記事一覧

都で留守番の“居眠り狂死郎”は味方?これまでの言動から考える


ワノ国将軍「黒炭オロチ」が当主を務める黒炭家。

その黒炭家御用達の両替屋兼花の都のヤクザ「狂死郎一家」の親分である“居眠り狂死郎”

5830.jpg

オロチの宴にも呼ばれ、一声で百獣海賊団の幹部をも動かせるワノ国の重要人物の一人だ。

そんな狂死郎、これまでの言動や行動からただの敵ではないと思われる描写が多々ある。

今回は、これまでの狂死郎の言動を振り返り、改めてその正体を考えてみたい。



将軍オロチを笑う狂死郎


ワノ国では、オロチの悪口を言う事は重罪。

しかし狂死郎には、オロチの事を「小心者」と笑う描写があった。

「オロチ様も小心でござる!!」

「――だからオロチ将軍は恐れているのでござる!!」


それは当然オロチの居ないところでだけど。

まぁ、それについてはオロチの部下達と同じか。



おでんの妻「トキ」を敬称を付けて呼ぶ


もう1つ気になるのはおでんの妻トキの事を語る際。

狂死郎は、トキの事を「奥方」と敬称をつけていた。

6231.jpg

オロチに組する立場である筈の狂死郎が何故?




小紫を斬ったフリをして逃がした?


オロチ城の宴にて将軍を笑ってしまったおトコを庇う為、オロチの頬を張った小紫。

怒るオロチは「八岐大蛇」に変化しその場は修羅場に。

そこで狂死郎は刀を抜き、小紫を斬り捨ててしまった。

しかしその後、鈴後に逃げて来た小紫(日和)とおトコの姿が描かれた。

つまり、狂死郎の一太刀は「斬ったフリ」だったという事だろうか。

それは、小紫とおトコを守る為だったのではないだろうか。

[スポンサーリンク]


光画タニシをワノ国全域に手配


丑三つ小僧が捕まり、その正体が元白舞の大名だった康イエだと判明。

その康イエを磔にしている花の都羅刹町の現在は、光画タニシ(映像電伝虫)を通じてワノ国全域に報じられている。

その手配を手早く済ましていたのは狂死郎。

6577.jpg

建前としては、その場所で小紫の葬式もする為、一か所に人が集まると大混乱を巻き起こす事になるから、各地どこでも見られるように手配したというのだけど、裏の目的がありそうな気がする。

つまり、康イエの死に際の口上を、ワノ国全域に届けるためのモノなのでは?

えびす町はまだしも、兎丼の囚人達にまで見せる意味はないし。



火祭りの日に都に残る


火祭りの日、カイドウの本拠地「鬼ヶ島」で盛大な宴が行われる。

百獣海賊団、オロチの軍勢に加えて、今回はビッグマム海賊団も参加する盛大な祭り。

しかし、狂死郎はその宴に参加せず、都で留守番だという。

7408.jpg

都には、1000人を超える反逆の同志達が捕らえられている。

都に残った狂死郎が、その者達を解放する?

そんな展開がありそうな…



――これらの描写から、狂死郎は光月家側に属する者なのではないか?と。

そろそろ明かされそうな狂死郎の正体…

気になっちゃうね。

[スポンサーリンク]

コメント

狂死郎の「赤鞘と手合わせしたい」は敵としてではなく仲間として「手合わせし、オロチを倒す」という意味ではないですかね?

狂四郎はオロチの部下というよりカイドウの直属の部下なんじゃない?カイドウがオロチに肩入れする理由がよくわからないんだよな。オロチに何らかの利用価値があるって事なんだろうけど、いずれはワノ国全土を自分のものにしようとするんじゃない?それがこのタイミングなのかもしれない。

日和とは何かありそうな気もしますが、だからといって味方とは限らないというか…根っからの敵でもなければ味方でもないといった感じがします。「赤鞘と手合わせしたい」という発言もありますし。
花の都では牢屋敷開放に動いた一味の前に立ちはだかるのではないですかね。

というか味方なら今まさに窮地に立たされてる錦えもん達に連絡入れてあげてよって思っちゃいます。イヌアラシなんて一人で鬼ヶ島乗り込もうとしてますし。このままじゃ死にますよ

No title

シャンクスとバギーが、赤太郎、バギ次郎、と呼ばれてたみたいに

おでん=長男=でん太郎、だとすると、次男は傳ジロー、とか?

狂死郎がもし傳ジローだったら、実は光月家の次男だったけど、
おでん様に将来何かあった場合に備えて名を変えて養子に出されて育ったとか。

それで現在まで素性を隠したままオロチの配下のフリをしつつ、
光月家のお家復興の為に姪の日和を保護してきたとか。どうでしょ??

オロチの部下達に20年後に9人の侍が現れると言う話を信じさせない為に酒の席でオロチをバカにてした?
棺に小紫の死体が入っていないのがバレてしまうから康イエの処刑を利用した。ワノ国中に知らせれば必ず康イエを助けようとする者が現れ大混乱になり小紫の葬式を有耶無耶に出来ると考えた?
判じ絵の事は康イエが考え事で狂死郎にとってはグッジョブ康イエといった所では?

狂死郎の光画タニシワノ国全域放映の真意は不明ですが、うどんの囚人に関してはクイーンがつなげ!といったから繋がれていたので、そこに狂死郎の意思はないかと、、、
けど本当に狂死郎の真意は掴みかねますよね!個人的には狂死郎までも味方になってしまうと赤鞘vsオロチ軍は赤鞘が圧勝できそうな気がするので狂死郎には強敵キャラでいて欲しいです、、、(>人<;)

ぬし

狂四郎は敵でも味方でもありません

おトコ

今回おトコがトの康の娘だと分かり、
トの康が康いえ(丑三つ小僧)だと判明した事により、
狂四郎・トの康・日和・おトコ・おでんの繋がりが少し見えてきましたね。
ワンピースの中では、正体や2つの顔などがよく盛り込まれているので、今回もその辺りに尾田先生の伝えたいことがありそうですね。
トの康が家康として、おでんが信長??、、、とか色々歴史からオマージュ???
その辺で歴史調べています。
またコメントします(*^^)v
皆さんやかんりにんさんの考察楽しみです!!

傳ジローのシルエットで尖った耳だと思えた部分は狂死郎のもみ上げの後ろのツンと立ってる髪の部分なんじゃないのかな?

No title

小紫が生きていたと言う事実からすると、
狂死郎は演技している可能性が高くなりましたね。

そうなると狂死郎=傳ジローの可能性も高いと思います。

自分も狂死郎が傳ジローの可能性があると思ってます。
若しくは、傳ジローの血縁者か子分、弟子なのではないかと。

傳ジローは20年前の燃える城で敵を食い止め、若かった狂死郎に「日和をつれて逃げろ!」的な展開があって、狂死郎は今でも日和を守り続けているのだと思います。
傳ジローは殿(しんがり)を請け負って、すでに亡くなっている。
赤鞘九人がすべて生き延びているってのもメタ的に薄いかな〜と思いますし、意思を継ぐ者として狂死郎が入るって展開を期待します。

錦エモンが話をした時の傳ジローのシルエットを出した後、人斬り鎌ぞうとしてミスリードさせたあたり、傳ジローはやはりもういないのかな〜と。
もちろん鎌ぞうが傳ジローの可能性も0ではありませんが。

深読みしすぎですかね…。

大穴で、「世界政府の人間」?
どっち付かずな感じから出ただけですがw

狂死郎の髪型ってポニーテールを後ろから折り曲げて頭の上に乗せてリーゼント風にしているように思えます。
なので狂四郎の正体は傳ジローだと思います。
赤鞘と手合わせしてみたい発言は他の赤鞘と早く会いたいという意味であって、オロチ側の人間の前だったのであんな言い方をしたのでは?
狂四郎はヤクザとしてはヒョウ五郎のような人情派ではありません。しかし、一般人でも花の都に住めるという事は裏を返せば、おでんを光月を裏切りオロチを支援した国民だったということです。
情けをかける必要は無いと考えてもおかしくありません。

No title

狂死郎は漁夫の利を狙っているのかもしれないですね。
そう考えればオロチにもきんえもん達にも組するような、不自然な行動にもある程度は納得がいくと思います。
動機は全く分かりませんが...。

No title

居眠り狂死郎を傳ジローの関係性

それぞれのモデルとなった人物と演じたキャラクターについて考えてみます

「傳ジロー」
モデル 大河内傳次郎
明治生まれで戦前を代表する時代劇スターの一人
主な代表作「丹下左膳」
(以下は大河内傳次郎の演じた「新版大岡政談」の丹下左膳・wikiより)
江戸小野塚道場に伝わる妖刀「乾雲・坤竜」の2刀を巡り、隻眼隻腕の剣士丹下左膳と小野塚道場の人々、左膳の恋人お藤、悪旗本や放浪者、大岡越前らが争奪戦を繰り広げる
左膳自身は相馬中村藩の武士で密命を受け、刀を手に入れる為に江戸にやって来た
しかし刀の魔力に魅入られ辻切りをしでかし、大岡越前に追われてしまう
ついに刀を手に入れたが主君に裏切られ、絶望の果てに多くの人を斬り殺し、恋する道場の娘を道連れに自刃し果てる
(なお劇中では大岡越前と丹下左膳は傳次郎の一人二役)

「居眠り狂四郎」
(以下wikiより)
転びバテレン(苛烈な拷問により棄教したキリシタン)と日本人の混血
その生い立ちから虚無感を持ちつつ、平然と人を斬り捨てる残虐性を見せる
豊臣秀頼佩刀と伝わる「無想正宗」を手に「円月殺法」という剣術を操る

これらのキャラクター性の中にヒントがあるのかもしれませんね

ワノ国最強の侍

狂死朗親分は「光月家の亡霊達と手合わせしてみたい」と言ってましたので、赤鞘九人男を含む強者達と純粋に戦いたいから、オロチ将軍についているのでは?
小紫を日和と過程しても

円月殺法

円月殺法で、眠らせて、場を納めるとか?

味方の場合、以下の様に狂死郎の正体を考察してみました。
1.赤鞘九人男の笠かぶってる人。またはその人の子供で日和の幼なじみ。
→特徴的な髪型を隠す為に笠をかぶっていた。トキや桃の助、日和たちの回想シーンで誕生したとき、そこで狂死郎だと分かると今回の様なワクワク感が出ないから。ストーリー展開を面白くするため。
本人じゃなければ、その人の子供(または、義理の子供とか)か関係者。
カッパ説が多数出てたと思いますし、自身もその説を推してたんですが、狂死郎が座ってる時の髪型の大きさと笠の大きさの比率が同じ気がするんですよね~。
あとは、どこかで顔がカッパっぽい描写があったと記憶してますが、カッパではなく居眠り狂死郎の親または関係者。
そして、うどんに居る人物とか…

赤鞘9人衆の亡骸が一人も出てない事。分かってる赤鞘の数を入れても数人足りないので 多分狂死郎は赤鞘の一人ですかね。

ヤマタノオロチは神話で酒で眠らされてから退治されてます。その眠りが関係あるか、天の叢雲(草薙の剣)を所有してるとか色々謎は多いですが取り敢えず楽しみですね!

狂死郎=傳ジロー=鎌ぞう、、ありえますね
鎌ぞうの顔が割れてるのに捕まらないのは、あの長い髪をリーゼントにして髪型を変えているから、、!?

No title

光月家側だと思います。

狂死郎は、勝負に生き甲斐を感じるタイプです。
ならば、おでん様がアシュラ童子を倒した話は好きなはず。
海賊クルーとなって様々な冒険(戦い)をしたことも、
狂死郎には憧れとなっているのではないでしょうか?

No title

年齢が気になりますねぇ・・・。
赤鞘の息子ってこともあるので。

錦と鶴の息子だったらとか。
だとしたら20年前に捨てられたと思っているわけで。
あるいは、弟子とか。

ただ敵の方が盛り上がるとは思うのです。

僕も狂死郎は日和と一緒に残った赤鞘の一人で、カイドウに実力を買われてオロチの用心棒になったのではと思いましたが、しかしそうなると横にいながら赤鞘が「全員死んだ」という科白はおかしいと思いました。
しかし、酒天丸も生きているし何を持って全員死んだと認識されているのか分かりませんね。

改めて読み返して思ったのですが、おトコ、小紫、狂死郎はグルで、
おトコが笑うのも小紫がビンタしてオロチを怒らすのも全て彼らのシナリオ通りとかだったら面白いですね。
もともとあそこで騒動を起こす手はずだったとか…。

No title

もしかして、人斬り鎌ぞう = 傳ジロー = 狂四郎では無かろうか?



もしかすると、前に出てきたあの人。
小紫に家族を売ってまでお金を注ぎ込んだ人。

もし狂死郎が光月家側の人間だったなら、あの人のこと見逃していたりして? 

「悪いことは言わねェ。小紫にこれ以上近づかねェなら何もしねェからこのままずらかるんだな」

ってな感じで。

いずれにせよ狂死郎の素がまだ見えないから、次号以降の展開が楽しみです。

No title

敵か味方か捉えられないミステリアスな雰囲気が狂死郎の魅力に思っていますが、今回どちらかを選ぶとしたら敵役を選びます。
敵といってもあくどい野望や欲望などは根底にもたず、ただ勝負のみを求める純粋な武人として戦うことになりそうな気もします。
一人の武人として、一人の漢として、彼は同じく刀を使うゾロや錦えもんらと戦う道を選ぶのかも?
カイドウのためでも、オロチのためでもなく、一人の武人として。
敵は敵でも、勝負のみを求める綺麗な敵役ということで。
ただその後はルフィ側・味方側のキャラとして再登場しそうな気もします。ワノ国編の最後の辺りやワノ国編終了後における一つの話の中とかで。
まとめると僕の中では「敵→味方」の流れって感じですね。

狂死郎が味方側とか日和の正体を知っているとかは感じませんでした。味方で全てを知っているならオロチを小心者だとか言わない気がします。
中立というか誰にも媚びず認めた人間は敬意を持つ強者って感じです。

さっき本誌を読みました。
狂死郎って、北欧神話で言うところの「ロキ」に近い立ち位置なのかなーと感じています。

光月家側でもなく、オロチ&カイドウ側でもなく、
ただひとり「狂死郎」として唯一の強者として君臨する。
そういうイメージです。

また「狂死郎一家」と呼ばれていたことから、光月家側には感じ難いものがありそうで。
ただ、それでも狂死郎が光月家側だったら嬉しいと言えば嬉しいです。笑

あとは、敵味方関係なく“女性”であれば大切に扱うフェミニストなのかな、とも感じました。
それ故に、トキのことも「奥方」と呼んでいたのかな、と。

しかしながら、奥方と呼ぶのは何か光月家に近い立場だった気もしないでもなくて、となると光月家の側近……つまり「赤鞘九人男」の一人??

うあー、狂死郎は一番掴めない男です! お手上げ!笑笑

「居眠り」が気になる。寝ながら斬るとなるとキャベンとかぶっちゃうし。

第三勢力の可能性ありませんかな?
第三勢力の幹部が居眠り狂死郎で
三大欲求関係であとルフィ系 サンジ系が
おるのでは? ゾロのふるさとの道場の師範と関係ありそう(笑)
名前にてるし
(笑)

能力者では?

きんえもんは炎を切れた
狂四郎も何か特殊な剣士としての能力があるのではないでしょうか

だから
鞘から刀を抜いた=斬る的な行動
ではないのではないでしょうか
狂四郎の味方っぽいのは尾田さんのミスリードな気がする、
注目させてゾロとの大一番を盛り上がらせるとか?

狂死郎=おでん

ないかwww

No title

狂シローは光月家とは、直接の関係ではないと考えています。(光月家とは関係のない武士の家柄?)
小紫とは、何らかの縁で知り合ったのでは。
例えば、小紫の恋人又は結婚相手と狂シローが知り合い、友達又は親友なのかも?
以前にもコメントで書きましたが、お玉は小紫の娘であり、小紫も自分が光月家の者とは誰にも言っておらず、狂シローも小紫が光月家に繋がる者とまでは、知らないのでは?と予想しています。

又、狂シローが光月家に繋がる家臣かどうかは、あれから20年間ワノ国に住み、ワノ国の情勢にも詳しいであろうくノ一しのぶなら、狂シローの顔を見れば、一目瞭然なのではないかと考えます。
と言うか、くノ一ですから、狂シローがどんな人物なのかは、知っていると思うんですが。

20年前、日和は河松と共に逃げたが、河松は捕まり例の牢獄へ、日和は行方不明になったと考えます。その意味で、日和の生死を知る者は、本人以外誰もいないのかも知れません。

ちなみに、今回、小紫が奏でた三味線の旋律は、トキの子守歌かトキがいつも歌っていた歌なのかも。
モモの助だけがそのメロディを聞いて小紫が日和だと気づく展開はありかも。

①城の炎上で母を失った後に日和は空腹から、近くにあったトキトキの実を食べ、能力者になる
②そのあと、日和はヤクザの親分の息子である狂死郎に助けられて、彼の計らいで、遊郭に身を置くことになる

ってな感じでどうでしょうか?

狂死郎の足に、三日月のマークはあるのでしょうか?

赤鞘九人男も三日月マーク入れてました?

なんか今までと今回の描写で味方っぽくなってきたね。
というか第三勢力というか。
狂四郎、小紫、トコ、丑三つ小僧、鎌なんとかあたりは一括りっぽい。

キャラとか場所とか毎話増え続ける一方でわけわかんなくなってきた笑
このままだと最終的にすごい規模の合戦になりそう。
かんりにんさん、わかりやすくまとめて〜笑

今の時点では中立というか、敵になるも味方になるも狂死郎の気分次第って感じがします

狂死郎が小紫を護る立場だとして、オロチにやられる前に狂死郎が小紫に峰打ちを当て、成敗したフリをして場をやり過ごす的な事はないかな?と思いました。
小紫も芸達者なので芝居ぐらい余裕でできそうな気がして。

No title

狂死郎は仲間になるかな~? その前に力量を知るために麦わら一味との
バトルや駆け引きがありそうですが。

今回のオロチの怒りは室内を一刀両断して静めるかもです。
それよか、どうやって今のままでカイドウに勝てるのかが尾田っち先生に期待してます

わの国、かなり楽しくヤバイですね。

言っちゃっいましたね(笑)。

>> 狂死郎の正体は光月家側に属する者で、この20年間モモの助の妹「日和」を守ってきたのでは?



小紫 = 日和 説を考察していれば、表と裏の顔がある鎖国された昔ながらの任侠道なヤクザ屋「居眠り狂死郎」は、お誂え向きですもんね
幼き日和が、たった1人で未来に飛ばされるハズは無い = 側近の侍がいる→「 ? 」この重要なクエスチョンにハマる侍を「 傳ジロー?河松?丑三つ小僧 」と示唆してきた考察も何故か捨て切れない感があります。

「 傳ジロー = 居眠り狂死郎 」なんてオチは考えたくなかったですが、ここに来て可能性がゼロではなくなってきた(笑)。
つまんないですが、傳ジローの髪型が特殊なスタイルなのを狂死郎のリーゼントで隠し、居眠り = ワノ国の民が眠る頃に仕事をする。べべん!


はい、我ながらイイぶっ飛び加減の妄想ですね(笑)。



ここは、ストレートに居眠り狂死郎が、目にも止まらぬ速さの峰打ちでオロチを眠らす線が妥当かな、、、

No title

サンジへの対応(ドレークとかを向かわせたり)や
キンエモン達と一戦交えたいみたいだし
味方になるというよりは
大蛇を出し抜きたいのではないかな
大蛇に変わって将軍の座というか
取って代わろうとしているみたいな。
カイドウとも仲良いみたいだし

No title

狂死郎のモデルが眠狂四郎だとすると。

眠狂四郎を演じた役者はいろいろいますが、この役を当たり役としていたのが田村正和さん。
田村正和さんにはさらに、『乾いて候』の腕下主丞という眠狂四郎系キャラの当たり役がありまして。

実はこの腕下主丞、将軍吉宗のご落胤という設定があり、もしかしやら狂死郎もおでんの隠し子、つまりモモの助(に小紫も?)の異母兄弟なのかもなぁ、と思ったりしました。

酒天丸同様、20年間残された身として、思うところや葛藤があるのかもしれません。

No title

余談ですが、第920話で錦えもんがコチラ側の戦力を語った時。

その背景のルフィの下あたりにリーゼントっぽい狂死郎のような人物?が確認できるので少なくとも味方なのではないかと思いました!

No title

狂死郎は光月家に属していたのではなく、光月トキの従者のような存在だったのではだいでしょうか。

・トキのことを「おでんの奥方」と敬称で呼んでいること
→今現在もトキを身分の高い人と認識している、仕えていた?

・光月家の亡霊達と手合わせしてみたい
→おでんの臣下の者達とはあまり接点はなく、その力量を見てみたいという意味

・トキの最期の言葉を「呪文」と言ったこと
→普通に聞いていたなら死に際に「詩を詠んだ」だけと思えるが、それを「呪文」と言っていることからトキの能力を知っているのでは?(地武えもんはトキ様の最期の「言葉」と言っていた)

想像でしかありませんが、トキがトキトキの力で未来へ未来へと旅をしていると言っていたが、他人も未来へ送れることから一人で旅をしていたのではなく、従者として狂死郎を連れていたのではないでしょうか。あとは管理人さんの予想している通り「日和=小紫」を20年間守っていたということになるのかなと…

・実は光月家側の侍だった
・個人的に小紫を好いていて、オロチや光月側関係なく強者と戦いたい
・様々な予想を掻い潜って、オロチ側であることに変わりはない


予想できるのはこういうところかな、と。

そしてもしかして、蕎麦屋騒動に飛び六胞を向かわせたのは、
オロチやカイドウ側の戦力を削ぐため?

ドレークが「なぜおれたちが……」と言っていたのも伏線だったり。

たしかに味方な感じがしますが、正直なところゾロや赤鞘との戦闘が見てみたいので、敵であって欲しいかな〜なんて思います笑 なんにせよ狂死郎の強さはまだ未知数なので…狂死郎めっちゃ強い!てのが伝わる戦闘は見てみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索