記事一覧

[ワンピース 予想] 63年前の巨人族の国「エルバフ」で一体何があったのか

第865話“ねぇマザー”のラストで、ビッグ・マムの過去編に突入。舞台は63年前の巨人族の国「エルバフ」63年前と言うと、“ビッグ・マム”ことシャーロット・リンリンは当時5歳。→85巻SBSまとめ“ビッグ・マムの年齢” 他この地で一体何があったのか…[(追記)マムの正体判明]第866話“NATURAL BORN DESTROYER”で、マムの生い立ちの一端が語られた。今までに判明した、ここでの考察(↓)との差異は「マムは普通の人間」って事かな?これまでの...

続きを読む

ワノ国「光月家」跡取り・モモの助の発言を振り返る

謎多きモモの助の正体が遂に明らかに。ワノ国 久里 大名“光月家”跡取り “光月モモの助”もちろんモモの助がワノ国内での重要人物だと言う事は物語の端々から分かってはいたが、「錦えもんの息子」と思いこんでいたから、なかなか考えがまとまらなかった。しかし、ここまでのモモの助の発言等を振り返ると、「錦えもんとモモの助は実は親子ではない」と考えたら確かに繋がる。という事で、今回はモモの助の発言、その他を振り返りま...

続きを読む

[結果発表]ONE PIECE全キャラ対象人気ランキング

第26回目の投票企画の結果発表!投票してくれた皆様!いつもありがとうございます。今回のテーマは「ONE PIECE全キャラ対象人気投票」ということで早速、結果発表!!![ONE PIECE全キャラ対象人気ランキング][第①位 ヴィンスモーク・サンジ 58票](理由)・一流コック、仲間のために尽くす男、足技もカッケー・徹底的に女性を大事にする姿勢が大好き!ゾロとの掛け合いも最高(^^) ・サンジイヤーで改めて心の優しいキャラクターとその...

続きを読む

[ワンピース 考察] 白ひげの息子!? 新“七武海”最後の一人エドワード・ウィーブルについて

ついに新“七武海”最後の一人が登場した。その名も「エドワード・ウィーブル」その母「ミス・バッキン」は白ひげの愛人だ、と。今回は、この二人についての情報をまとめ 考察していきたい。[新“七武海”最後の男の既出情報]まず、これまでに出ていた情報をまとめ。新“七武海”最後の一人の情報まとめより。・元海軍大将“黒椀のゼファー”の腕を斬り落とした男・ゼファーの教え子たちを皆殺しにした男・悪魔の実の能力者[エドワード]ウ...

続きを読む

[投票企画]1人5票迄!ONE PIECEキャラクター人気投票開催!!!

ジャンプ本誌で次回のONE PIECEが休載なので投票企画やりまっす!今回で第26弾になるんですね~これまでには、こんな感じの企画をしてます(↓)[投票企画まとめ]第01弾:食べてみたい悪魔の実は?第02弾:親友になりたいキャラクターは?第03弾:旅行するならどこに行きたい?第04弾:再登場して活躍しそうなキャラクターは?第05弾:付き合いたいキャラクターは?第06弾:冒険するとき装備したい武器は?第07弾:所属したい組織は?...

続きを読む

[展開予想]第866話①「カルメル孤児院(仮)」

このページは最新話の展開の「予想」です。ゆるい展開予想してます。・63年前――・巨人族の国「エルバフ」――・後の“ビッグ・マム” シャーロット・リンリン 5歳・リンリン「ねぇ聞いてよ、マザー!」・カルメル「んん〜?なんだいリンリン」・リンリン「みんながおれの言うことを聞いてくれないんだ!おれが女だって、小せェからって下に見てんだよ‼︎」・カルメル「そんな事ないさリンリン。アンタも言い方を考えてみなよ」・ここは...

続きを読む

[第865話]巨人国エルバフには巨大樹“宝樹アダム”がある?

第865話“ねぇマザー”のラストでビッグ・マムの過去回想に突入。その舞台は63年前の巨人族の国「エルバフ」!海に浮かぶエルバフの島の描写で締めたわけだが、その島の中心付近には「巨大な何か」がそびえ立っていた。それは山を越え雲に届く程に高い「何か」。その描写を見て、いつかフランキーが語った巨体樹「宝樹アダム」が思い浮かんだ。[宝樹アダム]ある戦争をくり返す島にたとえ島に住む人間が砲弾の降り注ぐ戦争を始めよう...

続きを読む

[第865話]“ねぇマザー”感想

[週間少年ジャンプ24号](コミックス派の方はネタバレを含みますのでご注意を)お茶会のメインイベント「結婚式」が開始し、ベッジの作戦が進行中の現在。今回は遂にマムが奇声を上げ、その眼前にベッジ・ヴィト・ゴッティがランチャーを構えるところまで来た。作戦はコチラ側が有利に上手い事進んでいる!では、その過程で気になる事をピックアップ。[カタクリの直接の妹?]母はマム一人だけど、父は43人いるシャーロット家の兄弟達...

続きを読む

[扉絵] 表紙連載 第23弾 vol.2 ご存じだと思うが僕は昔 感想

短期集中表紙連載 第23弾 押し掛け麦わら大船団物語vol.2「キャベンディッシュ編「ご存じだと思うが僕は昔…」」今回は予想通りのキャベンディッシュが登場!ついでに…と言っちゃアレだけど愛馬のファルルとスレイマンも。キャベンの過去のモテ自慢を聞いている感じに。このキャベンの幼少期はいつかSBSで描かれたヤツだね。→[コミックスSBS情報]キャラクターの幼少期まとめしかし、寡黙なスレイマンはいい聞き役になりそうな。笑振...

続きを読む

“D”の名を持つ巨人族「ハグワール・D・サウロ」は生きている?

ロビンの恩人「ハグワール・D・サウロ」今から遡ること22年前、西の海「オハラ」で幼いロビンを守る為バスターコールと戦った巨人族。その戦いの終止符は、奇しくも親友・クザンによって打たれる事となる。クザンこと、元大将“青雉”は「ヒエヒエの実」の氷結人間。彼が最後にサウロへ放った技は“アイスタイムカプセル”通常の氷結攻撃“アイスタイム”との違いが分かりにくいこの技。“タイムカプセル”という名称から考えると…もしか...

続きを読む