記事一覧

ビッグ・マムと巨人族の間に一体何があったのか!? [判明]


第847話“ルフィとビッグ・マム”の中で、ジャッジの発言に顔色を曇らせたマム。

ジャッジのその発言とは…

「見かけない種族がいて気になっていた…いれば目立つ筈だが…」

「“巨人族”だ…!!」

「全種族の住む国と謳われている割には一人も見かけていない…」

「大きめの人間くらいしかな…」


4484.jpg


マムはその指摘を「そうかい?偶然見かけなかったんだねぇ…」と濁した

だがマムの表情から見るに、その指摘は図星なんだろう。

どうやらトットランド内には大きめの人間は居るが「巨人族」は居ない模様。

マムは巨人族と過去に何かあったのだろうか?

今回はその理由を考えてみたい。

[理由① マム自身が小型の巨人族]

マムはその名と見た目通り通常の人間より大きい。
しかし、本物の巨人族とは比べるまでもなく。

実はマムは巨人族として生まれたが、血統因子の突然変異により周囲に比べ小型だったと言うことはないだろうか?
その為、同族から酷い差別を受けていた過去を持っていたり?

時折起こす“食い患い”の発症は、巨大になろうとする心内の表れなのではないか。
シーザーに頼んでいる「巨人薬」も、「家族と目線を合わせて食事を」というのは建前で、本当は自分が「大きくなりたい」から…とか。


[スポンサードリンク]


[理由② 巨人族との結婚が破談になったから]

ローラが過去最大の政略結婚を破断にして家出した事と、このマムの怒りはイコールなのかな?

その結婚相手が巨人族だとしたら…
本来であれば巨人族と血縁を結び、大勢の巨人がこのトットランド内に住んで居てもおかしくなかった。

しかし、結婚破断でそれが無くなりご立腹?


[理由③ 自分より大きい人間がいることが嫌]

ビッグマムが誰かを見るときの目線は、上から見下げているように描かれている事が多い。
もしかして自分よりも大きな人間に見下げられるのが嫌なのかな。
だから、巨人族の存在が疎ましいのかも。

巨人薬を欲するのは、誰よりも大きくなって皆を見下げたい?
その上で「家族」の目線は揃えて食卓を囲みたい、と。


まだまだあり得そうな理由があれば追記予定。

マムの過去も結構濃そうだから、語られるのが楽しみだな~~!!!

誰にでも求婚するローラが、「結婚破談」した真相も気になるところ。


[理由判明]

第858話“会議”でその理由が一部判明。

理由は不明だが、マムは元々世界中の巨人族から嫌われていたらしい。

しかしある日、エルバフの王子ロキがローラに求婚してきた。

それがきっかけで巨人族とのわだかまりも解消され、世界一の強国と名高いエルバフの軍勢を手に入れられるとあってマムは歓喜の涙を流したが…ローラが逃亡。

マムは巨人族を仲間にするのを諦めて人を巨大化する研究を始めたと言う。



[関連リンク]

マムが全世界の巨人族から元々嫌われていた原因はまさか…

ローラが破断にした過去最大の政略結婚の相手とは⁉︎

トットランドの34人の大臣まとめ&残りの大臣予想

シャーロット家の夫&子供達(兄弟・姉妹)まとめ

ONE PIECE 第86巻 予約開始!!

ONE PIECE 総集編 THE 22ND LOG

[スポンサードリンク]


コメント

No title

何か訳あって巨人には手が出せないというのはどうでしょうか。
巨人がいないじゃないかと言われ、痛いところを突かれたという。
だから巨大化させようとしてるんじゃないかなあ。

No title

ビッグマム、巨人族の可能性アリですよね
珍獣コレクターなのに珍獣中の珍獣巨人族を
コレクトしてないのはおかしいと思います
「自分」と「同じ種族」を見世物にするのは抵抗があったのか

No title

たとえローラのせいで破談になったとしてもマム側には力による脅迫という手札があるはずです
実際にサンジの件はそれが解決を難しくしているわけで
そこまで大きな政略結婚をマムが黙って見逃すとは考えられません
ワノ国がサムライが強すぎて三大勢力である世界政府が手をだせないように四皇であっても巨人には安易に手をだせないんでしょう
マムですら手をだせない生意気な存在なんだと予想します

そういえば、ジンベエの仲間にワダツミっていう巨人族よりさらにデカイのがいたような。
これはもしや、玉手箱"爆発"にジンベエ登場でワダツミを見て、マムがぶちギレる展開でも来るか?

あと、ビッグマムって同じ目線で食卓を囲むということから、自分よりも大きな人間に見下げられるのが嫌なのかな?
現に、ビッグマムがルフィや敵を見るときの目線って上から見下げているような目線で描かれているし。

>さるさぶろうさん


>何か訳あって巨人には手が出せない

ふむふむ(^○^)

しかし、そのワケを考えるもの中々難しいですねェ!

マムは海の皇帝なわけで、なにより「欲しいモノを我慢する海賊がどこにいる!」ってな感じの性格ですし…うむむ(゜-゜)

No title


>「自分」と「同じ種族」を見世物にするのは抵抗が

成程。

そう考えると「全種族が家族」とは言いつつも巨人族とそれ以外に区別してるって事になりますね(^J^)

No title


>ワノ国がサムライが強すぎて三大勢力である世界政府が手をだせないように

確かに。

そう考えると、「ワノ国の誰か」ってのも十分に考えられますかね\(◎o◎)

>アントマンさん


>ワダツミを見て、マムがぶちギレる展開

ワダツミとマムってまだ会ってないんですかね?(゜-゜)

もし会ってたとしたら、それでも傘下に加えてるって事ですよね。

ワダツミは巨大だけど魚人という種族だから大丈夫なのか…?

とすればマムが巨人族を忌むのはその大きさだけではないのかな???\(◎o◎)難しい。。

>アントマンさん


>ビッグマムがルフィや敵を見るときの目線って上から見下げているような目線で描かれている

マムのサイズが大きいからってのもあるでしょうが、その意識もありそうですよね(*^。^*)

面白い発見です~~さすが!

No title

はじめましてです。ローラの結婚の破談はシフォンの企みによってじゃないですかね?何の企みかまではわからないですけどあれだけそっくりならシフォンがローラに成り済ますこともできるし。
あと個人的な展開予想でビッグマム側に裏切り者がいると予想。ウォーターセブンでのカクやカリファみたいに身内の裏切り者がいて実はジェルマと繋がっているとか。カポネもジェルマと繋がってそうだし。
たまごあたりが実は裏切り者でルフィ達の行動を監視しカポネを使ったりマムの動きを操っているとか。
ウォーターセブンと対比してるならこの展開…ありませんかね?

No title

マムが巨人のようにでかくなりたいから(自分より大きい人間がいることが嫌だ)って感じの理由ではないですかね。
それでお菓子を食べまくって、シーザーに巨人薬を作らせて、生物の巨大化に成功しているかもしれないジェルマと政略結婚こんな感じで理由はあるけど、もしそうだったら、でかくなりたい深い理由もあるのかもですね。
マムはもともと小さかったのかもしれないしw

>ハーマンさん


>ビッグマム側に裏切り者がいると予想

裏切り者がいるとしたら、ジェルマ側のイチジあたりかな~って考えてます(^○^)ノ

まぁイチジならそんな驚きの展開にならなそうなんで逆にないのかな…とかも思いますがw

>toppoさん


>自分より大きい人間がいることが嫌だ

単純に、それも考えられますね~~(*^。^*)

No title

ビッグマムは巨人族と人間のハーフなのかも、と思いました(笑)。

「大きい人間はいるが巨人はいない」という発言にビックマムが怒ったのは自身が巨人族だが唯の人間と思われてその事にコンプレックスを持っていた為に怒ったんじゃないかと思います

僕は、ジャッジに指摘された時のマムのしらばっくれ様が、巨人が手に入らない事をごまかしてるように見えるんですよね。
そもそも、同じ目線で食卓を囲む為に家族を巨大化させるってのがなんか胡散臭いな。
あらゆる人種が平等に暮らすと言っておきながら寿命を取ったり、珍種を本に閉じ込めてたりしてるし。

No title

自分も前から思ってましたがやはり万国には巨人族がいなかったようですな。

ジャッジの言う通りいたら目立ちそうですが影も形もないのとマムの夢とか考えるとそんな感じはしましたが予想が当たるのは嬉しい。

自分の予想はマムは巨人族は巨人族でも体質に問題のある巨人族って感じがしますね。ただ大きさについてはわざと小さくしている感じを予想しています。体質というのは巨人族でありながら"巨人族"を生めない体質で超安産型でも巨人族はどうしても生めない宿命にあるのではないかと子供を見て思いました。

また大きさはわざと小さくしているのはソルソルの実の覚醒の能力の応用ではとも思いましたね。限界まで小さくしたけどあれが限度でだからシーザーの力が欲しいって思ってるのでしょうか?

また、今の話のオマージュ元になっているだろうスリラーバーグ編はモリアが最後に影を取り込んで巨大化していたのでそれをなぞるとマムも巨大化するのではないかと思ったのもこう予想した理由の一つです。

巨人族(エルバフ?)と政略結婚するはずだったローラが逃げて破断になり、怒った巨人族が暴走暴挙、何とか本の中に取り込み封印。その本はどこかに閉まってあり、そのときに巨人族の力を体感したので巨人になる薬を作ろうとしている?ってのも考えられますかね??

>>ビッグマムは小型の巨人族
成る程、人間の3倍の寿命のある巨人族なら80人以上の子供を産んで(単純計算で70年近い)あの見かけ年齢というのも説明つく(ソルソルの実の能力の可能性もあるが)

ジャッジに巨人族がいない、とか大きめの人間くらいしかな、とか言われてキレていたのは『大きめの人間』というのの中にビッグマムの子供が混じってて、それを巨人族でない(巨人族として認められないくらい小さい)と見られたことから過去の記憶を思い出したとか?(ならジャッジは超特級の地雷を踏みつけたことになるな……)

>>シーザーに頼んでいる「巨人薬」も、「家族と目線を合わせて食事を」

ああ、成る程、これば常に(物理的に精神的に)見下されながら(恐らく唯一の楽しみだった)食事をした経験からか

自分より小さい連中を自分と同じくらい大きくして目線を合わせる、でなく本当は自分が「(同胞の普通の巨人族並に)大きくなりたい」、過去の辛い食卓の記憶を塗り替えたい、と

No title

ビッグマムが巨人族であるとすれば、
その子供達は全員が半巨人族ってことになりますね。

しかしほとんどの子供達が普通サイズの人間・・・。

むしろめっちゃ小さい奴も居るので、巨人の血が入っているのかどうか怪しいですね・・・。

No title

>もしかしてマムはいろんな種族の混血なのかな?
>それでどの種族からも半端者扱いされてトットランドを理想に掲げたとか…
>って言ってもこの世界結構混血多いからなぁ
>閉鎖的で保守的な階級の出身なのかもしれませんね。サボみたいな貴族とか。
>それでいくと子沢山の秘密は悪魔の実の能力ではなくて、ミンク族や魚人族のような種族との混血によって生まれつき備わっていた性質による多産なのではないかとも考えられます。

上の引用は834話のコメントで考察したマムの混血説なのですが、こうなってくると
・巨人族の血だけは入っていない
もしくは理由①のように
・巨人族で差別された
とも考えられますね。

個人的には今回のバレ記事に書いた・マムの初恋の相手は巨人族説 も推したいところなんですが…多産も食いわずらいも失恋のショックにしてしまうのはちょっと強引ですかね…w

No title

あ、あともしビッグマム失恋説の線が濃くなってきた場合、マムの出身地はドレスローザ説も推してみたいですw
愛と情熱の国→恋多き女
衣装の模様がバイオレットに似てる
というちょっと弱い二点の理由からですけど

魚人みたく巨人と他種族の両親の組み合わせから産まれて来る子供は巨人か○○族か男か女か4通りのお楽しみ、とか?

父親似の種族で産まれて来ることもあればビッグマム似で(異形レベルで)小さい巨人族として産まれることもある、みたいな

いやでも、過去に魚人と巨人のハーフで魚巨人とか出てきたし、純粋な巨人族ほど大きくない、とも言われていたな……これは無いか

巨人族は他種族と混血を繰り返すと小さくなっていくみたいな特性があって、ビッグマムはかなり薄めに巨人族の血を引いて(クォーター以下)いるとか?

で、巨人族は産まれて来た子供が一定以下の大きさにしかなれなくなると追放するとかいう掟みたいなのがあって、ビッグマムはそれを理由に過去に巨人族から追放された経験持ちとか

混血で何が悪い!デカくなきゃ仲間とすら認められねえのか!という考えが根底にある結果がトットランドで、巨人化薬に拘る理由か?

単純に、自分より、大き奴がいると見下されている感があるとか、威厳が損なわれるとかかも?知れませんね。

No title

追記ありがとうございます(^^♪
あ、ローラは人に決められる結婚が嫌で逃げ出して、求婚の旅に出たのではないかと。
ルフィに振られた時点で振られた回数が4444回、そして一味&ゾロに振られて4445回。そしてそしてフランキーに振られて、今のところ4446回かな?(「ワンピースパーティ」でも確か一回振られてたけどw)
ローラとマムの好き嫌いの差がすごいですね・・・ローラも娘なんだから、マムがすぐ怒ることはわかってるでしょうけど。
誰かのせいですれ違いが生じたとか・・・

No title

トットランドには、
本当は何人もの巨人がいるのではないでしょうか?
ジャッジのねらいは、巨人かもしれません。
クローン化して服従させる。
マムのところなら大勢いると考えて、今回の結婚話を進めた。
マムは事前に察知して、巨人を隠した。
ジャッジからその話が出たので、やっぱりか…みたいな感じでは?

ところで、巨人の寿命が300年なら、
900年前から始まる「空白の100年」は
ひい爺さんやひい婆さんが経験してる計算になります。
かなりの正確さで伝承されている可能性があるので、
エルバブ編で謎が少し解けるかもしれません。

ローラの相手はハイルディン

No title

むしろ自分が巨人族である事自体(もしくは半分巨人の血が流れている)をコンプレックスにしているのかと思った
ハリーポッターとかでマダム・マクシームとかハグリッドが半巨人である事を隠していたのと同じ感じで、女として巨人である事が劣等感になってるのでは

シーザーに薬を作らせようとしたのは、皆も大きくなってしまえば自分も大して変わらない大きさになるので恥ずかしくない的な
食い煩いは、日頃から実は(巨人としては)食欲を我慢していてそのおかげで巨人族よりは小柄(モリアやクマみたいな大きい人間みたいに思われてる)に収まっているけど、時々その反動で枷が外れて暴食してしまうとか?

子供を沢山作ってる辺りからも何となく「女」を捨てたくないと思ってる節がある気がする

コメ欄の人の説が一番有力な気がしますね。
人から見下げられるの嫌だっていうのはビッグマムの性格的にもしっくりくるし。

No title

自分より大きいからだと思います

若いときに、ドリーやブロギー師匠やサウロあたりにフラれた、或いはコテンパンに打ち負かされて、トラウマになってる、なんてのもあるかもですね。

勘違いだったらすいません。ワンピースに出てくる巨人族て男性ばかりですよね?海軍に一人わかい女性らしき巨人がでてきたくらいかと。巨人族は男性が戦い、女性が家を守る種族じゃないかな?食事も男性が食べたあと女性がひっそりおこぼれをもらう、それが嫌で(男尊女卑的な)ビッグマムは巨人族をコレクションしなかったり(女性の巨人族は事情を知ってるからてを出したくない、男性の巨人族は見るのも嫌みたいな感じで)海賊やったりしてんのかも。認めてもらいたい願望が同じ目線の食卓という夢に繋がってる気がしました。

No title

こんにちは。

マムとの戦いはエルバフが本編ですかね~

845話のマムの様子を見ると、子供たちには、優しく接していますね…。 もしかしたら、昔、子供の1人
(プリンちゃん?)の願いを叶えてあげようと、しているのでは?
それを叶えてあげようとしたマムは、巨人族を避けて、シーザーに依頼したんじゃないかな…?

マム自身が巨人族だが、なぜか小さいまま(巨人族としては)というのがあり得そうですね。
家族と同じ目線というのも自分の子供達を指しているわけではなく、本来の巨人族の家族と同じ目線でありたかった、ということかと。
子供達のことはジャッジ同様、道具と見ているんだと思います。

No title

巨人族って生まれてくるときから大きいのかな?
巨人族×人間で子供が生まれる場合は
巨人族女×人間男の場合は大きい子供うめそうだけど
巨人族男×人間女の場合は巨人の子供を妊娠するだけでおなかが張り裂けそうw

つまりは、巨人族として生まれるためには
巨人×巨人以外は無理なんだと思う
ハーフになった時点で巨人を生む確率が極端に薄れる

ビッグマムが持ってる劣等感はそういうことなのかなぁ?サイズ的には純血巨人族とはいかなそうだし、混血なら生まれる子供は巨人確率薄いしね。

どれだけ自分が子供を産んでももう巨人族を生むことはできないという劣等感?で巨人にイラッと来てる?
もしくはハーフになった時点で巨人族として認められなくなり追放された過去があるとか?

巨人の寿命は300年。

ビックマムの寿命を操れるのはおそらく100年まで。

ソウルをなんらかの形で取りすぎるとマム本人がパンクしてしまとかで 巨人はマムの天敵なのでは?

寿命の短い人間を巨人にする計画でトットランドをコンプリートさせたいのでは?

No title

ビッグマムはアーロン的なさエルバフを追放された巨人族であるとすると。。

巨人族ではあるがハーフなので巨人のこどもをうまくうめない

子供はたくさん産んでみたけど、結局巨人はうめなかった為シーザーを利用することを考え付いたのでは?

プリンを生むきっかけになっただろう三つ目の元旦那との結婚??

その旦那はポーネグリフ読めたのかなぁ?覚醒してたのかなぁ?ロジャーは三つ目の旦那を連れて行ってたりしてw

全種族を仲間にするであろうルフィは
三つ目であろう元旦那と仲良くなるかもしくは、こういうことがあったにもかかわらず、プリンを敵視せずにプリンとは敵対関係にならないのでは??

そしてエルバフとビッグマムは対立していると仮定すると
麦わらVSビッグマムはやはりエルバフで決着かなぁあ

誰かが書いてたように実はローラと結婚する相手だったのはハイルディンだったのだとしたら
ぜひエルバフ編で恋愛結婚してほしいなぁw

モデルは北欧神話巨人の王ウトガルドロキか

もしかして、巨人海賊団のドリーやブロギーの快進撃を止めた、あの女の子が後のビッグマムとか?
巨人海賊団の快進撃を止めた事で、巨人族に嫌われている?
流石に、そんなわけないか!

No title

自分もリスキーさんと全く同じことを考えてさっきカラー版を見返してたところでしたw
残念ながら髪の色が違ってました^~^

No title

巨人族の中には、自分の巨体を嫌う者がいるのでは?
「可愛い服が着たいけど、巨人族の店では売っていない」
「他の種族と遊びたいけど、この体ではムリ」などなど。

マムは巨人族で、「小さくなる薬」を手に入れて飲んだ。
そして、うらやましがる者たちに気前良く分け与えた。
しかし巨体に誇りを持つ多くの巨人が激怒した、とか?

(裏の裏の裏を読んでも、爪の先すらカスらない今日この頃。
直球勝負に出ました!)

No title

巨人族には、巨人の血を絶やさないように巨人族同士でしか子供を作ってはいけない掟があり、マムの母親(もしくは先祖)はその掟を破り、他の種族と血縁をかわしてしまった(=自由な結婚をした)
それが理由でその子供のマムすらも巨人族から虐げられていた。なんてのはどうでしょう。

とか言ってたら、魚巨人族(魚人と巨人の混血)ってのがいましたね…^^;

今年中に世界会議にワノ国突入にって考えると単純にマムが悪者で終わるのかなぁ…うーん

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]