記事一覧

[86巻修正情報まとめ] “モチモチは特殊な超人系(パラミシア)” 他

ONE PIECE 86 (ジャンプコミックス)の修正情報をまとめてみよう。今回もそんなに多くなかったかな?とりあえず、今回のコミックスで修正・変更されたものをまとめてみたい。[モチモチは自然系→特殊な超人系]ビッグマム海賊団の大幹部“将星”の一人・カタクリの悪魔の実の系統が「自然系(ロギア)」から「特殊な超人系(パラミシア)」に変更になっていた。これはジャンプ掲載時にも相当物議を醸した件で、「モチがなんでロギア!?」「間...

続きを読む

[86巻SBS情報まとめ&感想]“ビッグマムの28歳&48歳時の容姿” 他9つ

ONE PIECE 86 (ジャンプコミックス)のSBS情報まとめ。[ビッグ・マムの28歳&48歳時の容姿]こりゃ驚いた!笑28歳の頃、美人さんだな~!!と言うか、勝手に色付けちゃったけど28歳の時の服、海軍のコートっぽいなぁ。マムのこれまでの経歴が気になる…[ウルージさんを可愛くしよう]無理でした。ほぼ変化なしッッッ!!!だがそれがいいッッッ!!!笑[ローラ&シフォン byキャロット画伯]さすがの画伯!誰を描いても一緒に見える才能。笑[...

続きを読む

[ONE PIECE magazine Vol.2]尾田栄一郎8000字ロングインタビュー要約&感想

ONE PIECE magazine-ワンピースマガジン-Vol.2 も尾田先生への8000字ロングインタビューが載ってるよ!今回のインタビューの主要な部分を抜粋、要約してまとめ。感想なんかを書いてみたい。・尾田先生の想像力の原点は、子供時代に落語が好きだった事・小学生の頃からラジオで落語を聴いており、登場人物の姿形を常に想像する事で想像力が鍛えられた・落語好きは父と母の影響・落語初心者にオススメなのは「火焔太鼓」「文七元結」...

続きを読む

[ONE PIECE magazine Vol.2]“Special Episode Luff”2/3話 書き起こし&感想考察

ONE PIECE magazine -ワンピースマガジン- Vol.2の尾田先生の描きおろし漫画“Special Episode Luff”の2/3話目は頂上戦争が終わり、無事助けられたエースを交え、ルフィとサボと3人で酒を酌み交わすシーンが描かれた。その内容を書き起こし、その中身について考察してみたい。・かつてロジャーと白ひげが酒を酌み交わしていた桜の舞う場所に居る3人・新聞には「白ひげ死す!!」の見出しと顔写真が載っている・ルフィ「エースも助かっ...

続きを読む

賞金首・懸賞金ランキング「異名」&「手配書一覧」まとめ

純粋な個人「戦闘力」海賊団としての総合的な「武力」政府・民間人に対する「危険度」それらの総合的な指標となる「手配書の懸賞金額」今回は「異名」と合わせて「懸賞金」の高い順にランキングまとめておきたい。[5億~]①シャーロット・カタクリ 10億5700万(REWARD表記)②“旱害” ジャック 10億(REWARD表記)③シャーロット・スムージー 9億3200万・“千手” シャーロット・クラッカー 8億6000万・“火拳” ポートガス・D・エース 5...

続きを読む

シャーロット家の夫&子供達(兄弟・姉妹)まとめ[随時追加版]

四皇“ビッグ・マム”は、一妻多夫の超子沢山。「43人」の夫との間に子供が「85人」(息子「46人」、娘「39人」)!!!「ホールケーキアイランド サンジ奪還」編で、続々と登場するビッグ・マムの子供達。ここではシャーロット家の子供達(兄弟・姉妹)と夫をまとめておきたい。(※随時追加予定。)[母][シャーロット・リンリン]ホールケーキアイランドと34の島々からなる万国(トットランド)の女王にして、“ビッグ・マム海賊団”の船長を務め...

続きを読む

ガープ、サウロ…“神の天敵”であるはずの“Dの一族”が海軍に所属している事実をどう解釈する?

世界政府の創始者の末裔である天竜人が、“神の天敵”と呼び、その名を聞くだけで眉をひそめる存在である“Dの一族”。[“D”とは]・遠い昔から脈々と受け継がれてきた「意志」・血縁を絶ってもその「炎(意志)」が消えることはない・世界政府は“D”が人目に触れることを危惧し「ゴール・D・ロジャー」の名を「ゴールド・ロジャー」に変えて呼び広めた・“Dの一族”は「宿命の種族」・世界各地の歴史の裏で脈々と受け継がれている名→“D”の名...

続きを読む

最上級の諜報機関“CP0”メンバーの変遷を考える

ドレスローザ編の冒頭とラストにて初登場した「サイファーポール“イージス”ゼロ」、通称「CP0」。この章で登場したCP0は計6人。冒頭の「3人」と、ラストに出た「ルッチ」と「スパンダム」、そしてフキダシだけの登場だけど「カク」。2年前のCP9メンバーの「ルッチ」「スパンダム」「カク」がCP0入りしてるという事は、他のメンバーも共に加入している可能性が高そうだが、冒頭の3人の中に「手長族」が居る事から、元CP9メンバ...

続きを読む

“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチの「成り上がり」の軌跡

今や「四皇」にまで上り詰めた“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチ。その名に“D”がある事からも、主人公ルフィと似た部分を持っている。…かと思えば、全く正反対だったりと何かと気になる海賊だ。自身の率いる“黒ひげ海賊団”はクルーの数や成長の速度から考えても、物語上“麦わらの一味”と対となる海賊団である事は間違いないだろう。2年後の本格的な登場はいまだに無いが、情報はチラホラ入ってくる。だからこそココで一度、これま...

続きを読む

五老星は不老の存在?もしくは常に若返り続けているのかもしれない。

世界政府内の最高権力を持つ「五老星」。空白の100年の事情にも精通し、世界政府のトップに長年君臨し続けている存在だ。その姿形はいつの時代も変わらず、正確な年齢こそ公表されてないが長い間変化がなさ過ぎる気がするこの5人…。ここでふと思ったことがある。㊀ 五老星は不老なのでは?㊁ もしくは年齢を操作し、数百年単位で生き続けているのでは?ちょっと飛躍した仮説にみえるけども、いくつかある根拠をあげてみたい。[①:...

続きを読む

“聖地マリージョア”内部にある重大な「国宝」の正体を考える

“聖地マリージョア”…赤い土の大陸(レッドライン)上に位置し、世界貴族(天竜人)の住処であると同時に、五老星や世界政府全軍総帥が籍を置く政治の中心。4年に一度開催される「世界会議(レヴェリー)」もこの地で開かれる。さて、この世界政府にとって この世の権力者達にとって最も重要な場所である“聖地マリージョア”の内部には、存在自体が世界を揺るがす重要な「国宝」があるという。それはドレスローザ編で元天竜人であるドフラ...

続きを読む

“約束の舟 ノア”を直すのはマンシェリー姫のチユチユの復元能力?

トンタッタ族 トンタ長の娘「マンシェリー姫」は、“チユチユの実”の能力者。その治癒能力の「最上の業」には寿命を削って行う「復元能力」があり、これは工場の様な建物も復元可能だと言う。この「最上の業」が明かされたドレスローザ編では、最後まで使われることはなかったが、この「復元能力」の存在をここで明らかにしたという事は、いずれ必ず使う時が来るはず!では、どこで使われるのか?それを考えると思い当たるのは…魚人...

続きを読む

[“展開予想”選手権 まとめ] 第874話×5

第874話の“展開予想”選手権のエントリー作品まとめ。見易いように修正してる箇所もあります。第847話「ライフ オア トリート(仮)」2017/07/25(22:32)・モンドール『何?ジェルマと交戦中!?スグにいく!おい!ジェルマが沖合で交戦中だって』・カタクリ『モンドール、行くぞ』・モンドール『おうよ!兄貴!!そっちは任せたぞ、プリン』・プリン『うん!シフォン姉さんは必ず連れて帰る』・ブリュレ『ベッジは私が切り刻むのさ~!...

続きを読む

“悪魔の実”の能力を代々受け継がせる「継承」という方法がある?

人が悪魔の実の能力を得る為には、これまでに2つの方法が示されている。①普通に悪魔の実を「食べる」②悪魔の実の能力者を丸ごと「捕食する」②の方法が判明したのはビッグマムの幼少期。本人は無意識にだったが、恩人であるカルメル(ソルソルの実の能力者)を食べてしまった後、その身にソルソルの能力を宿していた。→悪魔の実の能力が宿る新たな条件!恐怖の“能力者食い”!!そしてその2つに加えてもう一つ、悪魔の実の能力をその身に...

続きを読む

[アニメ補完]ウルージさんのWCIでの激闘シーンのセリフ書き起こし&考察

ビッグ・マム海賊団の大幹部「スイート3将星」少し前までは「4将星」だったとブリュレは語っていた。その原因となった「将星」の一角を落とした男の名は“怪僧ウルージ”!最悪の世代の海賊の一人だ。→四皇幹部撃破!“怪僧ウルージ”の能力考察その後は、同じく「将星」であるクラッカーに撃退されるわけだが、原作ではそのシーンは省かれていた。アニメではその部分が少し描写されてたから、セリフと共に書き起こしておきたい。・...

続きを読む