記事一覧

[伏線]宿命の種族⁉︎ “D”の意味を考えよう[考察]


以前、“D”についての既出情報をまとめた記事の中で軽く触れた“D” の意味。

その記事のコメント欄でも“D”の意味について色々と考えてる方が多かったので、別個に記事にしてみます!

まず、“D”については前述した下記記事を参照。

“D”の名を持つ者達と“Dの意志”まとめ考察

では“D”の意味についての「仮説」を簡単にまとめていこう。

[頭文字“D”]

[悪魔説(Demon、Devil)]
現在の世界を牛耳る“天竜人”を「神」とするなら、その天敵である“D”は「悪魔」か?
しかしそれだと、天竜人ありきの名前になってしまってて、しっくり来ない。


[夢(Dream)か運命説(Destiny)]
ルフィに海賊として懸賞金が掛かった時のフーシャ村の村長ウープ・スラップの言葉。
もし村長が“D”について何か知っているならば、一気に意味深感が出るけど…
コラさんも“D”の一族の事を“宿命(destiny)の種族”だと言っていたのは気になる。

[夜明け説(Dawn)]
ONE PIECEという壮大な物語の第001話のタイトル
「"ROMANCE DAWN"―冒険の夜明け―」

そして、2年後に再出発する時の第601話のタイトルも、
「"ROMANCE DAWN for the new world"―新しい世界への冒険の夜明け―」

世界の秘密を知ったロジャー海賊団のクルーだった光月おでんの家臣・ネコマムシの旦那は「世界の夜明けを待つ男」
その一番の部下ペドロはルフィ達こそ「世界を“夜明け”へと導く者達」だと信じている。

この事から、「夜明け」とは「今の世界がひっくり返る事」なんだろう。
「今の世界」とは、言わずもがな「天竜人を頂点とした歪な世界」!

“D”の意志とは…世界を「夜明け」へと導く者達の意志!!?


[スポンサードリンク]


[月の民との混血を表す“半月”]

そして頭文字以外に有力なのがコチラ。
ONE PIECEの物語の中には、「月」が描写されていることが多々ある。

そして、その「月」にはかつて都市があり、翼を持った民が居た。
しかし資源不足から大昔に「青色の星」へ飛び立った、と。

その「月の人」と「青色の星の民」の混血児が「Dの一族」なのでは!?
“D”は「半月」を表しているのでは!!?という説。

その理由の一つ…と言うには弱いかもしれないけど、コミックス27巻の表紙のルフィ。

4281.jpg

普段コミックスの表紙では作中に出てくる以外の衣装を纏う事が珍しいルフィに、空の住人(月の人?)の象徴である「翼」が装飾され、更に珍しい「ウインク(片目)」。

これは何かを示してそうだな、と。
それが、“D”=月の民との混血を示唆してる?

さらに黒ひげの幼少期、月の下で泣いている様子が描かれていたのも気にかかる。

4282.jpg


しかし、“D”には人種・血縁・職業・性別に関係がない。

詰まる所、“D”とは「意志」

そういう事も加味すると個人的には…

[頭文字“D”=夜明け説(Dawn)]を推していきたい。

まだまだ、面白い説があれば追記予定!!

[追記①]

[Dを横にすると“笑った時の口元”]

Dの意志=人々が笑顔で暮らせる時代をつくる説。
Dを横にすると笑った時の口元に酷似している事、Dの一族は死ぬときに笑う事から。

遥か昔に滅んだ「とある王国」=「ラフテル」だと仮定すると…
「ラフテル=laugh tell」で笑顔で伝える?



[関連リンク]

“D”の名を持つ者達と“Dの意志”まとめ考察

世界政府“非”加盟国の者は“Dの一族”と繋がりがある!?

世界政府を作った20人の王の末裔「天竜人」まとめ

ONE PIECE 第85巻 予約開始!

ONE PIECE コミック 1-84巻セット (ジャンプコミックス)

[スポンサードリンク]


コメント

No title

Dの一族=ドーン島ドーン王国の住民説なんてのもありますよね。
かつて栄えた王国の名がドーン島でそのドーン島はルフィが住んでいた島であるなんて感じで。
クローバー博士が王国の名を言おうとした瞬間撃たれましたよね。
クローバー「かつて栄えたその王国の名は・・・」
「撃て」
「ドォンッ!!・・・」
的な感じで。そのドォンという音自体が伏線っていう考察です。
ま、僕が考えたわけじゃなく、面白い考察だなと思ってこの場に出したわけですけどもw

>toppoさん

あ、そゆのもありましたね(^○^)

以前、「ある巨大な王国」のまとめ考察記事を書いた時に挙げてましたわ(*^。^*)


空白の100年に存在した「ある巨大な王国」についてのまとめと考察
http://onepiece-log.com/blog-entry-10.html

忘れてた~!笑

Dの一族というより光月一族関連の考察なんですが2つの可能性を考えてます
1つはモリアとの関係です
桃の名字、つまり「光月(こうづき)」ですが自分は始め見たとき「こうげつ」と間違って読んだ訳ですが、この時僕が連想したのがモリアです。
モリアのフルネームはご存知「ゲッコー・モリア」自分はアニメでモリアを知ったのですがこの時ゲッコーを月光と勘違いしました
そんなこともあって光月の名を目にしたときなんかモリアと名字似てるなと思った訳です。読みが違うと気付いたので関連性は弱くなりましたが、モリアの本来の名字が光月であり、月光と置き換え読みをゲッコーとしたのならという感じに考えました

長そうなので連投の形で失礼します。
1つ目が上記のとうりモリアとの関連性
そして2つ目はDの一族との関係性です
光月の名のとうり月の字が含まれています
記事にもあるようにDの一族はしばしば月の一族との関連性が話題になりますが、自分は光月一族もDかもしれないと考えます。
ワの国と言うだけあり和英のように表記に違いがあるだけではないかというのがこの説の理由の1つでもあります
どの説も曖昧ですね(笑)
モリアについて捕捉すると光月一族やその周辺に位置する立場にあったと考えてます
この説に関してはですがw
以上ですね
長文すいませんorz

管理人さん、全部込みということは??

No title

なるほど!

私自身、“D”についていつも考えていました。
一時期、悪魔(Demon、Devil)?なんかも考えていましたが、たぶん無理っぽいです。

かんりにんさんの“意志”を含めた“夜明け説(Dawn)”の推しに、大賛成の一人です。

ドーン(Dawn)には様々な意味があり、・夜明け・黎明・暁・あかつき・東雲・曙・有明・日の出・デイブレイク・サンライズ・オーブ等々(地名によくありますネ!)なんかもありました。

ストーリーを読んでいると、何となくですが“D”がこれだろう?と思っています。

No title

ドーン島と半月の二つの意味だと思います

No title


>光月一族関連の考察 モリアとの関係

光月とゲッコー(月光)は気になるトコですね~!

個人的にはモリアは「ワノ国出身のはみ出し者」的なイメージでした(^<^)

>zipさん


>Dの一族とワノ国の関係性

「D ノ国」
「ワノ国」

似てますよねぇ~字面が(^○^)

これも有力かもですね!

ポーネグリフを残した光月家も居る事ですし~

>シュークリームさん


>全部込み

盛り盛りですな(*^。^*)ノ

案外あるかもですね!

>北おやじさん


>“意志”を含めた“夜明け説(Dawn)”

白ひげの言う「血縁を絶てど、あいつらの炎が途切れることはねえ」ってのはその「思想」に正体が隠されてるんでしょうかねェ。

>しおさん


>ドーン島と半月の二つの意味

いちおドーン島説も追記しとかなきゃですな~

夜明けDawn説とルフィの名がルシファーの愛称説はセット?

世界の夜明けを待つという台詞が希望の星が現れるのを待つといったニュアンスがあるのだとしたら明け方に見える星、

明けの明星=ルシファー(ルシフェル)なので、ドフラミンゴがドフィと呼ばれていたようにルフィの本当の名前がルシファー(ルフィ自身は知らない)というのもありなんじゃないかと思います。
ローに隠し名があったことから、本当の姿を隠すためルフィという名前なのかも

作中での正式なD意味とは別に
デビルもドリームもディステニーの意味なども複数のニュアンスも込められるように作者はわざとDだけにしたのではないかと思いました。


ウィキでエアレンディルの項目を読んだらちょっと刺激されました。アマンの地とかラフテル連想してしまう。

Diana(月の女神火)かも

ミンク族は満月の夜に何か変化?が起こるらしいですよね、そしてそのミンク族と光月家は古くから深い関わりがある。
また、ネコマムシの旦那は「世界の夜明けを待つ男」とも言っている。
"D"を月の民との説が正しければ満月に変化?するミンク族も"D"の一族と深い関わりがあるのでしょうか?

ミンク族好きな(主にベポ)私はとても気になります。象主も何かの罪?を背負って何百年も歩き続けているし…(>_<)!

Dawn説はとっても素敵ですね!
私は“destination”目的地・到着地を連想していました。
でもDawn:夜明け、の意味はとても良い……

No title

あと、ロジャーの言ってた
「受け継がれる意志」
「時代のうねり」
「人の夢」
の「受け継がれる意志」は、ロジャー→エース→ルフィへとつながっているんじゃないかと。
そして白ひげが言っていた
「ティーチお前じゃねェ・・・」
「血縁をだてどあいつらの炎が消えることはねェ・・・」
などの発言は、このことを表しているんじゃないかなぁって。
だけどもう一つロジャー→シャンクス→ルフィというふうに帽子がルフィに伝わっているのも気になるんですけどね・・・

前に某巨大掲示板で見かけたdの意志=人々が笑顔で暮らせる時代をつくる説が面白かったです

Dを横にすると笑った時の口元
dの一族は死ぬときに笑う
ラフテル=laugh tell で笑顔で伝える

ただの人間以外の種族(手長族、足長族、ミンク族、小人族、巨人族、首長族、魚人族)が暮らしている国や島はグランドラインにしか存在していないのであればDの意思と関連あるかつて栄えた巨大な王国が、彼らのベースの国だったという可能性は大いにありそう。
いろいろな、様々なという意味があり、
ルフィの性格やティーチの異形を連想させる普通でない、変わったという意味もある
Differentなんかも有りかなあ

No title


>明けの明星=ルシファー(ルシフェル)なので、ドフラミンゴがドフィと呼ばれていたようにルフィの本当の名前がルシファー(ルフィ自身は知らない)というのもありなんじゃないかと

ほうほう。そんな説も!

ドレスローザ編が、ONE PIECEと言う大きな物語の縮図だったように、ドフラミンゴはルフィと「敵」として対になる存在かもしれないですね(^○^)ドフィとルフィ!

そして「隠し名」…何かが繋がりそうですね(*^。^*)

No title


>Diana

ディアーナ…ローマ神話に登場する、狩猟、貞節と月の女神

ワンピースの中には数々神々の名が出て来てますからね~~(^○^)

>ベポさん


>"D"を月の民との説が正しければ満月に変化?するミンク族も"D"の一族と深い関わりがあるのでしょうか?

何かありそうですよね~(^○^)

ワノ国で色々明らかになりそうだからめっちゃ楽しみですねぇ!!!

>巫女ロビンさん


>Dawn説はとっても素敵

ですよね~ぼくもはじめに見た時「これや!」て思いました(*^。^*)w

>toppoさん


>「受け継がれる意志」「血縁をだてどあいつらの炎が消えることはねェ・・・」

これこそが“D”の意志(^○^)!?

No title


>dの意志=人々が笑顔で暮らせる時代をつくる説
>Dを横にすると笑った時の口元
>dの一族は死ぬときに笑う
>ラフテル=laugh tell で笑顔で伝える

おお~~これ面白いですねぇ(^<^)

追記しときます!!!

No title


>ルフィの性格やティーチの異形を連想させる普通でない、変わったという意味もあるDifferentなんかも有りかなあ

「多種多様な種族がそこに生きていた」ってのはありそうですよね(*^。^*)

管理人さん、この前はコメレスありがとうございました(^o^)

今、閃いちゃったんです。
もし、Dが『ド』と読めるなら
モンキー・D・ルフィは
“モンキー・ド・ルフィ(ン)”になるのかな? って。

なんか私は、ルフィって名前からドルフィン、つまりイルカを連想するんです。
人間と仲良しな海の哺乳類じゃないですか。ルフィそっくりだなって。
人と海を繋げるイメージもありますし。

お猿でイルカっていうのも何だか面白いですけどね(笑


追伸:そして今さらに調べてみたら、ガープって元能天使の悪魔の名前なんですね(゜゜;
ドラゴンも西洋では悪魔を想起させるし、もしかしたらルフィがルシフェルから来てる説はアリなのかも。

どちらにせよ、物語の展開が楽しみです。

>巫女ロビンさん


>ガープって元能天使の悪魔の名前
>ルフィがルシフェルから来てる説はアリなのかも

コレは面白いですよね~(^○^)

D=悪魔説をちょっと補強する感じの説ですな!

独りよがりの考察

初めて書き込ませてもらいます
僕が考えたラフテルに何があるか、思い付いて誰かに聞いて欲しくてたまらない内容を書かせてもらいます

ラフテルにあるのは悪魔の実がなる木でそれが=ワンピースなんじゃないかと
そもそもラフテルは島の名前ではなく、大昔に滅んだ国の名前で、その国は悪魔の木を中心に栄えており、その国の国民は悪魔の木の恩恵で多種多様な姿をしていて、万物と対話が出来た(悪魔の木の側に生えた果物などを長年食べながら暮らしていた影響?)(海王類や象主がデカイのも悪魔の木の側で暮らしていた影響?)
その中でも悪魔の木に選ばれた強い戦士は名前にDの文字(demonかdevilの頭文字)を付けることと、強力な悪魔の実を食べる事をゆるされた、その悪魔の木の番人の子孫がDの一族
少数民族の亜人達は滅んだ国の生き残りか、戦争が起こる前に独立して国を作った人達
悪魔の木があれば実を売れば莫大な富を得られるし、強い実を食べ放題でとんでもない軍事力も手に入れられる為、多くの国の連合軍が攻めてきて戦争になった、その戦いで地形が変化して今の世界が形成された、
初めは優勢だったDの一族だったが、ローの先祖であるワーテルの裏切りによって負けてしまい、ラフテルより散り散りに逃げ延びた。
連合軍はラフテルに都を作りマリージョアと名付けた(悪魔の木は地下か空の上のとにかく見えない所に封じられている)
ドフラミンゴは悪魔の木の事を知り、それを利用する事で好き勝手していた(メラメラの実も簡単に取り寄せられた)
終盤は悪魔の木を巡る戦いになる

長くて分かり辛いとは思いますがこれが僕の考察です

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]