記事一覧

ハリウッド実写ドラマ版ワンピース情報まとめ [キャスト続々決定!]

ONE PIECE連載20周年の際に発表された「ハリウッド実写ドラマ化」!制作会社は、「トゥモロースタジオ」。メイン脚本家は「マット・オーウェンズ」。今回はワンピースの「ハリウッド実写ドラマ化」の情報をまとめたい。[目次]〇メインキャスト決定〇Netflixで全世界独占配信〇シーズンⅠは10話構成〇公開までの道のり〇尾田先生からのメッセージ〇プロデューサーからのメッセージ〇脚本家からのメッセージメインキャスト決定キャラ...

続きを読む

尾田栄一郎&青山剛昌の夢の対談実現!! 情報まとめ

2021年秋にコミックスが「100巻」を突破した「ONE PIECE」と「名探偵コナン」。大人気漫画の2人の作者「尾田栄一郎」先生と「青山剛昌」先生の“奇跡の対談”が実現した。集英社と小学館、出版社の枠を超えたスペシャルコラボだ!!前編は、25日発売の「ジャンプ」34号後編は、27日発売の「サンデー」35号――に掲載される。これまで尾田先生と青山先生は面識がなかったそう。しかし作品を通じてお互いを意識していた様で、コナンが100巻...

続きを読む

熊本復興プロジェクト!“麦わら一味”像まとめ

2016年発生の熊本地震。熊本は尾田先生の出身地という事もあり、ONE PIECEと熊本県が連携した「ONE PIECE 熊本復興プロジェクト」が立ち上がった。そのプロジェクトの一つとして、熊本県の各地に“麦わらの一味”の銅像が建設される事に。今回は設置される“麦わらの一味”の像をまとめておきたい。[目次] 〇熊本県庁(ルフィ)〇益城町(サンジ)〇阿蘇市(ウソップ)〇熊本市(チョッパー)〇御船町(ブルック)〇高森町(フランキー)〇西原町(...

続きを読む

熊本復興プロジェクトまとめ!尾田先生からの頼もしいメッセージ

2016年4月、尾田先生の故郷「熊本」で起こった最大震度7の大きな地震。これを受けて尾田先生はすぐに直筆のメッセージを公開。尾田先生からの「必ずや復興のお手伝いをさせて頂きます。」という力強いメッセージ!!「熊本復興プロジェクト」はここから始まった。2022年の今も続くプロジェクトの全てをまとめておきたい。2016年●スタンプラリー(湯前町、高森町、上天草市)●ラッピング列車(南阿蘇鉄道、くま川鉄道)●ふるさと納税返礼...

続きを読む

ONE PIECE 最終章へ向け「1ヶ月休載」へ!尾田先生「休みまーす!!」

本日6月7日12時、公式Twitterにて、ONE PIECEの1ヶ月休載が発表された。次号からという事ではなく30号より1ヶ月間(4号分)の休載になるらしく、再開は7月25日発売の34号だ。つまりこんなスケジュール。28号ONE PIECE 1052話29号ONE PIECE 1053話30号↓33号休載34号ONE PIECE 1054話尾田先生直筆の「休みまーす!」が目に飛び込んだ時、3D2Yの時を思い出したよ。笑この時も1ヶ月の休載を挟んだんだよね。...

続きを読む

さくらももこ先生に語ったワンピースの正体!それは「心の成長」なんかじゃない!!

2014年7月22日に発売されたさくらももこ先生のデビュー30周年を記念したムック本「おめでとう」。これは、さくら先生自らが特別編集長をつとめている。その中で「ONE PIECE」の尾田栄一郎先生がさくらももこ先生の自宅を訪れた際のルポが、全カラーで10ページ描かれている。この件は、ジャンプの巻末コメントの方で尾田先生も書いてた。ちなみに尾田先生がさくら先生の事を「ももちゃん」と呼ぶのは下記のメールでのやり取りから。...

続きを読む

白ひげは実在した!それは尾田先生がホレこんだ酒場のおやっさん!!

ONE PIECEの連載10周年記念で発行された情報誌。それはコミックスに挟まれた「ONE PIECE PARADISE!」、略して「ワンパラ」!!その内容はONE PIECE尽くめで、尾田先生の描き下ろしも載っていた。今回は「vol.2」の白ひげの話をまとめておきたい。ジャンピング近況アタック!こんにちは。白紙を渡されました。ワンパラ用に何か書いてと言われました。近況とかでいいですよって適当か!自由か!まー、信頼されていると受け取る。最近...

続きを読む

尾田先生「ぼくはマスコット・チョッパーを解禁した」秘話公開!!

ONE PIECEの連載10周年の際に発行された「ONE PIECE PARADISE!」。それはコミックスに挟まれた記念情報誌。略して「ワンパラ」!その内容はONE PIECE尽くめで、尾田先生の描き下ろしも載っていた。今回は「vol.2」の、チョッパーのマスコット化にまつわる秘話をまとめておきたい。アニメ8年目スープレックス!どうでもいい裏話をここでしよう。この物語は、数年前に起きた僕と東映アニメーション作画番長小泉昇氏との戦いの記録で...

続きを読む

ドラム島に桜が咲いたチョッパー編のラストは偶然の産物だった!?

ONE PIECE 総集編 THE 25TH LOGに掲載されている尾田先生書きおろしの「連載ってワンダーランド」。今回のお題は「予想以上に活躍したモノ」。カナダだったかなードラムロックと言われる岩の写真を本で見つけてね。かっこいいからそれをドラムロッキーという山にして、ドラム島という名前の島を作りました。いわゆるチョッパー編の始まり始まり。このシリーズもチョッパーのデザインがなかなか決まらなくて、見切り発車しましてね...

続きを読む

ビビは元々アラバスタ王女の予定ではなかった!?

ONE PIECE 総集編 THE 21st LOGに掲載された、尾田先生による書き下ろし「連載ってワンダーランド」。今回のお題は「予想以上に活躍したキャラクター①」ぶっちゃけいっぱいいるけど、それはビビです!!いや ミス・ウェンズデー。バロックワークスのエージェントとして登場した彼女ですが、それ以上の事は考えていませんでした。ところがある時髪をおろしたミス・ウェンズデーを描いてみてふと思ったのです。王女っぽーーーい。少し...

続きを読む

尾田先生「このハトをのせた変な奴(ルッチ)を敵にしよう!」

「ONE PIECE 総集編 THE 22ND LOG」に掲載されている尾田先生書き下ろしのコラム「連載ってワンダーランド」。今回のお題は「予想以上に活躍したキャラクター②」ロブ・ルッチ。活躍しましたね。今だから言えるというか、ウォータセブン編は船大工を仲間にしよう!というお話でした。決まっていたのはフランキーが仲間になる、メリー号とお別れする、というラストだけ。まず読者を混乱させてやろうとフランキーを嫌いになってもらい...

続きを読む

サイト内検索