記事一覧

ビッグ・マムが「夫」として選ぶ人物の条件を考える


“ビッグ・マム”は、その名が示す通りの子沢山。

夫も43人いて、超が付くほどの「一妻多夫」

更にその子供達の多くも結婚していて、血縁関係だけでも相当な数になっている。

そうすると一つ疑問が湧いてくる。

「ビッグ・マムが夫にする人物」「娘&息子達と血縁を結ばせる人物」の境目はどこに?

果たして、その基準は?今回はそこについて考えてみたい。

まず結論から言うと…

「その人物が珍しい人種かどうか」「その人物がどれ程の権力を持っているか」

がポイントかな?と。簡単に解説を。

[① その人物が珍しい人種かどうか]

マムは生粋の珍しいもの好き。

その切っ掛けは幼少期の育ての親の語った夢。

「ここを私達の国にしましょう! みんなが平等に暮らせる夢の国!! 種族間の差別も何もない みんな同じ目線で暮らせる国!!」

それがあってマムは珍しい種族も国に受け入れたんだろう。

そして更に種族を増やす為、珍しい人種であれば婚姻を結び子を設ける。

「魚人」と「人間」の間に「半魚人」が産まれるように、人種の細分化を自ら起こしているのではないか?

それが、一つ目のポイント。


[スポンサードリンク]


[② その人物がどれ程の権力を持っているか]

そして、もう一つのポイントとして相手の「権力の有無と強弱」があるんではないか。

マムは現在でこそ“四皇”という地位についているがまだ駆け出しのルーキーだった頃を考えると、勢力の拡大・武力の強化をするに当たってマム以上の権力・武力を持った相手とは結婚はしなかったんじゃないだろうか?

理由はシンプルで、相手の方が勢力が上ならそちら側に自分の海賊団ごと取り込まれ傘下になってしまうから。

今回のサンジとプリンの結婚も、もし新郎のサンジが“麦わらの一味”として婚姻が成立してしまえば、一味はビッグマムの傘下になってしまうと言っていた事からも分かる。

だから、昔も今もマム自身が結婚する相手は「高い権力を持って“いない”者」に限られるのかな?

つまり「権力を持つ者」と血縁を結びたい場合は「子供達」に当てがう、と。

マムの「子供達」と結婚する相手なら例えそれが一国の王でも、結婚後は「マムの子供の配偶者」となり地位的にはマムの下と捉えられる為、自身の地位は揺るがない。

そうして、マムは勢力を拡大して言ったのではないかな。


この2つが、ぼくが考える「ビッグ・マムが夫として選ぶ人物の基準」。

これまでに唯一マムの夫として出てきた「パウンド」は、“巨大な二頭身体型”という「珍しい生物」であり「武力も無い」人物だった。

おそらくだけど「権力」も持ち合わせてなさそう。

マムのこれまでの夫に対する「子供を産んだ後は用済み」という態度も、この2つの「基準」が当たっているなら理解できる。

すでに折り返しに入ったというホールケーキアイランド編で、この辺りにも触れられることはあるんだろうか?期待したい!


[関連リンク]

シャーロット家の夫&子供達(兄弟・姉妹)まとめ

シャーロット家の疑問考察&まとめ

ONE PIECE 第86巻 予約開始!!

ONE PIECE 総集編 THE 22ND LOG

[スポンサードリンク]


コメント

No title

今(マムの子供たちの結婚相手)は「“戦力”を伴う“集団”」、要は「一大戦力」ってのが必要条件のように思えますね
ビッグマム海賊団をより大きな一大勢力にするために
ビッグマムはジンベエに傘下から抜けたいと言われた時「ジンベエ…おれはお前という一大戦力を失うのさ…」って言ってましたし
アラディンは元七武海ジンベエ(懸賞金4億越え)擁する“タイヨウの海賊団”、カポネ(懸賞金3億)は“ファイアタンク海賊団”、サンジ(懸賞金1億7700万)は“ジェルマ66”
シーザーが、懸賞金3億で元政府科学班No2という実績、加えて大きな研究を任せているにも関わらず、結婚ではなく単に脅しってのも彼が単独だからじゃないかなと
もしシーザーが集団を率いてたらまた違う扱いだったのでしょう
おそらく昔(マムの結婚相手)は、ビッグマムもイケイケだったから、当然自分も戦うし、戦力を増やすためには単に戦って勝って力尽くで傘下にすればいいし、で多様な人種を生み出すための結婚だったのでしょうが、今は四皇と呼ばれ拠点もできたので、自分はWCIで甘いもん食ってばっかで自らが出陣しなくても、部下が戦って領土広げていくために、戦力重視の政略結婚なんでしょうね
つまり拠点(WCI)ができる「前」と「後」での違いだと思います
言い換えると自分自身前線で戦ってた頃と自分は後ろに控え部下任せになったあとの違い
「前」は“珍種”重視、「後」は“一大戦力”重視、の結婚

今更だけどもどうやったら普通の人間が巨人や魚人なども子孫を残せるのだろうか…
ワンピースの世界では現実の世界とは違う交配方法があるのだろうか…
ビッグマムともそうだし…

No title

まさかチョニキとブルックがマムの夫候補になったらどうしよう。

>しおさん


>マムの子供たちの結婚相手は「“戦力”を伴う“集団”」

確かに!

子供達の相手の条件としてはそれがありそうですね(*^。^*)

>かんなおとさん


>ワンピースの世界では現実の世界とは違う交配方法があるのだろうか

コウノトリさんが…(゜-゜)笑

>さゆさん


>チョニキとブルックがマムの夫候補に

二人は条件に当てはまるから可能性あるかも~笑

しゃべるヒトデパッパグは人ではないので旦那にするには厳しいか
でも存在が知られたらコレクションにされそう

No title


>パッパグ

即、コレクション行きですね(^ム^)w

ガイモンさんも2等身位でしたよね?
2等身族の国があったら面白そう。

>参事さん


>ガイモンさんも2等身

いや、ガイモンさんは宝箱にはまったからあんな感じになってるだけで、元々普通の投身の人間ですよ(^<^)笑

なるほど。魚人島はより強い勢力を欲しがったって事かな。王子3人もいたのに、アラディン⁈と思ってたんですよね。

これ見てて、ソールが死体や「他人」には入らない→血縁の寿命は、血縁には入る可能性が浮かびました。子孫が多いほど長生きできそうで、マムの子供達にもメリット増えるかなーと。

No title

モスカートがマムに寿命を取られたとき、
モンドールが「あんたが生んだ息子だぞ!」と叫んでいます。
出産したのなら「産んだ」なのに、物をつくり出す「生んだ」。

誤植でないのなら、
マムが何らかの方法でつくり出したことになります。
例えばマムの魂と相手男性の魂とでつくり出したとか…。

16男モスカートは40年寿命を取られて危篤状態なので、
今の年は30代後半~50代初め?
長男のペロスペローはド派手な格好をしているけど、
目じりにシワがあるので50後半~60代?
一方、マムの子と思われる幼児もいて、その差50~60歳?

長寿の巨人族の血をマムが引いているため
出産可能な年齢に幅があるとも考えられますが、
子どもたちの身長は(ワンピース世界での)標準か少し高い程度。
巨人の血はほとんど感じられません。

魂の操作で子どもをつくり出すのなら、
大きな年齢差があっても不思議はないかもしれません。

「生んだ」が誤植ではないという前提でこれを書きましたが、
誤植だったらこのコメントはなかったことに…。

No title

ルフィやナミがマムに逆に気に入られる展開はないですかね?ルフィ海賊王への熱い想いやナミの天候棒・航海技術にとても興味を示すみたいな。


「お前ら、俺の養子になれよ」や「俺と同盟組まないか」…マムなら言いそうです。

>ゆきふれさん


>血縁の寿命は、血縁には入る可能性

おお、それは面白いですねェ(^○^)

>塩アメさん


>出産したのなら「産んだ」なのに、物をつくり出す「生んだ」

この違いが後々効いてきたら…面白いですねェ(*^。^*)

>ヤマトさん


>ルフィやナミがマムに逆に気に入られる展開

はじめはその展開かなぁとか思ってたんですが、ローラとマムの関係が思いのほか悪そうなんで…どうでしょうかねぇ(^ム^)

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]