記事一覧

[尾田栄一郎 インタビュー] ONE PIECEアニメ化 [1999/11/26 朝日新聞]


ONE PIECEがアニメ化された1999年。

その11月に朝日新聞に掲載された尾田先生のインタビューをまとめ。


――「マンガ家になる」と決めたのは四歳の時だった、というのは本当ですか?


その年じゃ、まだマンガ読めないですよね。

でも絵かくのが大好きで、ドラえもんや仮面ライダーをまねしてかいたりすると、みんな「うまい」と言ってくれた。

で、四歳の時、親から「マンガ家」という人たちがいると聞かされて、「絵をかくのがシゴト?遊んでお金がもらえるのか!」と。

自分のマンガがアニメになる、というのも子供のころからの「野望」。

だから「ONE PIECE」がアニメ化されて、もう最高です。


――「ONE PIECE」の物語の骨格は、まさに少年マンガの王道ですね。


そう、王道です。

少年マンガは冒険なんだ、旅だ、仲間なんだ、と。

友情とか愛とか、描く方は恥ずかしいと思うけど、子供たちはストレートに受け取ってくれる。

だから王道から逃げちゃいけない。

僕らは子供の時からそういうものを読んできたし、結局それが一番面白いのに、なんで最近ないんだろう、と思っていた。

僕は、奇をてらうより「ど真ん中」をかいてワクワクさせたい。

絵も、昔ながらのマンガらしさを生かしたい。

例えば、うまそうな食べ物を前にした時ぺろっと舌を出すような。

そんな表現、安易に使えば古いと言われるけど、すごく分かりやすくて正しいんですよ。


[スポンサーリンク]


――主人公のルフィたちはさばさばしていて潔い。

敵を殺すこともない。「スカッとさわやか」なマンガですね。


最近見ない男気、心意気を持った少年を描いたつもりです。

真正面からぶつかって、真剣なことを言い切る心意気。

「心意気」は「ONE PIECE」のカッコよさです。

苦しい闘いが「終わったぁー」という時、だれか死んでいるのがイヤなので、基本的には人は殺さない。

絶対の決め事じゃないけど、後味のよさを大切にしたいから。

連載が長くなると、どうしても闘いがだんだん激しくなっていき、流れる血の量も増えてしまう。

読者の要求にストレートにこたえるなら、その方向にどんどん進むしかない。

でも、エスカレートさせるのとは違ういろいろな面白さも見せなければ、と思う。

ルフィは、ゴムのように手足が伸びる能力を使って闘いますよね。

激しい闘いでも面白く描くために考えた設定です。

真剣に闘っていても何だかふざけているように見える。

ルフィの仲間は今四人ですが、もっと増やす予定。

更に先の話をすると、実は、最終回の構想もラストカットも決まっています。

主人公の周りだけで小さく話が収まるんじゃなく、あの世界すべてが動き出す展開になるはず。

問題は、いつそこにたどりつけるか。何年かかるのかな。


――どんな小さな人物も、アシスタントに任せず、すべてペン入れまでするとか。

すごいですね。


それが絵かきの心意気ですから。


[関連リンク]

[尾田栄一郎インタビュー] ONE PIECEを終わらせるのは僕の自由

[尾田栄一郎インタビュー] 物語は8割、仲間は9人、ラストは大宴会

[スポンサーリンク]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索