記事一覧

ジャンプ2016年「ONE PIECE」の掲載率(&休載回数)とカラー回数まとめ


11月28日発売の週刊少年ジャンプ52号で2016年度が終了。

次号から2017年度に突入…!

そこで、2016年度のONE PIECEのジャンプの掲載率(&休載回数)とカラー回数&率をまとめておきたい。

[掲載率(&休載回数)]

まず、ONE PIECEがジャンプを「休載」した号をピックアップ。

「#2」「#12」「#17」「#24」「#28」「#32」「#41」「#46」「#50」

――の計9回(休載回数)

発売冊数:ジャンプ52号-合併号4回=48冊

(48-9)÷48×100=「81.25(ジャンプ掲載率)」


最近の尾田先生は「3回掲載1回休み」ってペースが出来上がってる(合併号の時はちょっとズレるけど)から、休載の回数は去年・一昨年と変わらず9回だったね。

んで掲載率に直したら約8割か。

このくらいのペースで、尾田先生の健康を損なわずに最後まで描き切って欲しいなぁ!

[スポンサードリンク]


[カラー回数]

第809話(ジャンプ01号)「SEA FREAK」
第811話(ジャンプ05-06号)
第817話(ジャンプ13号)「ONE PIECE FILM GOLD」
第821話(ジャンプ18号)「浮世絵」
第824話(ジャンプ21-22号)
第829話(ジャンプ19号)「ONE PIECE FILM GOLD②」
第832話(ジャンプ33号)「Why join The navy If you can be pirates」
第833話(ジャンプ34号)「夏花火」
第835話(ジャンプ36-37号)「白くまかき氷」
第843話(ジャンプ47号) 「熊本復興プロジェクト」

――の計10回

ジャンプ発売冊数の48冊で10回事は…ONE PIECEのカラー率は20.83%


2016年度に発売されたジャンプの約2割がONE PIECEの巻頭カラー!

尾田先生、結構カラー描いてるんだよね~それも毎回高クオリティ!!!

しかし休載する回数よりカラー描いてる回数の方が多いのか…笑

カラー回数半分にしたら休載も半分にならんかなぁ……なんてww

2017年度も早速「1号」から巻頭カラーだったし、今年(2016年)と同じくらいの回数カラー絵が描かれそうだ!


[関連リンク]

[第848話] ジャンプ表紙&巻頭カラー“連載20周年”感想

コミックカレンダー2017 缶入り 日めくり

松本人志 presents「ドキュメンタル」予告編

[スポンサードリンク]




コメント

No title

 20周年記念でさらにペースが落ちなければいいけれど。
 本当、編集部は尾田先生に無茶をさせてないでほしい。(本人も含むけど)

漫画は基本白黒なので、おだっちの原画に色が入るのが見られるのはとても嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ‼︎

No title

印象的には
・月曜休日=土曜ジャンプ発売週の前後どちらか、
・カラーを書いた回の前後とちらかで
休んでているような気がします。
(合併号でカラー書いた回はジャンプ自体が翌週休む)
土曜発売週は納期がタイトになるし、カラーは作業が増える。働いた週の前後は休みをもらっているんでしょう。

いっそのこと、月1回のみ掲載、45ページくらいのほうが、負担も少ないし次回への「ヒキ」も1回ですむので話がサクサク進むかもしれないですね。
(扉絵連載が進まなそうですが)

>Nさん


尾田先生本人が漫画描くの大好きですからねぇ!笑

だからこそ程々に無理しないペースで続けて欲しいですね(o^^o)

>ベポさん


確かにぼくもカラー絵はテンション上がります!笑

本当に様々なタイプの色使いや手法を使って描かれてて、見てるだけで幸せですよね( ^ω^ )

>ぶぅ〜さん


尾田先生自身が、「週間だから良い」ってのをどこかで言ってた様な気がします(o^^o)

毎週締め切りがあって追い詰められて出るストーリーやキャラもいるから、だと。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]