記事一覧

ワンピースの世界に「月」が複数存在する証拠を発見!?

作中にはこれまでに何度も月が描写されている。新月・三日月・半月…そして満月WCI編でも満月が重要なポイントとなった。それはキャロットが「ミンク族の真の姿」といわれる“月の獅子(スーロン)”を披露した件。ミンク族は満月を見ることで真の姿に変化するのだが、ちょっと一つだけ引っかかる事がある。ミンク族の真の姿の伏線がほのめかされたのはゾウ「モコモ公国」のワンダのセリフ。❶「…今が月夜でなかった事に感謝しろ」❷「今...

続きを読む

ワノ国に流れ着いた魚人の河松は元々どこへ行くはずだった?

第963話“侍になる”にて、河松が魚人族である事が判明した。そして、30数年前に母と二人でワノ国に流れ着いたそう。サラリと語られたが、色々と疑問が残る。●生まれは魚人島なのか?●河松は何の魚人?●船で元々どこに行こうとしていたのか●その船には母と二人きりだったのか●ワノ国での河松という名は偽名?…etc…おそらくこの先も、全ては語られそうもない上記の事柄。笑今回は河松の出生や、本来の目的地、魚人の種類等々、気にな...

続きを読む

独立したオロチは将軍家の家臣に…おでんへの大恩とは何を指す?

第963話“侍になる”にて、オロチの足跡が少し描かれた。第961話のラストで描かれたように、41年前のオロチは康イエの元でコマ使いをしていた。それから11年経った30年前…おでんによると、康イエの下からは独立しているらしい。当のオロチは、花の都の将軍スキヤキの元で家臣をしている様子。これは、オロチの策略ゆえの行動だろうか。大名のコマ使いから将軍家の家臣になったってのは、着実に出世しているんだろう。さて、康イエが...

続きを読む

ワンピース 第963話“侍になる”感想

[週刊少年ジャンプ52号](コミックス派はネタバレにご注意)第963話“侍になる” 感想。[目次]〇イヌネコがワノ国に来た理由〇おでんとイヌネコカッパの出会い〇河童の河松は魚人族〇九里城の金勘定は傳ジローの役目?〇康イエの元への盗みと改心〇生きていた巨大白猪“山の神”〇康イエの元を独立しスキヤキに仕えるオロチ〇白ひげ海賊団、ワノ国上陸〇おでんと白ひげの邂逅で歴史が動くイヌネコがワノ国に来た理由33年前、7歳のイヌア...

続きを読む

表紙連載 第24弾 vol.13「王のいない国を襲うバイキン海賊団」感想

第24弾の短期集中表紙連載。「“ギャング”ベッジのオーマイファミリー」vol.13「王のいない国を襲うバイキン海賊団」ドレスローザがある海賊団に襲撃された。その名も「バイキン海賊団」!名前からしてやっつけ感満載の海賊団だ。笑タイトルにもなってるけど、扉絵では現在レヴェリー中につき、国には王族と国軍がいない。その代わりに海軍から派遣されてるんだけど、マリージョアの警備に力を入れてるからあまり強い海兵は居ないの...

続きを読む

2019年ジャンプの「尾田栄一郎」巻末コメントまとめ

週刊少年ジャンプの巻末には掲載作品の作者からのコメントが載っている。尾田先生の過去の巻末コメントまとめはコチラ↓→2017年ジャンプの「尾田栄一郎」巻末コメント一覧→2018年ジャンプの「尾田栄一郎」巻末コメント一覧2019年版も備忘録代わりにまとめ。[01号]パワーアップし続けるミスチルライブ。布と光の演出がヤバカッコ良かった!![02号]コンビニに売ってる大豆で作ったジャーキーとさきいかがウマすぎるんですよ。[03号]休...

続きを読む

イヌアラシとネコマムシは共に40歳!二人はミンク族の王家出身!?

ワノ国「光月家」と兄弟分の「ミンク族」。特に二人の王は、光月おでんの筆頭家臣「赤鞘九人男」の一角。二人の王「イヌアラシ公爵」と「ネコマムシの旦那」。2019年7月発売のVIVRE CARD「天性の戦士!モコモ公国のミンク族!!」で二人の年齢が明らかになった。その年齢は、意外と若く「40歳」。今回は、二人がゾウを飛び出してから再び帰り着くまでの時系列をまとめ、王となった経緯を考えてみたい。〇二人の長い旅路と当時の年齢...

続きを読む

20年前のおでんの危機に白ひげやシャンクス達が駆け付けなかった理由

20年前のワノ国で、九里大名 光月おでんが亡くなった。その詳細はまだ語られていないが、黒炭オロチの汚い計略による処刑だそう。そこに圧倒的武力を持つカイドウも関わっていたものと考えられている。さて、おでんといえばかつて白ひげ海賊団で隊長を務めた後、ロジャー海賊団のクルーとなり、共にラフテルへ到達した人物だ。そんなおでんは、皆に好かれ慕われていたという描写が多々ある。白ひげを魅了し ロジャーが惚れ込んだワ...

続きを読む

光月おでんの人生はルフィの冒険の縮図?

ワノ国における重要な事項「光月おでんの過去」編。以前、ワンピースの担当編集者へのインタビューで「ワノ国編」についてこんな事を話していた。「ワノ国編は『ONE PIECE』の最終回に深く関わるストーリーである」「ワノ国編で描かれる回想は、このゴールド・ロジャーの伝説の冒険を描く事になる」それがどうワノ国や光月おでん、そしてルフィへと絡んでくるかはもちろん伏せますが、このワノ国編は『ONE PIECE』の根本を知るうえ...

続きを読む

一大名のコマ使いオロチは如何にして将軍まで成り上がったのか

第961話にて、白舞の康イエの元で新入りのコマ使いとして働くオロチが登場した。上の者に過剰にゴマをするオロチを見て、おでんは「コイツ気持ち悪ィ」、と。オロチの本質を直感的に見抜いていたんだろうか。そして第962話、おでんが白舞を離れたタイミングで白舞城の金庫の金がなくなるという事件が起きた。オロチはそれをおでんのせいにしていたが、おそらくオロチ自身の犯行だろう。「おでんなら堂々ともっていくぞ」と考えてい...

続きを読む

ワンピース 第962話“大名と家臣”感想

[週刊少年ジャンプ51号](コミックス派はネタバレにご注意)第962話“大名と家臣” 感想。[目次] 〇おでんのワノ国漫遊記〇兄弟だった「イゾウ」と「菊の丞(お菊)」〇希美の妖怪「カン十郎」〇元光月家お庭番衆の天才忍者「雷ぞう」〇九里最強の怪物「アシュラ童子」〇流れ着いた「イヌアラシ」と「ネコマムシ」を発見した「河松」〇赤鞘結成秘話〇ロックス海賊団の残党達おでんのワノ国漫遊記おでんによる康イエの呼び方が「オジ...

続きを読む

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索