記事一覧

これまでにイム様によって消された「灯」は誰なのか

第908話“世界会議開幕”のラスト、虚の玉座に座るイム様に対し、五老星は跪きこう言った。歴史より消すべき“灯”がまたお決まりでしょうか?然らば その者の名を!!その直前に五老星はこうも言っていた。“頂上戦争”から2年…もはや“うねり”は止まらない世界の均衡など…永遠には保てぬのだここらで一度大きく掃除する必要があるなつまり、「歴史より消すべき“灯”」とは、彼らの言う「世界の均衡」を保つ為に消さなくてはならない「世界...

続きを読む

五老星がイム様に問うた「灯」の意味するところは?

第908話“世界会議開幕”で、五老星がイム様に向かって言ったこのセリフ。歴史より消すべき“灯”がまたお決まりでしょうか?然らば その者の名を!!このセリフの中に出てくる「灯」とは何を意味しているのか?今回はこの「灯」の意味について、考えてみたい。[目次] 〇一般的な「灯」の意味〇灯とは「受け継がれる意志」?〇夜明け前の今、灯とは「道標」?〇灯はあかし(証)?〇つまり「灯」とは… 一般的な「灯」の意味灯とは、「とも...

続きを読む

世界の王「イム様」の名前の由来考察まとめ9選

マリージョア「パンゲア城」にある「虚の玉座」。各国の王達は皆“平等”であり、独裁の欲を持たないという誓いをする場所。誰も座ってはいけないと言われている玉座に易々と座る人物が…その人物は、五老星から「イム様」と呼ばれていた。イム様の正体や人物像については、別記事で考察しているのでここでは割愛。→世界の王「イム様」はある人物とリンクしている!?今回はその「名前」についてアレコレ考えてみたい。[目次] 〇①「仏」...

続きを読む

イム様に次に消される「灯」はビビ?その理由は800年前に遡る!?

第908話“世界会議開幕”にて明らかになった「世界の王」たる存在。天竜人の最高位である「五老星」の上に立つ「イム様」という人物。イム様に対し、こう質問する五老星。歴史より消すべき“灯”がまたお決まりでしょうか?然らば その者の名を!!この「歴史より消すべき“灯”」とは、下の五老星のセリフに掛かってくる事柄だろう。“頂上戦争”から2年…もはや“うねり”は止まらない世界の均衡など…永遠には保てぬのだここらで一度大きく掃...

続きを読む

既に登場済み?未だに姿を現さない傳ジローの正体は?

ワノ国光月家の家臣の筆頭である「赤鞘九人男」の一人である「傳ジロー」。名前とシルエットだけは判明しているが、未だ作中に登場していない重要人物の一人だ。その髪型から“人斬り鎌ぞう”ではないかと思われたが、その正体がキラーだと判明し、この説は消えた。傳ジローだけ頑なに出さない理由は何なんだろう。もしや既に名前の出ているキャラというパターンも?今回はその可能性を探ってみたい。[目次] ① 丑三つ小僧② カイドウ...

続きを読む

ワノ国で“竜”を斬ったリューマが英雄とされ、“龍”のカイドウが守り神とされている矛盾

“龍”の姿でワノ国九里の博羅町に姿を現したカイドウ。更に現在のワノ国において、国を守る「明王」とされてもいた。現将軍であるオロチは火祭りの夜、カイドウの本拠地である「鬼ヶ島」に「参拝」に行くという。それは形だけだと言うが、ワノ国の民にとってカイドウは崇める対象であり、「守り神」の様な存在なのだろう。龍の姿のまま現れた事からも、龍=守り神と考えていいだろう。しかしそうだとすると、一つ矛盾する件がある。...

続きを読む

“赤髪のシャンクス”が“百獣のカイドウ”を止めた方法

ワノ国を裏で牛耳って居る四皇“百獣のカイドウ”。“この世における最強生物”という肩書に見合うその実力は折り紙付き。龍の姿では一吹きで城跡を山ごと削り取り、人の姿では「5番目の皇帝」と称されるルフィを一撃でノックダウンさせた。そのルフィが放つ渾身の技も、全てをノーガードで受けたカイドウはノーダメージ。攻撃力、防御力においても現在のルフィの数段上にいる怪物だろう。そんな怪物カイドウを相手に小競り合いを起こ...

続きを読む

ローがホーキンスの策略から仲間を取り戻す唯一の方法

第945話“おリン”にて、羅刹町の牢屋敷に閉じ込められている仲間を助けようとしたローが登場。そこに待ち伏せていたホーキンスは、ローを捕らえる為にある策を講じていた。それは「ワラワラの能力」でシャチ・ペンギン・べポの「命」を自身に宿す事。ローの視点に立って、現状を整理してみよう。[ホーキンスに攻撃した場合]→仲間にダメージが移る[ホーキンスを無視して仲間を助けた場合]→ホーキンスが自身を攻撃し、仲間にダメージ...

続きを読む

ホーキンスのワラワラの身代わりに、ローのROOM内での切断は有効なのか

第945話“おリン”にて、羅刹町の牢屋敷に閉じ込められている仲間を助けようとしたローが登場。そこに待ち伏せていたのはホーキンス。ホーキンスは、ローを捕らえ牢屋敷に入れる為、ある策を講じていた。それは自身の「ワラワラの実」の能力である、他者の命を自身に宿す技だ。現在のホーキンスは、シャチ・ペンギン・べポと自分自身、トータル4つの「命」を宿しているという。つまりホーキンスを斬ったとしても、そのダメージはロー...

続きを読む

ブラキオサウルスの能力を持つクイーンの異名が「疫災」の理由

第945話“おリン”にて、百獣海賊団の大看板“疫災のクイーン”の能力が判明した。“リュウリュウの実”の古代種 モデル「ブラキオサウルス」。ドレーク、ページワン、キングに続き、4人目の“リュウリュウの実”古代種の能力者の登場だ。リュウリュウの実能力者プテラノドンキングアロサウルスドレークスピノサウルスページワンブラキオサウルスクイーンさて、クイーンの能力がブラキオサウルスだと判明したところで、異名の「疫災」につ...

続きを読む

オススメ記事

サイト内検索