記事一覧

気になるジャッジの仮面の下の素顔を想像で補完して色付けてみた!

ジェルマ王国 国王 ヴィンスモーク・ジャッジ。一国の王でありながら、かつてはDr.ベガパンクと共に研究をしていた研究者としての側面も持つ。ジャッジの研究者としての最大の成果は、血統因子操作を施した自身の子供達。「可哀想」「悲しい」といった感情を無くし、外骨格という鉄に匹敵する硬度の皮膚を持ち、其々が特殊な能力も備えている。そして、それを更に高め補うべく作られた科学技術の結晶の様なアイテム達。ジャッジ自...

続きを読む

ローラがビッグマムのビブルカードを持っていた経緯と現在の所持禁止の理由

ローラが持っていた“ビッグ・マム”のビブルカード。2年前のスリラーバーグにて、ローラの姉妹分の証としてその切れ端を受け取ったナミ。それはWCIの誘惑の森で最大の効果を発揮したが、マムの子供達に捕まりあえなく没収。さて、そのマムのビブルカードは現在では子供達ですら持つことを禁じられているモノらしい。今回はその周辺情報をまとめ、ローラがビブルカードを持っていた経緯とその前後にWCIで起きた事を考えてみたい。ま...

続きを読む

悪魔の実の“強引な名付け”についてはこう考えよう

これまで登場した悪魔の実には、「強引な名前だなぁ。」と感じるものが多々ある。現在進行中のWCI編で登場した“ビスビスの実”もその一つ。“ビスビスの実”は、ビスケットを無限に生み出し自在に操る事の出来る能力。この能力について、「ビスケットが無限に増える意味がわからない(笑)」「ツッコみどころ満載(笑)」――といったコメントが見受けられた。これまでにもちょっと変わった名前の悪魔の実はあった。“ニキュニキュの実”とか...

続きを読む

ワンピース 第869話 “籠城” 感想

[週間少年ジャンプ29号](コミックス派の方はネタバレを含みますのでご注意を)ここまで上手く運んでいたベッジの作戦も、マムの叫びによってランチャーの毒ガス弾が破壊された事で一転してしまった。脱出の為にシーザーが持っていた鏡も割れ、鏡を脱出の道に変える為のブリュレも奪い返されてしまった事で、安全に逃げる事も不可能に…。ベッジにとっても最後の手段だとも取れる、自身を巨大な城と化す“大頭目(ビッグ・ファーザー)”...

続きを読む

表紙連載 第23弾 vol.6「バルトクラブでございます」感想

短期集中表紙連載 第23弾 押し掛け麦わら大船団物語vol.6 バルトロメオ編「騒音、破壊でおなじみのバルトクラブでございます」今回からは、バルトロメオ編!!!キャベンの船に乗ってるスレイマンを飛ばしたってことは…“麦わら”傘下7チームの、キャプテンだけにスポットを当てるのかな?とある港町に着いた海賊団「バルトクラブ」の船“ゴーイングルフィセンパイ号”!港への停泊を拒みSTOPをかける者、電伝虫で助けを呼ぶ者、棍棒を持...

続きを読む

コードネーム&コスチュームから考えるヴィンスモーク兄弟の能力

悪の軍団“ジェルマ66”を率いるヴィンスモーク家の兄弟達。彼らは、科学戦闘部隊の名に相応しい「コードネーム」を持ち、レイドスーツという「コスチューム」を纏う。血統因子操作を施され改造人間として生まれてきた彼らは様々な特殊な能力を持っている。今回は未だ明かされてないヴィンスモーク兄弟の能力について考えてみたい。[ヴィンスモーク・イチジ]ヴィンスモーク兄弟:長男コードネーム:“スパーキングレッド”スパーキング...

続きを読む

カポネ・ベッジの能力&パーソナルデータまとめ

ルフィと並ぶ、11人の超新星「最悪の世代」の1人。四皇“ビッグ・マム”の傘下に入った「ファイアタンク海賊団」の頭目(ファーザー)カポネ・“ギャング”ベッジ最悪の世代の中でもあまり出番がない方だと思っていたけど、WCI編で脚光を浴びその背景も明らかになってきた。今回はベッジの能力についてまとめ考えてみたい。[DATE]→出身:西の海(ウエストブルー)→前歴:西の海の5大マフィアのボスの1人→所属:ファイアタンク海賊団→役職:頭...

続きを読む

カルメル達が辿り着いた新天地が後のホールケーキアイランドだった件!

第867話“HAPPY BIRTHDAY”のラスト。リンリンの誕生日に大好きなマザー・カルメルと羊の家の子供たちは突如消えてしまった。その真相については、コチラ6歳のリンリンはこの場所で一人ぼっちになってしまったのだ。エルバフから追い出され、移り住んだ新天地。頼れるものが誰もいない状況でどう生きる?そして、ここからホールケーキアイランド建国までどのような道を辿るのか?そう思いこの新天地と、ホールケーキアイランドを見比...

続きを読む

ワンピース 第868話 “KXランチャー” 感想

[週間少年ジャンプ28号](コミックス派の方はネタバレを含みますのでご注意を)リンリン自身さえ知らない「あの日」の真相がついに…というか、過去編がまだ続いてて良かった!あれで終わってたら「リンリンがカルメルを食った食わない論争」が終わらないとこだったよね。笑リンリンがカルメルを食ったのが決定的になったわけだけど、これによって悪魔の実の伝達の条件に新たな項目が追加されたわけだ。→悪魔の実の能力が宿る新たな条...

続きを読む

ビッグマムの「過去編」で消化された伏線&残る謎まとめ

多くの伏線が消化された“ビッグ・マム”シャーロット・リンリンの過去編。しかし同時に、いくつかの謎も残して幕を閉じた。今回は、消化された伏線と残された謎をまとめておきたい。[消化された伏線][癇癪による食い患い]指定したスイーツを食べるまで破壊を止めない食い患い。更に癇癪中の出来事は全て覚えていないから始末が悪い。初めての食い患いが描かれたのは、エルバフでの「断食」の途中。巨人族の風習とは言え5歳の子供に...

続きを読む

ビッグマムは本当にカルメルが死んでいる事を知らない(理解していない)のか

第868話“KXランチャー”で衝撃的な事実が確定した。マムが「どこかへ言ってしまった」と言っていたカルメルは、実はマム自身(リンリン)が誕生日のセムラのクロカンブッシュと共に食べてしまっていたのだ。食べる事にムチューだった当時のリンリンは、もちろん「その事」について知る由はないだろう。しかし、62年経った現在もその時の真相を知らないままなんだろうか?四皇という地位、60数年という時間、その後マム自身に起こった...

続きを読む

サイト内検索