいなして返すカウンター。
しかしどちらも餅相手には部が悪く、バウンドマンで無理矢理…も見聞色モンスターのカタクリには対応されかねません。
ならばルフィが取りそうな戦法は「自分の意思とは別に弾みまくり、未来視を上回るスピードの出る攻撃」だと思います。
強力だけど制御できない欠陥形態、しかし倒すにはこれしかない!みたいな感じで出そうです。

No title

いきなりギア5とかはないと思います。
相手が見聞色を極めたのに対して、ルフィも戦いの中で武装色の一歩高みに近づくんじゃないでしょうか
いきなり極みにってはいかないでしょうが、その片鱗だけでもカタクリを圧倒できればカイドウ戦への希望も見えてくるんじゃないでしょう

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメONE PIECE


[ONE PIECE(デジタル) 01~50巻]

[ONE PIECE(デジタル) 51~86巻]

オススメ記事

4813.jpg
4807.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg
4608.jpg
4604.jpg