記事一覧

第25弾の短期集中表紙連載は誰が主役になる?

定期的に扉絵で描かれる「短期集中表紙連載」。それは、過去に登場したキャラクターにスポットを当てた一コマずつ進むセリフのない物語。その物語は本編とリンクし、そこに登場したキャラは後々本編に再登場するケースが多い。これまでに「24」の物語が描かれ、多くのキャラのその後が描かれている。第〇弾タイトル第01弾バギー一味冒険記第02弾コビメッポ奮闘日記第03弾ジャンゴのダンス天国第04弾はっちゃんの海底散歩第05弾ワポ...

続きを読む

カイドウとの戦いでゾロの左目が開眼!?

第1010話“覇王色”にて、ゾロが繰り出した“鬼気九刀流”の大技「阿修羅抜剣亡者戯」。ゾロは「おれの限界」と言っており、まさに生死を賭けた一撃。そしてそれを放つ前…和道一文字を口に咥えるコマからラストまで、ゾロの「左目」の描写が一切無いという事を教えてもらった。確かに読み返してみると、不思議な程に左目の描写がない。(※取り上げた3コマ以外も左目描写ナシ)2年間の修行期間で大きな刀傷が付き、閉じたゾロの左目。61巻...

続きを読む

カイドウに斬られたオロチは生存?死亡?大論争勃発!! [判明]

第985話“新鬼ヶ島計画”、カイドウによってオロチの首が刎ねられる衝撃の展開が描かれた。あまりに突然訪れたオロチの最期だった。それだけにコメント欄では、「オロチ生存派」「オロチ死亡派」による激しい論争(?)が巻き起こった。今回は、その両方の意見をまとめて考察の材料にしたい。[目次] 〇生存派の意見〇死亡派の意見〇判明 生存派の意見●物語的に考えてオロチがここで死んでしまうとは思えない●オロチの用心深さが描かれ...

続きを読む

様子のおかしかったドレークはローを逃がす算段をしていた?

第950話“兵どもが夢”のラストでこんな一幕があった。捕らえたローの事を尋問しようとするホーキンスとドレーク。その時の2人の会話がコレだ。ホーキンス「どうした さっきから様子がおかしいぞ…」ドレーク「…いや何でもない…さっさと済ませるぞ」そこで詳しい描写はされてはいない。しかし、ホーキンスの目にはドレークの様子がおかしく映ったようだ。その後、二人でローを拷問するのかと思いきや…第954話“龍に翼を得たる如し”で、...

続きを読む

シャンクスとバギーは「ラフテル」に上陸していない?

偉大なる航路(グランドライン)を制覇した海賊王ゴール・D・ロジャー率いる“ロジャー海賊団”。グランドラインの制覇…つまり、最終地点である幻の島「ラフテル」に辿り着き、ひとつなぎの大秘宝「ワンピース」を見つけた一団。そのクルーの中で、今現在名前が明らかになっているのは8名。〇ゴール・D・ロジャー〇シルバーズ・レイリー〇スコッパ―・ギャバン〇クロッカス〇光月おでん(with イヌアラシ&ネコマムシ)〇シーガル〇シャ...

続きを読む

新聞に「WARNING」の見出し!ウィーブルの現状を考える

第903話“5番目の皇帝”で、世界に報じられたルフィの“ビッグ・ニュース”。それはモルガンズが社長を務める「世界経済新聞社」が発行した新聞によって世に広がった。そんなルフィ達の快挙が大きく一面を飾る中、裏面にはとある人物が物騒な文言と共に掲載されていた。「WARNING」という見出しと共に新七武海のエドワード・ウィーブルが!WARNINGとは、警告、注意、警報…つまり「こいつに気をつけろ」的な内容が、新聞に載ってるんだ...

続きを読む

サンジの透明能力は、ゾロがシリュウに勝つ為の布石?

第931話“おそばマスク”にて、ジェルマの科学で作られた「レイドスーツ」に身を包んだ。ジェルマ66のNo.3「ステルス・ブラック」北の海出身のローはこう説明する。“ステルス・ブラック”は姿を消せる厄介な戦闘員!!!全身に背景を投影し目に映らなくなる!!そしてサンジ自身も、かつて諦めた自身の夢と重ね合わせる。一度ついえたおれの夢が…おれの大嫌いなジェルマの科学で叶ったのか!?何て皮肉だ!!さて、このサンジの新たな能力であ...

続きを読む

シャーロット家の兄弟と思われた者達の正体は?

ONE PIECE magazineのvol.4、vol.5にて、シャーロット家の子供達全員が判明、確定した。→シャーロット家の子供達(息子・娘)一覧作中にはそれ以外にも、シャーロット家の子供達と思わしきキャラがチラホラ登場していた。そのキャラ達は誰だったのか?今回は、その正体について考えてみたい。① 誰かの子供?「ビッグ・マムの孫」説② 称号持ち?「名のある戦闘員」説③ その他① 誰かの子供?「ビッグ・マムの孫」説設定画の方にも描い...

続きを読む

四皇“黒ひげ”はこの先いかにして“海賊王”の座を狙う!?

頂上戦争で白ひげの命と能力を奪った“黒ひげ”。その後、白ひげのナワバリを次々と自身の物にしていき、四皇の一角と呼ばれるようになった。そして「能力者狩り」により益々海賊団としての戦力を高め、傘下も数多く増え、本陣である黒ひげ海賊団も「10人の巨漢船長」を構えて勢力は拡大していくばかり。そんな黒ひげ海賊団は現在、海賊島「ハチノス」をナワバリにしくつろいでいる。この地に来たフリーライターのアブサロムが亡き者...

続きを読む

トの康の住むおこぼれ町「えびす町」の由来は?[判明]

第929話“ワノ国将軍 黒炭オロチ”にて、ゾロと共にワノ国「希美」の跡地を歩く“太鼓持ち”トの康(通称:ヤス)。この2人が歩く先に見えてきたのは「花の都」そしてその手前にはおこぼれ町「えびす町」!ここはヤスの住む町だそう。この「えびす町」についてヤスはこう言っていた。なぜ「えびす」かって?行けばわかる!!ここでは、「行けばわかる」と言われたこのえびす町の由来について考えてみたい。[目次]① 常に笑っているトの康② え...

続きを読む

麦わら帽子を手放したルフィと新組織の重役に就いたサボ

読者が気になるONE PIECEの未来。そこで今回は、ここ最近のコミックスのSBSで描かれている「40・60歳の〇〇」シリーズから少し先の未来を考えてみたい。同シリーズではこれまでに、ルフィ・エース・サボ・ゾロが描かれている。→[ワンピース 89巻 SBS情報] 40・60歳のルフィとエース→[ワンピース 90巻 SBS情報] 40歳・60歳のサボ→[ワンピース 91巻 SBS情報] 40・60歳のゾロそれぞれ年齢も違うので、各自40歳・60歳になる時ってのは...

続きを読む

サイト内検索