記事一覧

アプーの能力による攻撃の命中率は100%?その防御方法は…

最悪の世代の海賊“海鳴り”スクラッチメン・アプー。2年前までは“オンエア海賊団”の船長としてこの海を駆け上がっていた一人だが、現在は“百獣海賊団”の傘下に収まっている。加入した明確な時期は不明だが、キッド達と同盟を組んだ時には既に百獣海賊団の傘下だった模様。さて、そんなアプーの能力は「体の各部を楽器に変え、そこから生み出される音で敵を攻撃する」というもの。今回は、その面白い能力についてアレコレ考えてみた...

続きを読む

百獣海賊団でのアプーの肩書は“情報屋”&“ナンバーズ調教師”

ルフィと同じく“最悪の世代”の海賊スクラッチメン・アプー。第991話“死なせてくれ!!!”でその肩書が判明した。百獣海賊団情報屋(オンエア海賊団船長)今回は、アプーのこの肩書きについて考えてみたい。[目次] 〇直属の部下ではなく「傘下」〇もう1人の傘下海賊〇ナンバーズの調教師(仮) 直属の部下ではなく傘下アプーは百獣海賊団の直属のクルーではなく、傘下の海賊団の船長。以前にもホーキンスに傘下と言われてたね。おれ達はハ...

続きを読む

表紙連載 第24弾 vol.35「我が子達と初めてのハグ」感想

第24弾の短期集中表紙連載。「“ギャング”ベッジのオーマイファミリー」vol.35「願い続けて26年、我が子達と初めてのハグ」26年越しで最愛の娘達を抱きしめる事ができたパウンド。実の父親として当たり前の行為なんだけど、一度たりともそれをさせてもらえなかった26年前を振り返ると感慨深いし泣けるね。...

続きを読む

頂上戦争がかわいく見えてくる…「世界大戦」はどんなものになる?

ジャンプフェスタ2018のONE PIECEステージで読まれた尾田先生からのメッセージ。●ONE PIECEの世界に潜む伝説を一つ紹介することになる●それはルフィ達にとって最大の敵となって立ちはだかる●白ひげが関係してくるかもしれない●頂上戦争がかわいく見える今回は、「頂上戦争がかわいく見えてくる」という表現は、何と比較してなのか?という視点から考えてみたい。では、比較対象となりうるものをピックアップし考えてみたい。[①人数...

続きを読む

エースの小説「novel A」 第2巻-新世界編-のあらすじ&新情報&考察

「ONE PIECE novel A 2巻-新世界編-」についてアレコレ書いてみたい。ちなみに、1巻は「ONE PIECE magazine」に掲載された内容をまとめたモノになっているので、そのあらすじや感想についてはそちらを参照していただければ。→[ONE PIECE magazine vol.1] “novel A” Vol.1→[ONE PIECE magazine vol.2] “novel A” Vol.2→[ONE PIECE magazine vol.3] “novel A” Vol.3今回の内容は、本編の方で断片的に描かれているシーンを少し膨らま...

続きを読む

ワンピース novel A 第1話 感想「スペード海賊団結成」

2017年7月7日発売の「ONE PIECE magazine Vol.1」その中で書かれるエースの小説のあらすじと感想を。※あらすじが荒すぎて繋がらない恐れもありますので、ぜひ本誌を買ってご確認ください。「Vol.1」・“東の海”美しすぎる島「シクシス」・その島は特殊な海流により足を踏み入れたら最後、死んでも出られないという無人島・シクシスの犠牲者となった骸の転がる浜辺・この広い海で、時を同じくして同じ無人島に漂流してしまった「2人...

続きを読む

ワンピース novel A 第2話 感想「集う仲間達」

2017年8月4日発売の「ONE PIECE magazine Vol.2」その中で書かれるエースの小説“novel A”のあらすじと感想を。※あらすじが荒すぎて繋がらない恐れもありますので、ぜひ本誌を買ってご確認ください。「Vol.2」・デュースの考える船長の資質は「人に愛される事」・人を引き付ける「なにか」があるエースは、正に船長にふさわしい男・2人で立ち上げた「スペード海賊団」には、そんなエースを慕って自然と人が集まってきた・そんなス...

続きを読む

ワンピース novel A 第3話 感想「七武海への勧誘」

2017年9月1日発売の「ONE PIECE magazine VOL.3」その中で書かれるエースの小説“novel A”のあらすじと感想を。→[OPmagazine vol.1]“novel A” Vol.1 超あらすじ&感想→[OPmagazine Vol.2]“novel A”Vol.2 超あらすじ&感想※あらすじが荒すぎて繋がらない恐れもありますので、ぜひ本誌を買ってご確認ください。「Vol.3」・シャボンディ諸島に辿り着いたエース達を待ち構えていたのはイスカ・その姿に呆れ顔のスペード海賊団クルー達・...

続きを読む

ワンピース 97巻 修正情報まとめ「ウソップの表情」

9/16発売のONE PIECE 97巻の修正情報と修正されなかった描写をまとめ。[修正情報]〇ウソップの表情[修正されなかった描写]〇ウソップの頭頂部〇ベタ・影・傷等の塗り忘れ×4 ウソップの表情鬼ヶ島へ進軍する際のブラキオタンク5号の中のウソップの表情に変化があった。真顔だったのが、ニヤケ顔に。笑確かに美女三人に囲まれてるこの状況で、ウソップの真顔は少し違和感あったよね。羨ましがるサンジに対してニヤけるウソップの顔が...

続きを読む

ワンピース 97巻 SBSまとめ「チョッパーの40歳・60歳」他8つ

ONE PIECE 97巻のSBS情報まとめ。[目次]〇オロチお庭番衆の名前・身長・得意技〇ルフィの麦わら帽子の擬人化〇現在のワノ国で光月家が蔑まれている理由〇ONE PIECEの終了まであと5年〇ページワンの能力時の姿の変化〇“飛び六胞”の身長・年齢・好物〇命名「シーガル・ガンズ・ノズドン」〇SMILEの能力はギャンブル〇チョッパーの40歳・60歳(※個人的に重要と思われるモノだけ抜粋)オロチお庭番衆の名前・身長・得意技名前身長得意技...

続きを読む

表紙連載 第24弾 vol.34「私達の父親は」感想

第24弾の短期集中表紙連載。「“ギャング”ベッジのオーマイファミリー」vol.34「掴まって!! ママが言ってた!私達の父親は何度蹴ってもくい下がるしつこい男!!」良かった!パウンドが父親だと認めてもらえた。シフォンもローラもビッグ・マムに自分の父親の事を聞いたことがあったのね。妻に蹴って追い出されたパウンドが、娘2人に引き上げられようとしてる構図が対比になってて凄くイイ!どちらもパウンド目線なのも良き!...

続きを読む

サイト内検索