記事一覧

黒ひげによる「シャンクスの左目の傷」はいつ付けられた?


四皇“赤髪のシャンクス”

異名にもなっている「赤髪」と共に、海賊旗にも刻まれる「左目の3本傷」が印象的な大海賊だ。

シャンクス自身も「疼く」と言っているその左目の「3本傷」

4574.jpg

それをつけた犯人は分かっている。

白ひげ海賊団に所属していた頃の“黒ひげ” マーシャル・D・ティーチだ。

そしてその武器は左手に備え付けた「鉤爪」だろう。

2237.jpg

では、その傷はいつ頃付けられたのか。

今回はその時期について、作中で判明した時系列に沿って考えてみたい。


 

海賊団旗揚げの時には既にあった?


まずこの3本傷は、シャンクスが「赤髪海賊団」を結成し、海賊旗を掲げた時にはすでにあったモノと考える。

海賊旗に刻まれている3本傷がその証拠だ。

4573.jpg

明確な旗揚げ時期は不明。

しかしシャンクスが「22年前」に東の海「シロップ村」を訪れた際、海を眺めていたヤソップはシャンクスの船を見てこう言った。

「何だ 珍しいな 旅の船か…?」


つまり、その船に海賊旗は掲げられていなかったのだろう。

この後に「赤髪海賊団」を結成する事になるのかな?



25年前にはまだ傷は付いていない


第958話“約束の港”の冒頭の回想シーンに、まだ傷の付いていないシャンクスが登場した。

7366.jpg

これは約「25年前」

ロジャー海賊団がラフテルに到達した後の描写だと思われる。

つまり、ロジャー海賊団の見習いの時には、まだ黒ひげに傷を付けられていなかった、という事になる。

[スポンサーリンク]


22年前~24年前の2年間


22年前~24年前の2年間のシャンクスは、意図的に(?)顔が見えないような描写が成されている。

5746.jpg

●ロジャー処刑時に泣いている時

●バギーに「一緒に来い」と誘っている時

●ヤソップをスカウトしにシロップ村を訪れた時


いずれもシャンクスの表情は見えず、左目に傷があるのかどうかがわからなくなっている。



シャンクスと黒ひげの接触機会


前述した様に、ヤソップを勧誘しに行った時の船にはドクロは掲げられていなかった。

つまり赤髪海賊団の最初のクルーはヤソップで、この後すぐに海賊団を結成したのかな?

だとするなら、既にシャンクスの顔の傷はあるんだろう。

つまりシャンクスの左目の傷が付けられたのは「25年前~22年前」の3年間の間に絞られるかな?

その間に、黒ひげと対峙する機会があったのか…

黒ひげが常に白ひげの船に居たとすれば、ロジャー海賊団でもなく、海賊として旗揚げしてもいないシャンクスと対峙する機会は中々なさそうだけど…

しかしもし、黒ひげが度々白ひげの船を離れ単独行動をしてたのなら、いつでもシャンクスと対峙する機会がある事になって、「22~25年前」の間に出会った可能性は残されてる。

いつかこの二人の過去が明らかになるのを楽しみに待ちたい。

[スポンサーリンク]

コメント

はじめまして。
いつも考察読ませていただいてます。
おかげでワンピースをより楽しく読んでます!

恐らくおでんさんの回想シーンはラフテル後と自分も考えているので、その後傷を負ったのであればロジャーの処刑日あたりなのかと考えました。

あの処刑日には七武海やドラゴンが見に来ているのにティーチがいないのが気になっていたので…
エース処刑時のシャンクスとカイドウが小競り合いしたみたいにロジャーの時も裏でシャンクスとティーチが小競り合いしてティーチが撤退したから処刑の時にいなかったのかなと…もしかしたら0巻で書かれてないだけかもしれませんが💦
その戦いでシャンクスが傷を負ったのかなと…(既出でしたらすみません💦

「ノベル・エース」を見ての予想ですが、
シャンクスは若手ながら新世界で名を上げ、
やがては四皇にまでに成った人物ですが、
自らのナワバリを築く、もしくは新世界を
生き延びて行くに辺り、白ひげとも
ぶつかる機会もあったのではないかなと。

その最中に白ひげ海賊団から派遣されてきた
船員達の中にティーチもおり、戦って傷がついた?

ティーチに得体の知れない何かを感じたシャンクスは、
敢えて傷も含めた海賊旗を掲げる事で、
「ティーチ、俺はお前を見ている」という
牽制の意味を持たせていたのでは、と。
そう思うとわざわざ東の海に戻った理由が謎ですが。

No title

眼帯を付けて登場する人物は、ワンピースの最終回の最後のカットで、激戦の結果を物語るようにデカデカと描かれるルフィなのでは。

シャンクスの左目は視えているんでしょうか?あれが義眼には見えないし、、ふつうだったら失明してそう。唯一出てくる眼帯をつけて登場してきたりして。

途中から海賊旗を変更したという事はないのでしょうか?例えば、最初は麦わらの海賊旗だったのが、ルフィに渡したから三本線が入ったものに変えたとか?

>inuyanさん

> 「白ひげ、お前も知ってのとおり」の傷であること
> シャンクスのほうが明らかにティーチより格上(強い)、と少なくとも白ひげは認識していたはず

であるなら、ロジャー海賊団に居た時からシャンクスは周りに一目置かれてたのかな。

前の方も同様のことを書かれてますが、
シャンクスが白ひげを説得しに行ったときのシャンクスのセリフからは、
・いつどこで、という説明がないので「白ひげ、お前も知ってのとおり」の傷であることを伺わせますね。

・そして、油断についても、その時点では、シャンクスのほうが明らかにティーチより格上(強い)、と少なくとも白ひげは認識していたはず、ということも読み取れますね。

>リスキーさん

> ティーチの昔の武器の鉤爪、白ひげが魚人島を縄張りにした時に立ち絵に有りましたけど、あれも魚人の住人が20年前以上前といってますね。そうすると、ヤソップと出会う前かな?

この辺の年代微妙なトコですが、少なくともその頃のティーチの武器はあの鉤爪で決まりですよね!

>のぶおくん

> 話が逸れて申し訳ないのですが、こんなに長い間、麦わら帽子をシャンクスが被ってて言わばトレードマークにもなってるはずなのに、異名も"麦わら"ではなく、"赤髪"になり、海賊旗も麦わら帽子が描かれてないのにも、疑問に思いました。

ふむ気になりますねぇ。

海賊達の“異名”はどのように決まるのか?っていう記事でも挙げましょうかね?(^^)/w

>ロールキャベツさん

> シャンクスって悪魔の実の能力者ではないですよね。

今のところそういう描写はありませんよね~!!

>寅間さん

> そういやティーチの昔の武器って鉤爪でしたね。確か白ひげが魚人島を縄張りにした時に立ち絵で付けていただけで作中では使用していないんですが、シャンクスの傷を付けた武器なんで妙に覚えているんですよね。

そうそう、なんか印象的なんですよね~!!


> シャンクスは「油断していなかった」と言っているわけですが、「自分はまだ未熟だった」とは言っていないんですよね。見習いの頃から強くて、あるいは見習いとはいえ海賊は一歩間違えたら死ぬという覚悟があったかもしれないですが、見習いの時の傷では無い気がするんですよね。言い回し的には。

ふむふむ、その解釈も面白いすねェ('ω')

>zebraさん

> 旗は信念の象徴ですよね。でも シャンクスはティーチにつけられた傷をデザインに旗に掲げている・・・。シャンクスにとって不名誉な傷なのに あえて旗に描いてるのは みずからの屈辱を忘れないがため。 つまり屈辱を信念に・・・。

それに固執し続けるのもシンクスっぽくない気もしますが、そういう事なんでしょうねェ(('Д')

No title

ティーチの昔の武器の鉤爪、白ひげが魚人島を縄張りにした時に立ち絵に有りましたけど、あれも魚人の住人が20年前以上前といってますね。
そうすると、ヤソップと出会う前かな?

話が逸れて申し訳ないのですが、こんなに長い間、麦わら帽子をシャンクスが被ってて言わばトレードマークにもなってるはずなのに、異名も"麦わら"ではなく、"赤髪"になり、海賊旗も麦わら帽子が描かれてないのにも、疑問に思いました。

No title

シャンクスって悪魔の実の能力者ではないですよね。

そういやティーチの昔の武器って鉤爪でしたね。
確か白ひげが魚人島を縄張りにした時に立ち絵で付けていただけで作中では使用していないんですが、シャンクスの傷を付けた武器なんで妙に覚えているんですよね。
つまり、剣の達人=近接戦闘がかなり強いシャンクスに、近接戦闘で下手したら失明する一撃をお見舞いしているわけですよ。ヤバイですね。
シャンクスは「油断していなかった」と言っているわけですが、「自分はまだ未熟だった」とは言っていないんですよね。
見習いの頃から強くて、あるいは見習いとはいえ海賊は一歩間違えたら死ぬという覚悟があったかもしれないですが、見習いの時の傷では無い気がするんですよね。言い回し的には。

旗に三本傷。これは家康の敗北の苦さを描いた「しかみ像」と同じですね

旗は信念の象徴ですよね。でも シャンクスはティーチにつけられた傷をデザインに旗に掲げている・・・。

シャンクスにとって不名誉な傷なのに あえて旗に描いてるのは みずからの屈辱を忘れないがため。  つまり屈辱を信念に・・・。


でも、家康も三方ヶ原の合戦で武田信玄に大きな敗北を味わった時も 「しかみ像」として 絵師に描かせて自分の部屋に飾っていたぐらいですからね。自らの屈辱かつ恐怖を忘れないための。

シャンクスの三本傷の旗は 家康の「しかみ像」と同じだと思いませんか?

>革命軍♪さん

> ①本来、ゴムゴムの実を所持していた敵船がティーチ。
> ②シャンクスがゴムゴムの実を奪った後にティーチに狙われた。

シャンクス達がゴムゴムの実を敵船から奪ったのって、12~13年前のフーシャ村を拠点にしてた時だと思うんですよね。

その時には既に海賊として旗揚げして10年くらい経ってるんで、難しいのでは( ゚Д゚)

>塩アメさん

> 黒ひげは極秘で自分の仲間を集めるために、ちょくちょく白ひげの船を離れていたのではないでしょうか?
> そのとき偶然シャンクスに会い、引き抜こうとして失敗。

あ~なるほど。

その可能性もありますねぇ!

仲間集めはしてたでしょうし(^^)/

全く根拠が無いのですが、ゴムゴムの実絡みで♪
①本来、ゴムゴムの実を所持していた敵船がティーチ。
②シャンクスがゴムゴムの実を奪った後にティーチに狙われた。
と勝手に妄想してみました♪
バージェスが数多くの能力者がいるにも関わらず上位種が存在するメラメラ、又、習得するのに時間もかかるゴムゴムを欲した理由。
ルフィとロジャーが似ている理由。(ロジャーがゴムゴムの能力者でなかったら×ですがw)
ロジャーがエース、アンと頭文字aの子供を作りたかった理由。(ラフテルのスペル説)
実に前能力者の意志(魂)が宿っている妄想が止まりません(/ω\*)
伏線回収、楽しみですね♪
これからも記事、楽しみに待ってます♪

No title

シャンクスは白ひげに
「おれは油断などしていなかった」と言ってます。

油断してなかったのに傷をつけられるほど、黒ひげは強い?

黒ひげは極秘で自分の仲間を集めるために、
ちょくちょく白ひげの船を離れていたのではないでしょうか?

そのとき偶然シャンクスに会い、引き抜こうとして失敗。

すでに仲間になっていたドクQなどと数人がかりで攻撃し、
傷はそのときに付けた、とか?

>参事さん


>力を見せていたら隊長くらいにはなってたはずですから

エースが隊長に任命されたとき、ティーチに話を振ってたからある程度の実力は見せてたのかなー?とも思いました。

ただその時点でティーチは「そういう野心がない」と本心を隠し、白ひげや隊長達の陰に隠れてたという事ですかね。

>アントマンさん


>どこか本能的な部分で決定的に反りが合わない感じ。

なるほど、なるほど!

そういう部分はありそうですね(^◇^)

黒ひげは確か白ひげの下でずっとチャンスを伺いひたすら力を隠してた訳ですよね?
力を見せていたら隊長くらいにはなってたはずですから、同じ海賊団の仲間にも本当の力を見せていなかったはず。なので、単独でシャンクスと戦ったのではと想像します。

対海軍や対一般人ではないからシャンクスに傷を負わせても注目を浴びたり懸賞金の額は上がったりしないのかもしれないけど、それでも隠れずに仮にも後の四皇、シャンクスとまともに対峙してしかも傷を負わせたんだから小競り合い以外の理由があったのでは無いかと思います。
黒ひげが成り上がる計画の上で必要な何かをシャンクスが持っていたとか、狙っているものが重なって戦ったとか。シャンクスがこいつは潰さないとまずいと攻撃を仕掛けてやむなく力を出したとか。

結論。分かりません(笑)

ルフィと黒ひげみたいな何か理由や原因があって仲が悪いんじゃなくて、どこか本能的な部分で決定的に反りが合わない感じ。

それが昔のシャンクスと黒ひげの間にもあったのかなと?

>アントマンさん


>ルフィと黒ひげのような関係

ちなみにアントマンさんが考える「ルフィと黒ひげのような関係」とは?(^J^)

シャンクスがワンピースの第一話で「おれのガキの頃にそっくりだ」といっていたので、
若い頃のシャンクスは今のルフィみたいな向こう見ずな性格をしていて、
ルフィと黒ひげのような関係だったのかも!?

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

オススメ

サイト内検索